油料理も安心して食べられる!植物油のおすすめ人気ランキング7選

油料理は美味しいのでついたくさん食べてしまいますよね。しかし、コレステロールや高血圧など病気の原因にもなり兼ねます。しかし、体に良い油を使っていれば安心です!油料理が好きだけど、健康が気になるという悩める皆さんのためにおすすめ人気植物油をご紹介致します!

植物油とは

出典: www.amazon.co.jp


植物油とは、自然の植物から抽出した油のことを言います。植物の中でも脂肪が多く含まれているとして大豆やヤシ、菜種などから抽出されることが多いです。植物油の代表例として大豆油・ごま油・オリーブオイルなどがあります。一般家庭で使われているサラダ油も植物油に値しますが、摂取のしすぎは不健康を招くので注意が必要なんです。


動物油と植物油の違いは?

動物油と植物油の違いとは、抽出される対象物に違いがあります。動物油は牛などの動物から抽出するのに対し、植物油はひまわりなどの植物から抽出します。植物の方が体に良さそうなイメージはありますが、全てがそうではないので選ぶ際は注意が必要でもあります。動物油の方は特に摂取量に注意が必要で、摂取のしすぎは動脈硬化や生活習慣病を招く恐れがあります。

植物油の効果

        

出典: www.amazon.co.jp


植物油の中には、美容や健康にもいいとされている種類があります。例えば、最近美容でも関心が高まっている亜麻仁油は、悪玉コレステロール低下・血行促進・抗酸化作用・アンチエイジングなどの美容効果が大いに期待できます。


なので、美肌目的で飲んでいる方も多く商品化されているものもありますよ。オリーブ油は、冷え性改善・悪玉コレステロール低下・消化吸収サポート・便秘解消などが期待できヘアコロン 、普段の料理のサラダ油の代わりすることでコレステロールの摂取を抑えることができるなど、健康面も嬉しい効果が期待できます。


健康重視にするならオリーブオイルに変えるのがおすすめです。また、アボカドオイル・アーモンドオイル・マカダミアナッツオイルなどは美肌効果が期待できるオイルなので覚えておくといいですよ。

食べるだけじゃない!

        

出典: www.amazon.co.jp


植物油は料理に使うだけでなく、辛味などのアクセントをつける役割もあります。見た目もおしゃれなフレンチ料理にも仕上げることができるので、目の食としても使われていることが多いですよ。また、植物油は食べるだけでなく体に塗るなどの使い方もできます。


よくあるオイルマッサージなどにも植物油が含まれた商品もたくさんあります。例えばオリーブオイルはカサカサな唇をケアすることに使えますし、ボディのマッサージオイルとして使うこともできます。また、乾燥がひどい時の保湿効果としても使うことができます。


代表的なマッサージオイルとしてはスクワランなどがあり、肌にも優しく低刺激なので敏感肌でも使えますよ。このように、植物油は人の体と親密な関係にあるとも言えますね。

植物油の選び方ポイント4つ

植物油はどのようにして選んだらいいのでしょうか?植物油はサラダ油よりも体にいいので乗り換えを考えている方は、どんなことに気をつけて選べばいいのか悩みますよね。植物油には国産のものや有機栽培のものなのど様々あるのでしっかり選ぶ必要があります。ここでは、植物油の正しい選び方の4つのポイントをご紹介するのでぜひ参考にしてください。

ポイント①:遺伝子組み換えでないものを選ぶ

       

出典: www.amazon.co.jp


植物油は、遺伝子組み換えでないものを選ぶことをおすすめします。遺伝子組み換えにはとうもろこし、大豆、菜種、綿実の4種類があります。スーパーに並んでいるサラダ油もほとんどが遺伝子組み換えなので健康を重視したいなら100%原料のものを選びましょう。また、原料が国産と表記されているものも遺伝子組み換えではにと考えられるので、安心して購入することができますよ。


また、不要なものを含まない有機栽培されたものもおすすめです。遺伝子組み換えでないものは高価なものが多く日常的に使うには痛手になるかもしれませんが、健康を重視するなら薬代に変わって健康体でいられると考えると続けることができそうですね。スーパーで見つからないという方は、自然食品を扱う店舗やネット通販、生協などには置いてあることが多いですよ。

ポイント②:低音圧搾を選ぶ

        

出典: www.amazon.co.jp


植物油の抽出方法には主に「化学溶剤抽出」と「低温圧搾」の2タイプがあります。それぞれおどのような特徴があるのか詳しく見ていきましょう。


化学溶剤抽出


化学溶剤抽出は、溶剤を使用して抽出する方法です。言葉だけ聞くと危険なもののように思いますが、体に害のないように加工されているので食べても問題はありませんよ。ですが天然のものと比べるとやはり100%体に優しいとは言えない方法です。


低温圧搾


低温圧搾は、圧をかけて抽出する方法です。昔から使われており今では機械を使ってプレスして抽出するのが一般的ですよ。低温圧搾は油分の成分栄養素を100%抽出することができるので、健康面を考えるならこちらの方法で抽出されたオイルがおすすめです。

ポイント③:調理方法に合わせて選ぶ

       

出典: www.amazon.co.jp


植物オイルをどのような調理に使うのかでも選ぶものが変わってきます。調理方法としては、加熱する・生のままにするなどがありますよね。植物オイルの中にも火を通さなくても美味しく食べられるものもあります。生のままで食べられるオイルの代表としはオリーブオイルがありますよ。また、オリーブオイルは熱にも強いので肉などを焼く際の油としても代用することができるでしょう。


ゴマ油や落花生油などの風味づけにいい油は加熱してもしっかりにおいが残るのでおすすめです。また香りづけにもいい油は中華料理との相性がいいので選ぶ時のポイントとして抑えておくといいかもしれませんね。酸化しやすく熱にも弱いとされている亜麻仁油やえごま油は、生のままで食べるのが一番です。野菜のドレッシングや料理の最後のトッピング感覚で使うのがベストでしょう。

ポイント④:空気や光を通さない容器を選ぶ

 

出典: www.amazon.co.jp


植物オイルは、酸化しやすく味が落ちやすいので、空気や光を通しにくい缶や瓶に詰められたものを選ぶことをおすすめします。植物オイルは天然素材の物が多く体に良いものなのですが、その反面空気に触れると酸化しやすいのですぐにオイルがダメになってしまうこともあります。


食用オイルとしてこまめに使う方はオイルの劣化も早くなるので、できるだけ空気に触れないようにする事でオイルの質を保つことができます。


植物オイルの容器は、基本的に瓶・缶・プラスチックボトルの3種類がありますが中でもプラスチックボトルは、体にも有害と言われてることもあり、健康を重視したいのであれば避けたい容器素材でもありますね。ガラス瓶を選ぶときは、透明よりは色付きの遮光便のような物がおすすめですよ。

植物油のおすすめ人気ランキングベスト3

植物オイルは、体にも優しいオイルなので健康を重視するなら積極的に取り入れたい物ですが、植物オイルは種類も多いのでどの商品を選んだら良いのか悩みますよね。普通の油と比べると少々高いので良いものを選びたいものです。ここでは、特におすすめのベスト3をご紹介するので、どのオイルを選んだら良いか悩んでいる方は参考にしてください。

3位:カネゲン 圧搾一番しぼり国産なたねサラダ油

カネゲン 圧搾一番しぼり国産なたねサラダ油

詳細情報

・内容量:910g

・原材料:食用なたね油

・商品サイズ(高さ×奥行×幅):232mm×92mm×92mm

希少な原料のオイル国産菜種

国産菜種は希少な原料のオイル遺伝子組換えでないではないので安心して口にすることができますよ。お湯を使って不純物を洗い流す事で淡白で良質な食用油が取れました。ご飯のおかずとなる寮にはもちろん、お菓子などのデザートにも使えるので、幅広いレシピで活躍する事間違いなしです!油の風味だでけでも味が変わるので、ちょっとした隠し味にも良いですね。

2位:biologicoils オーガニックJAS認証イタリア産有機アマニオイル

biologicoils オーガニックJAS認証イタリア産有機アマニオイル

詳細情報

・原材料:有機食用アマニ油

・内容量:229g

・商品サイズ(高さx奥行x幅):220.0mm×50.0mm×50.0mm

オーガニックJAS認証のオイル

オーガニックJAS認証のオイルで、亜麻特有の苦みも感じないので、お子さんでも美味しく食べることができる有機アマニ油ですよ。EU産の100%有機亜麻の種子だけでできたオイルなので、体にも優しくオーガニックにこだわっている方にもおすすめです。JAS認証なので良質で安心できるでしょう。醤油との相性が良いので、あらゆるおかずの一品に使えますね。

1位:仙台勝山館 MCTオイル

仙台勝山館 MCTオイル

詳細情報

・内容量:360g

・原料:ココナッツ由来の中鎖脂肪酸油

栄養科の高いココナッツ100%由来のMCTオイル

栄養科の高いココナッツ100%由来のMCTオイルで、健康にも美容にも嬉しい効果が期待できます。味や匂いなども気にならないのであらゆる料理に使うことができます。お子さんでも無理なく美味しく食べることができるので、家族がいる家庭でも安心して使えますね。添加物は一切使用していないので、良質さにもこだわりがありますよ!

その他のおすすめ植物油4選

植物オイルはランキングで紹介した商品以外にもおすすめがたくさんあります。植物オイルは食用としてだけでなく、ボディケアにも使えるものもあるので、その他の商品も気になりますよね。ここでは、比較的安く購入できるその他の植物オイル4つをご紹介するので、自分に合ったオイルを選ぶ参考にしてください!

オーフスカールスハムンピュアウォールナッツオイル

オーフスカールスハムンピュアウォールナッツオイル

詳細情報

・内容量:230g

・原材料:食用くるみ油

・商品サイズ(幅×奥行×高さ):58×48×179mm

香ばしい香りで食欲を促すオイル

厳選された原料と最新の精製技術から生まれた植物オイルで、くるみの風味が食欲を促してくれます。温めることで香ばしい香りになり、あらゆる焼き料理にも最適です。多価不飽和脂肪酸が豊富で飽和脂肪酸が少なく、ノンコレステロールなので、食事の偏りが気になる方にもおすすめですよ。食用としてだけでなく、マッサージオイルとしても使える万能オイルです。

ホクレン北海道 こめ油

ホクレン北海道 こめ油

詳細情報

・原材料:食用こめ油

・商品サイズ(高さx奥行x幅):220mmx65mmx65mm

北海道米の米糠(ぬか)を100%使用オイル

北海道米の米糠(ぬか)を100%使用したオイルで、体に優しい天然素材成分が豊富に含まれているので、健康体を目指す方にもおすすめです。植物オイルは酸化に弱いのですが、このオイルは酸化がに強いオイルなので美味しく食べ続けることができるのも魅力的です。1日に必要なビタミンEを摂取することも可能なので、美容と健康を同時にサポートしてくれますよ。

ヴィラブランカ オーガニックエクストラバージンオリーブオイル

ヴィラブランカ オーガニックエクストラバージンオリーブオイル

詳細情報

・内容量:500ml

・原材料:食用オリーブ油

・原産国:スペイン

・商品サイズ(高さ×奥行×幅):268mm×57mm×57mm

有機JAS認定を受けたオーガニックオリーブオイル

有機JAS認定を受けたオーガニックオリーブオイルなので、安心して食べることができますね。オリーブオイル独特の香ばしい香りで料理の香り付けにもぴったりです。油を熱して炒める用の油としてはもちろん、このオイルは生のままでも美味しくいただけるので、パンや生サラダにかけて食べても美味しいですよ。オイルの素の味を楽しみたい方にもおすすめです。

創健社 えごま一番 しそ油

創健社 えごま一番 しそ油

詳細情報

・内容量:270g

・商品サイズ(高さ×奥行×幅):63mm×63mm×576mm

・原材料:食用えごま油

普段の食生活もサポートしてくれる

必須脂肪酸であるα-リノレン酸をたっぷり55%以上も豊富に含んでいるので、普段の食生活もサポートしてくれそうですね。ゴマの香りも香ばしく、食欲をそそるので料理を美味しく食べたい方にも最適です!オイルの風味で料理の味も変わるので、いつもの料理を少しアレンジしたいなと言うときにこちらのオイルをプラスするだ毛で違った味わいが楽しめます。

植物油の売れ筋ランキングをチェック

参考までに植物油の売れ筋ランキングをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。


Amazonの売れ筋ランキング

まとめ

いかがでしたでしょうか?


植物オイルは、普通の食用オイルよりも体に良いので健康体をいたい方は積極的に取り入れたい食品でもあります。油は料理に欠かせないものなので、どのような素材の油を使うのかでこれからの健康管理も変わってきますよ!これからの健康でも注目されている植物オイルで、美容・健康面をサポートして食事を楽しんでみてはいかがですか?

ランキング