記事ID1716のサムネイル画像

    キャンプでも安心!携帯ウォシュレットのおすすめ人気ランキング7選

    キャンプなどのアウトドアや旅先など、トイレにウォシュレットがない場所に行く場合でも携帯ウォシュレットがあれば安心です。たくさんのタイプがあるので迷ってしまうという方、そんな悩める皆さんのためにおすすめ人気携帯ウォシュレットをご紹介致します!

    携帯ウォシュレットのメリット

     

    トイレで用を足したら、ウォシュレットできれいしたいという方がほとんどでしょう。お家やお店のトイレの多くはウォシュレット付きのトイレですが、キャンプ場や海外などお出かけ先によってはウォシュレットがない場合もあります。ウォシュレットなしの場合はトイレットペーパーで拭いてきれいにしますが、水のうるおいがないため、紙の摩擦でお尻が痛くなってしまうことがあります。またウォシュレットに比べて自分で拭くだけでは汚れが残ってしまいかゆくなることもあります。トイレに入ってウォシュレットがない!となった時にも、用を足した後に清潔に洗えるのが携帯ウォシュレットのメリットです。外出時に持っておくだけで気持ちよく用を足すことができるので、一つ持ち歩くことをおすすめします。

    どんな時に使うの?

     

    外出先によって、トイレにウォシュレットが付いていないことがあります。海外ではウォシュレットがあまり定着していないため、携帯ウォシュレットがあるととても便利です。国内においても、キャンプや合宿場などではウォシュレットがない場所があり、外出時に持っておきたいアイテムです。トイレにウォシュレットがない場合以外でも携帯ウォシュレットは活用できます。介護のシーンでのトイレの後の洗浄や赤ちゃんのおむつ替え、ペットの体やお尻の洗浄にも大活躍です。行先や用途に合わせて携帯ウォシュレットを使ってみましょう。

    メンテナンス方法

    携帯ウォシュレットはお尻など身体を洗浄するものであるため、常に衛生的に保つことが大切です。携帯ウォシュレットは水を入れておくだけで使うことができますが、水を入れたまま放置しておくと汚れやカビなど不衛生になってしまいます。衛生的に保つためには、使用後のメンテンナンスが欠かせません。残った水を入れたままにせず、捨ててしっかり洗浄しましょう。ノズルの部分も汚れるので、除菌シートで拭くなどの掃除も大切です。

    携帯ウォシュレットの注意点

       

    携帯ウォシュレットは水を入れて持ち運ぶことでウォシュレットがないトイレでも快適に用を足すことができます。国内であれば、ほとんどの水を心配なく飲むことができ、身体への影響はないことがほとんどです。海外旅行の場合は水に注意が必要です。そのまま飲むとお腹を壊してしまうこともあり、身体に直接水を当てるウォシュレットでも注意が必要です。国内で水を入れておくと飛行機のチェックインに引っかかる可能性があるため、現地での水の扱いに注意しましょう。ミネラルウォーターや煮沸した水など適切な処理をした水を携帯ウォシュレットに使用してもしものトラブルを防ぐことが大切です。

    携帯ウォシュレットの選び方ポイント2つ

    外出先などで役に立つ携帯ウォシュレットには、動作のタイプや電源のタイプなど様々なタイプのものがあるため、用途などに合わせて選ぶことができます。また持ち運ぶために、サイズも重要です。タイプやサイズに注目して選び方を見ていきましょう。

    ポイント①:タイプで選ぶ

    大きく分けて携帯ウォシュレットのタイプには、手動式、電動式、加圧式、バネ式、ペットボトル式の5つがあります。それぞれのメリットや特徴を順に見ていきましょう。

    手動式携帯ウォシュレット

    手動式のウォシュレットは軽量さで持ち運びやすいことや買いやすい価格が特徴です。電動式に比べ、価格が安いため、初めて携帯ウォシュレットを持つ方にもおすすめです。ただ手動のため、水圧に限りがあることや押している間だけの洗浄時間であることなどのデメリットもあるので、求める水圧や洗浄時間に合わせて選ぶ必要があります。

    電動式携帯ウォシュレット

    携帯ウォシュレットの中でも一番水圧のあるタイプで、家庭のトイレなどの水圧にも劣らない性能です。スイッチ一つで洗浄することができ、水がなくなるまでスイッチのオンオフで洗浄時間を調節できる点も魅力です。水を入れて持ち運べない点やモーター音など便利さだけでなく、デメリットもチェックしておきましょう。加圧式携帯ウォシュレット

    加圧式は手動式の水圧の弱さを補った携帯ウォシュレットです。使用前にポンプで加圧することで十分な水圧で洗浄することができます。手動式と同じく、電池要らずでコンパクトなため持ち運びにも便利です。水圧が強いため、洗浄する部分以外も濡れる可能性があり、使用時には注意しましょう。

    バネ式携帯ウォシュレット

     

    ポンプの操作でバネを収縮させ、バネの反発の力で水を押し出す携帯ウォシュレットです。バネの収縮によって、水圧や洗浄時間を調整することができます。使っていくとバネの力が弱まっていくので、劣化に合わせて買い替えが必要です。

    ペットボトル式携帯ウォシュレット

     

    ペットボトルを装着することで手動で洗浄できる携帯ウォシュレットです。100均の商品として販売され、安さが最大の魅力です。ペットボトルを持ち運ぶ必要がありますが、水量が確保できるので、持ち運びの工夫をすることでコスパ最高の携帯ウォシュレットになります。

    ポイント②:サイズで選ぶ

    携帯ウォシュレットは持ち運びやすいサイズを選ぶと、より快適にお出かけを楽しむことができます。大きいサイズの携帯ウォシュレットを持ち運ぶためにカバンを大きくしなければならないとなると荷物になってしまい、あまりおすすめできません。普段使っているカバンに入るほどのサイズやカバンが重くならない軽量なものを選ぶことが大切です。

    携帯ウォシュレットのおすすめ人気ランキングベスト3

    携帯ウォシュレットには、複数のタイプがあり、行先や用途によって、人それぞれ欲しいタイプが異なります。機能もそれぞれのため、初めて携帯ウォシュレットを選ぶ方は迷うことでしょう。そこで数ある携帯ウォシュレットの中からおすすめしたい携帯ウォシュレットのベスト3をピックアップしました。さっそくランキングを見ていきましょう。

    3位:携帯おしり洗浄器 シュピューラー常備用

    携帯おしり洗浄器 シュピューラー常備用

    価格:1,700円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    たっぷりの水量とキリモミ水流が魅力の携帯ウォシュレット

    手動式の携帯ウォシュレットで、コップが付属しているため、基本容量の200ccにプラスして最大600ccの水量を確保できます手動式のため、電池などを必要とせず、水さえあれば洗浄することができます水圧に工夫がされていて、キリモミ状に水流を出し、しっかり洗浄できる点も魅力です。

    水量を確保したい方やしっかりとした水流で洗いたいという方におすすめの携帯ウォシュレットです
    サイズ6.5x6.5x24.5cm重量118g
    容量200ccタイプ手動式

    2位:パナソニック おしり洗浄器

    パナソニック おしり洗浄器

    価格:7,095円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    ノズルの使い分けが可能な電池式携帯ウォシュレット

    電池式のコンパクトな携帯ウォシュレットです持ち運びが楽なことやペットボトルを直結させて水量を確保できること、騒音が少ないことなど様々な機能があります中でもボタンで標準ノズルとソフトノズルを使い分けられる機能が特徴的です。

    人によってウォシュレットの強さの好みが違うので、自宅のウォシュレットのように水圧を調整したい方におすすめです
    サイズ15.4x4.5x4.5cm重量230g
    容量130mlタイプ電池式

    1位:LIworld USB充電式携帯ウォシュレット

    LIworld USB充電式携帯ウォシュレット

    価格:3,180円(税込)

    Amazonで詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    充電していつでも使える携帯ウォシュレット

    電池が必要なく、USBで電源から充電することで使えるので、旅行に多く行く方や充電できる機器を持ち歩いている方におすすめです電池が切れて使えないということがなくなるため、充電しておくだけでどこでも使うことができます強と弱の使い分けや適度な水量、洗浄時間なども高性能で、機能と携帯性を兼ね備えた携帯ウォシュレットです。

    サイズ17.2x7.4x7.2cm重量322g
    容量230mlタイプ充電式

    その他のおすすめ携帯ウォシュレット4選

    ベスト3では紹介しきれない携帯ウォシュレットの中から4つの携帯ウォシュレットもピックアップして紹介していきます。ベスト3にはない特徴やメリットに注目して、携帯ウォシュレット選びに役立ててみましょう。

    TONELIFE 手動式ウォシュレット

    TONELIFE 手動式ウォシュレット

    価格:1,299円(税込)

    Amazonで詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    水量たっぷりであらゆるシーンで大活躍携帯ウォシュレット

    大容量ながらも、軽量で持ち運びのしやすさも魅力の携帯ウォシュレットです水の量をたっぷり確保することができるため、用を足した後の洗浄だけでなく様々なシーンで活用できます痔をお持ちの方や生理中の方、介護でのポータブルトイレと組み合わせた利用など大活躍です。

    様々な用途で携帯ウォシュレットを使いたい方に特におすすめです
    サイズ20.8x9.2x7.2cm重量118g
    容量450mlタイプ手動式

    TOTO 携帯ウォシュレット

    TOTO 携帯ウォシュレット

    価格:6,115円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    持ち運びやすさにこだわった携帯ウォシュレット

    携帯性に特化した携帯ウォシュレットで、「いつでもどこでも」が魅力ですコンパクトな大きさはもちろんですが、付属品として携帯のポーチが付いているため、収納に便利で、周囲を気にせずに持ち運ぶことができます他にもボタン一つで切り替えられる2つの洗浄モードやボタンで簡単に洗浄の開始、停止ができる操作性も特徴です。

    持ち運びの快適さを追求する方におすすめです
    サイズ6.7x29.8x4.6cm重量250g
    容量180mlタイプ電池式

    クジラ ウォシュレット携帯

    クジラ ウォシュレット携帯

    価格:1,719円(税込)

    Amazonで詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    十分な水圧が魅力の加圧式携帯ウォシュレット

    ポンプで加圧して水を押し出す加圧式携帯ウォシュレットです加圧式の携帯ウォシュレットは手動式よりも水圧が強く、しっかりと洗浄することができるため、海外やキャンプなどの外出先でとても便利です携帯しやすいコンパクトなサイズですので、赤ちゃんのいるご家庭のおでかけでもおむつ替えで活躍します。

    手動式の水圧よりも強い水圧が良いという方はぜひ加圧式を使ってみてください
    サイズ16.5x5x5cm重量160g
    容量100mlタイプ加圧式

    携帯シャワーファルウオッシュ ミニ

    携帯シャワーファルウオッシュ ミニ

    価格:698円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    水量を調節できるペットボトル式携帯ウォシュレット

    ノズルにペットボトルを取り付けるタイプの携帯ウォシュレットですノズルはシンプルな作りのため、故障の心配がなく、ペットボトルさえあればずっと使うことができます水量、水圧はペットボトルの大きさや押す力によって、自分で調整することができる点も便利な魅力です。

    携帯ウォシュレットに多くの機能を求めず、持ち運びや快適さを求める方にぴったりです
    サイズ3x4x10.5cm(ノズルのみ)重量18.1g
    タイプペットボトル式

    携帯ウォシュレットの売れ筋ランキングをチェック

    参考までに携帯ウォシュレットの売れ筋ランキングをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

    まとめ

    携帯ウォシュレットの選び方やベストランキングいかがでしたでしょうか?携帯ウォシュレットを持っておくと外出先でウォシュレットがない時にも快適に用を足すことができます。携帯ウォシュレットの選び方やランキングを参考に、自分にあった携帯ウォシュレットを選んでみてください。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    TOPへ