耳垢を残さず清潔を保つ!耳かきのおすすめ人気ランキング7選

耳かきをするとスッキリしますよね!人によって耳垢や好みの形があるのではないでしょうか。しかし、種類や機能がたくさんあってどれを選べば良いかわからないという方いませんか?そんな悩める皆さんのためにおすすめ人気耳かきをご紹介致します!

耳かきの頻度・注意点

実は耳かきは頻繁にする必要はありません。耳垢は体の働きで勝手に耳の外へと出るようになっているので、無理に自分で耳垢をかきださなくても大丈夫です。それどころか、必要以上に耳の中を擦ってしまうと鼓膜の周りが傷ついたり、感染症や外耳炎になったりとリスクがあるので注意しましょう。

それでも乾燥している時や耳が痒くて気になる時に耳かきをしたくなるのは当然の気持ちですよね。そういう時は鼓膜を傷つけないようちゃんとした形の耳かきを使い、あまり耳の奥まで入れ過ぎないようにして耳掃除をしましょう。

耳かきの選び方ポイント3つ

それではここで耳かきの選び方をポイントに分けて3つ紹介いたします。耳かきは同じように見えて細かな違いのある道具ですし、体に使うものなのでしっかり特徴を見て選びましょう。特に小さな子供が使う場合には安全性なども考慮した商品がおすすめです。

ポイント①:耳垢に合わせて形状を選ぶ

ひとつめのポイントは耳かきの形状です。先端の形状によって特性があり、耳垢のタイプによっても適した形状に違いがあるので、自分に合ったものを選びましょう。

スプーン型

先端が丸いスプーンのようになった一般的なタイプの耳かきです。耳垢が乾性の方に向いていて、しっかりとした掻き心地が特徴ですが、固いタイプのものが多いので耳を傷つけないように注意しましょう。

スクリュー型

先端が芯のある螺旋形になっていて、耳全体を掃除できるタイプの耳かきです。色々なタイプの耳垢もしっかり掻きだすことが出来ますが、サイズがあっていない大きなものを使ってしまうと上手く耳に入らないだけでなく、耳垢を押し込んでしまうこともあるのでサイズには気を付けましょう。

スパイラル型

先端が螺旋形になっている耳かきで、スクリュー型と違ってバネのような構造になっているので軽い力で扱うことが可能です。ただし、サイズにはスクリュー型と同様に注意して丁度良いものを選びましょう。

ループ型

先端が輪っかのような形になっている耳かきがループ型です。耳の奥から掻きだしやすい構造になっていて、特に粉っぽい乾燥した耳垢が耳奥に入ってしまうという方にはおすすめですが、あまりしっかりと掻いているという感覚が無いので力の入れ過ぎには注意しましょう。

ポイント②:素材で選ぶ

 

出典: www.amazon.co.jp


ふたつめのポイントは耳かきの素材です。素材が違うと硬さだけでなく使い心地にも違いが出てきます。一般的には軽くて丈夫な竹素材が人気で、高級な耳かきも煤竹などを使ったものが多いです。
対して、金属の耳かきはチタンやステンレスなどが主流で、加工しやすいので丸みのある耳に優しいデザインのものが多くなっています。その他にも子供用には出来るだけ柔らかいゴム素材を選ぶなど、使う場面に応じて素材も選ぶと良いでしょう。

ポイント③:機能で選ぶ

    

出典: www.amazon.co.jp


耳かきの機能も選び方の重要なポイントのひとつです。竹製で後ろに梵天のついたシンプルな耳かきも味がありますが、最新の耳かきには様々な機能が備わっている製品が数多くあります。電動タイプは自動で振動して耳垢を吸引してくれるので簡単に耳掃除が可能で非常に便利です。

耳を傷つけないように配慮されたタイプでは、明るくて見やすいライト付きのタイプや、耳の中を撮影して見られるイヤースコープタイプの商品が登場しています。なんとなく痒いように感じても耳垢の無い所を擦るとダメージの元になるので、こうした商品を使うと安全で使いやすいでしょう。

耳かきのおすすめ人気ランキングベスト3

それではここからは数ある耳かきの中から厳選したおすすめの人気ランキングベスト3を紹介いたします。それぞれの製品の特徴から口コミなどの評判も合わせて紹介しますので、是非商品選びの参考にしてみて下さい。

3位:IGRESS イヤークリーナーステンレス製

IGRESS イヤークリーナーステンレス製

詳細情報
・商品重量:132g
・商品サイズ:19.6 x 8.3 x 3.1 cm

使い分けに便利な6本セット

ステンレス製の耳かきが6本セットになった便利な商品です。両端が耳かきになっていて、片方がシンプルなスプーン型、もう片方がバリエーションの異なるスクリュー型やスプリング型のデザインになっています。それぞれで大きさが少しずつ違っているので、合計12種類の耳かきから自分にあっているものを選択して使えますし、子供用や家族用と色々な目的に分けられるのも便利です。ステンレスで清潔に保ちやすいのも魅力の商品です。

2位:EMILEAD 電動イヤークリーナー

EMILEAD 電動イヤークリーナー

詳細情報
・商品重量:68g
・商品サイズ:14.8 x 6 x 3.3 cm

吸引と振動機能付きの電動耳かき

普通の耳かきとしても使用できますが、スイッチを入れることで本体が振動して耳垢を落とし、そのまま吸引してくれる電動式の耳かきです。先端が柔らかくなっていて、取り換え用の先端もあるので耳を傷つけずに清潔に使うことが出来ます。操作はボタン一つなので子供から大人まで簡単に使えますし、乾電池がセットになっているのもすぐに使えるので便利なポイントです。

1位:匠の技 すすたけ耳かき

匠の技 すすたけ耳かき

詳細情報
・商品重量:9.07g
・商品サイズ:17.2 x 3.8 x 1 cm

薄くて軽い使い心地の天然煤竹使用

軽くて丈夫な天然の煤竹を使用した耳かきの2本セットになります。乾燥している耳垢の方もそうでない方も使いやすいシンプルな竹製の耳かきで、非常に薄くて使いやすいのが特徴です。本体1本あたりは約1gと軽いので、僅かな力でも十分に扱うことが出来るのもポイントです。しっかりした中身ですが値段が安いのも魅力で、買いだめしているという声もある人気の耳かきです。

その他のおすすめ耳かき4選

ここからは人気ランキングでは紹介しきれなかった商品の中から、特におすすめのものを更に4つ紹介いたします。いずれも特徴ある商品ですので、最初に紹介した選び方と合わせて、是非自分に合った耳かき選びの参考にしてみて下さい。

Newfeel 電動耳かき LEDライト付き

Newfeel 電動耳かき LEDライト付き

詳細情報
・商品重量:109g
・梱包サイズ:13.2 x 6.1 x 3.7 cm

ライト付きで見やすい電動耳かき

本体の先端がLEDで明るくなり、耳の中が見やすい電動耳かきです。振動と吸引機能を兼ね備えた電動耳かきで、先端のノズルが取り換え可能で大人用と子供用として使い分けることが可能になっています。ボタン電池で稼働するので長時間使えてコンパクトな仕様になっており、専用のケースも付属しているので持ち運びにも便利な商品として人気です。

ののじ 爽快ソフト耳かき

ののじ 爽快ソフト耳かき

詳細情報
・商品サイズ:5×1.5×20cm
・商品重量:81.6 g

余計な力が入らないループ型耳かき

先端がループ型のワイヤーになっていて、非常に使い心地がしなやかな耳かきです。よく曲がる素材なので耳奥から掻き出しやすい構造になっているだけでなく、余分な力が入ってもそれを吸収してくれるので耳に優しいデザインです。金属で出来ているので、耳に当たった時のひんやりした感触と滑らかな肌触りも人気のポイントになっています。

ぼんてん 耳かき

ぼんてん 耳かき

詳細情報
・長さ:160mm
・商品重量:3.9g

シンプルかつ3本入りでお得な耳かき

持ち手側に梵天というフワフワの部分がついている耳かきです。耳かきと言えばこれ、というような見た目で安心感がありますし、3本セットなのでお得感もある商品です。電動耳かきや金属製のものは使い慣れないというかたにはこうした竹製のシンプルな耳かきが未だに根強く人気です。3本入っているのに値段も安いのでコストパフォーマンスに優れた商品です。

匠の技 らせん式 ゴムの耳かき

匠の技 らせん式 ゴムの耳かき

詳細情報
・商品サイズ:35×7×170mm
・商品重量:3g

柔らかなゴム製でフィット感ばつぐん

ゴム製で、先端部分がらせん状のスクリュー構造になっている耳かきです。両端が使用できるようになっていますが、それぞれ微妙にらせんのサイズが違っていて、使い心地が良い方を選べるようになっています。シックな見た目と細かなデザインはグッドデザイン賞を受賞しているアイデア商品で、柔らかいので安心して使えるのも魅力です。

耳かきの売れ筋ランキングをチェック

参考までに耳かきの売れ筋ランキングをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。


Amazonの売れ筋ランキング

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は耳かきの選び方とおすすめの人気ランキングを紹介しました。耳かきは体の中に入れるものなので、しっかりと自分に合った商品を選びたいですね。


今回紹介した商品以外にも特徴的な耳かきは沢山ありますが、耳の大きさや先端のタイプなど、選び方で紹介したポイントを参考にして最も自分に合った耳かきを探してみて下さい。

ランキング