記事ID2103のサムネイル画像

【子供でも楽々持ち運べる】軽い水筒のおすすめ人気商品10選

軽い水筒が、大人子供問わず人気を博しています。重さもサイズも気にならないので持ち出しには便利です。オールシーズンで軽い水筒は使えて、使えない時期もないので無駄になるというのがありません。そんな軽い水筒の中をシーンに合わせて使いやすいものを厳選して紹介します。

軽い水筒は年間を通して使える

軽い水筒であると様々なシーンで使用できるので利便性が高くシーズンを選ばず活躍してくれます。メリットが多い軽い水筒の人気が高まっています。

軽い水筒は節約につながる

水筒があるとペットボトルでドリンクをわざわざ購入しなくて済むようになります。そこが大きなポイントです。毎日のようにコーヒーやジュース代として購入を続けると価格もバカになりません。

 

水筒に、家で入れてから持っていくことで1回のジュース代は確実に安くなります。コンビニなどに入って飲み物を購入する方だと次いでにと余計なものまで購入しがちなので、余計に支出が増えてしまいがちです。

軽い水筒があれば、こだわりの淹れたコーヒーを外出先でも

自動販売機で売られているコーヒーだとある程度の味の質は実感できますが、それでもいつもの味でもう飽きたとか、コーヒーショップで売られているコクのあるコーヒーが飲みたいと思っている方も少なくないと思います。

 

軽い水筒ならちょうどコーヒー2~3杯分の量を持ち歩くことができて、家でお気に入りの豆で淹れたコーヒーを飲むことができるようになります。

全部飲めなくても、軽い水筒に入れれば平気

缶で売られているドリンクだと開けたら、飲みきらないと味の質も落ちますし、温度はベストな状態からどんどん低下していきます。

 

軽い水筒を携行していれば、購入後すぐに移し替えることで、コーヒーでは酸化も抑制することができますし、ベストな温度をキープしてくれます。また、ペットボトルなどの容器を購入することが減るので環境保全にも貢献してくれるのです。

小さいお子様でも持って行ける軽さ

お子様がいるご家庭では、子供の水分補給に水筒を持たせることが多いと思います。ただ、重い水筒だと子供の負担も大きくて困っているという方もいるのではないでしょうか。

 

そこで活躍するのが軽い水筒です。子供の飲む量に合わせて量も調整できますし、軽い水筒なら持っていく負担も軽減させられますね。

軽い水筒の選び方

どこへでも持っていける携行性や軽さが軽い水筒のポイントとなります。その点に注目して選んでいきましょう。

容量で選ぶ

軽い水筒を持ちたいのだと容量は入っても500ml程度となります。それ以上のタイプになってくると容量が多く入って重量もアップしてしまい軽い水筒としては適当ではありません。

200~300ml

このサイズですと非常に軽くて、持っていくのも、楽にバッグへ入るので常時、携行していくこともできます

 

缶コーヒーが280ml程度なので、その位の量を入れて持っていける感じです。オフィスなどで大事な書類などにコーヒーをこぼしたくない時に水筒に移し替えておけば、その心配もなくなりますね。

300~400ml

サイズで言えば缶コーヒーのボトル缶が入る容量です。朝に飲むコーヒーを入れておくのにも適したサイズです。

 

ランチタイムに飲むドリンクを入れておくのにもいいですね。缶コーヒーで言うと1杯半くらいの量なので、午前中の仕事の合間に飲むのにも合っている容量です。

400~500ml

こちらのサイズになるとペットボトルの容量とほぼ同じです。ペットボトルを携行するよりも、しっかりとした水筒に入れて持っていきたいという方にはおすすめです。

 

また、ジムへ行ってカラダを動かす方が持っていく水筒としてもサイズとしてはピッタリです。仕事中に複数回にわけて飲みたい方はこの容量が適しています。

保温・保冷力で選ぶ

温かい又は冷たい状態をキープしたいのかそれによっても状況は変わってきます。オフィスなどで冷たい状態のコーヒーを飲みたい方はしっかり保冷できるタイプを選びましょう。

コストと重量はアップするけど、しっかり保冷/保温できる

保冷/保温機能を重視したいという方には、その機能を兼ね備えたタイプを購入するようにしましょう。

 

ただし、素材もそれに合わせたものを選ばなければならなくなり、重量も重くなる傾向にあります。そしてプラスチックなどの素材ではないため価格も上昇します。自分が飲むシチュエーションで温度はキープしておきたいと思うなら、こちらのタイプをおすすめします。

価格は安く軽い保温保冷できないタイプ

あまり温度にこだわりはなく、軽くて携行しやすく持ち運びに便利な軽い水筒が欲しい方にはこちらのタイプをおすすめします。

 

ペットボトルを毎回購入するよりは節約にもなりますし、重さも保冷/保温機能があるタイプよりも軽くなります。また、コスト面もプラスチックなど比較的安価な素材が使われているのでコスト面もカバーしてくれます。

素材で選ぶ

素材選びも重要です。選ぶ素材によって重さも価格も変わってくるからです。自分がどのように使いたいか考えてみましょう。

保温・保冷に優れるステンレス製

ステンレス製のメリットは真空構造を採用した水筒で保温・保冷能力に優れている点にあります。長時間の温度キープが行える水筒に使えます。

 

デメリット点としては、重さが他の素材と比べて重くなってしまう点と、価格も高くなってしまう点にあります。重さに関しては、近年、ステンレス製でも軽い水筒は販売されてきています。

軽いプラスチック製

プラスチック製のメリットは、軽い点です。軽くて強度もあるので使い勝手がいいのも魅力です。また、価格も比較的安価なので購入に踏み込みやすいです。

 

デメリット点としては、保冷/保温機能がないことです。長時間の温度キープは難しいですし、暑い部屋に置いておくとすぐにぬるくなってしまいます。

使用シーンで選ぶ

あなたが想像する使用シーンはどんな時ですか。どういう風に使うかで選ぶ大きさや機能も変わってきます。

オフィス

仕事で一息つきたい時に、水筒に入れたコーヒーを飲んで一服するという時も役立ちます。そういった仕事で使用するものならデザインにもこだわりたいですね。デスクに似合うシンプルなものが多く販売されています。

 

また、コーヒーを飲む方なら温かい又は冷たく冷えたものを飲みたいと思いませんか。コーヒーを飲む方には保冷/保温機能があるものをおすすめします。

保育園や学校

お子様用の水筒としても軽い水筒はおすすめです。子供は大きくないので重い水筒を持っていかせてしまうと負担にしてしまいます。ですので、軽い水筒でサイズも体格に合わせたものを選ぶようにするといいでしょう。

 

また、子供が好きなキャラクターが描かれているデザインの水筒を選んであげると、喜んで持っていってくれますよ。

飲み口で選ぶ

飲み口は、直接口をつけて飲む直飲みタイプや、コップタイプなど飲み方によって異なります。どれもメリット、デメリットがあるので自分自身がどう使いたいのかで決めるといいでしょう。

 

また、2WAYタイプと呼ばれる2種類の飲み方ができるものも販売されています。直接飲みだと楽に飲めるのですが、口が直接触れるので衛生面で不安を感じる方がいるかもしれません。コップタイプだと、そういった心配はしなくて済みます。

デザインで選ぶ

軽い水筒は、バッグに気軽に入るサイズで仕事の合間に飲んだり街中でも飲むシーンも多いと思います。そうなると、周囲にたくさんの人がいて人の目も気になるところです。

 

現在、販売されている多くの水筒はビジュアルにも力を入れており、おしゃれでファッション性の高いものが多く販売されています。デザインにもこだわりたいという方のニーズをしっかりと満たしてくれるでしょう。

軽い水筒のおすすめ人気商品10選

1

TIGER

サハラ マグ MMZ-A351DO

価格:1,785円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量でかさばらない携帯性の高い水筒

形状はマグカップのようで飲みやすい飲み口です。熱くならないように設計された飲み口でコーヒーなどのホットドリンクを飲む方にもおすすめです。

 

デザインはシンプルでオフィスなどで飲むのにも、場に馴染みます。握りやすいスリムなボディも魅力です。もちろん、しっかりと保冷/保温機能があります。

容量350mlサイズ幅6.6×奥行6.6×高さ16.4(㎝)
素材ステンレスシーンオフィス
2

THERMOS

真空断熱ケータイマグ JNR-500 LB

価格:2,112円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カバンやバッグにもすっぽり入るスリムさ

ワンタッチタイプの水筒ですぐに飲めます。保冷/保温機能もあり約6時間は温度キープしてくれます。

 

また、スリムで軽量なボディなので収納が楽に行えます。結露防止機能も搭載しておりバッグ内のものが濡れることを防いでくれます。サーモスから販売されているシールを貼ることでオリジナルにアレンジすることも可能です。

容量500mlサイズ幅6.5× 奥行7× 高さ22(㎝)
素材ステンレスシーンオフィス、スポーツ
3

ZOJIRUSHI

水筒 2WAY コップ&ストロー ステンレスボトル SC-ZT45-RA

価格:2,736円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小さいサイズですが、年少くらいの子供にはちょうどいい大きさです。コップでもストローでも飲める2WAYタイプです。

 

かわいくて、保冷と保温の両方に対応してくれます。冬場でも保温して活躍してくれそうです。ただし、真夏にはこれだけの量だけでは足りないかもしれません。可愛いデザインで子供もすぐに好きになってくれそうです。

容量450mlサイズ幅10×奥行8.5×高さ18(㎝)
素材ステンレスシーン保育園や学校、遠足
4

DOSHISHA

mosh! スクリュー式マグボトル DMMB450

価格:2,092円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キュートなデザインがかわいい

デザインがまるで昔よくあった牛乳瓶のようなデザインで独特で個性的です。他に類を見ないデザインがいいです。カラーバリエーションも豊富で全10カラーから選ぶことができます。

 

保冷/保温機能を高めてくれる真空断熱二層構造を採用しています。デザインに目を取られてしまいますが機能面も充実したモデルです。1つ難点としては、口が小さいので洗いづらい点です。

容量450mlサイズ幅6.8×奥行6.8×高さ20.1(㎝)
素材シーン遠足、アウトドア
5

パール金属

ワンタッチ マグ HB-1936

価格:1,149円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

分解できるマグカップタイプの水筒

こちらの製品は細かい部分に至って分解が行える洗いやすい水筒です。衛生面が気になる方には嬉しい形状をしています。

 

カラーバリエーションも豊富でシンプルなデザインなのでどこへ持って出かけても馴染んでくれます。保温保冷の機能は最大で6時間と十分なスペックです。シンプルで使いやすく衛生面も考慮されている軽い水筒をお求めの方にはこちらがおすすめです。

容量500mlサイズ幅70×奥行75×高さ22(㎝)
素材ステンレスシーンオフィス、アウトドア
6

TIGER

ダイレクトボトル MME-B100-K Tiger

価格:4,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大人も子供も兼用で使えるサイズの水筒

小さい子供のために可愛いデザインの水筒を選ぶと長期的な目でみると、子供の成長とともに使わなくなってしまいます。

 

こちらのタイガーダイレクトボトルなら長期間に渡って使用することができます。サイズとしては部活や外遊びが多くなる小学校高学年からの利用が適しています。大人のジムや仕事に持っていくのにもいいでしょう。

容量1000mlサイズ幅8.8×奥行9.5×高さ24.1(cm)
素材ステンレスシーン学校、外仕事、スポーツ
7

THERMOS

真空断熱ケータイマグ JNO-251 LV

価格:1,750円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コーヒーを入れるのに適した軽い水筒

入れられる量はカップ1杯分の量しか入りません。だからこそ、その濃厚な1杯を水筒に入れて違う場所で楽しみたいという方には適した水筒にです。その高い保温保冷能力は定評があり人気を集めています。

 

サイズに比例して重さも150gと軽いです。オフィスに家で淹れた好きなコーヒーを持っていき楽しむことができます。また、結露防止機能が付いているので濡らすこともありません。開け閉めしやすく使い勝手が良いのも魅力です。

容量250mlサイズ幅6.5×奥行6.5×高さ15.5(㎝)
素材ステンレスシーンオフィス
8

TIGER

ステンレスタンブラー MCB-H048-HG

価格:2,180円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワンプッシュ動作で飲める

簡単に開け閉めできるワンプッシュ式で素早く飲めるタイプです。ただ、ワンプッシュ式だと突発で開いてしまって漏れてしまったなんてこともあるのではないでしょうか。タイガーステンレスタンブラーなら安全ロック付きなので安心して使えます。

 

また、氷も入れやすいワイドな口と保冷力も高いので、夏場の使用にも適しています。ボトル内部にはスーパークリーン加工が施されて飲み物が違う際も匂いが移るのを防いでくれます。重さは260gと軽量なだけでなく様々な機能を持ち合わせている軽い水筒です。

容量480mlサイズ幅7.2×奥行7.2×高さ22.4(㎝)
素材ステンレスシーンオフィス、アウトドア
9

THERMOS

ストローボトル ディズニー ミッキー FHL-400FDS LB

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

子供に大人気のディズニーカバーの軽い水筒

サーモスから可愛いデザインの子供向けの軽い水筒が販売されています。サーモスだからこそ定評のある保温保冷機能があって、強度もあります。ショルダーストラップ付きなのですが、方にショルダパッドが付いていてお子様の方への負担を和らげてくれます

 

プラスチックの安価な水筒だと、何かとバッグの中で漏れてしまったりするケースもあるのですが、こちらは漏れる心配もなく使用できます。

容量400mlサイズ幅7×奥行7×高さ19cm(ポーチ含まず)
素材ステンレスシーン保育園、幼稚園、遠足
10

STANLEY

真空スイッチバック

価格:4,104円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バッグにぶら下げて持ち運びできる軽い水筒

リュックなどのバッグにぶら下げて、歩きながら取り外して飲んだりすることができるタイプです。スタイリッシュなデザインで男性にも人気です。ぶら下げることでバッグ内を圧迫することなく携行することができます。

 

耐久性も評価が高く、片手で簡単に開閉することもでき、スペック面も充実しています。氷も入れやすい広口なのもポイントです。格好よく軽い水筒が欲しい方におすすめです。

容量470mlサイズ幅9.7×奥行9.7×高さ23.4(㎝)
素材ステンレスシーンオフィス、アウトドア

軽い水筒の比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:33378の画像

    TIGER

  • 2
    アイテムID:33379の画像

    THERMOS

  • 3
    アイテムID:33380の画像

    ZOJIRUSHI

  • 4
    アイテムID:33381の画像

    DOSHISHA

  • 5
    アイテムID:33382の画像

    パール金属

  • 6
    アイテムID:33383の画像

    TIGER

  • 7
    アイテムID:33384の画像

    THERMOS

  • 8
    アイテムID:33385の画像

    TIGER

  • 9
    アイテムID:33386の画像

    THERMOS

  • 10
    アイテムID:33387の画像

    STANLEY

  • 商品名
  • サハラ マグ MMZ-A351DO
  • 真空断熱ケータイマグ JNR-500 LB
  • 水筒 2WAY コップ&ストロー ステンレスボトル SC-ZT45-RA
  • mosh! スクリュー式マグボトル DMMB450
  • ワンタッチ マグ HB-1936
  • ダイレクトボトル MME-B100-K Tiger
  • 真空断熱ケータイマグ JNO-251 LV
  • ステンレスタンブラー MCB-H048-HG
  • ストローボトル ディズニー ミッキー FHL-400FDS LB
  • 真空スイッチバック
  • 特徴
  • 軽量でかさばらない携帯性の高い水筒
  • カバンやバッグにもすっぽり入るスリムさ
  • キュートなデザインがかわいい
  • 分解できるマグカップタイプの水筒
  • 大人も子供も兼用で使えるサイズの水筒
  • コーヒーを入れるのに適した軽い水筒
  • ワンプッシュ動作で飲める
  • 子供に大人気のディズニーカバーの軽い水筒
  • バッグにぶら下げて持ち運びできる軽い水筒
  • 価格
  • 1785円(税込)
  • 2112円(税込)
  • 2736円(税込)
  • 2092円(税込)
  • 1149円(税込)
  • 4980円(税込)
  • 1750円(税込)
  • 2180円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 4104円(税込)
  • 容量
  • 350ml
  • 500ml
  • 450ml
  • 450ml
  • 500ml
  • 1000ml
  • 250ml
  • 480ml
  • 400ml
  • 470ml
  • サイズ
  • 幅6.6×奥行6.6×高さ16.4(㎝)
  • 幅6.5× 奥行7× 高さ22(㎝)
  • 幅10×奥行8.5×高さ18(㎝)
  • 幅6.8×奥行6.8×高さ20.1(㎝)
  • 幅70×奥行75×高さ22(㎝)
  • 幅8.8×奥行9.5×高さ24.1(cm)
  • 幅6.5×奥行6.5×高さ15.5(㎝)
  • 幅7.2×奥行7.2×高さ22.4(㎝)
  • 幅7×奥行7×高さ19cm(ポーチ含まず)
  • 幅9.7×奥行9.7×高さ23.4(㎝)
  • 素材
  • ステンレス
  • ステンレス
  • ステンレス
  • ステンレス
  • ステンレス
  • ステンレス
  • ステンレス
  • ステンレス
  • ステンレス
  • シーン
  • オフィス
  • オフィス、スポーツ
  • 保育園や学校、遠足
  • 遠足、アウトドア
  • オフィス、アウトドア
  • 学校、外仕事、スポーツ
  • オフィス
  • オフィス、アウトドア
  • 保育園、幼稚園、遠足
  • オフィス、アウトドア

鞄に手軽に入れて持ち運びしやすい水筒を毎日活用しよう

軽い水筒というと、ハードワークするアウトドアシーンやスポーツシーンで使用されるというようかは、日常生活の中で少し一息つく時に使用されることが多いと思います。

 

鞄にもコンパクトに入って、気軽に飲みやすい形状と設計のものも多数販売されています。また、コンパクトなだけでなく保冷/保温機能がしっかりとして、デザインもおしゃれな軽い水筒がラインナップとして販売されているので、ぜひお気に入りを手に入れましょう。

まとめ

軽い水筒といえども種類は豊富なのが実感できたのではないでしょうか。軽いだけでなく機能面もしっかりとしたものが多くあるので、自分が欲しいスペックを確認してください。毎日使えるものなのでお気に入りをみつけて、長く使えるようにしましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ