記事ID2196のサムネイル画像

【ドライブを快適に】カースピーカーのおすすめ人気商品10選

車のスピーカーでを購入したいと考えたときに数あるタイプと再生可能な周波数など必要など沢山の選択肢があります。どの商品を購入したら良いのかわからないという人の為に、車のスピーカーの選び方と人気のおすすめ商品10選を作成し、紹介します。

カースピーカーを交換して高音質を楽しもう

運転中、ドライブ時には音楽を聴きながら運転したいと考えている人は多いのではないでしょうか。CDやスマホなど再生するソースは何であっても車内では音楽を流し、楽しみたいという人にはスピーカーを交換するというのがおすすめです。

 

純正スピーカーでも勿論音楽を流すことが可能ですが、車とは基本走る道具という認識で作られており、走行性能・安全性能という点が優先され、おのずとスピーカーにかけられるコストが少なくなってしまいます。なのでスピーカーの素材は品質的には良いものとは言えないものになっています。

 

というわけで、車のプレミアムオプションオーディオを除いては、市販スピーカーと純正のスピーカーの性能差は広がる傾向にあります。もしリーズナブルな製品であっても、純正スピーカーよりも市販スピーカーの音質性能のほうがかなり高いと言えます。

カースピーカーの選び方

カースピーカーには様々な種類があります。選び方を考えて自身の車に合った商品を選びましょう。

タイプで選ぶ

車のスピーカーに大きく2つのタイプがあります。それぞれの音質の違いを押さえて、自分が求めるオーディオ環境に近いものを選びましょう。

コアキシャルタイプ

まとまりの良いサウンドを楽しみたいならコアキシャルタイプのスピーカーがおすすめです。高音スピーカーと中低音のスピーカーが一体になっているタイプのスピーカーで、多くの純正スピーカーで採用されています。

 

純正品と同じ形状のスピーカーの為、入れ替えるだけで簡単に取り付けられるのがメリットです。比較的手頃な価格で販売されているので、手軽にスピーカーを交換することができます。ただし、1つのスピーカーで音を鳴らすのでスピーカー位置が低い場合は音下のほうから聞こえるようになります。

セパレートタイプ

スピーカーの位置を自分で調整することができ、自分好みのオーディオ環境を作れるのがセパレートタイプです。セパレートタイプは中高音を鳴らすツィーターと低音が鳴らすスピーカーが分かれているのが特徴です。

 

セパレートタイプの中にも2WAY・3WAYの2つのタイプがあります。2つのタイプはスピーカーの数で違いがあり、3WAYタイプのほうがスピーカー数が多いものを指します。数を多い分、音の鳴る場所を自由に設置できることができるのがメリットです。

 

特に中高音をを鳴らすツィーターをダッシュボードなどの人の耳に近い位置に置くことによって、より音源に近い音を楽しめる環境作りをできるようになります。コアキシャルと比較すると価格が高くサウンドをを流す為の調整には経験が必要になってくる点が必要になってきます。

再生周波数の幅で選ぶ

基本的に人の耳に聞こえる周波数は、20Hz~20Khzの間だと言われています。それに合わせてスピーカーの再生可能な周波数も作られています。この再生周波数帯域が広ければ広いほど、原音に近く自然で心地よいサウンドを楽しむことができます。

 

低音に強いサウンドを構築したければ、30Hz以下のスピーカーを、高音に強い構築にしたいならば40Khz以上の周波数の再生が可能なスピーカーを選択するのが大事です。

アンプのスペックに合わせて選ぶ

出力はアンプから取り出すことができるパワーのことを言います。このパワーのことをW(ワット)で表示されており、出力にも設定された歪み率の範囲の中で連続的に取り出せるパワー

のことを定格出力、瞬間的に供給できる出力のことを最大出力の2種類に分けられます。

 

このどちらともの数値が大きければ大きいほど高音質で聴くことができます。しかし、両方がバランスよく大きくなっていることが大事であってバランスが悪くなってしまうと聴きにくくなってしまいます。

アンプのスペックで選ぶ

自分の車に搭載されているパワーアンプの定格出力に対応している車のスピーカーで選ぶのが大事です。もし定格出力が40Wで、自分の車のスピーカーの入力値が50Wだった場合、スピーカーの能力を十分に発揮できず、パワー不足となってしまいます。

 

定格出力を合わせることが大事なので、車のパワーアンプに合わせるか、購入するスピーカーに対応できるパワーアンプを一緒に購入するなどの対応がおすすめです。

メーカーで選ぶ

車のスピーカーのメーカーも数多くあり、それぞれのメーカーの特徴について紹介します。

パイオニア(カロッツェリア)

昭和12年に車の国産スピーカーの開発に成功し、創業した会社で世界トップレベルの技術を持つ企業として知られています。汎用型のトレードインスピーカーから専用のハイエンドスピーカーまで幅広いラインナップを持っており、どれも高い水準の品質を誇っています。

ケンウッド

オーディオ機器として定評のあった日本ビクター株式会社と株式会社ケンウッドの2社が経営統合して誕生した会社であり、その技術を引き継いだケンウッドの車のスピーカーは、いち早くハレイゾ音源に対応した音の解像度にこだわったスピーカーを投入して高い評価を受けています。

アルパイン

車のナビ・オーディオの人気ブランドに成長しており、ケンウッドと並び高い評価を受けています。70年代ランボルギーニ社の純正用に採用されるなど海外で高い人気を誇るブランドです。

クラリオン

根強い人気を誇るブランドであり、各自動車メーカーの車のスピーカーに純正採用されるなど、古く実績のあるメーカーです。

スピーカーのサイズで選ぶ

車のスピーカーのサイズは国産車の場合は16~17cm、外国車で13cmと決まっています。特に内装などの変更までをしたくないならこのサイズに合ったスピーカーを選ぶことがおすすめです。またサイズでも特殊な形状のものもあるので注意が必要です。

 

車によってもサイズの規格が違うので、自分の乗っている車のスピーカーのサイズをチェックしておくことが大事になってきます。

ハイレゾ音源に対応しているかで選ぶ

ハイレゾとは、従来のCDを超える情報量を持つ高音質の音源です。圧縮された音源では伝えきれないレコーディング現場の空気感やライブの臨場感をより体感できる音の領域になります。その細かな違いを再生できるかどうかがスピーカーが対応しているかどうかで変わってきます。

 

単純にハイレゾ音質に対応しているほうが性能として上であり、車でもCD以上の臨場感を体感できることができます。

価格で選ぶ

車のスピーカーには価格によって品質が大きく変わってきます。どの程度の金額でどんなタイプの車のスピーカーが購入できるのか確認しておきましょう。

1万円前後

どのメーカーのエントリーモデルでもこの金額前後で販売されています。特に車のスピーカーのコアキシャルタイプでは一体型でコストが安くつくこともあり、このタイプのエントリーモデルは1万円以下でも購入することができます。

3万円前後

メーカーの標準モデルがこの金額にあたります。各メーカーごとに特徴が出てきます。タイプとしてはセパレートの2WAYタイプが多く、ツェーターを使用できることによって音楽にも臨場感が出てきます。

5万円前後

メーカーの最高モデルがこの金額で購入できます。メーカーことの特徴に合わせてツェーターやウーハーが付属で付いていたり、高音・低音にも対応できるようになっています。製造の方法も工夫があり、商品の価格が高くなる分、長く使えるようになっています。

カースピーカーのおすすめ人気商品10選

1

カロッツェリア(carrozzeria)/パイオニア(Pioneer)

2ウェイスピーカー TS-F1740

価格:5,747円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クリアで力強い音と高い取付性を両立

ボーカルや楽器などの中音域をツィーターから再生するというOpen&Smoothのコンセプトを使用することにより、音楽性の豊かなサウンドの確立しました。エントリーモデルでありながらハイレゾ音源の再生が可能で幅広い音域を対応しています。

 

また様々な車種の取り付けに幅広く対応できるブラケットを付属することによって、スピーカー交換を手軽に行えるように実現しています。

タイプコアキシャル定格入力35 W
サイズ17 cm再生周波数帯域30Hz~58Khz
2

ケンウッド(KENWOOD)

スピーカー KFC-RS163

価格:3,940円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クリアで歪みの少ない音を再現する

ケンウッドのエントリーRSカスタムフィットスピーカーであり、高音から低音まで気軽に楽しむことができるコスパの良さをおすすめです。軽さと高い剛性を実現した素材で高音質を可能にし、カーボンファイバー+マイカ配合とPP振動板を採用することによってクリアで歪みもない音を再現しています。

タイプコアキシャル定格入力30W
サイズ16cmカスタム再生周波数帯域30Hz~30kHz
3

カロッツェリア(carrozzeria)/パイオニア(Pioneer)

スピーカー TS-F1740S

価格:12,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

繊細な描写と迫力あるサウンドを実現

ツィーターから中音域を再生することにより、充実した中音域の再生が生む豊かな臨場感が可能になっています。セパレートならではの明確な定位とリアルな音場感を車で再現しています。セパレートのエントリーモデルながらハイレゾ音源にも対応しています。

タイプセパレート定格入力35 W
サイズ17cm再生周波数帯域30Hz~58Khz
4

アルパイン(Alpine)

スピーカー X-170S

価格:25,623円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

未踏の音

カーボンクラファイトの中でも結晶構造がダイヤモンドに酷似したアモルファスカーボンとグラファイトの結合素材を採用することによって、音のニュアンスやその場の空気感までも繊細に描き分けます。

 

ピュアな情報を再現する為に、超高剛性のナノファイバー振動板を採用し、極小音量から大音量までの音源を再現し、リアルで生々しい音楽の力感を感じさせます。

タイプセパレート定格入力45 W
サイズ17cm再生周波数帯域23Hz-66kHz
5

クラリオン(Clarion)

スピーカー SRT1633

価格:5,023円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クッキリと広がりのある迫力あるサウンドを実現

シャープな迫力の大口径ミッドレンジを搭載することにより、くっきりと広がりのあるサウンドと胸を貫く強くシャープな立ち上がり、空気を震わせる勢いのあるサウンドを再現しました。

 

また、シャイングリブデザイン・ブラックチタンコーティングによるビート感あふれる低域再生が可能なチタン蒸着MIPPウーファーコーンが迫力の重低音を響かせます

タイプマルチアキシャル定格入力
サイズ16cm再生周波数帯域30Hz~50kHz
6

カロッツェリア(carrozzeria)/パイオニア(Pioneer)

スピーカー TS-C1730

価格:15,814円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

磨き抜かれた艶やかな音

情報豊かなハイレゾ音源をより解像度高く表現する為に、構造の見直しやパーツ素材の厳選を行い、振動板や磁気回路を再設計することによって、あらゆる音源でクラスを超えた音楽を再現しています。

 

ツィーターにバランスドドームダイアフラグを採用することで、減衰しがちな高域の音圧を保ちつつ車室内における高指向特性を獲得しました。コアキシャルながら厚みと輪郭のある中域再生を可能にしました。

タイプコアキシャル定格入力50 W
サイズ17cm再生周波数帯域33Hz~64Khz
7

ケンウッド(KENWOOD)

スピーカー KFC-RS103

価格:4,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小型のコアキシャルスピーカー

10cmの大きさのスピーカーながら軽量性・強靭性のマイカに高性能カーボンファイバーを配合することにより、応答性に優れたクリアな音を再現しました。独自開発のダイヤモンドアレイパターンを配慮し、音質を向上させています。

タイプコアキシャル定格入力20W
サイズ10cm再生周波数帯域50Hz~30kHz
8

響音

スピーカー CH-226

価格:2,825円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパに優れたスピーカー

とにかく安い!という商品です。商品の性能としては良いとは言えませんがそれを補って余りあるほどの価格の安さを実現しています。銃声スピーカーよりも少しでも良いものを付けたいという人におすすめです。

タイプコアキシャル定格入力60W
サイズ16cm再生周波数帯域40Hz~20Khz
9

カロッツェリア(carrozzeria)/パイオニア(Pioneer)

スピーカー TS-V173S

価格:44,614円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カスタムフィットスピーカーの最上位モデル

情報豊かなハイレゾ音源を忠実に再現し、あらゆる音源でクラス最高峰の音楽再生を可能にしています。高音質の高みへと昇華させる構造の見直しやパーツ素材の吟味を行い、振動板・磁気回路を1から再設計しています。

 

質感の高いブラックを基調として、ウーファーとツィーターにしぶき塗装を施し、車のスピーカーながら高級感のあるデザインを実現しています。人の目に付きやすいツィーターがデザイン性が高いと車の中の雰囲気も大きく変わります。

タイプパレート定格入力50 W
サイズ17cm再生周波数帯域31Hz~65,Khz
10

カロッツェリア(carrozzeria)/パイオニア(Pioneer)

スピーカー TS-G1010F

価格:4,995円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小さいながらも高音質

車のスピーカーといしては再生周波数が高音域に対応がしており、軽専用でサイズが小さいながら十分な性能を持っています。価格が手頃で手を出しやすいのでコスパ良く音楽にこだわりたいという人におすすめです。

タイプカロッツェリア定格入力30W
サイズ10cm再生周波数帯域44 Hz~25Khz

カースピーカーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:32251の画像

    カロッツェリア(carrozzeria)/パイオニア(Pioneer)

  • 2
    アイテムID:32253の画像

    ケンウッド(KENWOOD)

  • 3
    アイテムID:32269の画像

    カロッツェリア(carrozzeria)/パイオニア(Pioneer)

  • 4
    アイテムID:32293の画像

    アルパイン(Alpine)

  • 5
    アイテムID:32319の画像

    クラリオン(Clarion)

  • 6
    アイテムID:32325の画像

    カロッツェリア(carrozzeria)/パイオニア(Pioneer)

  • 7
    アイテムID:32329の画像

    ケンウッド(KENWOOD)

  • 8
    アイテムID:32334の画像

    響音

  • 9
    アイテムID:32348の画像

    カロッツェリア(carrozzeria)/パイオニア(Pioneer)

  • 10
    アイテムID:32361の画像

    カロッツェリア(carrozzeria)/パイオニア(Pioneer)

  • 商品名
  • 2ウェイスピーカー TS-F1740
  • スピーカー KFC-RS163
  • スピーカー TS-F1740S
  • スピーカー X-170S
  • スピーカー SRT1633
  • スピーカー TS-C1730
  • スピーカー KFC-RS103
  • スピーカー CH-226
  • スピーカー TS-V173S
  • スピーカー TS-G1010F
  • 特徴
  • クリアで力強い音と高い取付性を両立
  • クリアで歪みの少ない音を再現する
  • 繊細な描写と迫力あるサウンドを実現
  • 未踏の音
  • クッキリと広がりのある迫力あるサウンドを実現
  • 磨き抜かれた艶やかな音
  • 小型のコアキシャルスピーカー
  • コスパに優れたスピーカー
  • カスタムフィットスピーカーの最上位モデル
  • 小さいながらも高音質
  • 価格
  • 5747円(税込)
  • 3940円(税込)
  • 12000円(税込)
  • 25623円(税込)
  • 5023円(税込)
  • 15814円(税込)
  • 4280円(税込)
  • 2825円(税込)
  • 44614円(税込)
  • 4995円(税込)
  • タイプ
  • コアキシャル
  • コアキシャル
  • セパレート
  • セパレート
  • マルチアキシャル
  • コアキシャル
  • コアキシャル
  • コアキシャル
  • パレート
  • カロッツェリア
  • 定格入力
  • 35 W
  • 30W
  • 35 W
  • 45 W
  • 50 W
  • 20W
  • 60W
  • 50 W
  • 30W
  • サイズ
  • 17 cm
  • 16cmカスタム
  • 17cm
  • 17cm
  • 16cm
  • 17cm
  • 10cm
  • 16cm
  • 17cm
  • 10cm
  • 再生周波数帯域
  • 30Hz~58Khz
  • 30Hz~30kHz
  • 30Hz~58Khz
  • 23Hz-66kHz
  • 30Hz~50kHz
  • 33Hz~64Khz
  • 50Hz~30kHz
  • 40Hz~20Khz
  • 31Hz~65,Khz
  • 44 Hz~25Khz

さらにこだわる場合は

紹介した車のスピーカーを購入した後、まだ音質にこだわりたいという人に追加して購入することでさらに音質を高めることができます。また、スピーカーを変えずに今から紹介する商品を取り付けるだけでも音質は良くなるのでコストを下げたい人にはおすすめの方法です。

ウーハーを付ける

ウーハーとは100Hz以下の超低音域のみを担当するスピーカーであり、1つのスピーカーで対応できない分の低音域をカバーする為の商品です。普段から聴く音楽に低音を強調したいものが多いならウーハーを取り付けることにより低音域への音質が向上するのでおすすめです。

ツィーターを付ける

上で紹介したウーハーとは逆に高音域を担当するスピーカーでセパレートタイプを購入すればツィーターを一緒に購入することになりますが、車が大きく数を増やしたなどの理由があれば車全体で綺麗に音を流すことが可能になります。

 

また、普段から高音域の音楽を聴いていて、音割れなどが起こっているという人にはおすすめのカバー商品です。

その他の人気スピーカーはこちら

まとめ

ここまで車のスピーカーの人気おすすめ商品10選を紹介しましたがいかがでしたでしょうか。価格で違いが出てきますが、高くなるにつれてスピーカー本体の他にツェーターやウーハーなどの付属が付いてきます。自分の予算に合った商品を選ぶことで車の中を満足できるオーディオ環境に変えていきましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ