栄養豊富で低カロリー!黒砂糖のおすすめ人気ランキング7選

砂糖には白砂糖と黒砂糖がありますが、カロリーが低くて栄養豊富なのが黒砂糖です。おやつとしてそのまま食べるも良し、黒蜜にしてアイスにかけるも良し!様々な楽しみ方があります。それでは、皆さんにおすすめ人気黒砂糖をご紹介致します!

黒砂糖とは

    

出典: www.amazon.co.jp


黒砂糖と聞くと、ほとんどの方が沖縄土産を思い浮かべるでしょう。サトウキビやテンサイの絞り汁を煮詰める段階で不純物を取り除かずそのまま固めてしまったものが黒砂糖、様々な作業工程で精製されていくものが白砂糖になります。


黒砂糖は絞り汁をそのまま固めているので、含まれる栄養そのものも壊れていないのが特徴です。そのため、ミネラルが豊富でビタミン類や鉄分、カルシウムも多く含まれているので、白砂糖とは栄養成分や味の深さにも違いがあるのです。


また、カロリーにも違いがあります。100グラム当たり、白砂糖が384キロカロリーなのに対し黒砂糖は352キロカロリーです。カロリーだけだとあまり差がないように見えますが、栄養成分でみると黒砂糖の方が身体には優しい成分が豊富に含まれています。

黒砂糖の使い方

   

出典: www.amazon.co.jp


黒砂糖をお土産でもらったけど、固まりをそのまま食べるだけって方いませんか?固まりのままだと、使いづらいですよね。以下では、黒砂糖の様々な使い方を紹介いたしますので、ぜひご参考にしてみてください。


レンジでチン

固まりのままの黒砂糖をレンジで温めることで砕きやすくなり、コーヒーやお菓子作りに使いやすくまりますよ。大きさや量によっても温めの時間が変わるので、数秒程度から試してみてください。


鍋で煮詰める

黒糖と同量の水に溶かすことで、黒蜜になりますよ。アイスやヨーグルトのトッピングとしておすすめです。

黒砂糖の選び方2つ

黒砂糖は、栄養成分が豊富でダイエットにも効果があることからブームになっていますよね。だけど、種類が多すぎて何を選べばいいか迷ってしまいませんか?ここでは、黒砂糖の選び方のポイントを2点ご紹介いたします。

ポイント①:産地を確認

出典: www.amazon.co.jp


産地によって、黒砂糖の味に違いがあるんです。黒砂糖の産地とは、どこの島でできているかということ。土や環境の微妙な変化によって味にも変化が出ます。また、生産方法の違いも関係し、それぞれ特徴のある黒砂糖になります。


多良間島産

他の島の黒糖と比べても癖が少なくとても甘いのが特徴なので、お子さんや黒糖初心者におすすめです。


与那国島産

柔らかく口の中で溶けていくような食感です。ミネラルが豊富で塩気が強く、甘さ控え目なので、力仕事などのミネラル補給におすすすめです。


波照間島産

サクサクと歯ごたえのある固めの食感です。ミネラル豊富で、少し苦みがあり大人向けの味が特徴です。料理に使うと深いコクや照りがでていつもと違った味わいになりますよ。


西表島産

深いコクと甘みが強く、クセが少ないのが特徴です。食感は、しっとりと柔らかく、口の中でとろける甘さがお菓子のようです。


黒糖に水飴や粗糖など他のものを加えている加工黒糖というものもあります。味にも違いがあり、黒糖は黒砂糖の味をしっかり感じられますが、加工黒糖は黒砂糖の味はしますが、他のものを加えている分薄く感じます。一般的に販売されている黒砂糖は加工黒糖が多いです。

ポイント②:食べ方を確認

出典: www.amazon.co.jp


黒砂糖は、ブロックタイプか粉末タイプに分けられます。ブロックタイプはおやつ代わりにそのまま食べられます。粉末タイプだと、水に溶かして黒蜜にしてヨーグルトにかけたり、コーヒーなどドリンクに混ぜてもすぐに溶けるので便利ですよ。


料理でお砂糖の代わりに黒砂糖を使うことで、コクや照りが出ておいしく仕上がります。特に、煮物や照り焼きのタレ、味噌だれなど和食との相性が抜群です。白砂糖よりアミノ酸が豊富なので、味に深みが出て濃厚な味に仕上がるのです。


黒糖は、カラメルのような強い甘みと香りがあるので、それを活かしてパンやクッキーなどのスイーツなどにも使われています。白砂糖よりヘルシーなのもいいですね。粉末が使いやすいですが、果実酒など時間をかけて作るものにはブロックタイプが向いていますよ。

黒砂糖のおすすめ人気ランキングベスト3

黒砂糖には白砂糖と比べて、たくさんの栄養素が含まれていることがわかりましたね。ここでは、たくさんある黒砂糖の中から厳選して、おすすめ人気ランキングのベスト3を紹介いたします。ぜひ、ご参考にしてみてください。

3位:粉黒糖 多良間島産

粉黒糖 多良間島産

486円(税込)

詳細情報

・名称:黒糖 

・原材料:さとうきび(多良間島産)

・内容量:300g

料理に使いやすい粉末黒糖

使いやすい粉末状になっているので、料理やお菓子作りにもおすすめです。多良間島産の黒砂糖は癖が少なく甘みが強いのが特徴ですので、コーヒーやヨーグルトにそのままかけても美味しくいただけますよ。煮物に使うと味わい深くなり、白砂糖とはひと味違うコクや風味が楽しめるのが魅力のひとつです。黒糖初心者の方は、ぜひ試してみてください。

2位:宮崎製糖 玉砂糖

宮崎製糖 玉砂糖

1028円(税込)

詳細情報

・内容量:1kg

・カロリー:367 kcal(100g当り) 

・原材料:粗糖・糖蜜 

料理や飲み物のコクがアップ

サトウキビの絞り汁である原料糖に、糖蜜を加えて昔ながらの製法で作り上げた含蜜糖は、まろやかな風味とコクが特徴です。白砂糖より、甘さもまろやかで自然の恵みが豊富なので栄養素もたっぷり含まれています。様々な料理に向いていますので、煮物にはもちろん、お漬物やカレーの隠し味にもおすすめです。味わい深いコクが癖になるでしょう。

1位:波照間 黒砂糖粉末

波照間 黒砂糖粉末

1800円(税込)

詳細情報

・内容量 1袋あたり250g
6袋セット

・重さ:1.56 Kg

・沖縄県竹富町波照間島産 

・粉末タイプ

小分けが使いやすい黒砂糖

波照間島産の黒糖はそのまま食べるだけで、香り高く深い旨みが感じられ、一つのスイーツを食べているような存在感があります。コーヒーに入れると苦みが緩和され、風味が増し、美味しくいただけます。使いやすい分量ですので、一袋と同量の水で自家製黒蜜もつくれますよ。サラサラの粉末状ではなく、多少粒がありますので加熱調理に向いています。

その他のおすすめ黒砂糖4選

ランキングでは、紹介しきれなかった商品の中で、特におすすめしたい商品をまとめてみました。口コミとともにご紹介いたしますので、こちらもぜひ、ご参考にされてみてください。

まるもまるものさらさら黒糖

まるもまるものさらさら黒糖

702円(税込)

詳細情報

・容量:350g

・産地:沖縄県


特殊技術で溶けやすい粉末黒糖

沖縄のサトウキビを使用し、特殊技術で通常の黒糖より溶けやすい粉末状になっているので、料理や飲み物などいろんな使い方ができますよ。超微粒子粉末黒糖は、上品な甘さで癖が少ない仕上がりですので、料理の風味を壊しません。煮物や酢の物などのお料理に、使うことでやさしいコクと風味が全体の味を包み込んでくれます。 



波照間 黒砂糖ブロック

波照間 黒砂糖ブロック

298円(税込)

詳細情報

・波照間黒砂糖ブロック 300g

・波照間島さとうきび100% 

ミネラル豊富な黒糖で熱中症対策

小粒のブロックタイプですので、おやつ代わりやミネラル補給として、ちょこっと食べるのにベストな大きさになっています。波照間島産の黒糖は、他の産地より味と香りが断トツと言われています。柔らかい口どけですので、お子さんや高齢者の方も食べやすい固さですよ。適度なミネラル補給で熱中症対策をしっかり行いましょう。

貿易屋珈琲店 純黒糖粉末

貿易屋珈琲店 純黒糖粉末

540円(税込)

詳細情報

・内容量:500g 

・原材料:黒糖(さとうきび)

・原産国:フィリピン/インドネシア

・製品の加工地: 高知県 

無農薬サトウキビ100%

農薬を使用していないサトウキビをそのまま煮詰めているので、サトウキビの成分が凝縮されサトウキビ本来の風味もそのまま含まれています。使いやすい粉末ですので、料理やコーヒーなどの飲み物にもサッと溶けてくれます。100%の黒糖は栄養素も豊富ですので、白砂糖をこちらに変えて不足しやすいミネラル補給をしましょう。

高橋ソースオーガニック黒糖

高橋ソースオーガニック黒糖

421円(税込)

詳細情報

・内容量:400g

・カロリー:391kcal(100mlあたり) 

・原材料:有機さとうきび

・原産国:コスタリカ


有機JAS認定製品の黒糖

有機JAS認定製品ですので外国産でも安心して使用できます。有機サトウキビを100%使用し、ミネラル分をたっぷり含んだ有機シュガーは、さらさらとした粉末状ではなく、しっとりとした細粒状ですので、料理やシロップ作りに最適ですよ。含蜜糖特有の程よいコクと渋みに仕上がっています。国産の黒砂糖より低価格で購入できるので、リピートしやすくおすすめです。

黒砂糖の売れ筋ランキングをチェック

参考までに黒砂糖の売れ筋ランキングをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。


Amazonの売れ筋ランキング

まとめ

いかがでしたでしょうか?


黒糖は、栄養素も高く、同じ沖縄でも島の気候や土壌の状態、生産方法の違いで味や風味が変わることがわかりましたね。いろんな産地の黒糖を食べ比べして、好みの黒糖を探してみるのも楽しいかもしれません。ぜひ、今回ご紹介させていただいた商品を参考に、黒糖を取り入れてみてはいかがですか。


今年の夏は、猛暑と呼ばれ熱中症で体調を崩す方も多いです。熱中症対策に黒糖でミネラル補給をして乗り切りましょう。

ランキング