育児中ママの強い味方!授乳クッションのおすすめ人気ランキング7選

幸せだけどママの体の負担も大きい授乳タイム。そんな時の強い味方が授乳クッションです。でもママの負担は軽減したいけれど赤ちゃんに触れるものだから衛生面も心配ですよね。授乳クッションの選び方でお悩みのママに、おすすめの授乳クッションをランキング形式でご紹介します。

授乳クッションとは

出典: www.amazon.co.jp


授乳クッションとは、授乳する時に赤ちゃんを抱くママの腕を疲れないようにしっかりサポートしてくれるクッションです。形としては、ウエストにハマるような三日月型をしているので、クッションに赤ちゃんを寝かせながら授乳することも可能です。まだ首の座らない不安定の時期に授乳クッションがあるとママへの負担も少なく授乳タイムもリラックスすることが可能です。赤ちゃんとのスキンシップにも余裕が持てるなどのメリットもあります。


授乳クッションは授乳期間しか使わないものなので、準備しようか悩む方も多いことでしょう。まだ首の座らない赤ちゃんの頭を支えながらの授乳は産後のママにとってはかなりの負担となります。これが1日に数回繰り返されることを考えると、授乳クッションはあった方が便利なアイテムとも言えるでしょう。

授乳クッションの使い方

出典: www.amazon.co.jp


授乳クッションの使い方ですが、商品によってサイズ感が異なるので自分に合ったものを選ぶと使いやすいです。授乳クッションはお腹の部分にくっつけるように設置します。赤ちゃんの授乳しやすい体勢でクッションの上に赤ちゃんを寝かせてから授乳します。授乳体勢のの基本は、赤ちゃんとママの目線が合う体勢が好ましいです。クッションの上に赤ちゃんを寝かせたらママの方から赤ちゃんに母乳を差し出すイメージで授乳を行います。また、高さなどはその都度調節しましょう。


授乳クッションを使うときは赤ちゃんと密着状態になるので、暑い季節だと熱がこもり蒸れてしまうので、クッションと赤ちゃんの間にタオルやひんやりグッズを挟むと赤ちゃんもママも快適になりますよ。


授乳クッションの使用はいつまで?

授乳クッションを使う時期ですが、基本的には赤ちゃんの首が座るまでの使用が好ましいです。赤ちゃんはいつまでも小さいわけではなく、首が座るに連れてどんどん成長していきます。そのうち「この体勢が飲みやすい」といったことも出てくるので、授乳クッションも徐々に使わなくなります。また首が座っても授乳体勢が辛いようであれば授乳クッションを使うのもありですよ。授乳クッションはママの授乳体勢が楽にできるようになるまでは使用してもいいでしょう。

授乳クッションの選び方ポイント4つ

授乳クッションの選び方では、どのよなことに気をつければいいのでしょうか?特にお子さんが初めてのママは何にを見て選べばいいのか分からないですよね。授乳クッションはママと赤ちゃんが使うものなので、いい商品を選びたいものです。ここでは、授乳クッションの選び方のポイント4つをご紹介するのでぜひ参考にしてください。

ポイント①:しっかりした厚みと硬さがあるか確認

出典: www.amazon.co.jp


ママの体の負担を軽減するために、前傾姿勢にならずに使える厚みのあるものや、赤ちゃんの重さでクッションが沈まないものが望ましいでしょう。授乳クッションにも色々な種類がありますが、クッションの厚みと硬さは選ぶ上でも重要です。授乳は1日に数回行うものなので、すぐにくたびれてしまうようなクッションも避けたいですね。


中にはビーズが詰まったビーズクッションなどもありますが、授乳体勢をサポートするには不向きです。ビーズクッションは人の重みなどに対しての反発力がないのでママの体勢も前傾姿勢になりやすいです。授乳クッションは中に棉が詰まっているものだと、長期間使うことができますし、赤ちゃんの重さもしっかり支えてくれるので授乳姿勢もとても楽になりますよ。

ポイント②:赤ちゃんの肌に優しい素材かを確認

出典: www.amazon.co.jp


授乳クッションは赤ちゃんの肌に触れるものなので、コットン素材などの肌触りが優しいタイプを選ぶことも大切です。赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので、硬い素材のクッションなどちょっとした繊維に擦れるだけでも肌荒れを起こす可能性もあります。コットン以外にも綿素材も肌への刺激が少ないのでおすすめですよ。


また夏場の暑い日などの授乳は、赤ちゃんが汗をかきやすく熱がこもりやすいです。なのでサラサラ通気性の良いものを選ぶなど、季節に合わせて授乳クッションの素材を変えても良いですね。

ポイント③:洗濯ができるかを確認

出典: www.amazon.co.jp


授乳クッションは毎日使うものなので、自宅で手軽に洗濯ができるかどうかも注目すべきポイントです。授乳は赤ちゃんにとってはお食事と一緒です。お食事に使うものだからこそ、いつでも清潔な状態で使用したいですよね。毎日使うとなれば、赤ちゃんが知らぬ間に汗をかいていたり、こぼしてしまったミルクなどがクッションに染み付いていたりすることがあります。


毎日使うものなのに一度も洗わないとなると流石に不潔感がありますよね。なので授乳クッションは家でも簡単に洗うことができるのかもしっかりチェックしましょう。  授乳クッションは、丸洗いができるかどうか、カバーを取り外すことができるかどうか、撥水加工で汚れを拭き取ることができるかどうかなどに注目して選んでみましょう。

ポイント④:授乳期間以外も使えるかを確認

授乳クッションは赤ちゃんの授乳に使うものとして浸透していますが、実はその他にも使い方があります。授乳期間しか使えないと思っている方も、他の使い方を知れば授乳クッションは便利なアイテムなんだと理解することができるのでゃないでしょうか?


妊娠期間の抱き枕に

出典: www.amazon.co.jp


授乳クッションは、妊娠期間の抱き枕として使うことができます。だんだんに大きくなるお腹を抱えながら睡眠をとることはとても大変なことです。そんな時に便利なのが授乳クッションで、横向きに寝ながら授乳クッションを抱きながら眠ることでとても楽な体勢になります。寝るときのストレスも軽減できるので、なかなか寝付けずに悩んでいる方にもぴったりのアイテムです。

卒乳後のおすわり補助に

出典: www.amazon.co.jp


赤ちゃんの首がすわり、寝返りがうてるようになる頃には、授乳クッションを使用して授乳する機会も減ってくる頃でしょう。寝返りがうてるようになれば、赤ちゃんを支えることでお座りをさせることができます。その支え棒となるのが授乳クッションで、クッションを背もたれにすることで赤ちゃんを座らせることができますよ。

授乳クッションのおすすめ人気ランキングベスト3

授乳クッションには色々な種類があるのでどの商品を選んだら良いのか迷いますよね。授乳クッションの形状はどれも同じで機能性も変わりがないのでどれも同じように見えますが、自分に合った授乳クッションを見つけることも重要です。ここでは、授乳クッションのおすすめトップ3をご紹介するので、どの商品にしようか悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

3位:青葉 授乳用クッション

出典:tocochan.com

青葉 授乳用クッション

詳細情報

・素材:綿100%

・サイズ:幅50X奥行43X高さX25センチ

・商品重量:880グラム

しっかりした厚みのクッション

しっかりした厚みのクッションなので赤ちゃんの体重で沈むことなく、不安定になりがちな赤ちゃんをしっかり支えながら授乳することができます。授乳中のママの負担も軽減し、リラックスしながらの授乳が可能です。ママの膝の上に収まるサイズ感なので、大きすぎず小さすぎません。授乳用クッション以外にも赤ちゃんのお昼寝ベッドとしても使えますよ。あぐら用クッションやバスタオルと組み合わせて必ず大人の目が届く範囲で使用するようにしましょう!

2位:Meiz 妊婦授乳クッション C型

Meiz 妊婦授乳クッション C型

詳細情報

・サイズ:縦140cm × 幅70cm × 高さ18cm

・商品重量:約2.5kg

・素材:中綿/ポリエステル100% カバー/ジャージー



授乳後もあらゆる場面で活躍するクッション

縦140cmもあるので、授乳クッションとしてだけでなくママの妊娠期の抱き枕としても使えるサイズです。クッションのたての長さがそれなりにあるため、形を調整することで読書クッションとして、背もたれクッションや足の下に入れることで足枕としてなど様々なシーンでも使うことができますよ。授乳後も長く使いたいと考えている方にもぴったりなクッションですね。

1位:MOGU マタニティマママルチウエスト

MOGU マタニティマママルチウエスト

詳細情報

・サイズ:約67×48×19cm

・商品重量:約0.8kg

・素材:(パイル部分)綿57%・ポリエステル43%・(伸縮部分)ナイロン85%・ポリウレタン15%・中材:パウダービーズ

・原産国:日本

ママのお腹にピタッとフィットのパウダービーズ

ママのお腹にピタッとフィットするクッションで、赤ちゃんを抱くママの腕をしっかりサポートしてくれるので楽々授乳することができます。デリケートな赤ちゃんの肌にも優しい天然系よもぎ成分を織り込んだ生地を使用しているので、肌荒れの心配もありません!クッションの中にはふんわりやわらかなパウダービーズが入っているので、ママのお腹に優しくフィットし、程よい心地で赤ちゃんもリラックすできるクッションです。

その他のおすすめ授乳クッション4選

授乳クッションは、自分に合うものを選ぶことで授乳タイムもストレスなく過ごすことができますよね。ランキングで紹介しきれなかったおすすめの授乳クッションがまだまだあるので、ここではその他の4つの授乳クッションもご紹介します。他にどのような商品があるのか知りたい方はぜこちらも参考にしてください。

BOBO コーラムママ&ベビークッション

BOBO コーラムママ&ベビークッション

詳細情報

・サイズ:約55×43×高さ18cm

・原産国:日本

・素材:コットン100%ヌードクッション:ポリエステル100%


お部屋のインテリアにもぴったりな可愛らしいデザイン

中には綿がたくさん詰まったクッションで、赤ちゃんの重さで沈むことなく快適な授乳タイムをすごることができます。お部屋のインテリアにもぴったりな可愛らしいデザインで、おしゃれなクッションが欲しい方にもおすすめです。カバーを外すことができるので、クッションとカバーを別々に洗えるのでいつでも清潔に保つことができますよ。

Meiz 妊婦授乳クッション U型

Meiz 妊婦授乳クッション U型

詳細情報

・サイズ:約140×80×20cm

・素材:綿/ポリプロピレン/コットン ふんわり柔らかマイクロ素材


肌触りのいいジャージーを使用

カバー素材には肌触りのいいジャージーを使用しているので、柔らかい感触でずっと触れていたくなるほどの心地よい授乳タイムにすることができます。吸湿や通気性に優れているので、熱がこもり安い夏場の暑い時期での授乳にもおすすめです。U型クッションなので、ママの枕&抱き枕として同時に機能を果たすこともできるも魅力的ですね。

dacco 授乳用クッション

dacco 授乳用クッション

詳細情報

・サイズ:(約)横幅54×奥行41×高さ16cm

・原産国:日本

・素材:クッション側地・中わた/ポリエステル100%、カバー…外側/綿100%、内側/ポリエステル100%


助産師さんとママの声から生まれたクッション

daccoは、助産師さんとママの声から生まれたアイテムが揃っており、ママたちにも選ばれている人気のブランドです。授乳時の赤ちゃんの高さを自由に調整できるので、ママへの負担も軽減して楽に授乳ができるようにサポートしてくれます。ふわふわふっくらなのにへたりにくい構造なので長く使うこともできますよ。丸ごと洗えるからお手入れも簡単なのが嬉しいですね。

白井産業 のっけて授乳クッション

白井産業 のっけて授乳クッション

詳細情報

・製品サイズ約縦40×横60×厚15cm

・側カバー:綿100%(オックス) 中身・中身側地:ポリエステル100%

・原産国:日本


色が選べるポップなデザインが可愛い

選べるカラーが豊富で水玉模様が可愛らしい授乳クッションです。カバーも中身も丸洗いできるからいつでも清潔に保つことも可能ですよ。ママのお腹にすっぽり収まるサイズなので、授乳後は読書の姿勢をサポートしてくれたり、お子さんのお昼寝枕にも使えるので長く使うことができます。綿100%素材なので、デリケート肌を持つ赤ちゃんにも安心して使えますね。

授乳クッションの売れ筋ランキングをチェック

参考までに授乳クッションの売れ筋ランキングをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。


Amazonの売れ筋ランキング

まとめ

授乳クッションのおすすめいかがでしたか?


授乳クッションは赤ちゃんの授乳時にママの腕をサポートするだけでなく、不安定な赤ちゃんの体勢もしっかりサポートしてくれるので、ママのお助けアイテムとして一つは用意しておきたいグッズです。また、授乳期間が終わっても読書するときの膝枕に、寝るときの抱き枕など様々なシーンでも使えるので長く使うことができますよ!皆さんもこの記事を参考に、自分に合った授乳クッションを見つけて快適な授乳タイムを過ごしてくださいね!

ランキング