記事ID2041のサムネイル画像

【進化する映像美】人気の一人暮らし用テレビおすすめ商品10選

アニメやドラマ・映画など、様々な番組を手軽に楽しめる「テレビ」は、一見どれも同じように見えますが、実はモデルによって画質や特徴が大きく異なるのです。今回は、一人暮らし用テレビの選び方を紹介するとともに、おすすめの人気モデルを紹介していきます。

テレビは一人暮らしの楽しみを豊かにしてくれるアイテム

一人暮らしをする時に「テレビはいらない」と感じる人も少なくありませんが、一人暮らしの生活においてテレビは、娯楽・会話の話題集めとしてはもちろん、緊急時の情報源としても役に立つ便利アイテムなのです。

 

しかし、初めての一人暮らしをする人のなかには「どのようにテレビを選べばいいかわからない」という人も多いことでしょう。そこで今回は、一人暮らし用テレビの選び方とおすすめのモデルをご紹介していきます。

一人暮らし用テレビの選び方

一人暮らし用のテレビは、一見どれも同じように見えますが、使用スタイルによって使いやすいと感じるテレビの大きさや特徴は異なってくるのです。そこでここでは、一人暮らし用のテレビの選び方についてまとめていきます。

テレビのサイズで選ぶ

一人暮らし用のテレビを選ぶ時に「できるだけ大画面で楽しみたい」と考えて、大きめのモデルを購入する人は多いですが、部屋の設置スペースや使用スタイルに合わないものを使っていると、使いにくさ・圧迫感を感じる場合もあります。

 

テレビのサイズを決める時には、基本的に部屋の広さ・視聴距離を考えた上で選びましょう。ワンルーム・寝室用なら32V型以下、6~12畳程度の部屋であれば40~49V型のテレビを目安として選んでみましょう。

価格で選ぶ

一人暮らし用のテレビは、ファミリー層などをターゲットとしたテレビよりもコンパクトデザインになっているモデルが多く、価格についてもリーズナブルになっている場合が多いのです。

 

目安としては、19V型のテレビが2万円程度、32V型のテレビが2万5千~3万円程度の価格帯となっており、モデル・メーカーによっても異なってくるため「テレビはできるだけ安く購入したい」という人は画面の大きさやモデルごとの製造年もチェックしておきましょう。

画質で選ぶ

「自分の好きな番組は迫力・臨場感満点の状態で視聴したい」という人におすすめなのが「画質」を重視した選び方です。昨今は、大画面でなくても高画質な映像を楽しめるテレビが増えています。

 

テレビの画質は、大きく分けてHD・フルHD・4Kの3つに分かれており、HDは1366×768ドット、4Kは3840×2160ドットというように「ドット」という、画面を構成する点の数で画質が表現されており、数字が大きいほど高画質になります。

テレビのタイプで選ぶ

一見同じように見えるテレビですが、映し出す映像の質・特徴や設置スタイルが少しずつ異なっています。一人暮らし用にテレビを購入する時には、設置するスペースや使用スタイルに合わせたタイプのテレビを選ぶようにしましょう。

液晶

「一人暮らし用のテレビはできるだけ安く抑えたい」という人におすすめなのが「液晶」を用いたタイプのテレビです。現在販売されているテレビのタイプのなかでも主流といえるものであり、液晶パネルのバックライトを調節することで映像を映し出すスタイルです。

 

パネルタイプもポータブルテレビに用いられる10V型からワイドで迫力のある映像が楽しめる100V型まで、多彩な種類が販売されており、全体的に価格がリーズナブルになっているため、コストパフォーマンス重視の人には大変おすすめできるタイプといえます。

有機EL

「一人暮らし用のテレビは画質にこだわりたい」という人におすすめなのが「有機ELタイプ」と呼ばれるテレビです。こちらのタイプは液晶の1つひとつが発光することで映像を映し出す技術を採用しています。

 

「液晶タイプ」に比べて黒色の表現が高く、映像の奥行きや発色・コントラストが豊かに表現できるのが魅力的です。映像ボケもないため、スポーツなどのスピード感・臨場感のある映像を見る時におすすめです。その反面、種類が少なく、比較的高価になっています。

機能で選ぶ

一人暮らし用のテレビには、モデルによって様々な機能が搭載されています。自分の好きな番組や日頃のライフスタイルに合わせた機能を選ぶことで、見たい番組を逃さずチェックすることができます。

録画機能

「仕事やプライベートが忙しくてなかなか好きな番組が見られない」という人にぜひおすすめしたいのが「録画機能」です。こちらの機能は文字通り、あらかじめ指定しておいた番組をハードディスクに録画しておくことができる機能となっています。

 

「録画機能」はモデルによって録画場所が異なり、テレビ本体に録画するものや、ケーブルを接続することで外付けハードディスクなどに録画するスタイルを採用しているものなどがありますが、場所が限られる一人暮らしにはテレビ本体に直接録画するものがおすすめです。

倍速表示

スポーツ番組などの動きの速い映像をよく見ているという人におすすめの機能こそ「倍速表示」です。こちらの機能は映像の中の1コマ1コマの間に、前後のコマから生成された新しいコマを埋め込み、前後のコマの差をなくすことで、残像を少なくする機能となっています。

 

通常1秒60コマの映像を、倍の1秒120コマに修正するため、映像のチラつき・残像が少ないうえ、一般的なテレビに比べて、さらになめらかでスピーディーな映像を楽しむことができます。「テレビで躍動感のある映像を楽しみたい」という人におすすめです。

画面分割

「ゲームもしたいけれど、この後見たい番組が控えている」という時に便利なのが「画面分割」という機能です。こちらの機能は、テレビ画面を用途別で2分割することで、1度に複数の使い方ができるのが魅力的です。

 

モデルによって、テレビとDVD・テレビとゲームなどといった分割可能な用途が違ってくるため、自分がよく使う機器同士での画面分割が可能かどうかチェックしたうえで選ぶと良いでしょう。

人気メーカーから選ぶ

一人暮らしにもぴったりなテレビは、様々な人気家電メーカーから登場しており、メーカーによって力を入れている機能・性能が異なっています。より使いやすいモデルを見つけるためにも、各メーカーのモデルの機能・特徴をチェックしておきましょう。

シャープ

日本国内において圧倒的な人気を誇っている家電メーカー『シャープ』はテレビブランド「AQUOS(アクオス)」をリリースしていることでも知られています。薄型液晶テレビが一般的ではなかった頃から商品開発を行ってきたことから、高い技術・経験が信頼を得ています。

 

「UV2A技術」や「4原色技術」による高いコントラスト・色域などを実現しているのが特徴であり、映像の残像やチラつきなどがない美しくリアルなグラフィックが人気です。また、高い応答性から躍動感のあるスポーツ番組やゲームなどにもぴったりです。

東芝

2011年に国内初の4Kテレビ「セルレグザ」をリリースしたことでも話題となった『東芝』「REGZA(レグザ)」というテレビブランドを展開しています。技術面に定評があり、余裕のある画素数を活かした「大画面裸眼3D」などのユニークな機能が魅力的です。

 

また、最大の特徴である「タイムシフトマシン機能」では最大15日分の番組を保存し、過去の番組をいつでも見られる点も人気であり、他社にはない機能・特徴を持つモデルが多く展開されているのが特徴といえます。テレビは機能性で選びたい人におすすめです。

パナソニック

日本国内で初めて3Dテレビをリリースしたことでも知られているメーカー『パナソニック』「VIERA(ビエラ)」というテレビブランドが有名です。

 

高画質エンジン「ヘキサクロマドライブ」によって鮮やかな画質が再現されており、どの角度から見ても、本物さながらの質感・色合いが画面上に再現されています。画面サイズやフォルムなどに合わせて、豊富なバリエーションが用意されているのも魅力的です。

人気の一人暮らし用テレビおすすめ10選

1

シャープ

19V型液晶テレビ AQUOS 2T-C19ADB

価格:21,765円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

魅力的なシーンを見たい時に視聴できるユニークな機能が大人気

部屋の雰囲気やインテリアにマッチする白・黒の2色のカラーバリエーションが魅力的なこちらの一人暮らし用テレビは、USB外付けハードディスクに対応しているため、裏番組も手軽に録画することができます。

 

「AQUOS」のブルーレイ機器と接続することで、突然の来客などで見逃したシーンをさかのぼって楽しむことができるうえ「音声くっきりボタン」も搭載されているため、人の声や低音・高音をより聞き取りやすくなるように自動で音質調整をしてくれるのが魅力です。

本体サイズ443×210×325mm重量3.6kg
2

東芝

32V型ハイビジョンLED液晶テレビ REGZA 32S22

価格:31,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ストレスフリーな操作性が魅力的

「レグザエンジンファイン」を採用したこちらの一人暮らし用テレビは、残像低減や階調・色彩表現の豊かさはもちろん、番組表が高速起動できるなどといったストレスフリーな操作性が魅力的です。

 

BS・CSや地上デジタル放送用のチューナーをそれぞれ2基搭載しているため、録画をしながら別の番組を自由に視聴できるうえ、ゲームを臨場感満点で快適に楽しめる「ゲームダイレクト」という専用モードも用意されています。

本体サイズ814×534×154mm重量5.0kg
3

ソニー

24V型 液晶テレビ KJ-24W450E

価格:34,317円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

録画した番組をキレイに保存したい人におすすめのモデル

「クリアレゾリューションエンハンサー」により、ノイズの少ない自然な色合いのグラフィクを再現したこちらの一人暮らし用テレビは、声が聞きづらい時に声の音量を大きくして聞き取りやすくしてくれる「クリアボイス機能」を搭載しているのが特徴といえます。

 

また、録画機能については、CMの前後・シーンの切り替わりなどで番組を自動的に区切る「オートチャプター機能」「1.3倍早見再生」なども用意されているため「録画した番組を自分で編集するのが面倒」という人におすすめです。

本体サイズ558×341×65mm重量4.0kg
4

三菱電機

32V型 液晶テレビ REAL LB8シリーズ LCD-32LB8

価格:28,238円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高画質・多彩な節電メニューで財布にやさしいモデル

独自の高画質回路「DIAMONDEngine」により、映像コンテンツに合わせた映像処理・明るさ調整をしてくれるため、大画面テレビでは目立ちやすいノイズやぼやけのないシャープ美しいグラフィックを再現してくれます。

 

また、リモコンには節電ボタンが搭載されており、消灯・節電画質・無映像などといった、一定時間経過したら起動する節電メニューが用意されているため「電気代が気になる」という一人暮らしにおすすめです。

本体サイズ742×497×211mm重量6.60kg
5

TCL

43V型 4K液晶テレビ 43K601U

価格:39,457円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

まるでそこにいるかのような臨場感を体感できる高画質モデル

2018年度の液晶テレビ出荷台数世界2位という高い人気を誇るメーカー『TCL』から登場したこちらの一人暮らし用テレビは、4Kによる高精細・高色域による映像美を実現しており、奥行き・質感までリアルに再現しているのが魅力的です。

 

ダブルチューナーも搭載しているため、裏番組録画・イベントリレー録画も可能ですので「忙しくて好きな番組が見られない」という人におすすめできます。

本体サイズ972×622×195mm重量7.4kg
6

パナソニック

19V型 液晶テレビ TH-19G300

価格:26,918円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者にぴったりなラクラク操作が魅力的

裏番組も簡単に録画できる2チューナーを搭載したこちらの一人暮らし用テレビは、リモコンの「らくらくアイコンボタン」を押すだけで裏番組一覧・番組予約・メディアプレーヤーの起動などが簡単にできるため、難しい操作が苦手な人にもおすすめできます。

 

また「お部屋ジャンプリンク」に対応した機器とLANで繋ぐことで、内蔵ハードディスクやUSBハードディスクに録画した番組・映像・画像などを別の機器で楽しむことができるのも魅力的です。

本体サイズ440×322×163mm重量3.0kg
7

山善

キュリオム 24V型ハイビジョン液晶テレビ QRS-24W2K

価格:17,820円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テレビ・ゲームも迫力満点で楽しめる人気モデル

工業用・家庭用機器をリリースしてきたメーカー『山善』が開発した初のテレビであるこちらのモデルは、全面直下型LEDバックライトにより、どこから見ても明るく美しい映像を楽しむことができます。

 

視聴と録画が同時にできるダブルチューナーを搭載しているだけでなく、低遅延でストレスフリーにゲームが楽しめる「ゲームモード」も用意されているため「大画面のテレビでゲームを思いきり楽しみたい」という人におすすめです。

本体サイズ556×78×333mm重量2.3kg
8

エスキュービズム

16V型 液晶テレビ AT-16G01SR

価格:16,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

録画機能を重視したい人におすすめのモデル

キッチンやベッドサイドなどの狭いスペースにもすっきり置けるこちらの一人暮らしよウテレビは、最大32番組の予約録画が可能になっており、約500件まで保存することもできるため、見たい番組がたくさんある日にも安心です。

 

コンパクトなサイズでありながら、HDMI・AV・LANなどの多彩な入力端子を搭載しており、ゲームや音楽などといった様々な楽しみ方ができるようになっています。

本体サイズ378×39×238mm重量1.3kg
9

オリオン電機

24V型 液晶テレビ RN-24DG10

価格:24,676円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ブルーライトを軽減してくれる珍しいモデル

和紙素材を使用した本体スピーカーにより、よりクリアな音質を実現したこちらの一人暮らし用テレビは、ブルーライトガード機能を搭載しており、リモコンのボタン1つで目の疲れの原因となるブルーライトをカットしてくれるのが特徴です。

 

USBハードディスク録画にも対応しており、レジューム再生・追いかけ再生・リピート再生など、自由自在に再生ができる機能が用意されているため、自分の好きな番組をとことん楽しみたい人におすすめです。

本体サイズ550×364×173mm重量3.2kg
10

タンスのゲン

24V型 液晶テレビ ナチュラルウッド

価格:19,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ウッド調のフレームがおしゃれなユニークモデル

家具・寝具を中心に展開しているメーカー『タンスのゲン』から登場したこちらの一人暮らし用テレビは、一般的なテレビには珍しい木目デザインになっており、ナチュラルテイストな部屋・インテリアにしっかりマッチしてくれるおしゃれなテレビです。

 

狭い部屋にもすっきり置けるスリムなデザインであるうえ、壁掛け・壁寄せにも対応しているため、部屋のレイアウトに合わせて様々なスタイルでの使用ができます。

本体サイズ559×344×53mm重量3.2kg

一人暮らし用テレビの人気商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:25908の画像

    シャープ

  • 2
    アイテムID:25906の画像

    東芝

  • 3
    アイテムID:25913の画像

    ソニー

  • 4
    アイテムID:25915の画像

    三菱電機

  • 5
    アイテムID:25916の画像

    TCL

  • 6
    アイテムID:25917の画像

    パナソニック

  • 7
    アイテムID:25918の画像

    山善

  • 8
    アイテムID:25920の画像

    エスキュービズム

  • 9
    アイテムID:25922の画像

    オリオン電機

  • 10
    アイテムID:25923の画像

    タンスのゲン

  • 商品名
  • 19V型液晶テレビ AQUOS 2T-C19ADB
  • 32V型ハイビジョンLED液晶テレビ REGZA 32S22
  • 24V型 液晶テレビ KJ-24W450E
  • 32V型 液晶テレビ REAL LB8シリーズ LCD-32LB8
  • 43V型 4K液晶テレビ 43K601U
  • 19V型 液晶テレビ TH-19G300
  • キュリオム 24V型ハイビジョン液晶テレビ QRS-24W2K
  • 16V型 液晶テレビ AT-16G01SR
  • 24V型 液晶テレビ RN-24DG10
  • 24V型 液晶テレビ ナチュラルウッド
  • 特徴
  • 魅力的なシーンを見たい時に視聴できるユニークな機能が大人気
  • ストレスフリーな操作性が魅力的
  • 録画した番組をキレイに保存したい人におすすめのモデル
  • 高画質・多彩な節電メニューで財布にやさしいモデル
  • まるでそこにいるかのような臨場感を体感できる高画質モデル
  • 初心者にぴったりなラクラク操作が魅力的
  • テレビ・ゲームも迫力満点で楽しめる人気モデル
  • 録画機能を重視したい人におすすめのモデル
  • ブルーライトを軽減してくれる珍しいモデル
  • ウッド調のフレームがおしゃれなユニークモデル
  • 価格
  • 21765円(税込)
  • 31000円(税込)
  • 34317円(税込)
  • 28238円(税込)
  • 39457円(税込)
  • 26918円(税込)
  • 17820円(税込)
  • 16500円(税込)
  • 24676円(税込)
  • 19800円(税込)
  • 本体サイズ
  • 443×210×325mm
  • 814×534×154mm
  • 558×341×65mm
  • 742×497×211mm
  • 972×622×195mm
  • 440×322×163mm
  • 556×78×333mm
  • 378×39×238mm
  • 550×364×173mm
  • 559×344×53mm
  • 重量
  • 3.6kg
  • 5.0kg
  • 4.0kg
  • 6.60kg
  • 7.4kg
  • 3.0kg
  • 2.3kg
  • 1.3kg
  • 3.2kg
  • 3.2kg

一人暮らし用テレビのセッティング方法・使い方

一人暮らし用テレビを購入した後には、実際に使うためのセッティング作業が必要となります。「テレビはセッティングが難しい」と感じる人も多いですが、実はケーブルを適切な端子に繋ぐだけで簡単にできます。ここでは、基本的なセッティングの方法・使い方をご紹介します。

テレビを映すためのセッティング方法

テレビは様々なケーブルが付属しているため「セッティングが難しい」と感じてしまう人も少なくありません。しかし、基本的にはガイドに沿ってケーブルを挿すだけで、簡単にセッティングすることができますので、こちらのセッティング方法を参考にトライしてみましょう。

電源・アンテナケーブルを繋ぐ

テレビの電源ケーブルのプラグ部分の多くはメガネのような形になっていますが、ケーブルをつなげる端子の位置はモデルによって異なっていますので、電源ケーブルを接続する位置・向きを確認してから接続するようにしましょう。

 

電源ケーブルを繋げたら、アンテナケーブルを接続します。地上デジタル放送のみの場合は「地上デジタル入力端子」のみを、BS/CS放送も視聴する場合には電波信号が乱れないように「分波器」を、それぞれの専用端子に接続します。

カードの挿入・チャンネルの設定

ケーブル類を接続し終えたら、次に「B-CASカード」と呼ばれるカードをテレビ本体の横にある専用の挿入口に優しく挿し込みます。電源を付けて、テレビが正しく映っているかどうかを確認しましょう。

 

次に、画面の指示に従ってチャンネル設定をしていきます。途中で郵便番号などの情報を登録する場面がありますが、住んでいる地域で放送されている局・番組のデータ収集だけでなく、データ放送時の地域限定情報を表示させるために必要となるため、正しく入力しましょう。

機能を充実させるためのセッティング方法

昨今の一人暮らし用テレビは高い互換性が魅力的であり、レコーダーやゲーム機などといった多彩な機器と接続することで、より楽しみ方が広がります。ぜひこちらの説明を参考に接続していきましょう。

HDMI端子を接続する

ブルーレイレコーダー・プレイヤーやゲーム機でDVDやゲームを楽しみたいという人は「HDMI端子」と呼ばれる映像・音声入力端子を接続しましょう。

 

端子には通常のものと、双方向への伝送が可能な「ARC対応」と呼ばれるものの2種類がありますので、端子に合った接続場所につなぎます。

USB・LAN端子を接続する

テレビの録画や、テレビでインターネットサービスを利用する人の場合は「USB・LAN端子」を接続する必要があります。テレビ用には各端子に合わせたガイドが書かれているため、ガイドに沿って接続していきます。

 

これらの端子を接続することで、2番組同時録画・ネット動画視聴などといった、モデルごとの機能を活用した楽しみ方が広がります。

壁掛け・壁寄せで狭いスペースを有効活用

マンションやアパートなどといった、家具を置くスペースが限られている場合の一人暮らしでは、テレビの壁掛け金具や専用のパーツを用いて壁掛け・壁寄せ設置をすることで、部屋の隅などのデッドスペースを活用することもできます。

 

壁掛け・壁寄せ設置では、部屋全体をすっきり見せることができますし、視聴距離や高さを調節することもできるため「テレビの高さが合わなくて見づらい」という人にもおすすめできる使い方です。

その他の人気テレビはこちら

まとめ

今回ご紹介したテレビのように、一人暮らし用テレビはモデルによって異なる機能・性能が搭載されています。ぜひ自分のライフスタイルに合った一人暮らし用テレビで、大好きな番組やゲームをより迫力満点な映像で楽しみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ