欲しい片手鍋がきっと見つかる!おすすめ片手鍋ランキング7選

お湯を沸かしたり、軽く一品作ったりと、なにかと出番が多いのが片手鍋です。デザインや機能性など、用途に合った片手鍋を使うことで、料理の時間が楽しくなること間違いなしでしょう。そんな片手鍋のおすすめをランキングでご紹介します。

片手鍋は一人暮らしの必需品

  

出典: www.amazon.co.jp


片手鍋は鍋の片方に柄が付いている鍋で、どの家庭にもある調理器具の一つです。片手鍋さえあれば、様々な調理法で料理をすることができます。特に一人暮らしの方であれば、片手鍋一つあれば、手抜き料理も本格的な料理もできるので、一つ持っておくと便利です。


万能な片手鍋ですが、選び方にこだわって購入することでさらに使い勝手よく、様々な用途で活躍させることができます。今回は片手鍋の選び方やおすすめ人気ランキングをご紹介していきます。料理に挑戦したい方や片手鍋を新調したい方はぜひ参考にしてみてください。

便利な片手鍋の使い道

出典: www.amazon.co.jp


片手鍋の使い道はお湯を沸かしたり、煮物を作ったりというのが多くの方がイメージすることでしょう。片手鍋は煮るだけでなく、野菜やお肉を炒めたり、揚げたりすることにも使うことができます。


炒めるために使う場合は、カレーの具材を一旦炒めて火が通ったらそのまま水やルーを入れるといったように、下処理に炒めて煮る時に便利です。洗い物を減らすことにもなり、手際の良い調理や節水ができます。揚げ物は、片手鍋の深さを利用して少量の油でも十分に食材を揚げることができます。唐揚げやてんぷらを揚げる時に専用の鍋を使ったり、油を大量に消費したりすることがなくなります。様々な調理方法に対応した万能さを活用して、料理をよりおいしく楽しみましょう。

片手鍋の覚えておきたい選び方ポイント6つ

片手鍋を選ぶ際のポイントが主に6点あります。片手鍋のサイズや容量、対応しているキッチン、素材、デザイン、価格、保証期間の有無の6点です。サイズや容量、対応しているキッチンについては、片手鍋を選ぶ上で必須の項目です。素材やデザインはそれぞれの好みによって分かれる部分であるため、必須の項目と合わせて、自分が重視したいポイントに注目して見てみましょう。

ポイント①:片手鍋のサイズと容量はいくつか

出典: www.amazon.co.jp


片手鍋のサイズや容量は一度に作ることのできる料理の量などに関わるため、必ずチェックしましょう。サイズや容量を考える際には、一人暮らしの方は一度に作る量を、家族の方は家族の人数分の量を作ることができるかが重要です。


用途によって、サイズや容量を選ぶことで快適に料理ができます。お弁当用であれば小さいサイズの片手鍋を使うことで無駄なく片手鍋を活用できるます。


サイズや容量と合わせて、重さのチェックも大切です。特に女性は、あまり片手鍋が重すぎると鍋を移動させる時などに手間がかかり落としてしまう可能性も上がるので、扱いやすい重さの片手鍋を選ぶのが良いですね。

ポイント②:自宅のキッチンはガスかIHか


https://www.amazon.co.jp/山善-YAMAZEN-1400W-IHクッキングヒーター-IH-S1400/dp/B00IFW4FP6/ref=sr_1_9?ie=UTF8&qid=1533662805&sr=8-9&keywords=IH?tag=osusumeis0a-22

出典: www.amazon.co.jp


片手鍋によっては、直火専用、IH対応、直火IH兼用などのタイプがあり、自宅のキッチンと対応していないと使うことができません。片手鍋を選ぶ前に自宅のキッチンの熱源の確認を忘れずに行いましょう。

ポイント③:片手鍋の素材はなにか

片手鍋の素材がいくつかあります。使い勝手の良さや長持ちのしやすさ、デザインのおしゃれさなどそれぞれの素材に特徴があります。主な素材を見ていきましょう。


アルミニウム

出典: www.amazon.co.jp


アルミニウム素材の片手鍋は軽さと火の通りの速さが特徴です。大量の水を使う汁物などを素早く作るのに適しています。食材がくっつきやすい点や酸やアルカリに弱く、食材を漬け込むことに向いていないことに注意が必要です。


フッ素加工

 

出典: www.amazon.co.jp


アルミニウムにフッ素の樹脂をコーティングした素材です。ベースはアルミニウムで、使い勝手の良い軽さはそのままに、食材がくっつきにくいというメリットもあります。炒め物の調理にも向いているのでとても万能です。フッ素コーティングは使っていくとはがれていくので、コーティングのはがれを目安に買い替えが必要です。

ホーロー

出典: www.amazon.co.jp


ホーロー鍋はアルミニウムなどの鍋にガラス質の釉薬を焼き付けたもので、アルミニウムなどのシンプルなデザインよりもカラフルでおしゃれな片手鍋です。コーティングそのものは傷みにくく、他にも熱が逃げにくいこと、焦げ付きにくいことといったメリットがあり、温度を維持したい煮物などに便利です。

ステンレス


出典: www.amazon.co.jp


ステンレスの片手鍋は長持ち性能が魅力です。焦げ付きにくいため、維持がラクチンで一度買うと長く愛用することができます。他にも鉄製の片手鍋も人気です。重さが少々ネックですが、火力が申し分なく、お肉を美味しく調理するのに役立ちます。そのままお皿として、食卓に並べてもおしゃれに仕上がるので、料理の見た目にこだわる方にもおすすめです。

ポイント④:片手鍋のデザインや機能はどうか

片手鍋もキッチン雑貨であるため、おしゃれなキッチンをつくるためには片手鍋のデザインにこだわることも大切です。機能があるとより快適に料理ができるため、ぜひチェックしておきたいポイントです。


デザイン

出典: www.amazon.co.jp


キッチンで活躍する場面が多い片手鍋は、使い勝手だけでなくデザインのおしゃれさも大切です。ホーロー鍋のようなカラフルな色使いやシンプルな片手鍋にはないおしゃれな形の鍋を選ぶと、キッチンの風景にアクセントを加えることができ、料理のモチベーションアップにもつながるので、自分好みの色やデザインの片手鍋を選んでみましょう。


機能

出典: www.amazon.co.jp


機能については、主にふた付きの片手鍋か注ぎ口があるかなどが確認したい項目です。ふたがあるとより早く火を通したり、保存をしたりと料理の幅が広がります。また、円形の片手鍋に注ぎ口があるタイプもあります。汁物や煮物などスープや煮汁をよりラクにお皿に盛りつけることができます。鍋から容器に移して保存する場合にもこぼしにくいため、料理の手際アップに便利です。

ポイント⑤:片手鍋の価格はいくらか

出典: www.amazon.co.jp


一人暮らしの方やこれから料理に挑戦する方にとっては、片手鍋がどのくらいで購入できるかも気になるところです。多くの片手鍋は1000円から2000円ほどで購入することができます。安いものであれば、1000円以下のものもあります。高額な調理器具ではありませんが、ふた付きや注ぎ口ありなどの機能性やカラーバリエーションやおしゃれなフォルムといったデザインによっては平均的な価格より高くなる場合もあります。

ポイント⑥:片手鍋に保証期間があるか

出典: www.amazon.co.jp


片手鍋には保証期間が設定されている商品もあります。保証期間が設定されている片手鍋は、その期間安心して使うことができるため、長く使いたい方は保証期間の有無も片手鍋選びに見ておきましょう。10年保証の片手鍋もあるため、一度買ってずっと使うこともできます。

片手鍋のおすすめ人気ランキングベスト3

それでは、数ある片手鍋の中から厳選したベスト3をご紹介していきます。口コミと共にご紹介しますので、ぜひご参考にしてみてください。

3位:パール金属 お手軽クックブルーダイヤモンドコートミニ鍋

パール金属 お手軽クックブルーダイヤモンドコートミニ鍋

詳細情報

・サイズ:29.4x15.7x9.3cm

・重量:299g

・素材:アルミニウム

・対応タイプ:ガス火

お得な価格が魅力の長持ち片手鍋

ガスコンロの火専用のコンパクトな片手鍋です。大きすぎず小さすぎないちょうどよい大きさで、少量のおかずを作るのにも適しています。一番の魅力は、お得な価格と長持ち性能を両立している点です。1000円以下の安い価格と、鍋の内側に施されたダイヤモンド粒子のコーティングで傷に強く長持ちします。一度買ったら長く使いたい方や一人暮らしでお得に調理器具を集めたい方におすすめです。

2位:宮崎製作所 オブジェ片手鍋ミルクパン

宮崎製作所 オブジェ片手鍋ミルクパン

詳細情報

・サイズ:26.4x13.6x9.8cm

・重量:721g

・対応タイプ:IH/ガス

・素材:ステンレス

サイズバリエーション豊富なステンレス片手鍋

シンプルでスタイリッシュな片手鍋で、どのようなキッチンにもピッタリです。今回ご紹介するサイズ以外にも展開されているサイズが多く、人数に合わせて最適な片手鍋を選ぶことができます。素材にもステンレスが使用され、素早く熱を伝えてくれます。ふたも付いていますので、家族分料理を作る方や煮物など煮込み料理を作りたい方におすすめです。

1位:クックスマーク 片手鍋

クックスマーク 片手鍋

詳細情報

・サイズ:20.8x15.2x10.4cm

・重量:780g

・対応タイプ:すべての熱源(電子レンジ、オーブンを除く)

・素材:フッ素加工

快適な使い勝手・長持ちな万能片手鍋

鍋の外側と内側両方にフッ素加工がされているので、こびりつきや汚れが落としやすく手入れ簡単長持ちです。熱源はほとんど全てに対応するため、普段のおかずづくりだけでなく、電子調理器で鍋を囲むといった楽しみ方もできます。他にも取っ手の持ちやすさやふたが透明で料理の様子を見られるなど使い勝手の良さも備えた片手鍋です。料理が日課の方もこれから始める方でも大満足な片手鍋です。これさえあれば間違いないでしょう。

その他のおすすめ片手鍋4選

ランキングでは紹介しきれなかった商品の中で、特におすすめしたい商品をまとめてみました。これも口コミと共に紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

パール金属 片手鍋ガラス鍋蓋付ガス火専用

パール金属 片手鍋ガラス鍋蓋付ガス火専用

詳細情報

・サイズ:35.8x19.8x12.3g

・重量:912g

・対応タイプ:ガス火

・素材:アルミニウム

おしゃれなカラーのお得価格片手鍋

フッ素加工のされた内側の素材でお手入れがしやすく、鍋の中が見えるガラスのふたといった便利な機能が魅力のお得価格の片手鍋です。安くて使い勝手が良いので、一人暮らしの方や学生の方におすすめです。また鍋のカラーもビビットなオレンジがおしゃれで、女性やキッチンに色でアクセントを加えたい方にも嬉しいポイントですね。

ビタクラフト 片手鍋アリゾナ

ビタクラフト 片手鍋アリゾナ

詳細情報

・サイズ:35.6x21.4x10.3cm

・重量:1.2kg

・対応タイプ:IH

・素材:ステンレス

熱と水分を逃さない機能的片手鍋

どの調理方法にも使えるだけでなく、熱や水分を逃さない加工がされている機能的な片手鍋です。熱しやすく冷めにくいように、ステンレスの熱伝導性や保温性を実現し、本体とふたが密着加工による熱と水分を逃がさない性能もあり、時短しつつ美味しい料理を作ることができます。一つの鍋であらゆる料理をしたいという方はぜひ持っておきたい片手鍋です。

和平フレイズミルクパン

和平フレイズミルクパン

詳細情報

・サイズ:31.2x15.6x10.7cm

・重量:526g

・対応タイプ:IH

・素材:ステンレス

本格派ステンレス片手鍋

使い勝手や料理の仕上がりを重視したシンプルで無駄のないデザインの片手鍋です。こだわりの製造方法から作られているため、多くの方が愛用し、プロの料理家も活用しているようです。ステンレス素材の特徴である熱伝導性が均一な厚さに仕上げるプロの技によって、さらに磨きがかかっています。本格的な料理をしたい方や道具にこだわりたい方におすすめの片手鍋です。

貝印kai 軽いIH対応片手鍋

貝印kai 軽いIH対応片手鍋

詳細情報

・サイズ: 32.2x18x11.4cm

・重量:640g

・対応タイプ:IH/ガス

・素材:ステンレス

独特なふたが便利な片手鍋

ふたに特徴のある片手鍋です。鍋のハンドルが独特でふたが自立するため、一度ふたを開けて置くときや洗った後などに収納や一時的に置くときにとても便利です。鍋本体も軽量で持ちやすく、傷や汚れに強いコーティングもされています。料理のしやすさだけでなく、収納にも便利なふたが料理上手の方にもおすすめしたい一品です。

片手鍋の売れ筋ランキングをチェック

参考までに片手鍋の売れ筋ランキングをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。


Amazonの売れ筋ランキング

まとめ

片手鍋の選び方やおすすめ人気ランキングいかがでしたでしょうか?


片手鍋は一つあるだけで様々な調理ができ、どの家庭にもある調理器具の一つです。基本の調理器具である片手鍋をきちんと選び方を確認して購入することで、調理をより快適に行うことができます。一人暮らしを始める方や鍋を新調したい方は選び方やランキングを参考にして、自分だけの片手鍋を選びましょう。



ランキング