健康にも美容にも最適!オリーブオイルのおすすめ人気ランキング7選

健康が気になる、、、という方、まずは普段使っている油を見直してはいかがですか?健康にも美容にも効果的なオリーブオイルは料理に使うのはもちろん、ドレッシングや生でも食べる事ができるんです!悩める皆さんのためにおすすめ人気オリーブオイルをご紹介致します!

オリーブオイルの種類

出典: www.amazon.co.jp


オリーブオイルはオリーブの果実を使って精製する食品です。その独特な風味などから、主に3種類へと分類されています。本場イタリアでは厳密に法的なルールで仕切られています。


バージンオリーブオイル

オリーブオイルの種別の中でも、極上なでき具合なものです。風味の良さと酸度の低さも上質なオリーブオイルとして知られているのは、この中でもエクストラバージンオリーブオイルです。フルーティーでまるでワインのような感覚が魅力です。産地や摘んだ時期などの条件で味にも変化があります。ファインバージンオリーブオイルオーディナリーバージンオリーブオイルは、辛みや苦味があり、精製をしないままのバージンオイルです。そのため日本の品質基準からは外れていることで輸入できないタイプです。ランパンテバージンオリーブオイルは灯油用のオイルなので食用ではなく、精製しバージンオリーブオイルとブレンドする際に使用します。


精製オリーブオイル

酸度が3.4%以上あるランパンテバージンオリーブオイルが精製されて出来上がります。化学的に還元し脱色や脱臭したものです。完成品はエクストラバージンオリーブオイルよりも低い0.3%以下の酸度になることが条件づけられています。他にも精製オリーブポマースオイルと呼ばれる種類があります。一度搾り取った残りかすのことをポマースと呼び、油分が残っています。有機溶剤を使ってさらにオイルを抽出してできたものです。


オリーブオイル

さらにピュアオリーブオイルオリーブポマースオイルの2種類に分類されます。ピュアオリーブオイルとは、精製オリーブオイルとバージンオリーブオイルをブレンドして作られます。これがごく普通に売られている凡庸型なオリーブオイルです。店頭に並びオリーブオイルとしか表示されていなければこの部類に該当します。オリーブポマースオイルとは、精製オリーブポマースオイルとバージンオリーブオイルをブレンドして作られます。オリーブポマースオイルと表示をされる義務付けがされています。

オリーブオイルの効果

出典: www.amazon.co.jp


オリーブオイルと人々との関連はとても古く、旧約聖書の中にも登場するほどです。それだけ人々の健康とも関わり浸透し続けていることから、効果がそれ相応にあると立証されています。オリーブオイルの成分の中で代表的なものがオレイン酸です。酸化を防ぐ効果があり、通常の動物油などの肥満になるイメージと異なりダイエット効果に良いと言われています。


他にもオレイン酸の効果により、血小板の凝血作用を抑制するため動脈硬化予防、カルシウムを主にミネラルの吸収を高めるため骨粗鬆症予防の効果もあるとされています。オリーブオイルの最適な摂取量は、1日大さじ1~2杯が目安です。カロリーが他の油類と同じくらいあるので、やはり摂りすぎもかえって高カロリーで良くありません。適量を摂取することを心がけるとよいでしょう。

オリーブオイルの保管方法

 

出典: www.amazon.co.jp


オリーブオイルの保存方法はさほど複雑ではなく誰にでも簡単にできます。直射日光を避け、高温の場所を避けて保管します。それと冷蔵庫や極端な寒さの場所に置かないことです。オイルにとって紫外線は天敵です。最近は紫外線の影響から守るために遮光ビンを使用するようになりました。


オリーブオイルは30度以上の高温では徐々に劣化するので、ガスレンジなど高温になる場所の近くには置かないようにするのがポイントです。また5度以下になるとビンに白い結晶ができますが、それ自体は問題がありません。ただし香りや風味が飛んでしまうので、冷蔵庫など極端に温度の低い場所に保管することも避けましょう。

オリーブオイルの選び方ポイント3つ

オリーブオイルは種類が多いことで世界基準も厳選されています。しかし日本では、一般的に普及率が高い諸外国と比較しても、ちょっとした格差が生じています。そこでなるべく最適なオリーブオイルを選ぶ際のポイントを、3つに絞ってご紹介します。


ポイント①:調理方法で選ぶ

出典: www.amazon.co.jp


オリーヴオイルを選ぶ際にポイントとなるのは、普段どのような料理に活かしたいのか、その調理レシピによって考えてみるという方法です。調理方法をざっくり分ければ、食材を加熱するか否かによって変わってきます。つまりオリーブオイルも加熱した際の状態、あるいは加熱せずナマモノにドレッシング等として使う際の状態という見方をするといいでしょう。


概ねでは生の料理にはエキストラバージンオイルが適当で、加熱する料理には、ピュアオリーブオイルのほうが向いているとされています。

ポイント②:サイズで選ぶ

出典: www.amazon.co.jp


オリーブオイルはわりと繊細な食品です。蛍光灯の光だけでも長く浴び続けると酸化するほどです。最近ではプラスチック製の容器に入った商品も多く出回っていますが、プラスチックやペットボトルは酸素を通してしまい劣化の進行が早まります。 まずは光を遮断する濃い色のボトル、酸素が通りにくいガラス瓶の商品から選ぶと良いでしょう。


またオリーブオイルを使い切るまでの期間も考慮しておくことがポイントです。容器を一度開封してしまったら、その時から酸素に触れることになり劣化が進んでいきます。大容量のものではなく短期間で使い切れるものを選ぶことで、オリーブオイルの品質が保てる選び方となります。

ポイント③:オーガニックのものを選ぶ

出典: www.amazon.co.jp


オリーブオイルの中でも高い品質の商品を選ぶ際の目安になるのは、オーガニック認証を受けているかどうかを判別することにあります。オーガニック認証マークは、農薬および化学肥料などを一切使用しないでオリーブオイルの製造をしたという、その証明をする基準的なマークを示します。


オーガニック認定には、日本国内にて有機農産物の生産や加工をしたオリーブオイルとして認定する有機JAS認定、米国でもオーガニックと認めた商品に付けるNOP認証、米国とEUでも同等性を認めているEU認証の3種類があります。

オリーブオイルのおすすめ人気ランキングベスト3

今や世界基準として人気食品になっているオリーブオイルです。様々な種類が各国にて存在するため、オリーブの木も世界中で栽培されています。その品種だけでも1300種類を越えると言われています。その中でも、おすすめな人気ベスト3をご紹介します。まずどんなオリーブオイルを選べばいいのか悩むという方へおすすめします。

3位:GABAN オリーブオイルピュア

GABAN オリーブオイルピュア

1063円(税込)

詳細情報

・内容量:500ml

・原材料:食用オリーブオイル

・サイズ:200mm×70mm×70mm

加熱料理とのマッチング用オリーブオイル

精製オリーブオイルとエクストラバージンオリーブオイルとをブレンドし酸度1%以下の品質の高いオリーブオイルです。主に加熱料理を作る際に使用するタイプです。オリーブオイルの最大な魅力である独特な風味が、食材とマッチし様々な調理にて利用できます。健康的で癖が無いピュアなオリーブオイルをお探しな方へおすすめします。

2位:ヴィラブランカ オーガニックエクストラバージンオリーブオイル

ヴィラブランカ オーガニックエクストラバージンオリーブオイル

1071円(税込)

詳細情報

・内容量:500ml

・原産国:スペイン

・サイズ:268mm×57mm×57mm


本物志向なオーガニックならこの一本

本格的なオーガニック、かつ有機JASマーク付きな商品をお探しの方には、このオリーブオイルがおすすめです。スペインのアンダルシア地方にて伝統に則った製法を誇示するアセイテス・デル・スル社によルエキストラバージンオリーブオイルです。芳醇な香り、深い味わい、オリーブオイルの良さを十分に堪能できます。あらゆる料理にも合うのはもちろんのこと、健康面を配慮して血液改善のために飲用している方もいるようです。




1位:ガルシア エクストラバージンオリーブオイル

ガルシア エクストラバージンオリーブオイル

804円(税込)

詳細情報

・内容量:1000ml

・原材料:食用オリーブ油

・サイズ:255mm×80mm×80mm

コスパの高いエクストラバージンオリーブオイル

他と比べても安価なところが人気になっているオリーブオイルです。スペインの古都トレド近郊ガルシア・デ・ラ・クルス社にて生産される商品で、ピクアル種とコルニカブラ種と呼ばれる高品質なオリーブを使用しています。モンドセレクション受賞の香りも味も極上なオリーブオイルです。あらゆる料理にもマッチし、ダイエットや健康面でも安心なオイルです。

その他のおすすめオリーブオイル4選

オリーブオイルはスペインやイタリアだけではなく世界中で生産され商品化しています。多種多様な製品があるので、ランキング内では紹介しきれないものもたくさんあります。そこでさらにおすすめしたいオリーブオイルをいくつか厳選してみました。これらもぜひ参考にしてみてください。


BIOPLANETEポルトガル産有機エキストラヴァージンオリーブオイル500mlコールドプレス(低温圧搾)製法

BIOPLANETEポルトガル産有機エキストラヴァージンオリーブオイル500mlコールドプレス(低温圧搾)製法

1188円(税込)

詳細情報

・原材料:有機食用オリーブ油

・内容量:458g

・サイズ:2.77mm×0.63mm×0.63mm

肥沃な土地で育った天然オリーブオイル

大西洋の温暖で肥沃な土壌で育った100%ポルトガル産のオリーブから抽出された、低温圧搾による有機JAS認証のオーガニックオリーブオイルです。一番搾りらしい口当たりなめらかなテイストが自慢です。伝統的製法からまろやかな味を作りあげています。オーガニックなので科学的処理は一切なく最高品質なエキストラバージンオリーブオイルが堪能できます。

IMORIEXV オリーブオイルラウデミオ

IMORIEXV オリーブオイルラウデミオ

1512円(税込)

詳細情報

・内容量:91g(100ml)

・原材料:食用オリーブ油

・サイズ:132mm×58mm×34mm

イタリアの珠玉な味わい

中部イタリアのトスカーナ州フィレンツェ近郊、オリーブオイル組合にて厳選され品質規定をパスしたオリーブの実だけを使用しています。若い実を手摘みして抽出したオイルはとてもフレッシュで爽やかな風味、フルーティーさが魅力です。口の中で本場の香りが広がるのを実感できます。パンやサラダなどの生の料理はもちろん、肉料理にも使用できます。

アルドイノ エキストラヴァージンオリーブオイルフルクトゥス

アルドイノ エキストラヴァージンオリーブオイルフルクトゥス

2823円(税込)

詳細情報

・重量:748g

・サイズ:8 x 26 x 8cm

・原産国名:イタリア

ヨーロッパではお馴染なオリーブオイル

癖や雑味を感じさせずフルーティーさが特徴なオリーブオイルです。フルクトゥスという名称も、そのフルーティさからつけられたものです。自然沈殿により分離した上澄みのみ使用して瓶詰めされた商品で、柔らかな味わいが楽しめます。アルドイノ社のエキストラバージンオイルは、欧州にて有名な製品で、イタリアンのレシピには度々登場する本物のオリーブオイルです。

モンテベッロ ピュア・オリーブオイル

モンテベッロ ピュア・オリーブオイル

1281円(税込)

詳細情報

・重量:980g

・サイズ:25 x 8 x 7.8cm原

・産国名:イタリア

オールマイティなオリーブオイル

モンテ物産のオリジナルなピュアオリーブオイルです。地中海産オリーブから抽出されたオリーブオイルを使用しています。そのマイルドな味はイタリア料理に限らず、和食にもマッチするほどで、素材を上手に惹きたてることができます。しかもコストパフォーマンスの高さがこの商品の特徴でもあります。 万能なオリーブオイルをお探しならこの商品がおすすめです。

オリーブオイルの売れ筋ランキングをチェック

参考までにオリーブオイルの売れ筋ランキングをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。


Amazonの売れ筋ランキング

まとめ

いかがでしたでしょうか?


健康志向が高まる中で、ヘルシーなオイルとして先駆けとなったオリーブオイルです。日本人にも浸透し食卓に並ぶ機会が増えつつあります、サラダや肉料理、炒め物にも味が引き立ちます。またダイエットをされている方も適量を摂取すれば、安心して食事もできるのが魅力です。ぜひお好みなオリーブオイルを生活に取り入れてみてください。

ランキング