記事ID1703のサムネイル画像

    自宅で本格コーヒー!コーヒーメーカーのおすすめ人気ランキング7選

    コーヒー好きの方は特に、自宅で簡単に本格的なコーヒーが飲めたら嬉しいですよね。コーヒーメーカーがあればその夢を叶えてくれます!たくさん種類があって選べない!そんな悩める皆さんのためにおすすめ人気コーヒーメーカーをご紹介致します!

    コーヒーメーカーとは

       

    コーヒー本体の持つ深い香りと味わいを逃さずに抽出するのがコーヒーメーカーです。コーヒーに拘りを持っている方にとって、モーニングコーヒーや一息つく時に飲むコーヒーは至福の時でもあります。自宅にいながら喫茶店で飲むような美味しいコーヒーを頂けるので、本物の奥深い香りと味を楽しみたい方に愛されています。 

    美味しいコーヒーを淹れるコツ!

    コーヒーを抽出した時一番最初に落ちる一滴をファーストドリップと言うのですが、何故たかが一滴と言える雫にファーストドリップなんて言う名前が付いているのかご存知でしょうか。理由も無く名前が付いているわけではありません。ファーストドリップが一番味わい深くて美味しいから特別にファーストドリップと呼ばれているのです。このファーストドリップはコーヒーメーカーのサーバーに落ちるので問題はありませんが、コーヒーにとってファーストドリップは特別で大切な一滴なのだと思うと感慨深いものがあります。コーヒー豆を使用する時は豊かな風味を逃さない為に、淹れる直前に豆を挽く事が大切です。次に大切なのはお湯ですが、コーヒーに沸騰したお湯を使うと苦味が増してしまうので90℃位のお湯を使うのがベストです。一度にお湯を淹れるのではなく2回に分け淹れるのがコツで、最初にコーヒーパウダーの蒸らしをします。コーヒーパウダーの中心にお湯を入れるのですが、この時ペーパーフィルターを濡らさないように気をつけましょう。ペーパーフィルターを濡らすと水分がコーヒーパウダーの脂成分を通さなくなるので風味が弱くなってしまいます。しかしトロっとした濃厚な口当たりが苦手な方は逆にペーパーフィルターをしっかり濡らしてから蒸らすようにして下さい。いずれにしても美味しいコーヒーを淹れるには蒸らし方も大切なので、意識して丁寧に蒸らすように心掛ける事が大切です。蒸らし時間は30秒程で良いのですが、濃い目のコーヒーがお好きな方は1分程蒸らした方が良いでしょう。蒸らしが終わったらコーヒーパウダーの中心から外側へ円を描くようにお湯を回し入れます。お湯を淹れる時間の長さによって香りや味が変わってきますので、好みに合わせてお湯を淹れる速度を調整する事も大切です。サーバーに必要な量のコーヒーが落ちたらドリッパーを外して下さい。雑味を入れない為に最後の一滴をサーバーに落とさないのもコツです。せっかく美味しく淹れたコーヒーも長時間保温をすると豊かな風味が損なわれてしまうので、早めに飲むように心掛けて下さい。新しいコーヒーメーカーで淹れると機械の匂いが付いてしまう事がありますが、使用している内に匂いが無くなりますので心配はいりません。

    コーヒーメーカーの種類

    コーヒーメーカーには幾つかの種類がありますので、それぞれの特徴をご説明します。コーヒーメーカーを選ぶ際に最初に見るところでもありますので、是非参考にして下さい。ドリップ式 

    コーヒーパウダーと水をセットしてスイッチを入れると、コーヒーメーカーが自動でコーヒーを抽出してくれます。コーヒーメーカーの中では最もポピュラーなタイプです。サーバーにはガラス製とステンレス製があり保温性が変わってきます。抽出してすぐに飲むのでしたらガラス製で良いのですが、保温をしておくのならスレンレス性が向いています。構造上洗いやすい製品が多く、メンテナンス性も高いと言えます。サイフォン式  

    サイフォン式の最も大きな特徴は、コーヒーを淹れている様子を見られる事です。デザイン性も高いのでお部屋のインテリアとしてもおしゃれ感を十分に演出してくれます。蒸気の圧力を利用してコーヒーを抽出するサイフォン式は使い手の技術が反映される為少し扱いが難しいのですが、その分味わいも深くなります。コーヒーにこだわりをもっている方におすすめのタイプです。カプセル式

    コーヒーパウダーを閉じ込めたカプセルをセットしてコーヒーを抽出するので、コーヒーパウダーの分量を計ったりする手間を省けます。セットする時にコーヒーパウダーを散らかしてしまう事も無く、お手入れも簡単なのが嬉しいところです。忙しい時でも手早く本格的なコーヒーを味わう事が出来ますので、時間に追われる事の多い方におすすめです。エスプレッソマシン    

    コーヒーパウダーに圧力をかけて抽出する事で、濃厚な味わいのコーヒーを仕上げる事ができるタイプです。深みのあるコーヒーを頂きたいと言うこだわり派におすすめです。フィルター

    コーヒーフィルターには紙製の物と金属製の物があります。紙製の物は使い捨てになりますが、蒸らし方によって脂成分を入れるか取り除くかと言う嗜好に合わせる事ができます。金属製の物は何度も使えますが脂成分を取り除く事はできませんので、お好みで選んで下さい。

    コーヒーメーカーの選び方ポイント3つ

    たくさんの種類があるコーヒーメーカーですが、種類だけではなく機能面でも製品によって違いが多くあります。コーヒーメーカーを選ぶ為のポイントを3つにまとめましたので、是非参考にして下さい。

    ポイント①:豆から・粉からで選ぶ

    コーヒーメーカーを使う事で深い風味のコーヒーを楽しめますが、コーヒー豆を挽くのか予め挽いた物を使うのかでコーヒーメーカーの種類が変わってきます。コーヒー豆から挽く方が味や香りが良いのですがその分手間がかかり、予め挽いた物を使うと手間は省けますが風味は若干落ちてしまいますので特徴を押さえた上で選んで下さい。豆を挽くにはコーヒーミルを使用するか、或いはコーヒーミル付きのコーヒーメーカーを使用する必要があります。もっと手軽に本格的なコーヒーを楽しみたいのでしたらカプセルタイプの物を選んで下さい。

    ポイント②:メンテナンスのしやすさで選ぶ

    コーヒーメーカーは清潔に保つ必要がありますので、洗いやすいかどうかと言う事も大切な要素となります。細部までしっかり清掃できるように細かく分解できるのか、メンテナンスの手間を減らせるようなシンプルな作りかを確認して下さい。また、シンプルな構造でメンテナンスが楽になるとしても清潔に保てないようでしたらご再考して頂く必要があるでしょう。コーヒー本来の風味を生かすには日頃のお手入れが大切になります。

    ポイント③:付属機能で選ぶ

       

    コーヒーメーカーには美味しく頂く為に必要な機能や便利な機能を備えたモデルもあります。美味しいコーヒーを入れるには美味しい水も必要不可欠なのですが、浄水機能を備えたモデルですと水の心配は無くなります。自動洗浄機能付きですとメンテナンスが楽になりますので、コーヒーを楽しんだ後の時間にも余裕が出てくるので忙しい方におすすめです。予約タイマー付きのモデルなら予め材料をセットしておき、朝目覚めた時には既に美味しいコーヒーが出来ていると言うように慌ただしい朝から開放されます。一定時間が経過すると自動的に電源がオフになる機能が付いていると、忙しくてうっかり電源を切り忘れてしまったと言う時でも安心です。機能が充実するとその分価格にも反映してきますので、必要な機能かどうかを見極める事も大切です。

    コーヒーメーカーのおすすめ人気ランキングベスト3

    たくさんの製品の中から厳選したコーヒーメーカーのおすすめ人気ランキングベスト3をご紹介します。口コミと共にご紹介しますので、是非参考にして下さい。

    3位:KYG 電動コーヒーミル

    KYG 電動コーヒーミル

    価格:2,499円(税込)

    Amazonで詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    初めての方でも安心、ハイパワーで簡単操作

    安全装置が付いていて簡単な操作でコーヒー豆を挽く事ができますので、初めてコーヒーミルを使うと言う方におすすめです挽く音も小さい為ご家族が寝ている時間帯でも美味しいコーヒータイムを楽しむ事ができます専用のお手入れブラシは付属していますが、水洗いはできませんのでお手入れの時には十分注意をして下さい。

    サイズ(約)W10×D10×H20cm重量約587g

    2位:ネスカフェ ゴールドブレンドバリスタ

    ネスカフェ ゴールドブレンドバリスタ

    価格:3,437円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    スリムタイプなので使う場所を選びません

    エスプレッソタイプやカフェラテ、カプチーノと言った5種類のメニューを装備していますので、その日の気分やお好みでタイプを変えられるのが嬉しいですね本格的なコーヒーメーカー程のスペックはありませんが、お湯を沸かす時間が短いので手早く美味しいコーヒーを淹れられるのが強みですスリムなデザインで省スペースなので、一人暮らしの方におすすめです。

    サイズW17.6xD28.5xH35.9cm重量3.6kg
    2色

    1位:パナソニック 沸騰浄水コーヒーメーカー全自動タイプ

    パナソニック 沸騰浄水コーヒーメーカー全自動タイプ

    価格:16,548円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    美味しいコーヒーは美味しい水から!沸騰浄水機能で味わい深く

    コーヒーミル付きで全自動なので、いつでも挽きたての美味しい本格的なコーヒータイムを過ごす事ができますカルキを90%除去する沸騰浄水機能付きなので豊かな香りと味を損なう事がありませんので、手軽に本格的なコーヒーを飲みたいと言う方におすすめです豆の挽き分け機能と淹れ分け機能でコクと苦味のバランスを調整できるので、多くの方の嗜好に合わせる事ができます。

    サイズW22.0×D24.5×H34.5cm重量2.9kg

    その他のおすすめコーヒーメーカー4選

    コーヒーメーカーのおすすめ人気ランキングベスト3ではご紹介出来なかった商品の中にも優れた商品がたくさんあります。その中から特におすすめしたい商品を4つ厳選しましたので、是非こちらもチェックしてみて下さい。

    homgeek コーヒーミル電動

    homgeek コーヒーミル電動

    価格:3,680円(税込)

    Amazonで詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    手放しで豆が挽ける!杯数ダイヤルで自動のコーヒーミル

    豆を挽く時にスイッチを押しっぱなしにする必要が無く、杯数にダイヤルを合わせる事で豆を挽いた後自動的に止まる機能が付いていますちょっとした機能ですが忙しい朝に手放しで豆を挽く事ができると言うのは時間短縮につながるので、時間に追われる朝でも美味しさにこだわりたいと言う方におすすめしたいコーヒーミルです
    サイズW13×D16×H23cm重量1.12kg

    タイガー コーヒーメーカー シャワードリップ方式

    タイガー コーヒーメーカー シャワードリップ方式

    価格:1,932円(税込)

    Amazonで詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    シンプルだからこそ手軽で簡単に使えます

    美味しいコーヒーを淹れるだけと言うシンプルなモデルで、それ以外の機能は付いていませんその分価格も安いのでコーヒーを美味しく飲むと言う事だけを見るならば、コストパフォーマンスは高いと言えます本格的な物は必要無いけどインスタントでは物足りないと言う方におすすめです。

    シンプルな構造は洗いやすいと言う長所がありますが、狭い場所に設置していても分解は前面から可能な為更にお手入れが楽にできますキッチンや食卓に充分なスペースが無いと言う方にもおすすめです
    サイズ(約)W13.8×D27.3×H27.9cm重量約1.6kg

    タイガー コーヒーメーカー 真空ステンレスサーバー

    タイガー コーヒーメーカー 真空ステンレスサーバー

    価格:6,333円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    ホットでもアイスでも本格的な香り

    ホットコーヒーを美味しく淹れる事ができるのはもちろんですが、アイスコーヒーモードも搭載しているのでシーズンに合わせてお好みの本格コーヒーが飲めますマイコンによる蒸らし機能付きなのでコーヒーメーカーを使い慣れていない方におすすめですが、ホットだけでは無くアイスコーヒーも味にこだわりたいと言う方にもおすすめです
    サイズW28.0×D17.4×H34.5cm重量2.8kg

    デロンギ 全自動エスプレッソマシンマグニフィカ

    デロンギ 全自動エスプレッソマシンマグニフィカ

    価格:45,567円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    シンプル操作で十分な実力、本格的なエスプレッソマシン

    自宅にいながら簡単な操作で本格的なエスプレッソを味わえるので、本物志向の方におすすめですエスプレッソマシンの中では安価なモデルですが、コーヒーの風味を損なわない実力がありますのでコストパフォーマンスは充分と言えますデザイン的には少し大きめな為設置場所を考える必要がありますので、お使いになる環境にご注意下さい。

    サイズW28×D42.5×H36.5cm重量(約)10.5kg

    コーヒーメーカーの売れ筋ランキングをチェック

    参考までにコーヒーメーカーの売れ筋ランキングをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?豆から・粉からで選ぶメンテナンスのしやすさで選ぶ付属機能で選ぶコーヒーメーカーは本格的で高価な物から、美味しいコーヒーを淹れるだけのシンプルで安価な物まで豊富に発売されています。奥深い香りや味にこだわりたい方にはもちろんですが、コーヒーには詳しくないけど美味しいものが飲みたいと言う初心者の方でも本物の味を楽しむ事ができます。3つのポイントを押さえながらそれぞれの嗜好に合わせて選んで頂き、充実したコーヒータイムを過ごして頂けたなら幸いです。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    TOPへ