自宅で美味しい本格カレー!カレールーのおすすめ人気ランキング7選

自宅でカレーを作るとき、いつも同じルーを使ってしまいますよね。たまに違うルーを使ってみるのも味の変化を楽しめておすすめです。しかしたくさん種類があって選べない!という方、そんな悩める皆さんのためにおすすめ人気カレールーをご紹介致します!

カレールーの選び方ポイント3つ

いつも使っているカレールーとは違うルーを選ぶとなると、何を基準にして決めたら良いのか迷ってしまいますよね。せっかくなら、いつものルーよりも美味しいものを選びたいですよね!そこでこちらでは、カレールーを選ぶためのポイントについて紹介します。

ポイント①:辛さで選ぶ

カレーはスパイシーな食べ物ですが、その味はマイルドな甘口のものから刺激的な辛口のものまで幅がありますよね。辛さが強いものはお子さんやお年寄りには不向きですが、甘口のものだと大人の人が物足りない場合もあります。そのため、食べる人みんながカレーを楽しめるように辛さのレベルでルーを選ぶのは大切なポイントになります。

甘口、中辛、辛口と辛さが分かれているルーが多いですが、商品によってその辛さの具合が異なります。同じ甘口でも商品によってはお子さんにとって辛く感じるものもありますので、その点は注意が必要です。初めてのカレールーを使う場合、どの程度の辛さかを知る為にまずはスタンダードな中辛から試してみると、その商品の辛さレベルが分かるのでおすすめです。

ポイント②:タイプで選ぶ

     

出典: www.amazon.co.jp


カレールーの形状も選ぶ時のポイントとなります。形状は、固形フレークペーストの三つに分かれます。固形タイプは、商品数が最も多く、ブロック状になっているので、分量が計りやすいのが特徴です。フレークタイプは、固形タイプのルーを粉砕したものになります。溶けやすいのが特徴で、少量のカレーを作る場合でも使いやすいので、一人暮らしの方にもおすすめです。

ペーストタイプは、他の二つのタイプのものよりも値段が高くなりますが、味わいが本格的なものが多いので、お店のような本格的なカレーを作りたい方にはペーストタイプがおすすめです。

ポイント③:体に優しいものを選ぶ

 

出典: www.amazon.co.jp

化学調味料や着色料などの添加物に気を付けている方は、カレールーも無添加のものを選ぶと良いでしょう。カレールーによく使われている添加物の代表的なものは、着色料のカラメル色素、旨味を出す為のアミノ酸、とろみをつける為の乳化剤です。その他に、デキストリンやたん白加水分解物など、どのようなものか分かりにくい名前のものが添加物である可能性が高いです。

無添加のカレールーの特徴は、原材料のほとんどが野菜、小麦粉、カレー粉、ポークエキスなど分かりやすいものになっています。また、ダイエット中や健康管理でカロリーなどが気になる方には、カロリーを50%カットしたルーや、糖質オフのルーもあるので、そのようなルーを選ぶのがおすすめです。

カレールーのおすすめ人気ランキングベスト3

それでは、実際におすすめのカレールーを見ていきましょう。ランキングでベスト3を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

3位:ハウス こくまろカレー

ハウス こくまろカレー

詳細情報
・形状:固形タイプ
・辛さの種類:甘口、中辛、辛口

「こく」と「まろやか」をブレンドした旨味が深いカレールー!

美味しいカレーを作る為に二つのルーを混ぜ合わせるという主婦の知恵をコンセプトにしたカレールーです。二つのルーは、商品名にもあるように「こく」と「まろやか」で、とても深みがある味わいがこのルーの特徴です。特に甘口は、とてもまろやかな甘みが特徴なので、お子さんがいる場合にもとてもおすすめです。また、価格がとても安いので、お子さんが多いご家庭など人数が多い場合は、こちらのカレールーはおすすめです。

2位:ハウス バーモントカレー中辛

ハウス バーモントカレー中辛

詳細情報
・形状:固形タイプ
・辛さの種類:甘口、中辛、辛口

リンゴとハチミツがトレードマークのマイルドカレー!

100%国産のリンゴペースト、風味豊かなハチミツ、乳製品を使った、マイルドさが売りのカレールーです。とても優しい味わいで、辛さの心配がないので、お子さんはもちろん、カレーのスパイスの刺激が苦手な人にもバーモントカレーがおすすめです。お子さんが初めてカレーを食べる場合、バーモントカレーの甘口からスタートして、慣れてきたら中辛、辛口にステップアップしていくのがおすすめです。

1位:マスコット 印度の味

マスコット 印度の味

詳細情報
・形状:ペーストタイプ
・味の種類:中辛、辛口、バターチキン、ポークビンダル

化学調味料無添加の本格カレーペースト!

美味しいカレーといえば、飴色に炒めたタマネギが秘訣ですよね。こちらの商品には大きめのタマネギ2個分の炒めタマネギが使用されています。スパイスも20種類以上も使われており、こちらを使えば簡単に本格的なカレーを楽しむことができます。また、化学調味料無添加なので素材が気になる方にとてもおすすめのカレールーです。普通の中辛、辛口の他に、バターチキン、ポークビンダルといった個性派カレーも揃っているので、色々なカレーを楽しみたい方には食べ比べもおすすめです。

その他のおすすめカレールー4選

ランキングに入っていなくても、おすすめしたいカレールーは沢山あります。今回はその中でもおすすめの4つを紹介しますので、こちらもぜひ吟味してみてください。

S&B ゴールデンカレー動物性原材料不使用

S&B ゴールデンカレー動物性原材料不使用

詳細情報
・形状:固形タイプ
・辛さの種類:中辛

ベジタリアンにおすすめ!動物性材料を使用していないカレールー!

宗教上の理由などの関係で動物性の食品を食べることができない方でも安心して使うことができる、動物性原材料不使用のカレールーになります。もちろんベジタリアンの方にもおすすめですが、乳製品のアレルギーを持っている方でも安心して使うことができるのが嬉しいですね。野菜をたっぷり入れた野菜カレーにするのも良いし、キレのある辛味が特徴のルーは、チキンとの相性も良いので、チキンカレーにするのもおすすめです。また、こちらは1㎏と大容量なのも嬉しいですね!

S&B ディナーカレーフレーク

S&B ディナーカレーフレーク

詳細情報
・形状:フレークタイプ

フォンドボーベースの本格カレーフレークを使えば、レストランの味に近づける!

フランス料理で使うフォンドボーソースがベースとなっている濃厚なコクが売りのカレールーです。このルーを使えばどんな方でも美味しいカレーを作ることができ、飲食店でも使うほど味に評判がある商品です。お肉との相性が良く、中でも牛肉との相性が抜群なので角切りの牛肉を使って少し贅沢な欧風カレーに仕上げればレストランの味になること間違いなしです。こちらのルーはカレールーによく使われるパーム油が入っていないので、パーム油が気になる方にもおすすめです。

ハウス ジャワカレー

ハウス ジャワカレー

詳細情報
・形状:固形タイプ
・辛さの種類:甘口、中辛、辛口、スパイシーブレンド

香辛料の豊かな香りとキレのある辛さが美味しい大人カレー!

バーモントカレーが子供向けならば、まさにこのジャワカレーは大人向けのカレーです。子供の頃、家で使っているルーがジャワカレーだった方は大人気分で少し鼻が高かったのではないでしょうか。一口食べると香辛料の良い香りが鼻に抜けていく感じと、キレのある爽やかな辛さが特徴です。辛さの中にある深いコクも美味しさの秘訣で、幅広く愛されているカレールーです。辛口よりもさらに辛いスパイシーブレンドがあるので、辛いカレーが好きな方にはおすすめです!

江崎グリコ カレーZEPPIN

江崎グリコ カレーZEPPIN

詳細情報
・形状:固形タイプ
・辛さの種類:甘口、中辛、辛口

デュクセルソースと40種のスパイスで仕上げたまさに絶品カレールー!

iTQi(国際味覚審査機構)で最高評価の三ツ星を獲得しているまさに絶品のカレールーです。固形ルーの中に、デュクセルソースというマッシュルームと香味野菜を炒めて作ったソースを含んだペーストが入っているのが特徴的で、コクが深い濃厚なカレーを楽しむことができます。赤ワインとココアパウダーが特徴の甘口、飴色玉ねぎが決め手の中辛、ガラムマサラやクミンなどのスパイスが特徴の辛口と、辛さが違うだけではなく、それぞれの辛さにコンセプトがあるのにもこだわりを感じます。

カレールーの売れ筋ランキングをチェック

Amazonのカレールー売れ筋ランキングも紹介しますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。


Amazonの売れ筋ランキング

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、おすすめのカレールーについて紹介しました。一言でカレールーと言っても、その形状や味の特徴は本当に様々ですね!カレールーはいつも同じものを手に取りがちですが、たまには違うルーを選んでみると「今までこんなに美味しいカレーがあったのか!」と新たな美味しさの発見につながることもあります。


ぜひこれを機会に新しいカレーに挑戦してみてはいかがでしょうか。今までのカレーの概念が変わるかもしれません。

ランキング