コーヒーをまろやかに!コーヒーミルクおすすめ人気ランキング7選

コーヒーを飲む時にミルクを入れると味がまろやかになって味わいが増します。コーヒーは飲みたいけどブラックは苦手という人にも必須のアイテムですね。そこで、コーヒーミルクの選び方と人気おすすめのコーヒーミルクについてランキング形式で紹介します。

コーヒーミルクとは

  

出典: www.amazon.co.jp


コーヒーミルクは、その名の通りコーヒーに入れることでまろやかな風味のミルクコーヒーが楽しめる製品で、粉末状のものと液体状のものが存在します。成分としてはシンプルな牛乳ではなく、生クリームや植物性油脂を混ぜたものは単純に牛乳を入れるだけで飲むよりもまろやかになります。

製品によっては甘みもあるのでコーヒーに入れるだけでなく、クッキーなど焼き菓子に入れて味付けに使うなどアレンジした使い道もある食品で、牛乳が無くても手軽に風味とコクのあるミルクコーヒーを楽しめるのがコーヒーミルクの魅力です。

コーヒーミルクの選び方3つ

それではここからはコーヒーミルクの選び方をポイントに分けて3つ紹介いたします。コーヒーミルクには沢山の商品があり違いが分かりにくいかもしれませんが、実はそれぞれに特徴やメリットがあります。コーヒーミルクを選ぶ際にはこれらのポイントを確認して、一番自分に合っているコーヒーミルクを選んでみてはいかがでしょうか。

ポイント①:成分を確認

一つ目のポイントはコーヒーミルクの成分です。コーヒーミルクには植物油脂が原料のものと、牛乳が原料のものに分けられます。植物性油脂が原料のものは「コーヒーフレッシュ」や「クリーミングパウダー」と呼ばれ、生クリーム原料のものが動物性油脂である点との大きな違いがあります。一方、牛乳を原料とする商品は「スキムミルク」や「ホームミルクパウダー」と呼ばれますが、脱脂粉乳という呼び方も一般的です。牛乳に比べて保存性が高く脂肪分も少ないのでヘルシーなのが特徴です。

ポイント②:粉末?液体?保存のしやすさを確認

 出典: www.amazon.co.jp


二つ目のポイントは粉末か液体かです。大きな差としては保存期間の差で、粉末のものは保存期間が長いものが多く、逆に液体タイプは冷蔵庫で保存する必要がある商品もあるので注意が必要です。必ず保存期間については確認するようにしましょう。

液体タイプのメリットとしては、粉末タイプのコーヒーミルクが溶かしづらい冷たいコーヒーでも簡単に使える点があります。アイスコーヒーが好きな方は液体タイプも常備しておくと良いでしょう。

ポイント③:コーヒーの濃さや種類を確認

最後のポイントはコーヒーの濃さや種類を確認する事です。コーヒーは種類によって酸味や濃さ、味に違いが出ますので、コーヒーに合ったコーヒーミルクを使うことをおすすめします。エスプレッソなどの濃いコーヒーには牛乳原料のしっかりした味のコーヒーミルクが合いますが、逆にアメリカンなどの薄めのコーヒーには植物性のあっさりとした風味のミルクを使うことでより美味しく楽しめるでしょう。自分の良く飲むコーヒーと好みに合わせた商品を選びましょう。

コーヒーミルクのおすすめ人気ランキングベスト3

それではここからは数ある商品の中から厳選したコーヒーミルクのおすすめ商品ベスト3を紹介いたします。それぞれの商品の特徴や、人気の理由や口コミと共に紹介しますので、是非とも商品選びの際の参考にしてみて下さい。

3位:Nestle クレマトップケイタリング

Nestle クレマトップケイタリング

詳細情報
・商品重量:1.29 Kg
・商品サイズ:15.6 x 30.5 x 29.5 cm

コクが豊かな液体タイプ

コーヒーそのものや、コーヒーに関する商品を多く製造しているネスレが販売する液体タイプのコーヒーミルクです。植物性油脂が原料で、砂糖も含まれているのでこれひとつでコクのあるクリーミーなコーヒーが楽しめるようになっています。この商品は内容量の多さも魅力ですが、液体タイプの特性としてそこまで賞味期限が長くないので職場や家族皆で使う場合など、短期間でも消費しきれる場合におすすめです。

2位:森永 クリープ

森永 クリープ

詳細情報
・内容量:210g
・商品サイズ:180.0x50.0x120.0mm

コーヒー以外にも使える定番商品

コーヒーミルクと言えばこれだという方も多い定番の商品です。粉末タイプなので、その時々や好みの濃さに合わせて好きな量を長期間保存で楽しめるというのも魅力です。100%牛乳由来の成分から作られているのでコーヒー以外にも紅茶や料理にも使える幅広さも人気のポイントです。本当に牛乳を入れたような香りとコクが楽しめるのでできれば牛乳でカフェオレを作りたいけれど常に牛乳を保管しておけない場面でも活躍するコーヒーミルクです。

1位:ネスレブライト

ネスレブライト

詳細情報
・商品サイズ:195×115×65mm

色々な飲み方が出来る万能モデル

コーヒー関連の商品でお馴染みのネスレが開発する粉末タイプのコーヒーミルクです。自分が好きな濃さや作りたいコーヒーのクリーミーさに合わせて自分で量を調節できるのがポイントで、植物性油脂由来である点も特徴です。ネスレのインスタントコーヒーメーカーと合わせて使うことも推奨されていて、簡単にカプチーノが作れるなど色んな使い方が可能な商品です。日によって飲みたいコーヒーの味が違う、色々な飲み方を楽しみたいという方におすすめの商品です。

その他のおすすめコーヒーミルク4選

ここからはおすすめ人気ランキングで紹介しきれなかった商品の中から、特におすすめの商品を更に4つ紹介いたします。いずれも特徴ある商品で、ポイントと共に紹介しますのでこちらも商品選びの参考にしてみて下さい。

UCCコーヒー クリーミーカフェプラス

UCCコーヒー クリーミーカフェプラス

詳細情報
・内容量:3g×40P
・商品サイズ:110×63×100mm

便利なスティックタイプ

香料と着色料不使用のスティックタイプのコーヒーミルクです。粉末なので保存期間が長く、頻繁には使わないという方にもおすすめで、小分けになっている粉末タイプなので来客時にも便利です。個包装タイプの特徴として、半分ずつ分けて家庭用と職場用に使ったりすることも簡単ですし、袋に入ったタイプの粉末コーヒーミルクは使わないうちにすぐに固まってしまうという方にはこうしたタイプがおすすめです。

キーコーヒー クリーミーポーション

キーコーヒー クリーミーポーション

詳細情報
・商品サイズ:195×35×150mm

美味しさの変わらない包装

液体タイプのコーヒーミルクで、高圧均質化製法という技術によって味にムラが出ないように作られています。さらに無菌充填包装によって液体タイプとしては味が変わらずに長く保存しておけるというのも特徴で、この形状の難点である開封時の飛び散りを抑える為にパックの内圧を外部に比べて低めにするという工夫もされています。値段も非常に安く、シンプルでどんな場面でも使いやすいタイプのコーヒーミルクです。

スジャータP

スジャータP

詳細情報
・商品サイズ:240mm×30mm×200mm

昔ながらの馴染み深い商品

CMでもお馴染みのコーヒーミルクです。ミルクとしては珍しい茶色の容器はできるだけ光を通さないようになっていて、商品の劣化を防ぐ意図によるものです。植物性油脂が原料で、砂糖も入っていて甘みが楽しめるので、コーヒー以外にもお菓子の味付けや、コーヒーゼリーなどのデザートにかけても美味しく味わえる商品です。香料を使っておらず、トランス脂肪酸も殆ど含有しないという体にも気を遣ったコーヒーミルクです。

メロディアン コーヒーフレッシュ

メロディアン コーヒーフレッシュ

詳細情報
・商品重量:499 g

元祖コーヒーフレッシュ

シロップなどの製品を手掛けるメロディアンが販売する商品で、主に西日本でコーヒーに入れる液体ミルクに対する「コーヒーフレッシュ」という呼び名は、この商品によって広まったともされる、長年幅広い層に愛されているコーヒーミルクです。沢山入っていて職場などでも使いやすく、飛び散り防止の加工も施されているので気を遣いません。昔ながらの商品でコーヒーの風味を大事にしたい方に人気の商品です。

コーヒーミルクの売れ筋ランキングをチェック

参考までにコーヒーミルクの売れ筋ランキングをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。


Amazonの売れ筋ランキング

まとめ

いかがでしたでしょうか?


今回はコーヒーミルクの選び方についてポイントとおすすめの商品を紹介いたしました。タイプによって色々な濃さやクリーミーさが楽しめ、手軽にコクのあるミルクコーヒーを楽しめるのでコーヒー好きな方には特におすすめです。成分やタイプによって色々なタイプがありますが、今回紹介した商品や選び方を参考にしながら、自分の好きなコーヒーや飲み方に合わせてベストなコーヒーミルクを探してみて下さい。

ランキング