記事ID2007のサムネイル画像

【スポーツに音楽を】ワイヤレスイヤホン人気おすすめランキング10選

静かな中、走るのもなんか味気ない。全然ランニングが続かないなどモチベーションに関して何か物足りなさを感じませんか。そんな人は音楽を聴きながらスポーツを楽しんでみてはいかがでしょうか。そこでワイアレスイヤホンを使った快適に、そして楽しくスポーツを楽しみましょう。

スポーツにはワイアレスイヤホンが断然人気

スポーツには、なぜワイヤレスイヤホンのほうがいいのか。それはワイヤレスという部分にヒントがあります。ワイヤレスつまりオーディオ機器に直接繋げることがないということです。これによって、コードが邪魔になって走りに集中できないなんてことがなくなります

 

コードがあることによって耳を引っ張るような感覚やコードの絡まり、そしてコードの長さの限界を超えて体を動かすことができないというデメリットがあります。そんなスポーツをやるには向かないデメリットを解決してくれるのがワイヤレスイヤホンなのです。

 

ワイアレスイヤホンは、有線イヤホンに比べて充電面で限界がありますが、スポーツにおいては機能性そして軽さ、さらには防水性能に関して圧倒的な差を見せてくれます。

スポーツ向きのワイヤレスイヤホンの選び方

耳から外れにくいタイプを選ぶ

スポーツは激しく動きます。耳からイヤホンが外れていくことは明らかです。その度つけ直すのはめんどくさいですよね。このストレスを最小限に抑えるために重要な点を紹介します。

イヤーフックの形状に注目

イヤーフックとは耳にイヤホンを固定するための突起のようなもののことを言います。写真のタイプのフックは耳の内側の上部の方に引っ掛けて固定するタイプのイヤーフックになります。内側に引っかけるため違和感がある人もいると思います。

 

そんな人には耳の裏にひっかっけるタイプです。先ほど述べたように内側に引っかけることに違和感を感じる人におすすめのイヤーフックになっています。自分にあったタイプのフックをこの2つから選びましょう。

イヤーピースの形状に注目

イヤーピースとは耳に直接、触れるものです。様々な形状があり、フィット感が非常に重要になってきます。これがフィットしているかしていないかでが、スポーツ時のストレスが増えるか増えないかを左右するといっても過言ではないでしょう。

 

人の耳の穴に形は一人として同じものがありません。それからもわかるように多くの種類のイヤーピースが存在します。基本的にはシリコンでできています。自分の耳の形に合っているものを選びましょう。耳を痛めてしまう可能性があります。

イヤーピースの素材に注目

イヤーピースの素材によっても外れやすさや落ちやすさは変わってきます。耳に直接触れるものですから、しっかりした素材を選びましょう。といってもほとんどのものが、シリコン製になっています。

 

それでもピース部分には多少の性能の差があり、例えば水分量が増えれば増えるほど滑りにくくなり、結果外れにくくなるという性能を持っているものまであります。つまり運動には最適と言えるでしょう。

性能で選ぶ

ワイヤレスイヤホンにも様々な性能があります。代表的な防水性能ですが、そのほかも利便性を高めてくれる性能があるので紹介していきます。

防水性能

運動しながら使うということで防水性能は欠かせません。突然の雨はもちろんのこと、運動した際の汗にも対応できないといけません。運動には汗はつきものなので、これは必須の性能といってもいいでしょう。

 

買ったばかりのイヤホンが水没して壊れてしまったということがないように、しっかりとした防水性能のものを選びましょう。防水性能も数値で表すことができますが、IPX~で表すことができます。~の部分は一桁の数字が入りますが、その数字が大きいほど性能が高いです。

充電の持続性能

受電がどのくらい持つかということは長い間運動する人にとっては重要なことです。いちいち充電する暇なんてないと思います。そこで長時間充電が持つ持続性は大事なポイントとなってきます。運動中に充電がなくなると、その時のやる気の低下を招く恐れがあります。

 

また充電所要時間が短くなればなるほど、使いたいときにいつでも使える状態が保てるので、やろうと思った時にすぐに取りかかることができます。

音質

音楽を聴く以上音質にはこだわっていくべきでしょう。いい音質でいい音楽を聴きながら運動すると気持ちがいいこと間違いなしでしょう。音質でこだわっていくべきところは、遅延性の無さや重低音の拾い具合などがあります。

ノイズキャンセリング機能

音質とつながってくるところがありますが、ノイズキャンセリング機能は外部からの雑音をシャットダウンしてくれる機能です。周りの音が聞こえない分、自分の世界に入りやすく、自分のペースで運動をすることができます

 

しかし、気をつけなければならないのが周りの音が聞こえないために、事故に巻き込まれないようにしないといけません。車通りの多いところや障害物が多いようなところでは使用を避けるなどして工夫しなければなりません。

イヤホンタイプで選ぶ

ワイヤレスといっても主に2つの種類位があります。ひとつが完全ワイヤレスタイプともうひとつがネックレスタイプです。それぞれについて紹介します。

完全ワイヤレスタイプ

完全ワイヤレスとはイヤホンが別々で分離しているタイプのことを言います。まずなんといても装着感のなさが魅力と言えるでしょう。無駄が一切ない作りになっており、まるで耳の中から音がなっているような感覚がします。

 

しかし、強度が高いスポーツなどで外れてしまえば、そのまま地面に落下してしまい、紛失してしまうリスクもあります。激しいスポーツの際は、その存在の有無を気にしながら運動をするのも手中できない要因となりえますので注意が必要です。

ネックレスタイプ

ネックレスタイプは、名前の通りネックレスのように首にかける部分があるというタイプのワイヤレスイヤホンです。2つを比べた際にこちらの方がスポーツに向いているワイヤレスイヤホンと言えるでしょう。

 

しかし、防水性能や純粋な性能などを考えるとこちらの方が引けを取ってしまうものが多いことも事実です。利便性を取るか性能を取るかで変わってくるでしょう。使いやすさつまり利便性を取るのであればネックレスタイプをおすすめします。

スポーツ向きワイヤレスイヤホン人気ランキング10選

第1位

HIEMAO

完全 ワイヤレス イヤホン

価格:3,299円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

とことん追求した防水性能

ケーブルが首に絡んだり、すぐに抜けたりなど、動いた際の様々な干渉を解決してくれる完全なワイヤレスイヤホンです。インパクトのある、はっきりとした音質を楽しむことができ、加えて軽くて扱いやすいのが特徴です。

 

Bluetooth5.0コアハイバージョンを採用しており、データの送信速度や安定性が向上しており高音、低音問わずバランスのとれた音を実現しています。どんなシーンにおいても安定した音楽を楽しむことができ、接続切れの心配もなくなります。

 

IPX5の防水性能を誇り、素材には防水性の高いものを採用し、汗防止や水分による故障も防止できます。とことん追求した防水性能によって、外出時のトレーニングなどの突然の雨にも対応できます。

電源持続時間重量片耳3.5g
防水性能IPX5機能片耳接続可能
第2位

Anero

Bluetooth ワイヤレス イヤホン

価格:4,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界最小モデル

音が途切れにくいBluetooth5.0に対応しており、電波干渉などにも強いです。イヤホンを本体付属の充電ケースに入れるだけで簡単に充電することができますし、1時間の充電で連続6時間使用を実現します。

 

そしてケースも含めた本体は非常に軽く、世界で最も小型のモデルとなっています。イヤホン自体も軽量化されており、、耳につけている感覚がないほどです。いつの間にか落ちて噴出していたなんてこともありえるかもしれません。その点は気をつけてください。

 

防水性能としてはIPX6を誇り、激しい雨の中や激しい運動でも汗でも問題なく扱うことができます。ランニングなど外での運動にも全く問題ないと言えるでしょう。

電源持続時間6時間重量片耳4.8g
防水性能IPX6機能ノイズキャンセリング
第3位

SUTOMO

Bluetooth ワイヤレスイヤホン

価格:6,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人間工学に基づいたフィット感

最先端のBluetooth5.0とEDRが搭載されたワイヤレスイヤホンです。接続性は抜群で、音飛びや音切れなどの心配をする必要がなく、運動中でも自分のリズムを崩すことなく運動を続けることができます。

 

また耳にしっかりとフィットさせてくれる数種類のイヤーピースを同封しており自分の耳にあった大きさのものを選ぶことができます。設計自体は人間工学に基づいており、快適な装着感を実現しています。耳元で操作できる操作感も魅力です。

電源持続時間4~5時間重量片耳4g
防水性能IPX7機能タッチボタン機能
第4位

PZX

完全ワイヤレス イヤホン

価格:3,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スポーツ時でも高音質な音楽を

Bluetooth5.0+EDRさらにHi-Fi高音質で、高級感あふれる上質な音楽を提供してくれます。接続性や遅延なども全く問題なく、非常に快適な使い心地を実現しています。また一度オーディオ機器とペアリングしてしまえば、その後は自動でペアリングしてくれる機能もあります。

 

使い心地のいい素材で作られたイヤホンは、耳にしっかりとフィットし、ランニングなど運動やスポーツをしながらでも落ちにくくなっています。スポーツ時でも非常に使い勝手のいいイヤホンと言えるでしょう。

電源持続時間重量片耳3g
防水性能IPX6機能自動ペアリング機能
第5位

EVIO

スポーツワイヤレスイヤホン

価格:3,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

快適な使用感

10時間連続再生を可能とし、2時間で充電が満タンになります。電源のON/OFF、再生/停止など簡単に操作することができます。2度目のペアリングからは自動で行ってくれる自動ペアリング機能を搭載しています。

 

IPX7の防水性能は、雨の中や激しい運動での汗でも問題なく使うことができます。さらに、人間工学に基づいて作られたネックバンド形状を採用し首回りに馴染みやすく、快適な装着感を実現しました。

電源持続時間10時間重量
防水性能IPX7機能ノイズキャンセリング
第6位

E-gogo

Bluetooth イヤホン ワイヤレスイヤホン

価格:5,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自然に耳に馴染む

フィット感抜群のこのイヤホンは重量約4gと軽量化が施されており、さらに小型でもあるため耳につけていてもつけている感覚もなく、自然に馴染みます。そして目立つこともありません。またケースには残りの充電量を表示してくれる機能も搭載されています。

 

タッチ式のワイヤレスイヤホンは、耳元を軽くタッチするだけで再生など操作を行うことができます。またIPX7の防水性能を誇り、完全防水を実現しています。これで急な雨でも壊れることがありません。

電源持続時間4時間重量片耳4.73g
防水性能IPX7機能Hi-Fi高音質
第7位

イカンジ

Bluetooth イヤホン

価格:4,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

完全防水塵性能

最新鋭のBluetoothに加えてEDR内蔵しており、邪魔な電波を排除し、伝達速度を短縮してくれます。途切れのないストレスフリーな接続を実現してくれます。ノイズキャンセリングによって周囲のノイズに影響されることなく高音質が楽しめます。

 

約4時間以上の再生時間を持ち、スポーツ初めから終わりまでしっかり音楽を楽しませてくれます。ワンボタンで全ての操作ができるため、運動中でも簡単に操作ができます。汗などの水分や塵などにも強く、防水塵性能も高いです。

電源持続時間4時間重量片耳4.6g
防水性能IPX7機能ノイズキャンセリング
第8位

Hihiccup

Bluetooth イヤホン 完全ワイヤレスイヤホン

価格:4,680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高低音バランスのとれた音質

クリアな音質を実現し、高音も低音もバランスよく再現してくれます。さらに伝送速度も早いのでノイズや遅延そして音飛びや音切れなどの問題も解決してくれます。イヤホンをケースから取り出すだけで自動的にデバイスとペアリングしてくれます。

 

耳元で簡単に再生や停止、ボリュームの上げ下げなども簡単に行うことができ、体を動かしながらも自分の気分にあった音楽を選ぶことができます。防水性能も高いので急な天候のアレにも対応できます。

電源持続時間7時間重量片耳4g
防水性能IPX6機能自動ペアリング
第9位

iHarbort

スポーツ用ワイヤレスイヤホン

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ネックレス式でスポーツに特化

耳の構造に配慮した設計になっており、抜群のフィット感をもたらしてくれます。激しい運動をしていてもずれ落ちない感覚は、スポーツにおいて快適な環境を作り出してくれるでしょうし、長時間の使用でも疲労感の少なさを実感するはずです。

 

運動向けのネックレス型になっており、首にかける形でどんなに激しく動いても外れる真アピがありません。また全体で21gと軽くて扱いやすく、ヨガなどの軽いものからランニングなどの激しい運動まで対応できます。

電源持続時間8.5時間重量
防水性能IPX5機能自動ペアリング
第10位

Semiro

ワイヤレスイヤホン

価格:2,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スポーツ向けのネックレス型

コンパクトで、わずか15gとかなりの軽量化を図っており快適に装着することができます。また耳の内側にフィットするフックを備えておりイヤホンを耳にしっかりと固定することができ、スポーツに特化した仕様になっています。

 

またIPX5と最低限の防水性能がなされており、急な雨などには対応できる性能になっています。ネックレス型になっており、首にかけることで安定した装着を可能とします。

電源持続時間6時間重量15g
防水性能IPX5機能ノイズキャンセリング

スポーツ向けワイヤレスイヤホンおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:24729の画像

    HIEMAO

  • 2
    アイテムID:24735の画像

    Anero

  • 3
    アイテムID:24737の画像

    SUTOMO

  • 4
    アイテムID:24739の画像

    PZX

  • 5
    アイテムID:24744の画像

    EVIO

  • 6
    アイテムID:24750の画像

    E-gogo

  • 7
    アイテムID:24767の画像

    イカンジ

  • 8
    アイテムID:24771の画像

    Hihiccup

  • 9
    アイテムID:24776の画像

    iHarbort

  • 10
    アイテムID:24779の画像

    Semiro

  • 商品名
  • 完全 ワイヤレス イヤホン
  • Bluetooth ワイヤレス イヤホン
  • Bluetooth ワイヤレスイヤホン
  • 完全ワイヤレス イヤホン
  • スポーツワイヤレスイヤホン
  • Bluetooth イヤホン ワイヤレスイヤホン
  • Bluetooth イヤホン
  • Bluetooth イヤホン 完全ワイヤレスイヤホン
  • スポーツ用ワイヤレスイヤホン
  • ワイヤレスイヤホン
  • 特徴
  • とことん追求した防水性能
  • 世界最小モデル
  • 人間工学に基づいたフィット感
  • スポーツ時でも高音質な音楽を
  • 快適な使用感
  • 自然に耳に馴染む
  • 完全防水塵性能
  • 高低音バランスのとれた音質
  • ネックレス式でスポーツに特化
  • スポーツ向けのネックレス型
  • 価格
  • 3299円(税込)
  • 4280円(税込)
  • 6280円(税込)
  • 3980円(税込)
  • 3580円(税込)
  • 5980円(税込)
  • 4980円(税込)
  • 4680円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 2000円(税込)
  • 電源持続時間
  • 6時間
  • 4~5時間
  • 10時間
  • 4時間
  • 4時間
  • 7時間
  • 8.5時間
  • 6時間
  • 重量
  • 片耳3.5g
  • 片耳4.8g
  • 片耳4g
  • 片耳3g
  • 片耳4.73g
  • 片耳4.6g
  • 片耳4g
  • 15g
  • 防水性能
  • IPX5
  • IPX6
  • IPX7
  • IPX6
  • IPX7
  • IPX7
  • IPX7
  • IPX6
  • IPX5
  • IPX5
  • 機能
  • 片耳接続可能
  • ノイズキャンセリング
  • タッチボタン機能
  • 自動ペアリング機能
  • ノイズキャンセリング
  • Hi-Fi高音質
  • ノイズキャンセリング
  • 自動ペアリング
  • 自動ペアリング
  • ノイズキャンセリング

防水性にも限度があるので注意

スポーツ向きのワイヤレスイヤホンということですが、イヤホンの性能によってはどんなスポーツに向いているかなどが変わってきます。あげるときりがありませんので、今回は防水性能の観点から紹介していきます。

 

防水性能から見る向いているスポーツですが、防水性能がIPX7以上になると水泳までできてしまいます。IPX4以上だと雨の中でもランニングができる程度の防水性能を持ちます。そしてIPX1以上だと汗をある程度かくスポーツはできるようになります。

 

自分が購入したイヤホンの防水力は分かっていると思います。いくら防水といえど限度があるので、しっかりとその基準を考えて、正しい用途に従って使用しましょう。

まとめ

音楽などを聞きながら運動をするという人は実際かなり多いはずです。その運動の強度は人それぞれあるもののほとんどの人が音楽を聞きながら運動をすることでしょう。自分がどんなスポーツをしているのかや自分の耳にあったものそしてこだわりを見つけることが大事です。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ