記事ID2214のサムネイル画像

【コスパ最強】ジャイアントクロスバイクのおすすめ人気商品10選

コストパフォーマンスのいいクロスバイクが欲しい方にまずおすすめしたいのがジャイアント(GIANT)のクロスバイクです。街中でよく目にすることが多いです。同クラスの中でも1つ頭抜きで価格が安いのが特徴です。そんなコスパのいいクロスバイクを厳選して紹介します。

クロスバイク初心者にはジャイアント(GIANT)をおすすめする3つの理由

ジャイアントのクロスバイクには他のクロスバイクにはない魅力があります。まずは前提知識として抑えておくポイントを3つ見ておきましょう。

大量生産による低価格

その製造工程は台湾の自社工場で一貫して行っている台湾発祥の自動車メーカーです。余分なコストを省くことに成功し、低価格で販売が行われています

 

ジャイアントは日本で浸透しているので、日本のメーカーなのかと思っていた方もいるのではないでしょうか。場所を一括集中して作ることを会社の企業戦略として導入したことが功を奏して現在の価格を実現しています。

品質の高さはユーザーから高い支持

ジャイアントが登場したのは1972年ですが、本格的に有名となったのは1980年代になってからです。台湾メーカーですが、オランダ、日本、アメリカを海外拠点として全世界に知れ渡るようになりました。

 

その品質の高さが評価され、MTBのプロトップアスリートと契約を結んだり、自転車のロードレース大会で有名なツールドフランスにも参加して一気に名前が知れ渡るようになりました。今日では世界的に高い支持を集めています

保証もしっかりしている

ジャイアントのクロスバイクをジャイアント正規店で購入すると、故障が発生した場合に無償で修理を行ってくれます

 

また、定期的なオーバーホールに関しても割引価格で実施してくれます。購入後も安心して乗り続けられるのもジャイアントのクロスバイクを購入したいと思うポイントです。

ジャイアントクロスバイクの選び方

ジャイアントのクロスバイクは、そのクオリティーの高さからどの車種を選んでも、失敗したということにはなりませんが、自分の使いたい用途、価格帯などで選びたいですね。

重量で選ぶ

重量は軽いもので10kgを切るクロスバイクも存在します。軽いということは、走行性能に直結しますので重要なポイントです。一漕ぎで加速するスピード感がまるで違います。もちろん、日常遣いでそんなにスピードを求めていないという方もいるかと思います。

 

そんな方にも10kg前後を目安にして購入すると、日常生活の中でも扱いやすくていいです。ただし、軽さを追求しすぎて耐久性や強度が犠牲になっては本末転倒ですので、バランスをみて購入するようにしましょう。

用途(乗る距離)で選ぶ

どのような使い方をしたいのかで求めること車種もスペックも違ってきます。走行距離も本格的に長く走りたいのか、短い距離ながら毎日使うのかと色々とありますので確認しましょう。

100㎞超えのロングライドにはロードバイク仕様を

ジャイアントのクロスバイクでも、タイプによってロードバイク並みの性能を持った車種も存在します。長距離走行で全行程で100kmを超えたロングライドも走破してしまうことも可能なのです。

 

ロードバイクへのステップアップとして、価格も安価なクロスバイクからはじめるというのも1つの手段だと思います。ただし、それだけ細部に至るまで、軽量化が図らえれ、走ることに追求したモデルでありますのでメンテナンスと点検はしっかりと行うようにしましょう。

通勤・通学にはタイヤ幅28㎜程度がおすすめ

通勤や通学での使用を検討している方には、タイヤ幅が28mm程度のクロスバイクを選んだ方が安心して乗り続けられます。細すぎるとスピードは出ますが、パンクしやすくなってしまいます。

 

逆に余りにも太いタイヤ幅だと、スピードが出ないうえに重くなってしまうので、適度な幅のタイヤを選ぶようにしましょう。また、通勤や通学で荷物も多くなりがちなので、様々なオプションパーツを付けると荷物を載せた走行が楽になります。

軽い運動目的なら最低限の装備で軽量化

ダイエット目的など軽い運動目的でクロスバイクに乗りたい方もいます。そういった方は、長距離を走ることもほとんどないので、装備を軽くしたモデルのものを選びましょう。

 

余計なものが多いとその分、車重も重くなってしまいます。持つ荷物も水分や軽食などとして少なくすると楽に走行することができます。

価格で選ぶ

もしクロスバイク初心者なら、価格は非常に重要な要素となってきます。クロスバイク入門者に最初から10万円を超えるようなクロスバイクに手を出させるのは、かなりハードルが高いと思います。

 

おそらく、ママチャリなどからの乗り換えが予想されるので、価格はとんでもなく跳ね上がります。安い方がいいとは思いますが、安すぎると強度・品質を落とし無理に軽量化を図っているクロスバイクなどもあるので注意が必要です。概ね5万から10万円の中で購入するのをおすすめします。

サイズで選ぶ

サイズはフレームのサイズもそうですが、タイヤとのサイズが大事な要素になってきます。それは乗りやすさ、走りやすさに直結するからです。

タイヤ径で選ぶ

サイズを選ぶのもジャイアントのクロスバイクを長く乗り続けるのにあたって、重要なことです。大きさが適切だと乗り心地はよく、メンテナンスを行う回数も減少するからです。タイヤのサイズの目安は700cがベターです。これは27インチの自転車に相当します。

 

このサイズですと、汎用性が高くタイヤのチューブ交換を行うのも迷うことなく取り換えすることができます。逆にそれ以外のサイズを選んだら、交換チューブを探すのも一苦労になる可能性があります。

タイヤ幅で選ぶ

もう1つ見ていただきたいのが、タイヤ幅です。先に触れた部分でもありますが、28mmがベストな幅です。細くて25mm、太くても32mmまでとした方がいいです。ロードバイククラスの細いタイヤだとスピードは出ますが、不安定で乗り心地はよくありません。

 

逆に太いとパンクなどの心配はあまりなく安定はしますがスピードはでません。マウンテンバイクをイメージしたほうがいいですね。タイヤの幅も適切なサイズ選びをすることが重要です。

ジャイアントの人気モデルと他メーカーとを比較

ジャイアントの中でも素晴らしい性能とコストパフォーマンスで人気が高いのが「ESCAPE R3」です。クロスバイクの定番と他の人気のある自転車メーカーのものと比べてみておきましょう。

ジオス ミストラルとの比較

ブルーカラーが印象付けられるイタリアブランドのジオスです。コストパフォーマンス面でもジャイアントに近づく価格が魅力的です。ブレーキやクランクなどのパーツはシマノで統一されています。

 

操作性がよく乗り心地もいいので扱いは非常に楽です。ただ、カラーやサイズバリエーションが少なくて、その点ではジャイアントのエスケープが勝っています。価格に関しても1万円エスケープの方が安い相場で売られていますが、それに見合った実力の持ち主です。

ライトウェイ シェファードとの比較

日本製の自転車メーカーのライトウェイの販売する「シェファード」はスタイリッシュな形状が魅力的なクロスバイクです価格はエスケープよりも6000円ほどアップする定価です。重要なハブなどのパーツはシマノ製品を採用しており、走行性能は満足いく水準になるでしょう。

 

こちらの1番のメリットは、豊富なカラーとデザインから選べて街乗りにも適したおしゃれさがある点です。おしゃれさをクロスバイクに求めている方なら魅力があります。

ビアンキ カメレオンテ1との比較

ジャイアントのエスケープとの比較によく登場するイタリアのビアンキが販売するC-SPORTS1(カメレオンテ1)です。独特な見た目の雰囲気も魅力を感じさせられます。スペックも8段変速まで対応してくれます。

 

価格はエスケープと比べて19000円高い定価となり、コストパフォーマンス面だけをみるとジャイアントのエスケープが勝利する形となりますが、デザイン性とブランド力は魅力を感じさせられます。

ジャイアントクロスバイクのおすすめ人気商品10選

1

ジャイアント

ESCAPE R3

価格:37,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コストパフォーマンスは最高峰に君臨するジャイアントのベストセラー

価格が抑えられた上に機能面は充実しているコストパフォーマンス面の良いクロスバイクです。長年、愛され続けているのは細部にこだわりがあって扱いやすいからです。

 

28mmのタイヤ幅で細いながらも耐久性があり、軽量アルミフレームとクロモリフォークを採用したボディーは軽さを与えてくれます。バランスの調和が非常に取れたエントリーモデルです。

重量10.7kgタイヤ幅28㎜
タイヤ径約70㎝
2

ジャイアント

ESCAPE RX3

価格:48,384円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

街乗りから長距離まで行けるジャイアントの代表的なクロスバイク

乗り心地はよくスピードも出るミドルクラスのクロスバイクです。ESCAPE Airが同じフレームを使用して作られていますが、更にフレーム改良を行って乗り味を向上させているのがR3です。

 

クロスバイクが必要としている気軽に乗れる感覚は残しつつ、ロードバイクのようなスピードも兼ね備えたモデルです。悩んでどれを購入していいのかわからなくなったらこのクロスバイクを選んでみたはいかがでしょうか。

重量10.5kgタイヤ幅28㎜
タイヤ径約70㎝
3

ジャイアント

ESCAPE AIR

価格:50,544円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スピードを出せるクロスバイク

ESCAPE Airの魅力はスピードが出せることです。平地であれば40km/h位のスピードは出すことは可能です。ロードバイクのようにガチガチに服装まで決めることなく、気軽に乗れるクロスバイクでここまでの走行ができるのは魅力す。

 

漕ぎだしも軽くて街乗りには適しています。ただ、ESCAPE Airは加速はいいのですが、高速走行になってくると速度が比例して乗ってきてくれません。それがクロスバイクだからなのでしょうか。街乗りでは全く問題なく走行できるので安心してください。

重量9.6kgタイヤ幅28㎜
タイヤ径約70㎝
4

ジャイアント

CROSTAR 2017年モデル

価格:37,800円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オンロードの生活を想定したクロスバイク

スポーティーなクロスバイクでESCAPE R3と似た部分が多いですが、スペック全般をみてみると重量が、このクラスでも軽い9.9kgと10kgを切る車重はロードバイクに近い軽さを誇ります。

 

より、スピードのある生活をクロスバイクで送りたいという方におすすめです。キレのあるバイクライフを送ることができるでしょう。

重量9.9kgタイヤ幅28㎜
タイヤ径約70㎝
5

ジャイアント

GRAVIER

価格:39,744円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワイドタイヤで走行が安定する

段差や悪路があっても、パンクなどのアクシデントの発生を軽減してくれるジャイアントのグラビエです。山道などのダートな道を走行したい方におすすめです。太さもあるので重量もあるのではと思いきや、軽量なのもこのクロスバイクの魅力です。

 

スピードに関しては、やはり細いタイヤのクロスバイクに比べると出ませんが、どのような使い方をするのかで判断して購入するようにしましょう。タイヤの耐久性は期待できるでしょう。

重量11.2kgタイヤ幅45㎜
タイヤ径
6

ジャイアント

ESCAPE RX2

価格:72,144円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フォルムの美しいクロスバイク

ジャイアントの上級グレードのクロスバイクです。路面からの不要な振動をしっかりと吸収してくれるカーボンフォークを採用されています。グリップも幅広タイプを採用されており身体をしっかりと支えてくれます。

 

長時間の走行を行うと手がしびれたり疲れてきたりするのですが、RX2のグリップは大幅に軽減します。RX2シリーズから採用されるようになったシマノ製Vブレーキは的確なブレーキ操作を可能とします。スペックが充実したクロスバイクが欲しい方におすすめです。

重量10.4kgタイヤ幅28㎜
タイヤ径約70㎝
7

ジャイアント

TOUGHROAD SLR2

価格:88,560円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

山道も行けるマウンテンバイク系クロスバイク

ダートな山道でも舗装路でもグイグイと攻められるのが魅力のクロスバイクです。いくらクロスバイクといっても、舗装路がメインとなりがちのが実際のところなのですが、このTOUGHROAD SLR2なら本当にどこでも行けます。

 

クロスバイクがよくロードバイクとMTBのいいとこどりと言われますが、どちらかというとロードバイクに踏み込む前にクロスバイクを乗ってみようという方が多いです。街乗りでも楽しめますが、このバイクだからこそキャンプツーリングなどでの使用もおすすめしたいです。

重量11.4kgタイヤ幅50㎜
タイヤ径約70㎝
8

ジャイアント

ESCAPE RXW

価格:48,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本の女性が乗ることを考えたクロスバイク

日本人女性向けに考案されたモデルがESCAPE RXWです。小さいハンドル設計やクランクにこだわって作られています。サドルも女性のお尻にフィットしやすい設計を導入して作られています。

 

ライトやフェンダーなども着脱可能な対応アクセサリーが用意されています。アルミフレームを採用してあり約10kg程度の重量は走行性能も十分と考えていいでしょう。女性の型でジャイアントのクロスバイクが欲しい方は必見です。

重量10.2kgタイヤ幅28㎜
タイヤ径約70㎝
9

ジャイアント

SNAP 2014年モデル

価格:27,000円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カジュアルな楽しみ方ができるクロスバイク

マウンテンバイク的な要素がふんだんに取り入れられた遊び心が満載のジャイアントのクロスバイクです。価格は、ジャイアントの中でも低価格な部類になってきます。

 

MTBコンポを積んでいてクッション性能がしっかりとしており悪路を走行するのにも適しています。重量はやや重めではありますが、走行性能は街乗り程度であればストレスを感じることはなく走行できるでしょう。

重量14.2kgタイヤ幅26㎜
タイヤ径
10

ジャイアント

TRADIST

価格:48,600円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

昔の自転車を感じさせるクロスバイク

デザイン性が鮮やかなクロスバイクです。街を歩いていても目を止めるようなクラシックテイストなデザイン性がありますが、どこか昔を感じさせる懐かしい印象を持たされます。クロモリフォークとアルミフレームを合わせたボディーは走行性能をアップさせます。

 

ただし、坂道などではフロントギアが固定なので苦しくなってしまうでしょう。坂道が多い場所で使用するのであれば工賃はかかってもギア交換を行うのも1つの手段です。

重量9.7kgタイヤ幅28㎜
タイヤ径約70㎝

ジャイアントクロスバイクの商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:38012の画像

    ジャイアント

  • 2
    アイテムID:38020の画像

    ジャイアント

  • 3
    アイテムID:38015の画像

    ジャイアント

  • 4
    アイテムID:38014の画像

    ジャイアント

  • 5
    アイテムID:38013の画像

    ジャイアント

  • 6
    アイテムID:38019の画像

    ジャイアント

  • 7
    アイテムID:38028の画像

    ジャイアント

  • 8
    アイテムID:38018の画像

    ジャイアント

  • 9
    アイテムID:38023の画像

    ジャイアント

  • 10
    アイテムID:38021の画像

    ジャイアント

  • 商品名
  • ESCAPE R3
  • ESCAPE RX3
  • ESCAPE AIR
  • CROSTAR 2017年モデル
  • GRAVIER
  • ESCAPE RX2
  • TOUGHROAD SLR2
  • ESCAPE RXW
  • SNAP 2014年モデル
  • TRADIST
  • 特徴
  • コストパフォーマンスは最高峰に君臨するジャイアントのベストセラー
  • 街乗りから長距離まで行けるジャイアントの代表的なクロスバイク
  • スピードを出せるクロスバイク
  • オンロードの生活を想定したクロスバイク
  • ワイドタイヤで走行が安定する
  • フォルムの美しいクロスバイク
  • 山道も行けるマウンテンバイク系クロスバイク
  • 日本の女性が乗ることを考えたクロスバイク
  • カジュアルな楽しみ方ができるクロスバイク
  • 昔の自転車を感じさせるクロスバイク
  • 価格
  • 37800円(税込)
  • 48384円(税込)
  • 50544円(税込)
  • 37800円(税込)
  • 39744円(税込)
  • 72144円(税込)
  • 88560円(税込)
  • 48600円(税込)
  • 27000円(税込)
  • 48600円(税込)
  • 重量
  • 10.7kg
  • 10.5kg
  • 9.6kg
  • 9.9kg
  • 11.2kg
  • 10.4kg
  • 11.4kg
  • 10.2kg
  • 14.2kg
  • 9.7kg
  • タイヤ幅
  • 28㎜
  • 28㎜
  • 28㎜
  • 28㎜
  • 45㎜
  • 28㎜
  • 50㎜
  • 28㎜
  • 26㎜
  • 28㎜
  • タイヤ径
  • 約70㎝
  • 約70㎝
  • 約70㎝
  • 約70㎝
  • 約70㎝
  • 約70㎝
  • 約70㎝
  • 約70㎝

ジャイアントのクロスバイク通勤を快適にするアイテム

基本的に、泥除けがジャイアントのクロスバイクにはありません。雨天時には諸にタイヤからの泥水を背中からお尻に受けてしまいます。泥除けも別途購入になりますが取り付けることができるので、雨天時も走行する方は購入してみてください。

 

きっと走行時のお尻の辺りに感じる不快感が軽減されますし、背負っている大切なバックパックなどを泥水で汚したりしません。泥除けは雨の日にあると便利なアイテムです。

 

また、ジャイアントのクロスバイクに乗っていると、どうしてもバッグを携行して運転しなければいけませんので、肩がこってしまいます。パニアバッグを取り付けると背負わなくて済むので疲労軽減につながり、こちらもおすすめです。

まとめ

ジャイアントのクロスバイクは長年愛されてきた名機が多数ラインナップしています。ここ最近は、電動アシストの開発にも力を注いでおりまだまだ目が離せません。生活の手助けになるクロスバイクを手に入れて快適な生活を送りましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ