記事ID1723のサムネイル画像

    いつでも新鮮なお米が食べられる精米機のおすすめ人気ランキング7選

    お米は新鮮な時に食べる方が美味しいですよね!しかし保存しているうちに劣化してしまいますよね。毎回コインパーキングに行くのは大変ですよね。そんな時に精米機があればお家でいつでも新鮮なお米が食べられるのです!それでは皆さんにおすすめ人気精米機をご紹介致します!

    精米機とは

    精米機とは玄米や籾(もみ)から、糠(ぬか)と呼ばれる胚芽と種皮が混ざった粉を取り除いてくれる機械のことを指します。元々は農業機械でしたが、近年小型化が進み家庭用としても普及してきました。普段私達の食事に欠かせないお米は、実は13~14%の水分を含む生鮮食品であるということをご存知ですか?精米する前の玄米や籾がついている状態であれば水分が逃げてしまうことはありませんが、精米をしてそれらを取り除いてしまうと表面からどんどん酸化が進んでしまいます。酸化した食品は味も栄養価も低下してしまいますし、多く取り込んでしまった場合細胞にダメージを与え、シワや生活習慣病の原因になるとも言われています。そうした際に便利なのが、自宅用に特化した小型精米機です。自宅に精米機があれば必要な量を好きなだけ精米することができますし、味や栄養素の低下を防ぎより美味しくいただくことができます。また、わざわざお米を持って精米機へ精米しに行く必要がないのも良いですね。

    精米機の選び方ポイント3つ

    それでは精米機を実際に選ぶポイントについて、大きく分けて3つご紹介していきましょう。各精米方式ごとのメリットや、量・サイズ、機能についても詳しくご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

    ポイント①:精米方式で選ぶ

    精米方式には、かくはん式や圧力式、圧力循環など様々な方法が用いられています。それぞれの方法にはどのような特徴、メリットがあるでしょうか。こちらで詳しくご紹介していきましょう。

    かくはん式

    お米を精米機の中でかくはん(かき混ぜる)ことで、糠を取り除いてくれます。精米機の中についている羽が回り、摩擦によって精米します。機械自体の温度上昇が少なく、お米の味が落ちにくいのが良いですね。しかしモーター音が大きく感じられてしまいますので、マンションなどにお住まいの場合は使用する時間帯などに注意しましょう。かくはん式の精米機は他のほう式に比べ価格が安くお手入れも簡単なものが多いですので、日頃から忙しい方にもおすすめです。

    圧力式

    玄米同士をこすり合わせることで、糠を取り除いてくれます。こすり合わせると言いましても、お米が割れてしまうような心配はありません。またかくはん式に比べ音が静かですので、ペットや小さいお子さんがいらっしゃるご家庭でも、大きな音で驚かせてしまうことがないのは嬉しいですね。しかし、圧力式は機械自体の温度が高くなってしまうため、お米の風味が落ちてしまう場合があります。

    圧力循環式

    細い筒状のような通路を循環させながら送ることで、何度も低い圧力をかけて精米してくれます。熱をほとんど出さずお米が砕けてしまう心配もなく、極力お米にストレスを与えないように配慮された方式です。音が静かなのも嬉しいですね。お米に特にこだわりたい方におすすめします。しかしこちらのの精米機は他の方式に比べ高額なものが多く、精米に時間がかかりますので注意しましょう。

    ポイント②:量・サイズで選ぶ

       

    ご家族の人数や使用する頻度によっても、一度に精米する量は変わってきますよね。

    一般的に家庭用精米機で精米できるものは、1合~5合のものが多いです。中には2合から精米するように促しているものもあります。1合はお米200g程度に相当し、お茶碗に盛った場合ですと2杯程度ですね。精米する量が多くなればその分、精米機本体のサイズも大きくなります。ですので毎回どれくらい精米するのか、その際には精米機の設置場所をどうするのかを事前に確認するしょうにしましょう。縦に引き抜くタイプの精米機の場合設置する場所だけでなく、玄米と精米した白米を出し入れするスペースも確保しておかなければなりません。いざ使用する時に不便のないよう、こちらも合わせて確認するようにしましょう。またキッチンの導線に合うように設置すれば別のことをしながら精米することができ、平行してお料理などをスムーズに進めることができますね。また近くに炊飯器のあるところで作業しますと、精米したお米をそのまま洗うことができるので便利です。

    ポイント③:機能で選ぶ

    機能において事前に確認しておくのも重要なポイントですね。静音に配慮したものや、昨今人気の無洗米に対応したもの、胚芽を残したまま精米できるものから分づき(糠を落とす量)の選択ができるものまで、その機能は様々です。それらの機能についても、詳しくご紹介していきましょう。

    静音

     

    音の静さに特化したものですと、圧力式と圧力循環式のものが多いです。かくはん式の場合ミキサーやフードプロセッサー程度の音がしてしまいますし、夜間に使用するのは気が引けますよね。圧力式などの場合その心配がありません。

    無洗米・胚芽を残したまま精米

        

    無洗米とはその名の通りお米を炊く際に事前に洗う必要がないよう、普通の精米では白く残ってしまう糠をあらかじめ取り除く加工が施されたお米のことです。精米機でこちらを選べるものにしますと、お釜に入れてから改めて洗う必要がないので手軽にお米を炊くことができます。また胚芽とは、お米の中で将来成長する部分のことを言います。この部分は栄養価が高く、ビタミンや食物繊維を多く含んでいます。また玄米よりも食べやすいので、健康に配慮したお米を炊くことができます。

    分づき(糠を落とす量)の選択

    お米は玄米のままで食べるのが最も栄養価が高いのですが、玄米のままですと食感も硬く風味も独特です。特にお子さんが食べるには、中々難しい場合があります。そうした際にも分づきの選択ができるものを選べば、栄養価を残しつつ美味しく食べられる精米具合を選択することができます。

    メンテナンスのしやすさ

    使用する頻度が高ければ高いほど重要になってくるのが、その洗いやすさです。使用した後は必ず洗浄が必要になってきますが、手軽に洗浄できるに越したことはありません。糠が機械の内部に残ってしまうとそこから虫が出てきてしまう場合もありますので、使用した部分を取り外して丸ごと洗えるようなものを選ぶと良いでしょう。

    精米機のおすすめ人気ランキングベスト3

    それでは、上記のことをふまえましておすすめしたい精米機の人気ランキングベスト3のご紹介です。買い置きしているお米を新鮮にできるものからお米の分づきを幅広く選択できるものまで、口コミと合わせてご紹介していきますのでぜひご覧ください。

    3位:山本電気 ライスクリーナーBisen

    山本電気 ライスクリーナーBisen

    価格:14,800円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    初心者の方にも安心

    ボタンの数も少なくシンプルな構造で、レシピも付属しており初心者の方も安心して使用することができます中身を丸ごと取りはずことができますので、手軽に洗浄できるのが良いですねコードの長さが1.4mと少々短い点と蓋を開けた際の高さは40cm程度になりますので、設置場所にご注意ください。

    また、内部部品は食器洗浄乾燥機を使用できません
    サイズ幅20×高さ23.5×奥行30.7重量4.34Kg
    かくはん式精米量1合~5合

    2位:ツインバード コンパクト精米器

    ツインバード コンパクト精米器

    価格:9,372円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    小型ながらに高性能

    収納に便利なコードリール式で、スッキリと保管しておくことができます丸洗いOKで、洗浄もお手軽なのが嬉しいですね音が少々大きいですので、使用する時間帯に注意しましょう。

    白米みがきボタンがついていますので、古米で黄色くなってしまったものもモチモチとしたお米にしてくれます4号サイズと小さめですので、コンパクトで設置場所をあまり取りません
    サイズ195×265×235mm重量3.1kg
    かくはん式精米量1合~4号

    1位:山本電気 家庭用精米機 匠味米

    山本電気 家庭用精米機 匠味米

    価格:11,693円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    お米に配慮された一品

    回転スピードを制御することで、お米が割れてしまったり痛まないように配慮された商品です胚芽米と無洗米など、精米の選択肢も幅広く用意されていますとてもシンプルな構造で丸洗いできますので、洗浄が手軽で清潔に保てるのが良いですね。

    一度使用すると熱をもつため、10分程度休ませるようにしましょう上面の蓋が透明のため、少しずつ精米されていく過程が見えるのも楽しいですね
    サイズ幅20×高さ23.8×奥行27.4cm重量3.1Kg
    かくはん式精米量1合~5合

    その他のおすすめ精米機4選

    こちらでは、惜しくもランキングを入りを逃しながらもおすすめしたい精米機を4つご紹介します。かくはん式の中でも変わったものや圧力式のものもあり、それらを口コミと合わせてご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

    アイリスオーヤマ 精米機銘柄純白づき

    アイリスオーヤマ 精米機銘柄純白づき

    価格:8,897円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    糠を取り除くことに特化

    こちらは精米機の中でかくはんするという点では同じですが、変わった点としてかくはんさせるための羽がついていません精米かごについている突起部分を使用して糠を取り除くという方式を採用しています精米かごについている突起部分が細かいですので、糠掃除に手間がかかってしまう場合があります。

    対応しているお米や精米の種類が多いのが嬉しいですねまたモーターの熱が取れるまで30分程度、再使用できない構造になっています
    サイズ幅約21.2×奥行約28.7×高さ約22.3重量約3.4kg
    かくはん式精米量1合~5合

    タイガー 精米機 家庭用

    タイガー 精米機 家庭用

    価格:17,680円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    玄米も美味しく

    精米する際のお米への負担を軽減するため、変則かくはん式を採用していますコードリール式で、精米機をスッキリ設置することができるのも嬉しいですね電源ボタンがありませんので、玄米などを入れてスタートボタンを押せばすぐに精米が始まります。

    精米かごと糠ボックスを分けて取り外せますので、途中で糠がこぼれてしまう心配もありませんまた、こちらには「やわらか玄米コース」という特有の精米方法があり、玄米の栄養価を残しながら美味しく炊くことができます
    幅22.7×奥行30.1×高さ23.6cm重量3.6Kg
    かくはん式精米量1合~5合

    山善 圧力式家庭用精米機つきたて米の達人

    山善 圧力式家庭用精米機つきたて米の達人

    価格:12,417円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    ダイヤル式で簡単

    家庭用の中ではあまり数が少ない圧力式ですダイヤル式で、簡単にお好みの加減に精米することができますメンテナンスについて工具などは必要としませんが、パーツの取り外し部分が多いですので慣れるまで少々手間がかかってしまう場合があります。

    また、精米した後のお米を受け取る場所がありませんので、深めの容器を事前に準備するようにしましょう
    幅16×奥行32.4×高さ34.4cm重量7kg
    圧力式精米量5合まで

    象印 精米機

    象印 精米機

    価格:28,800円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    音に配慮した商品

    一升まで精米できる大容量で、大人数のご家族にも対応できます大容量ながらも他の種類に比べ場所を取る訳でもなく、音もかくはん式より比較的静かに使用することができますメンテナンスは取り外す部品が多く少々手間取りますが、構造に合ったブラシが付属されているのが嬉しいですね。

    無洗米や胚芽米を選ぶことはできませんが、3分~7分つきのお米は選ぶことができます
    サイズ21.5×39.5×38cm重量9kg
    圧力式精米量1升まで

    精米機の売れ筋ランキングをチェック

    参考までに精米機の売れ筋ランキングをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?精米機にもそれぞれたくさんの特徴があり、精米の種類を楽しみたい場合や音に配慮されたものなど、様々でしたね。家庭用精米の一番の特徴は、美味しいご飯を手軽に楽しむことができるという点です。ですので今回の記事を参考にされて、ぜひご家庭ごとに合った精米機を探してみてください。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    TOPへ