電動草刈機のおすすめ人気ランキング7選!価格や安全性を徹底比較!

刈払機とも呼ばれる電動草刈機。ガソリンエンジン式が一般的でしたが、今では電動草刈機が人気で、安いものでは1万円を切る価格で販売されています。女性でも簡単に安全に扱えるもの、騒音対策向きのもの、長時間使えるもの、など目的別で選び方とおすすめの商品を紹介します。

人気の電動草刈機をお探しの方に


草刈りをやってもやっても生えてくる雑草の生命力に、草刈機の力も借りたくなるものです。 


草刈機は、ガソリンを使用するエンジンタイプのイメージがあると思いますが、技術改良が進んだ今、草刈機初心者の方や女性の方でもラクラク扱える家庭用の電動草刈機が販売されています。 


しかし、ホームセンターで見かけるような電動草刈機は

「扱うのが難しそう…危なそう…」 

「ナイロン製だと切れ味は大丈夫かな…」

「長持ちする草刈機なのかな…」

「刃のメンテナンスで余計にお金がかかりそう…」

と思う方もいらっしゃるかと思います。


どの電動草刈機を選んで良いのか家庭用のもので本当に人気の電動草刈機はどれなのか、と悩みますよね。


この記事では、電動草刈り機の用途・目的ごとに、選び方を解説したのち、本当におすすめしたい電動草刈機を紹介していきます。 


お手軽な金額のものから、広いお庭に最適なもの、安全で刃のメンテナンスが簡単なものなど、あらゆるタイプをご紹介していきます。 

電動草刈機の選び方を熟知しよう

出典: www.amazon.co.jp


一口に電動草刈機といえど、使用用途や草刈り機に求める要素によって、おすすめの商品は変わってきます。


大きく3つの選び方のポイントがあります。

  1. 刃のタイプ(切れ味・安全性・メンテナンス)
  2. コード式かコードレス充電式か
  3. 耐久性や騒音対策などはバッチリか
詳しく見ていきましょう。

ポイント1:刃のタイプ(切れ味・安全性・メンテナンス)

まずは、刃のタイプですが、実は金属製の刃(八枚刄・チップソー)以外にも、樹脂製の刃(プラスチックカッター)ナイロン製の刃(ナイロンカッター)の2種類があります。



金属製>樹脂製>ナイロン製の順に切れ味が良いですが、安全性は逆にナイロン製が最も高いです。


それぞれ利用する場所によって必要性が異なるので、どのような場所に適しているのか、それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。


金属製の刃(八枚刄・チップソー)

金属製の刃はパワフルなので、空き地レベルの広い土地面積での草刈りには最適です。
ガソリンエンジンタイプを使用していた場合などは、買い替えとしてはベストな選択肢です。

金属製の刃のタイプには、八枚刄や四枚刃、チップソーがありますが、チップソーは合金を含んだ刃で、相対的に耐久性が高く最も力強いパワーを発揮します。

金属製の刃は削れてしまうので、小石程度では大丈夫ですが、石が多い場所やブロック塀などのキワ刈りが多い場所ではあまりおすすめされません。

摩耗して刃が丸くなってしまったら、取り替えのメンテナンスが必要です。  


※金属製の刃の使用には十分注意しましょう。国民生活センターの注意書き「草刈機使用で失明の危険」も必読です。


樹脂製の刃(プラスチックカッター)

ナイロンカッターも樹脂製の刃と言えますが、ここではプラスチックカッターのことを指しています。

プラスチックカッターは、素材の性質上、耐熱性や強度は十分ですが、切れ味の点で金属製には劣ります。やや切れ味が悪くなったチップソーと同程度の切れ味です。

しかし、柔らかい草であったり、キワ刈りであったり、石が多い場所であったり、障害物がある場合にも損傷することなく使用することが可能です。

家庭などの狭いスペースの草刈りであれば、確実に金属製よりも樹脂製のナイロンカッターがおすすめです。

また、摩耗した場合には、刃を交換すれば良いので、とても楽チンです。 


ナイロン製の刃(ナイロンカッター)

出典: www.amazon.co.jp


ナイロン製の刃(正確には「刃」ではありませんが)も、樹脂製の刃と同じような特徴を持っています。ナイロンコードとも呼ばれます。


若干、ナイロンカッターの方がプラスチックカッターよりも少しだけ切れ味が劣りますが、キワ刈りに適しており、細い柔らかい雑草などを刈ることができます。 

また、芝の整備などにも適しており、伸びている草だけを刈り取るにはおすすめです。


ナイロン製の刃は、樹脂製の刃と同じく、刃の交換が容易ですが、樹脂製の刃に比べて安価である点が人気です。


※プラスチックカッターの平均相場は2,000円から5,000円程度、ナイロンコードは500円から3,000円程度

ポイント2:コード式かコードレス充電式か

出典: www.amazon.co.jp


次に、電源の元のコードの有無です。


コード式は100V電源に繋ぐだけでいつでも使用できます。

充電を気にすることなく使用できるため、電源が近くにある場合に限り、長時間の作業にも向いています。


しかし、もちろんのことですが、山林などでの草刈りの場合電源の確保は難しいですし、移動の範囲の制限がかかり、場合によってはドラム式延長コードが必要なこともあります。


それもあり、コードレス充電式タイプの方が主流になりつつあるようです。


ナイロンコード式などではパワフルな力(回転数)が必要なので連続使用時間が約1時間程度と短くなってしまうものもあるようですが、電源コードを切ってしまうという心配がなく、可動性にも富んででいるので、初心者のかたや女性にはコードレス充電式の方がおすすめといえます。


価格に大きな差はありませんが、利用ケースや使用する人を考えて選ぶのが良いかと思います。

ポイント3:耐久性・騒音対策・収納性などはバッチリか

出典: www.amazon.co.jp


最後に、プラスの要素を考えましょう。


以下のチェック項目を照らしながら、商品を比較してみてください。

  • 耐久年数はどうか(=コスパの良さ)
  • 周囲への騒音はどうか
  • 収納スペースなどを広く取るか(本体のサイズ)
  • 持ち手の使いやすさ(ハンドルタイプ)
  • 女性にも使いやすい軽さか
  • 研磨などメンテナンス・手入れが必要か
  • 熱を持ちやすいタイプかどうか

最後の「熱を持ちやすいタイプかどうか」という点に関しては、耐久性にも繋がってきます。

刃の回転数が多いタイプだと、当然ですがモーターに熱を持ちやすく、消耗しやすいためです。

電動草刈機のおすすめ人気ランキング7選

出典: www.amazon.co.jp


では、ここからは本当におすすめしたい電動草刈機の人気ランキングを紹介していきます。


これまで述べていきた選び方のポイントを元に、評判や価格もコメントしてあります。


価格帯としては、15,000円から50,000円程度の一般的なもの、10,000円前後の安いタイプのもの、を紹介しています。


作業の快適さやメンテナンスの費用などの総合的なコスパを重視するなら、少しお値段が張っても良いものを選んだ方がおすすめです。


電動草刈機を販売している主なメーカーは、マキタ(Makita)、高儀(タカギ)、リョービ(Ryobi)、ボッシュ(BOSCH)など、老舗のメーカーから外資系のメーカーまでありますが、どこも大手で保証などは十分かと思われるので、ランキング要素からは外しています。

おすすめ1:【マキタ】充電式草刈機 MUR183UDZ

詳細情報

・サイズ:長さ1868×幅626×高さ470mm

・本体重量:3.6kg

・刈刃:軽快チップソー・直径1.60mm(1回の刈幅230mm)

・回転数:3500~6000回転/分 

・付属品:チップソー・ブレードカバー・肩掛けバンド
保護メガネ・ボックスレンチ・六角棒レンチ
アクセサリバッグ

・連続作業時間(目安)※
高速:約35分、低速:約95分

女性でも扱いやすい軽さとパワフルさを兼ね備えた最強の草刈機

1分あたりの回転数が最大6000回転と、ガソリンエンジン式と同じくらいのパワーがあるマキタのMUR183UDZ。


特徴としては、約3.6kgと軽いこと、変則ダイアルカラミトリ機能(正逆転切替)がついていて使いやすいことです。


充電式ですが、1時間程度は連続使用できるとあり、家庭用として使用するなら最適と言えます。


さらに、棹部分は分割できるため、収納や持ち運びにかなり便利です。

おすすめ2:【リョービ】刈払機草刈機 AK-6000

詳細情報

・サイズ:長さ1780×幅630×高さ360mm

・本体重量:5.0kg

・刈刃:チップソー(1回の刈幅230mm)

・回転数:7800回転/分

・付属品:保護めがね、六角棒レンチ4mm・5mm各1、ドライバ付ソケット、付属品袋、軽量チップソー、刈刃カバー、肩掛バンド、飛散防護カバー、延長コード10m、左手ハンドル

高速回転&刈刃取り替え可能で、広い土地も塀キワもしっかり刈れる

電源タイプで、長時間でも回転数(高速7800回転/分)が落ちないので、電源を確保できる場合にはかなりおすすめな商品です。


ただし、5.0kgと若干重たいため、初心者の女性にはあまりお勧めできません。


しかし、チップソーとナイロンコードの刃の交換・取り替えすることも可能なので、狭いスペースの作業でも簡単に使えると、評価が高いです。

おすすめ3:【ボッシュ】草刈機 ART26SL

詳細情報

・サイズ:長さ1100×幅300×高さ300mm

・本体重量:1.8kg

・刈刃:ナイロンブレード(1回の刈幅260mm)  

・回転数:12500回転/分

・付属品:スプール1個

軽さ・安さでNo1のナイロンブレード商品

おすすめ4:【山善】草芝刈り機 刈る刈るボーイSBC-280A

詳細情報

・サイズ:長さ1300×幅250×高さ350mm

・本体重量:2.6kg

・刈刃:カッター=本体付属エックスカッター(SKS5)、ブレード=鋸爪ブレード(特殊プラスチック)

・回転数:4900回転/分

・付属品:安全カバー×1、補助ハンドル×1 、Xカッターフィート(鋸爪ブレード3枚付)×1、交換用鋸爪ブレード×3、保護メガネ×1、肩掛けバンド×1、延長コード10m×1

替え刃タイプでカスタム可能、静音で使いやすいのが特徴

おすすめ5:【高儀】EARTH MAN GGT-180LiA

詳細情報

・サイズ:長さ960×幅220×高さ800mm

・本体重量:約1.8kg

・刈刃:チップソー、樹脂ブレード

・回転数:6300回転/分

・付属品:2WAYグラストリマー本体×1、18V専用充電器×1、18V専用バッテリーパック×1、ハンドグリップ×1、安全カバー×1、フロントガード×1、チップソー外径160mm×24P(内径20mm・ 板厚1.0mm)×1、ブレード×10、スパナ×1、軸固定ピン×1

茎の太い雑草も、キワ刈りも1本で対応できる

おすすめ6:【リョービ】刈払機草刈機 AK-3710 ナイロンカッター

詳細情報

・サイズ:長さ1256~1336×幅237×高さ276mm

・本体重量:2.1kg

・刈刃:ナイロンカッタ・直径1.65mm(1回の刈幅250mm)

・回転数:11000回/分

・電源:単相100V

・付属品:保護メガネ、飛散防護カバー、延長コード10m、エッジガイド(ネジワッシャ付) 

おすすめ7:【ブラックアンドデッカー】 コードレスナイロントリマーGLC1825LN

詳細情報

・サイズ:長さ121×幅230×高さ240mm

・本体重量:2.4kg 

・刈刃:ナイロンコード

・回転数:7400回/分

・付属品:18Vリチウムバッテリー、急速充電器、収納バッグ、ショルダーストラップ、ナイロンスプール×3(1つは本体装着)

【参考】電動草刈機と合わせて必要なものは?

出典: www.amazon.co.jp

電動草刈機を使用する場合、合わせて交換用の刃も用意して起きましょう。

万が一、削れてしまって取り替えしなければならないと作業も止まってしまいます。


かつ、電気式・電源式の草刈機を使用する際には、ドラム式延長コードがあるかチェックしましょう。コードが太く、簡単には切れないものがおすすめです。


その他には、安全に使用するために

  • 飛散防護カバー
  • 保護メガネ・ゴーグル
  • 軍手
  • 草刈エプロン

などがあると便利です。


飛散防護カバーや保護メガネ・ゴーグルに関しては電動草刈機を購入した時にセットでついていいる場合も多いです。

チップソー・ナイロンカッターの替え刃

現在売り出されている電動草刈機の替え刃は基本的に持ち手の部分に対して互換性があるようになっています。


ただ、回転数の違いから、チップソー専用の電動草刈機ではナイロンカッターを使用できないというケースもありますので注意しましょう。

チップソーの替え刃

出典: www.amazon.co.jp


マキタ ファインチップソー φ230 A-16112」です。


価格は¥2,315とお手頃な価格であるにも関わらず、切れ味が他を圧倒するレベルです。

硬い木の枝や太めの茎も刈ることができるので人気が高いです。


ナイロンカッターの替え刃


価格は¥1,870とナイロンカッターにしては安い方とは言えませんが、確実に一押しの商品です。 

ナイロンコードを使用する方がお悩みの、「コードを引き出さないといけない」を解消してくれています。
実際に使用してみて感じるのが一番ですので、騙されたと思って試して見てください。

ドラム式延長コード


コンセントが4口あり、電線長20mと十分、お手頃価格のものです。
コンセント口が防水仕様になっているので、雨上がりの湿った土地の草刈りなどでも使えます。

電動草刈機のおすすめ人気ランキングのまとめ

ここまで、電動草刈機の本当におすすめできる商品を紹介してきました。


電動草刈機は、性能はガソリンエンジンタイプの草刈機に劣りますが、家庭用として手軽に使用でき、比較すると価格も安く、種類も豊富にあります。


特に、価格が10,000円台の安いものもあり、刃の交換などのメンテナンスにかかるお金も安いタイプのものもあるので、すごく嬉しいですね。


お庭の手入れ・草むしり・草刈りは大変で、特に夏の雑草抜きは本当に骨の折れる作業だけに、電動草刈機を購入して、楽な草刈りを体験してみてください。




ランキング