記事ID2101のサムネイル画像

【テレビを高音質で楽しむ】人気テレビ用スピーカーおすすめ商品10選

テレビのスピーカーに不満があれば、別途テレビスピーカーを買いましょう。本格的な5.1chのスピーカーは少々お高いですが、2.1chのサウンドバーはお手頃な値段で購入できますし、多機能で使い勝手がよく接続も非常に簡単です。

薄型テレビにはテレビスピーカーを

自宅のテレビの音がもう少し良ければと思うことはないでしょうか?最近のテレビは薄型で画質もよく、一見いいことづくめの様に思われますが、実は本体の薄さ故に性能の良いスピーカーを内蔵しづらいという難点があります。

 

もしテレビの内蔵スピーカーに不満があるのであればテレビスピーカーを購入しましょう。テレビスピーカーには5.1chの本格的なホームシアター用のサラウンドシステムからサウンドバーと呼ばれる手頃なものまで用途に合わせて幅広いラインナップが揃っています。

テレビスピーカーの選び方

テレビスピーカーには沢山の種類があり購入の際は何を基準に選んでいいか悩んでしまいます。ここではおすすめの選び方を紹介します。

チャンネル数

スピーカーの性能を示す指標の一つにch(チャンネル)があります。chはメインのスピーカーとサブウーファーの数で示され、5.1ch,2.1chなどがあり、小数点の前の数値がメインのスピーカーの数で、小数点以下がサブウーファーの数です。

 

基本的にメインのスピーカーの数が多いほど映画館のような立体的な音を楽しむことが出来るようになりますが、本格的なホームシアターと呼ばれる商品はそれなりに高価で、設置するのに場所も取ります。

 

最近はバーチャルサラウンドという安価で性能の良いテレビスピーカーも出ているので価格や置き場所で折り合いがつかなければバーチャルサラウンドのスピーカーを購入するとよいでしょう。

5.1ch,7.1ch

5.1chはホームシアターの基本と言えるスピーカーの構成で、音を聞く人を取り囲むようにスピーカーを配置し、まるで映画館のような臨場感を再現してくれます。5.1chともなると設置する場所もそれなりに広くないと困るので購入する前にサイズをよく調べてください。

 

ホームシアターには7.1ch以上の構成もありますが、それらはほぼ業務用なので家庭用としては5.1chまでが現実的な構成と言えるでしょう。また高価なスピーカーとなるとアンプを別途購入することがありますが、スピーカーとアンプがセットの商品だと費用を抑えることができます。

2.1ch

フロントサラウンドとも呼ばれる2.1chの構成はホームシアターの構成の中で最もシンプルなので、広くない部屋でも十分に設置可能です。また導入コストも比較的安く抑えられるので、試しにホームシアターを使ってみたいという方にもおすすめです。

サイズ

大きな部屋にスピーカーをたくさん置いてサラウンドシステムを楽しむことが出来るのであればそれに越したことはありませんが、置き場所と予算の制約で好きなものを買えないことの方が多いでしょう。

 

しかし、スピーカーの数が多ければいいというわけではないですし、細かいことをに目を目をつぶれば費用を抑えつつ高音質のサラウンドシステムを設置することも可能です。

サウンドバー

省スペースで質の高い音を聴きたいのであればサウンドバーがおすすめです。サウンドバーは一般的に2.1chの構成ですが擬似的にサラウンドシステムを作り出してくれす。

 

もしサウンドバーで迫力のある音を楽しみたいのであればスピーカーとウーファーが別れたタイプのものをが良いでしょう。一体型のものに比べて多少スペースは取りますが得られる効果を考えればこちらのほうがこちらのほうが良いです。

ホームシアター

場所とお金に余裕があれば是非とも導入したいのがホームシアターです。家の中で家族が最も長い時間を過ごすリビングをホームシアターにすれば自然と家族と一緒に過ごす時間も増えるというもの。家族円満のためにホームシアターを購入されてはどうでしょうか。

 

ホームシアターがあれば映画はもちろんゲームや音楽も臨場感あふれるサウンドで楽しむことができます。テレビの音が良くなって文句をいう人はいないでしょうから多少値が張っても家族の予算会議を通過しやすいのではないでしょうか。

接続方法

最近のテレビとスピーカーの組み合わせであればほぼ間違いなく接続することができますが、スピーカーを購入するときは一応接続方法を確認しておきましょう。もしスピーカーとアンプを別々に購入するのであれば注意が必要です。

 

AV機器にあまり詳しくないのであればセットで販売されているものを買いましょう。簡単に接続できますし、相性を心配する必要もありません。どうしても別々に購入したいという方は、ネットで入念に下調べするか、お店に行って聞いたほうが無難です。

Bluetooth

Bluetoothは比較的新しい無線による接続方法で音質が良いことが特徴です。少し前のテレビだとBluetoothに対応していないものもありますが、その場合はテレビにトランスミッターをつけることで接続することができます。

 

Bluetoothは接続も非常に簡単で、一度接続してしまえば次からは電源を入れた時に自動で接続してくれます。またBluetoothのスピーカーがマルチペアリングに対応していれば、複数のデバイスに接続可能なのでスピーカーを別の部屋のデバイスで使用することもできます。

HDMI

HDMIによる接続は現在最も普及している接続方法で、多少古い液晶テレビでもHDMI端子がついています。接続方法は非常にシンプルでテレビとスピーカーをHDMIケーブルでつなぐだけです。

 

また、HDMIはスピーカーとテレビのの規格さえあればテレビのリモコン一つでスピーカーの音量を調節することができます。

 

ネットではすでに4kの動画配信が始まり、一部衛星放送でも4kの放送を観ることができますが、これらの動画を最高の画質と音質で楽しむためにはHDMIが必須です。

光デジタル音声端子

HDMIの普及によりかなりマイナーな存在になってしまいましたが、光デジタル音声端子は、アナログのように音声信号を変換する必要がなく、非常にクリアなサウンドが楽しめるのが特徴です。

 

光デジタル音声端子は現在でも様々な音響機器についていますし、ゲーム機やパソコンにもついています。現在光デジタル音声端子を使っている人は、ホームシアターで音楽を聞く時に使っている人が一部おり、マニアックな支持を得続けているようです。

使用目的

テレビスピカーを選ぶときはまず、用途を明確にしましょう。目的にそぐわないものを買ってしまうとかえって音が聞きにくかったり、高価な買い物をしても道具を使いこなせなければ宝の持ち腐れになってしまいます。

 

ニュース

ニュース番組や一般的なテレビ番組を見るのであれば、それほど高価なテレビスピーカーは必要ないでしょう。今流行りのサウンドバーが妥当な選択ではないでしょうか。サウンドバーであれば接続も簡単で、別の部屋のテレビで使うことも可能です。

人気メーカーから選ぶ

どのテレビスピーカーを買おうか迷ったら、人気のメーカー製の商品を買いましょう。売れているのにはわけがあります。

ソニー

ソニーは世界的に名の知れた複合企業であり、ハードからソフトまであらゆる業種で有名な企業です。特に映像と音楽の分野では長い歴史に裏打ちされた高い技術をもっており、国内の家電メーカーとしてはトップシェアを誇っています

BOSE

BOSEはアメリカのマサチューセッツ工科大学の教授が自身の研究を元に学内で設立した音響機器メーカーです。BOSEの特徴は大型になりがちな音響機器を独自の理論で小型化することで評価を得ていることにあります。

映画など

本格的に映画や音楽を楽しみたいのであれば5.1ch以上のホームシアターが良いでしょう。しかし予算や設置場所的に厳しいという方にはシアターバーがおすすめです。シアターバーはサウンドバーとほぼ同じですが、シアターバーはバーチャルサラウンドシステムに対応したものを指します。

テレビスピーカーのおすすめ人気商品10選

1

ヤマハ(YAMAHA)

サウンドバー Alexa搭載 HDMI DTS

価格:26,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高性能高コスパ

サウンドバー Alexa搭載 HDMI DTSは前後左右だけでなく、高さまでカバーした3Dサラウンドモードを搭載しており、ワンバーでありながら上からも音に包まれる広がりを表現した体を包み込むような音場を得られるサウンドバーです。

 

5種類のサラウンドプログラムは映画、テレビ番組、音楽、スポーツ、ゲームに対応しており、コンテンツに応じた最適な3Dサウンドを再現し没入感を高めます。本体には120Wのアンプと低、中、広域再生用にサブウーファー、ツイーターをそれぞれ2基搭載。

 

他にも声を聞きやすくする「クリアボイス」、低音を増強する「バスエクステンション」サブウーファーの追加端子など機能が盛り沢山です。

 

 

チャンネル数2.1chサイズ
接続方法HDMI,Bluetooth
2

ソニー(SONY)

サウンドバー 2.1ch HT-X8500

価格:37,525円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安心のソニー

ソニーのHT-X8500は一本のバースピーカーにデュアルサブウーファーを内蔵しつつ迫力あるサウンドを実現したコンパクトで高性能のサウンドバーです。奥行きはわずか96ミリしかないのでテレビ台の限られたスペースにも設置可能。壁掛けにも対応しています。

 

高さの表現を加える「Vertical Surround Engine」と前後左右の歩表現を加える「S-Force Pro Front Surround」により、3次元の立体音響をフロントスピーカーのみで実現。しかも天井や壁からの反響音を利用しないので、部屋の形状に左右されることなく良好なサウンドを楽しむことができます。

 

チャンネル数2.1chサイズ
接続方法HDMI,Bluetooth
3

BOSE(ボーズ)

SOUNDBAR 500

価格:63,720円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オーディオの老舗

非常に小型でスタイリッシュな外観が特徴的なサウンドバーですがサウンドは力強く優れた音響性能を有しています。Amazon Alexaを搭載しているので話しかけるだけで様々なサイトにアクセス可能で、今流行りの音楽配信サービスSpotifyも利用できます。

 

無料のアプリをインストールすれば検索が簡単にできたり、ラジオ、プレイリスト、音楽配信サービスへの切り替えもワンタッチで切替可能。お気に入りの曲にすぐにアクセスできます。

 

BOSE BASS MODULE500によりサイズからは想像できないほどの迫力ある重低音と豊かなサウンドを実現しており、映画館のような臨場感あふれるサウンドを楽しむことができます。

 

チャンネル数2.1chサイズ
接続方法HDMI,Bluetooth
4

パナソニック(Panasonic)

スピーカーシステム DIGAスピーカー DY-SP1

価格:10,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

DIGAと相性バツグン

自宅のレコーダーがパナソニックのディーガならディーガスピーカーを購入しましょう。ディーガに繋げばディーガにためたコンテンツをハイレゾ相当の音質で楽しめてしまいます。しかも録画番組に合わせて音場を変える「番組ぴったりサウンド」機能付きで調節の手間要らず。

 

コンパクトな設計でありながら臨場感あふれる音を再現する高性能フルデジタルアンプ搭載でハイレゾ再生にも対応した2.1chのスピーカーシステムは4K/HDRの映像信号の映像信号をテレビに送信可能。

 

Bluetoothに対応したスマホやタブレットに接続すれば簡単に音楽を再生できてしまうので、家族とスピーカーをシェアすることもできます。

 

チャンネル数2.1chサイズ
接続方法HDMI,Bluetooth等
5

ソニー(SONY)

サウンドバー 2.1ch HT-X9000F

価格:50,049円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

まとめて購入しよう

ソニーのサウンドバー2.1chHT-9000Fは立体的な音響に加え最適な音程を調整できる「サブウーファーボリューム」搭載で夜間に視聴するときも音漏れを防止してくれるので、集合住宅やマンション住まいの方におすすめです。

 

シンプルで美しいデザインはソニーのテレビブラビアと相性も抜群なので、すでにブラビアを持っている方ももちろん、これからブラビアを買おうと思っている方もセットで購入されてはどうでしょうか。

 

今ならAmazonでソニーのレコーダー、サウンドバー、DVDなどをまとめて買うと合計金額からレジで最大5000円OFFのキャンペーン中です。

チャンネル数2.1chサイズ
接続方法HDMI,Bluetooth
6

ヤマハ(YAMAHA)

CinemaStation TSS-20

価格:59,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパの良い5.1ch

5.1chの本格的なホームシアターとしてはかなりお手頃な値段ですが、価格以上の性能を持ったコスパの良い製品です。夜間の音漏れが気になる場合はサイレントシネマ&ナイトリスニングモードをつかいましょう。

チャンネル数5.1chサイズ
接続方法HDMI,Bluetooth等
7

東芝(TOSHIBA)

REGZAサウンドシステム RSS-AZ55

価格:27,601円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

置き方自由

セパレートタイプのスピーカーでありしかも小型なので、テレビの後ろに置けてしまいます。また、スピーカーをたててテレビの両サイドに置くことも可能。置き場所自由のスタイリッシュなスピーカーです。

チャンネル数2.1chサイズ
接続方法HDMI,Bluetooth等
8

デノン(Denon)

DHT-S316 サウンドバー

価格:24,377円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

入力端子が豊富

2ウェイ4スピーカーのサウンドバーとワイヤレスサブウーファーは独立しているので好きな場所に設置しましょう。また、スピーカーウーファーは予めペアリングされているので電源を入れると自動的に接続してくれます。

 

チャンネル数2.1chサイズ
接続方法HDMI,Bluetooth等
9

オンキヨー(Onkyo)

シネマパッケージ

価格:39,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アップグレード可能

最新のサラウンドフォーマットDolby AtomosとDTS:XTMに対応した左右2つのスピーカーとサブウーファーから出る音は非常にパワフルで、これ一台でテレビもブルーレイも音楽も楽しむことができます。本体はコンパクトな設計で、スピーカーの幅約10cm、奥行き約13cmほど。

 

オンキョーのリビングシネマパッケージは小音量しか出せない夜間でもよく聞こえます。また、追加でスピーカーを設置すれば本格的な5.1chにアップグレードすることも可能です。

チャンネル数2.1chサイズ
接続方法HDMI,Bluetooth
10

JBL

CINEMA SB450 2.1chホームシアターシステム

価格:43,730円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パワフル

最大出力が440Wもあり、文句なしの迫力はまるでコンサートホールのような臨場感を実現します。「TV Remote Control Learningリモコン学習機能」はお手持ちのTV用リモコンでスピーカーの音量を調節できる便利機能です。

チャンネル数2.1chサイズ
接続方法HDMI,Bluetooth等

テレビスピーカーの人気商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:28885の画像

    ヤマハ(YAMAHA)

  • 2
    アイテムID:29970の画像

    ソニー(SONY)

  • 3
    アイテムID:29972の画像

    BOSE(ボーズ)

  • 4
    アイテムID:29973の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 5
    アイテムID:29975の画像

    ソニー(SONY)

  • 6
    アイテムID:29976の画像

    ヤマハ(YAMAHA)

  • 7
    アイテムID:29977の画像

    東芝(TOSHIBA)

  • 8
    アイテムID:29979の画像

    デノン(Denon)

  • 9
    アイテムID:29980の画像

    オンキヨー(Onkyo)

  • 10
    アイテムID:29981の画像

    JBL

  • 商品名
  • サウンドバー Alexa搭載 HDMI DTS
  • サウンドバー 2.1ch HT-X8500
  • SOUNDBAR 500
  • スピーカーシステム DIGAスピーカー DY-SP1
  • サウンドバー 2.1ch HT-X9000F
  • CinemaStation TSS-20
  • REGZAサウンドシステム RSS-AZ55
  • DHT-S316 サウンドバー
  • シネマパッケージ
  • CINEMA SB450 2.1chホームシアターシステム
  • 特徴
  • 高性能高コスパ
  • 安心のソニー
  • オーディオの老舗
  • DIGAと相性バツグン
  • まとめて購入しよう
  • コスパの良い5.1ch
  • 置き方自由
  • 入力端子が豊富
  • アップグレード可能
  • パワフル
  • 価格
  • 26280円(税込)
  • 37525円(税込)
  • 63720円(税込)
  • 10980円(税込)
  • 50049円(税込)
  • 59800円(税込)
  • 27601円(税込)
  • 24377円(税込)
  • 39600円(税込)
  • 43730円(税込)
  • チャンネル数
  • 2.1ch
  • 2.1ch
  • 2.1ch
  • 2.1ch
  • 2.1ch
  • 5.1ch
  • 2.1ch
  • 2.1ch
  • 2.1ch
  • 2.1ch
  • サイズ
  • 接続方法
  • HDMI,Bluetooth
  • HDMI,Bluetooth
  • HDMI,Bluetooth
  • HDMI,Bluetooth等
  • HDMI,Bluetooth
  • HDMI,Bluetooth等
  • HDMI,Bluetooth等
  • HDMI,Bluetooth等
  • HDMI,Bluetooth
  • HDMI,Bluetooth等

マルチペアリングが便利

最近のテレビスピーカーは多機能で楽しみ方は人それぞれですが、とても便利なBluetoothによるマルチペアリングをぜひ活用しましょう。マルチペアリング機能を持ったテレビスピーカーが一つあれば家族でテレビスピーカーを共有できます

 

Bluetoothによる接続は非常に簡単ですし、一度接続してしまえば次からは電源を入れれば自動で接続してくれます。

その他の人気スピーカーはこちら

まとめ

テレビの音質を手軽に上げたければサウンドバー、予算と設置場所に余裕があれば5.1chのホームシアターがおすすめです。最近のテレビスピーカーは多機能でいろいろな使い方があるので気軽に購入して楽しんでください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ