記事ID1717のサムネイル画像

    温かさをそのまま保つ!タンブラーのおすすめ人気ランキング7選

    温かい飲み物を仕事場まで持っていく途中で冷めてしまった、そんな経験はありませんか?せっかく温かくなりたくて持ってきたのに、、と悩んでいる方のために寒い時に温かい飲み物をそのまま保ってくれるタンブラーのおすすめ人気商品をランキング形式でご紹介いたします!

    タンブラーと水筒の違いとは

     

    タンブラーと水筒は見た目がよく似ていますが、呼び方が異なるのは日本語か外来語かの違いではありません。仕様による明らかな違いがあります。どちらも飲み物を入れる物ですが、水筒は鞄やリュックサックに入れて持ち運ぶ事を想定しているので設計は保温性と気密性重視で横にしても飲み物がこぼれません。一方コップと言う意味であるタンブラーの気密性は水筒に劣りますので、横にすると飲み物がこぼれてしまうモデルも多くあります。フタ付きや保温性の良い物もありますが、仕様によって気密性が変わってきますので注意をして下さい。水筒は鞄等に入れる他ストラップで肩にかけて持ち運べますが、タンブラーは基本的に手で持ち運ぶ物です。遠足やハイキングでは長時間保温ができる水筒が向いており、デスクワークのように室内で作業をしながら適度な温度で飲み物を飲みたい時にはタンブラーが向いています。

    タンブラーの正しい選び方ポイント4つ

    見た目がよく似ているモデルでも、仕様によって気密性や保温性に大きな差があります。商品素材や構造と仕様でどのような違いがあるのかを4つのポイントにまとめました。それぞれの特徴をご説明しますので、使用する環境や好みに応じてお選び下さい。

    ポイント①:保温効力を確認

     

    タンブラーの保温能力に関わる構造に二重構造と言うのがあります。間に真空層を設けた二重構造によって保温能力を向上させた物で、商品によって採用しているモデルと採用していないモデルがあります。保温性に関わる仕様ですので、商品パッケージやネット通販で御購入の際は商品詳細を十分確認するようにして下さい。

    ポイント②:素材のタイプで選ぶ

    タンブラーにはステンレス製のモデルとプラスチック製のモデルがあります。それぞれの特徴をご説明しますので参考にして下さい。

    ステンレス

    ステンレスは熱放射が非常に少ないので保温能力が高いのが特徴ですが、樹脂製と比べた場合、価格が高いモデルも多くなります。保温性や保冷性を重視するならステンレス製の二重構造が最適です。熱い飲み物や冷たい飲み物の温度を持続させたい方は、プラスチック製よりもステンレス製モデルをお選び下さい。価格面に於いてはステンレス製の方がプラスチック製よりも高い傾向にあります。

    プラスチック

    プラスチック製のモデルはステンレス製と比べた場合、保温能力は低くなります。二重構造のモデルを選ぶ事で保温能力の向上は見込めますが、ステンレス製には勝りません。しかし熱い飲み物が冷めやすいと言うのは飲みやすい温度に下げやすいと言う事になりますので、この点で考えるならステンレス製より優れていると言えます。プラスチック製のモデルは早く適度な温度に下げて飲みやすくしたい方や、猫舌の方におすすめです。保温性と保冷性を重視したい方にはステンレス製に軍配があがります。ステンレス製と比較した場合プラスチック製の方が価格も安いモデルが多くありますので経済的です。

    ポイント③:容量を確認

    使い勝手の良さに影響してくるポイントとしてタンブラーの容量が上げられます。飲み物を飲みながらデスクワークをする方もいらっしゃいますが、容量が大きいと飲み切る頃にはすっかり冷めてしまいます。逆に小さいと飲み物の補充の為に席を立たなくてはいけないので、仕事を一時的に中断する必要があり効率性が悪くなります。ご使用になる方が適温で飲みきれる容量のモデルを選ぶ事も大切なポイントとなりますので確認をして下さい。

    ポイント④:フタのこぼれにくさを確認

     

    タンブラーは倒してしまうと飲み物がこぼれてしまいますが、フタ付きのモデルを選んで頂きますとこの問題を小さくする事ができます。フタが付いていても埃の混入を防ぐ程度のモデルと、気密性を高めているモデルがありますので気密性の確認もして下さい。気密性が比較的高いタイプでも隙間から雫が出てくる物と、しっかり密閉されたモデルがあります。うっかり倒してしまった時にノートパソコンや書類に被害が及ばないよう、ゴムパッキン等が付いた気密性の高いモデルを選んで頂くと失敗が少なくなるでしょう。

    タンブラーのおすすめ人気ランキングベスト3

    今ではたくさんの便利なタンブラーが発売されていますが、その中から特におすすめの商品を人気ランキングベスト3としてまとめてみました。タンブラー選びの参考になりますので、是非チェックしてみて下さい。

    3位:ドウシシャ コンビニマグ

    ドウシシャ コンビニマグ

    価格:1,598円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    このパフォーマンスでリーズナブル!

    コンビニのラージやレギュラーサイズの飲み物に対応している他、ドリンクホルダーに収まるデザインでフタもしっかり密閉するタイプなので自動車通勤している方や電車通勤の方にもおすすめです二重構造なので保温も保冷も得意なモデルで、氷が入る間口の広さがあるのでアイスコーヒーのような冷たいドリンクにも最適です倒れてもこぼれない仕様はデスクワークにもおすすめですね。

    サイズ78×78×159mm重量(約)200g
    容量360ml3色

    2位:アスベル 真空断熱携帯タンブラー

    アスベル 真空断熱携帯タンブラー

    価格:1,634円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    真空断熱二層構造で気密性も良く、スペックが高いモデルです!

    ワンタッチでフタをロックする機能の他、ワンプッシュでオープンするフタが便利なのでストレス無くドリンクを飲めます容量がありながら高さを抑えつつ底部を細くしたデザインなので、ドリンクホルダーにも収まる為お車での使用も便利ですフタを外すとコーヒーサーバでも使用ができますので、オフィスワークをしている方におすすめしたいですね。

    しかし上部が太くなっている為、リュックサックのポケットには入れ辛い場合もありますのでご注意下さい
    サイズ79×86×147mm重量212~239g
    容量290ml/370ml3色

    1位:タイガー魔法瓶 ステンレスタンブラー

    タイガー魔法瓶 ステンレスタンブラー

    価格:1,845円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    ザックのポケットに収まるスリムタイプは、ちょっとしたお出かけに最適!

    フタが大きく開くので飲む時にフタを煩わしく感じない作りになっています細身のデザインはザックのポケットにも収まりますので、近場へのピクニックやお子様が遊びに行く時にも持たせてあげたいですね気密性は高いのですが飲み口に残った僅かなドリンクが漏れてしまう事もありますので、飲み終わった後は飲み口を軽く拭くようにして下さい。

    サイズ(約)72×72×186mm重量(約)0.22kg
    容量360ml2色

    その他のおすすめタンブラー4選

    ランキングでは紹介しきれなかった商品の中にも優れた商品がまだまだあります。その中から特におすすめしたい商品を4つ厳選しましたので、ぜひ参考にしてみてください。

    RicoRich ステンレスタンブラー

    RicoRich ステンレスタンブラー

    価格:1,999円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    ビッグサイズで温冷抜群、冷え冷えのビールも美味しく!

    たっぷりとした容量があるのでサイズも大きくなりますが、氷を入れても十分なドリンクを入れられますので暑い日には重宝します飲む量が多い方におすすめの商品ですが、保冷性能も高く500mlのビールも入りますのでビール好きの方にもおすすめしたいですねもちろん高いのは保冷性だけではなく、保温もバッチリですよ。

    サイズ(約)550ml86×65×170mm重量282g
    容量550ml

    Starbucks coffee ロゴタンブラーマット

    Starbucks coffee ロゴタンブラーマット

    価格:4,648円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    ペーパーカップの手触りなのにステンレス製!

    最も注目すべき特徴はステンレス製でありながら、ペーパーカップの手触りを実現している事ですペーパーカップのような口当たりの柔らかさと優しい手触りが魅力的な商品なので、紙質の穏やかな感触を求めている方におすすめしたいですね紙質的なのは手触りだけで、簡単に丸洗いもできますのでご安心下さい。

    二重構造なので温冷能力も十分あります
    サイズ93×93×130mm重量(約)349g

    サーモス 水断熱ケータイタンブラー

    サーモス 水断熱ケータイタンブラー

    価格:2,265円(税込)

    Amazonで詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    温冷持続時間が長い。飲む時はゆっくり派におすすめ!

    飲み口の部分が洗いにくそうに見えますが、分解が可能なのでしっかり丸洗いできますからご安心下さいワンプッシュオープンの商品が多い中、缶ジュースのプルタブを開けるような動作でロックを解除するタイプです温冷性が高く飲み物が高温でも冷たくても、2時間程の効果があります。

    しかし気温等の環境の影響も受けますので目安としてお考え下さい温冷の持続時間が長い事からゆっくりとドリンクを飲みたい方におすすめです
    サイズ(約)75×85×210mm重量(約)300g
    3色

    ピーコック リップマグ

    ピーコック リップマグ

    価格:2,980円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    これは個性的!飲む時はフタをクルッと半回転

    飲む時はワンプッシュでフタを開けるのではなく、フタを半回転させると飲み口ができる個性的なデザインです高温では1時間程の保温効力ですが58℃位ですと約6時間持ちますので、暖かい飲み物を缶コーヒー感覚で飲みたい方や猫舌の方におすすめしたい商品です若干直径が大きいので女性の手には馴染みにくいかもしれません。

    購入をお考えの方は商品サイズと手の大きさをご確認下さい
    サイズ80×80×172mm重量(約)270g
    容量350ml

    タンブラーの売れ筋ランキングをチェック

    参考までにタンブラーの売れ筋ランキングをご紹介しますので、是非チェックしてみてください。

    まとめ

    タンブラーの正しい選び方4つのポイントをご紹介して来ましたが、いかがでしたでしょうか。保温効力を確認素材のタイプで選ぶ容量を確認フタのこぼれにくさを確認飲み物を飲む為のコップに温冷性能を持たせたり密閉性を持たせた物がタンブラーです。グラスより持ち運びに便利で飲み物の温度をある程度保ってくれるので、タンブラーを愛用する方が増えてきました。タンブラーを使った事が無いと言う方も4つのポイントを押さえる事で、迷う事無くタンブラーを選んで頂けます。理想のタンブラーで自分らしいブレイクスタイルを見つけて頂けたなら幸いです。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    TOPへ