記事ID2102のサムネイル画像

【収納も楽々】安い折りたたみ式自転車のおすすめ人気商品10選

場所を選ばずに持ち出せておしゃれなデザインの折りたたみ自転車が登場しています。その中でも価格帯が安くお値打ちな折りたたみ自転車をを厳選しました。安いから商品の品質が悪いというのではなく、選び方も確認していくことで気に入ったものに出会えるはずです。

安い折りたたみ自転車はコンパクトで持ち運びにも便利

折りたたみ自転車は、コンパクトな作りで少し乗って出かけるのにも適した乗り物です。サイズを小さくしたことで低価格に抑えられた安い折りたたみ自転車が多く販売されています。

ちょい乗りするような街乗りに適している

街の中など短い距離を走行するのに折りたたみ自転車は扱いやすくて重宝されます。サイズも大きくないので少し停車しておく時も場所をとらずに置いておくことができます。

 

また、クロスバイクやロードバイクなど自転車には種類がありますが、その中でも折りたたみ自転車はデザイン性が優れており街映えすることは間違いありません。乗っていたり置いておくだけで、おしゃれで存在感を放ちます。

コンパクトサイズなのでコストダウンにも貢献してくれる

大きなクロスバイクやロードバイクとの違いはサイズです。サイズが小さいため使用するパーツも小さくなるので、コストダウンにつながります。もちろん高級な素材を使用している場合は、その分金額も高くなります

 

それでも、ボディーのサイズが違うので価格にも反映してきます。サイズが小さいというだけで重量も軽くなるので、持ち運ぶこともクロスバイクやロードバイクと比べて楽にできるでしょう。

安い折りたたみ自転車の選び方

安い折りたたみ自転車でも、ただ安ければいいというものではありません。余りにも低価格すぎると最初から不良が発生したり、耐久性能、走行性能に不安がありますので注意が必要です。

装備で選ぶ

変速機能の充実したモデルの安い折りたたみ自転車も多く販売されています。また、泥除けやライト、反射板、前かごが標準で付いているのかチェックするようにしましょう。低価格でも、標準装備されているコスパのいい折りたたみ自転車もあります。

 

但し、安い折りたたみ自転車は安く提供するために、スペックも必要最小限に留めていることも多いので、装備品とスペックのチェックはしっかりと行うべきです。

 

もちろん、流通網を独自構築したりと企業努力も大きく貢献している可能性はあります。しかし、大きくコストを抑える部分というと、そういったオプション部分の削減になりますので注意が必要です。

価格帯で選ぶ

安いクロスバイクも安ければ安いだけお値打ちでお得というわけではありません。あなたが折りたたみ自転車に乗っていて、自転車に欲しいスペックを確認しておきましょう。

とにかく低価格重視なら2万円以下の安い折りたたみ自転車

セカンドバイクに欲しいといった方や、都心のど真ん中で走行性能よりもちょっと移動を自転車で済ませたいという方におすすめなのが2万円以下の折りたたみ自転車です。

 

しかし、走行性能や乗り心地を過度に求めずルック車的な目で見て購入するようにしましょう。アップダウンが少ない舗装された道路を短い距離走行するだけといった方には、このクラスの折りたたみ自転車が安くて適しています。

安すぎの折りたたみ自転車が不安という方には3万円以上

余りにも安すぎるのは不安という方は3万以上の折りたたみ自転車を選ぶといいです。高いものになると価格は数十万円するようなものもあり、3万から5万円台というと比較的安く、基本的スペックもしっかりと搭載しています。

 

もちろん、2万円以下であっても全く使えないというわけではありません。先に説明したとおり、あなたがどのように折りたたみ自転車を使いたいかによると考えてください。

安全性も確認しましょう

安いというので購入を決めようとするのは危険もあることを認識しておきましょう。それは安い折りたたみ自転車を購入してから、走行中に簡単に壊れたり破損したりすることがあるかもしれないからです。そうならないように2つのポイントを抑えておきましょう。

安全基準適合マークを確認

安全基準を取り決めているJISマークやSGマーク、BAAマークというのが存在します。これがあることで、この自転車は安全のためにしっかり基準を満たしてますよと証明になってくれるのです。

 

BAAマークは一般社団法人自転車協会が、一定基準の自転車安全基準を満たしたものです。JISマークは国に登録した登録認証機関が承認された事業者が認証した製品に表示されます。このような表示がされたものの方が安心して購入できるでしょう。

ライトや反射板などがあるかチェック

安全基準などを見て確認するほかに、目で視て確認できる部分も多数あります。それがライトや反射板が取り付いているのかどうかです。パッと視ただけですぐにわかりますね。付いていなければ夜間走行する際は、危険が伴いますので別に購入しましょう。

 

また、それ以外にもスタンドの形状や安定性が実際にどうなのかも確認しておきましょう。不安定で自立しにくく簡単に横転してしまうのであれば対策をしなければなりません。

サイズと重量で選ぶ

サイズと重量は、価格によく反映してくるポイントです。なぜなら、軽くて強度のある素材を使用するとなると高価になってしまうからです。予算を考えて購入するようにしましょう。

サイズは持ち運べる大きさに

折りたたみ自転車で安いものを選ぶと重量は重くなる傾向にあります。それは、安い材質のフレームの方が低価格になる傾向があるからです。もちろん、高価=軽いと一括りにはできません。

 

軽くて持ち運ぶ回数が多いという方は価格は高くても軽量素材のものを選ぶようにしましょう。それでも3万円台から見つかるはずです。

10kg以下の折りたたみ自転車はキャンプやレジャーに、12kg以下なら街乗りに

もしキャンプやレジャーなどで使用したりと頻繁に収納とセッティングを行う方には10kg以下をおすすめします。しかしながら、10kg以下の価格帯は高価です。安価であっても5万円台からとなってしまいます。

 

12kg以下で見ていくと3万円台から5万円以下で購入することができます。街中で使用して頻繁にセッティングしないのなら、この重量で十分でしょう。

インチで選ぶ

タイヤサイズ選びも非常に重要なポイントになります。なぜなら走行性能が違ってくるからです。一般的な自転車では26インチが主流となります。しかし、コンパクトで持ち運びもできる折りたたみ自転車では16インチ前後となります。

14インチ

基本的な考え方は、サイズ(インチ)が大きいほどスピードを出せるようになっています。小さいサイズだと、漕ぐ回数は多いのに前に進まないのでデメリットになります。また、インチが大きいとその分だけ価格も上昇する傾向にあります。

 

しかしながら、コンパクトなサイズで収納力を重視したい方には14インチクラスの方が魅力的であると思います。自分の乗っている姿をイメージして何を折りたたみ自転車に求めるのかハッキリさせましょう。

16インチ

16インチはちょうど平均となるサイズです。大きすぎず小さすぎずで走行性能もそこそこあり、バランスの取れています

 

あまり小さいタイヤだと道路の段差などで大きく影響を受けますし、ハンドルさばきも不判定となりがちです。そういった意味でも真ん中のインチ数を選ぶのは1つの指標となります。

18インチ以上

18インチ以上は力強く安定した走行できるタイヤ口径です。折りたたみ自転車の中では大きいサイズです。通勤や通学で走行性能もある程度は欲しいといった方には18インチ以上をおすすめします。

 

20インチで販売しているメーカーが多いです。14インチほどのサイズ感では実感できなかった安定走行を得られるでしょう。但し走行性能が安定する分、重量は重くなります。この2つは相関関係にあるのです。

安い折りたたみ自転車のおすすめ人気商品10選

1

HUMMER

HUMMER FDB206Wsus-NP

価格:27,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

20インチの太い安定感のあるタイヤ装着の折りたたみ自転車

ハマーの折りたたみ自転車は、パンクのしないタイヤを装着して舗装されていないガタガタ道でも安全に走行することができます。太いタイヤなのもどんどん道を突き進めるのがメリットです。

 

サスペンションが取り付いてクッションにもなるので、走行中の衝撃をしっかりと吸収してくれます。舗装されていない道路を走行するのにはうってつけの折りたたみ自転車です。これだけのスペックを持っていて3万円を切る低価格も魅力です。

本体サイズ全長155×幅60cm高さ112(cm)折りたたみ時サイズ87×68cm×60(cm)
ホイール20重量18kg
2

ブリヂストングリーンレーベル

マークローザ F MRF81 T.Xマット

価格:35,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タイヤサイズのコンパクトな折りたたみ自転車

タイヤで有名なブリジストンから販売されている折りたたみ自転車です。特徴としては、タイヤがコンパクトで乗るにも跨ぎやすく、少し自転車で出かけたいという時に適しています。

 

サドルも低い位置の設定で、体の小さな方でも乗りやすいので女性にもおすすめです。BAAマークが取り付けられており安全性能も一定基準をクリアしてくれます。

本体サイズ155×幅60×高さ112(cm)折りたたみ時サイズ87×68×60(cm)
ホイール18重量14.3kg
3

DOPPELGANGER

【 Blackmax シリーズ 】 202-S-DP

価格:27,239円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気メーカードッペルゲンガーの折りたたみ自転車

ドッペルゲンガーから登場すら折りたたみ自転車です。キャンプ用品でも人気でデザインに優れています。自転車の通販では販売実績もあります。

 

見た目を重視して購入する方が多い中で、旧モデルの時よりも耐性と剛性を兼ね備えた新モデルにチェンジしたことでおしゃれでスペックも充実した折りたたみ自転車となっています。おしゃれさを追求したい方におすすめです。

本体サイズ全長: 1480mm折りたたみ時サイズ40x 66x 82(cm)
ホイール20重量12.3kg
4

DAHON

SUV D6

価格:32,076円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3ステップと簡単に折りたたみが可能

こちらは街中で馴染むデザインで休日のお出かけにも適した折りたたみ自転車です。ダホンは収納がしやすく3ステップで収納が行えるコンパクトなフレームとホイールが売りです。

 

泥除けも標準で取り付いており汚れがとぶのを防ぎます。ハンドルも身長に合わせてサイズ変更できるのも特徴となります。サドルシートの硬さがあるのでそこは注意が必要です。

本体サイズ折りたたみ時サイズ
ホイール20重量13.4kg
5

RENAULT

ULTRA LIGHT 7 TRIPLE

価格:54,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超軽量で持ち運びが楽々とできる

ギア比はそこまで高くありませんが、街乗りなら十分な走行性能です。折りたたみ自転車によくあるぐらつきも感じさせることなくしっかりとした造りを実感できるでしょう。

 

この折りたたみ自転車の特徴として、外装3段の設計となっておりカチッと動いてくれて精度の高さを実感できるでしょう。ただし、ハンドルの軽さのために手を持っていかれて転倒することのないようにして下さい。

本体サイズ長さ118cm折りたたみ時サイズ65×30×55(cm)
ホイール14重量7.8kg
6

GSジャパン

JEEP JE-206GRS

価格:29,799円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

車で有名なジープから折りたたみ自転車が登場

海外製の折りたたみ自転車です。しっかりとした重心で安定した走行が行えます。高級感のあるフレームが周囲に与える影響は大きいでしょう。

 

持ち運びを重視とするより安定した乗り心地とブランド力のあるJEEPが好きという方におすすめしたい折りたたみ自転車です。デザインの渋さは他に類をみないので好みの方にはみてもらいたいです。

本体サイズ折りたたみ時サイズ
ホイール20重量18kg
7

Raychell

FB-206R

価格:15,431円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

旅先でのサイクリングにもおすすめ

街乗りには嬉しい前かごや泥除け、ライトなど生活の中であってほしいものが最初から取り付いています。さらに、ワイヤー錠も標準装備なのでわざわざ錠を購入する必要もありません。

また、1年間の製品保証がついているのもポイントですね。たとえ体重が80kgの方が乗ってもしっかりと安定した乗り心地を提供してくれます。

本体サイズ153x97.5x55(cm)折りたたみ時サイズ83x74.5x50(cm)
ホイール20重量15.5kg
8

SUISUI

折りたたみ電動アシスト自転車 BM-A30

価格:59,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

名前のとおりでスイスイとした乗り心地の電動折りたたみ自転車

最近の折りたたみ自転車には電動式のものも登場しています。こちらの電動アシスト折りたたみ自転車は、急な坂道でもスイスイと走行できるのが魅力です。

 

バッテリー容量は5.8Ahリチウムイオンバッテリーで、1回の充電で30kmを最大とした走行距離を持っています。それでいてバッテリー付きなのに価格も極端に高くありません。足腰の負担を考えるとバッテリーのある折りたたみ自転車という選択肢も1つありです。

本体サイズ全長150×全幅59.5(cm)折りたたみ時サイズ82×52×63(cm)
ホイール20重量18.5kg
9

PANGAEA

ロビンソンFDB206

価格:12,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

乗り心地を重視したコスパのいい折りたたみ自転車

ハンドルを折りたたむ際にも邪魔にならない設計で斜めに折りたためるようになっています。自然と乗車姿勢を取れるように緩やかにカーブをハンドルポストにつけたのもこの折りたたみ自転車の魅力です。

 

そして価格帯が1万円台で購入できて、フロントバスケットやフェンダーが前後に取り付いていたりして充実した機能を持ち合わせています。まず最初に購入したいけど安い価格で抑えたいという方におすすめです。

本体サイズ全長148×88(cm)折りたたみ時サイズ80×48×71(cm)
ホイール20重量
10

マイパラス

KYUZO KZ-100

価格:17,500円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

総合力のある折りたたみ自転車

価格も2万円を切る価格で安い折りたたみ自転車の中でも低価格帯です。オフロード用のタイヤを使っており、公園や舗装されていない道路でも力強く走行することができます。

 

スピードを重視するタイプの折りたたみ自転車ではないので、カッコいいデザインが好きで購入する方や、短い距離の通勤、通学などで使用したい方におすすめです。

本体サイズH98.5~103.5×W55×L153(cm)折りたたみ時サイズH73×W32×L86(cm)
ホイール20重量16.5kg

安い折りたたみ自転車の商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:31013の画像

    HUMMER

  • 2
    アイテムID:31286の画像

    ブリヂストングリーンレーベル

  • 3
    アイテムID:31290の画像

    DOPPELGANGER

  • 4
    アイテムID:31298の画像

    DAHON

  • 5
    アイテムID:31315の画像

    RENAULT

  • 6
    アイテムID:31324の画像

    GSジャパン

  • 7
    アイテムID:31327の画像

    Raychell

  • 8
    アイテムID:31331の画像

    SUISUI

  • 9
    アイテムID:31341の画像

    PANGAEA

  • 10
    アイテムID:31344の画像

    マイパラス

  • 商品名
  • HUMMER FDB206Wsus-NP
  • マークローザ F MRF81 T.Xマット
  • 【 Blackmax シリーズ 】 202-S-DP
  • SUV D6
  • ULTRA LIGHT 7 TRIPLE
  • JEEP JE-206GRS
  • FB-206R
  • 折りたたみ電動アシスト自転車 BM-A30
  • ロビンソンFDB206
  • KYUZO KZ-100
  • 特徴
  • 20インチの太い安定感のあるタイヤ装着の折りたたみ自転車
  • タイヤサイズのコンパクトな折りたたみ自転車
  • 人気メーカードッペルゲンガーの折りたたみ自転車
  • 3ステップと簡単に折りたたみが可能
  • 超軽量で持ち運びが楽々とできる
  • 車で有名なジープから折りたたみ自転車が登場
  • 旅先でのサイクリングにもおすすめ
  • 名前のとおりでスイスイとした乗り心地の電動折りたたみ自転車
  • 乗り心地を重視したコスパのいい折りたたみ自転車
  • 総合力のある折りたたみ自転車
  • 価格
  • 27800円(税込)
  • 35800円(税込)
  • 27239円(税込)
  • 32076円(税込)
  • 54800円(税込)
  • 29799円(税込)
  • 15431円(税込)
  • 59800円(税込)
  • 12480円(税込)
  • 17500円(税込)
  • 本体サイズ
  • 全長155×幅60cm高さ112(cm)
  • 155×幅60×高さ112(cm)
  • 全長: 1480mm
  • 長さ118cm
  • 153x97.5x55(cm)
  • 全長150×全幅59.5(cm)
  • 全長148×88(cm)
  • H98.5~103.5×W55×L153(cm)
  • 折りたたみ時サイズ
  • 87×68cm×60(cm)
  • 87×68×60(cm)
  • 40x 66x 82(cm)
  • 65×30×55(cm)
  • 83x74.5x50(cm)
  • 82×52×63(cm)
  • 80×48×71(cm)
  • H73×W32×L86(cm)
  • ホイール
  • 20
  • 18
  • 20
  • 20
  • 14
  • 20
  • 20
  • 20
  • 20
  • 20
  • 重量
  • 18kg
  • 14.3kg
  • 12.3kg
  • 13.4kg
  • 7.8kg
  • 18kg
  • 15.5kg
  • 18.5kg
  • 16.5kg

通学・通勤目的なら安い折りたたみ自転車を選ぼう

通勤や通学、街乗りに折りたたみ自転車を初購入を検討している方に、低価格で手が伸ばしやすいの安い折りたたみ自転車はおすすめです。

 

スピードや軽さは飛び抜けたものはありませんが、6段変速機能は最低でも標準装備されており、走りやすさや乗り心地については、ある程度の期待はしておいていいでしょう。

 

また、前かごの付いたものやワイヤー錠が標準装備されているタイプもありますし、オプションで前かごを取り付けたりすることで、普段使いに嬉しい機能をプラスαして利便性も更に期待できます。

まとめ

安いのに性能も上出来なコストパフォーマンスが高い折りたたみ自転車が多数登場しています。デザインもおしゃれで、室内にも持ち込みやすくて都内などのマンションに住んでいる方でも使いやすい折りたたみ自転車を低価格帯で手に入れましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ