記事ID2104のサムネイル画像

【全力でサポートする】スポーツ水筒のおすすめ人気商品10選

水筒がこれからの暑い時期には大活躍します。特にスポーツ水筒で使用を考えて作られたスポーツ水筒は、大容量でたくさん汗をかく夏の時期にも私たちの体をサポートしてくれます。そんなスポーツ水筒も様々なデザインと形状で以前に比べ刷新して人気を集めています。

タイプは色々、スポーツで使用する事を想定した水筒

大容量であること

スポーツをするシチュエーションを考えると飲みたいのにすぐになくなってしまっては役割を果たせません。もちろん、適量というのがありますのでただ闇雲に大きくすればいいというものではありません。

 

しかし、大は小を兼ねるという言葉があるように多いに越したことはないでしょう。また、部活で皆に飲んでもらう場面やイベント事で飲むのであれば大きいサイズは役立つでしょう。

保温・保冷機能

ドリンクを家で注いだ時の持っていく温度のままで長時間キープしてくれることはスポーツ水筒としての機能で大事な役割を担います

 

真夏の炎天下で、冷たい水分をすぐに補給できることは心身ともに癒しの瞬間を提供してくれます。またそれ以外の季節の寒い冬の時期の保温も大事です。ウインタースポーツの際にもカラダを温めてくれます。

飲みやすく素早く補給できること

スポーツを行っている時は時間との勝負でもあります。試合の合間の休憩時間などや、コートの交代の際や、野球で言えば回が終わった時など時間は待ってくれません。

 

そんな合間を見つけて補給することを想定して、時間をかけずに素早く飲める形状であるのもスポーツ水筒に求められているスペックの1つです。

スポーツ水筒の選び方

スポーツ水筒は種類も豊富でどれを選べば自分に合った飲み方ができるのか悩みどころです。そこで選び方をピックアップしたので確認しておきましょう。

タイプで選ぶ

大容量でたくさん補給できる大容量のタイプや、素早く飲めるワンタッチタイプ、しっかりと分量を確認できるコップタイプなどにスポーツ水筒はわかれます。あなたの使用シーンを想像して選びましょう。

ワンタッチタイプ

ワンタッチタイプは、補給までの動作が短くすぐに飲めるので時間が限られたゲーム中や練習の合間などで飲めるのが最大のメリットです。

 

また、自転車競技などでは、動きを止めることなく水分補給ができるのでプレーに支障を与えず続行することができます

コップタイプ

コップタイプもワンタッチタイプの他にあります。先にワンタッチタイプの魅力を伝えましたが、コップタイプはしっかりと閉めることができてバッグの中に入れておいたことで漏れていたということも少なくなるでしょう。

 

また、直接口をつけると雑菌が水筒内に繁殖しやすい環境を作ってしまいがちです。コップタイプであると、直接水筒に口をつけずに飲めるのでその心配を減らしてくれます。

サイズで選ぶ

サイズはシチュエーションを考えて使用するのがいいでしょう。冬場、夏場でも水分補給は必要ですが摂取量は異なります。また、それ以外にも飲む人数など加味して選ぶといいでしょう。

イベントなどで使いやすい1~3Lの大容量モデル

イベントがある時など、多くの人にドリンクを注いであげたいシチュエーションもあります。そういった際に、冷たい状態で提供してくれる大容量タイプの水筒が活躍します。

 

そういった際は、2Lや3Lといった大容量で冷たいスポーツドリンクなどを入れられるジャグタイプもあるので、大量に発汗する夏場には重宝します。夏場などの大量に汗をかいて脱水、熱中症が心配される時期にも容量の多く入るタイプをおすすめします。

 

ただし、大容量が入るだけにそれに比例して重量は重くなります。それだけに子供の部活などで持っていかせるとなると、部活に必要な道具と一緒に大きな水筒を持たせるので負担になるかもしれません。

冬場で使いたい500ml前後

冬場にも大量の水分補給は必要ないですが、それでも汗をかき続けています。なので、水分補給は必要なのです。冬場の隠れ脱水があるように、その状態の時間が経過していくと集中力も低下していきます。

 

冬場にも行われるスポーツはたくさんあります。その中で、カラダをベスト状態でキープできるようにすることは必要です。自分の状態をコントロールするためにも容量は小さくてもスポーツ水筒は携行することをおすすめします。

保温・保冷性能で選ぶ

スポーツ時には欠かせない保温・保冷機能のあるスポーツ水筒がどういう場面で活躍するのか確認しておきましょう。

脱水症対策の水分補給

炎天下の中で、プレイしている中で放出してしまった水分を補給するのに必要な水分ですが、キンキンと冷えたスポーツドリンクとぬるいスポーツドリンクとでは摂取した後の感覚が違います。やはりキンキンと冷えたスポーツドリンクを飲みたいですよね。

 

カラダは、運動したことで大量の熱を放出しています。それを冷やすためにも汗をかくわけで冷たい水分を体に入れることは冷却効果もあるので、尚のこと冷たい水分を補給することが大事なってきます。

運動会などのスポーツイベント時に

運動会などのスポーツイベントなどが行われる時も、大容量のスポーツ水筒があると大変重宝します。イベント事だと、皆で飲めるようにしたいので大きいサイズで冷たい又は温かい飲み物を配れるのも魅力です。

 

ペットボトルでも持っていけますが、最初は冷たくても持続時間はそんなに長くありません。また、ペットボトルやパックなどがゴミとなって発生してしまうので、そういった面でも水筒は大切な役割を担います。

機能とデザインで選ぶ

最近では様々なデザインと形状で販売されているスポーツ水筒です。見た目にも格好よく注目される存在にもなっています。また、機能面もこれまでになかったスペックを兼ね備えています。

抗菌・結露防止機能

水筒の表面に水分がついてしまう状態を結露といいますが、この現象で結構バッグの中などに水筒を入れておくと濡れてしまうことがあります。そういうのが嫌な方には結露防止機能を備えたものを選ぶようにしましょう。

 

また、抗菌機能を備えた素材を使っているスポーツ水筒も出ていて、菌の繁殖を抑制してくれるので、夏場など繁殖しやすい時期には役立つ大切な機能です。

デザイン性・形状

最近のスポーツ水筒は、機能面だけでなくデザイン性にも注目が集まっています。バッグのサイドから見える水筒がファッションの一部のようになって格好よく映るのも事実です。

 

機能だけでなく、シンプルでどういうシチュエーションにも馴染むデザインや、派手でインパクトのあるデザインなど様々な種類のスポーツ水筒が販売されているので、そういう部分もみていくと水筒選びが楽しくなるはずです。

密閉性

抗菌機能や保温機能の他にも大事な機能があります。それは密閉性です。開けやすいのも閉めやすいのも大事ですが、閉めておいたのに傾けて置いていたら漏れてしまっていたのでは水筒の役割が果たせません。

 

そこで、スポーツ水筒にパッキンが取り付いているのか、水筒内部が漏れにくい構造なのかは確認しておきましょう

人気メーカーで選ぶ

スポーツ水筒を販売しているメーカーの中でも人気を集めているのが象印、ナイキ、サーモスが挙がってきます。デザインや性能も間違いなしです。

サーモス

サーモスはスポーツ水筒メーカーの筆頭です。デザインもロゴも定着しており、水筒といえばこちらのメーカーが頭に浮かんできます。

 

保冷/保温機能には定評があり、長時間の温度キープが行えます。朝、氷を入れて持っていった水筒の中身が、帰ってきた後も氷が残っているほどです。

ナイキ

ナイキはスポーツ用品メーカーとして定番です。デザインもスタイリッシュでシンプルなのが特徴です。

 

スポーツメーカーのナイキ水筒は、保冷/保温機能など暑い夏場でも冷たい状態で水分を私たちの口元に提供してくれます。

象印

象印は炊飯器などでも有名です。釜の構造を知り尽くしている象印は、水筒の素材選びも上手くスペック面は充実しています。

 

様々なタイプを販売していますが、スポーツ水筒に対しても力を注いでおり、デザインも耐久性能も高いと評判を集めています

スポーツ水筒のおすすめ人気商品10選

1

THERMOS

真空断熱スポーツボトル FFZ-802F BK-G

価格:2,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽くて持ち運びにも便利なスポーツ水筒

こちらは大きさも程よいサイズで夏場だけでなく、冬場でも使用をおすすめしたいスポーツ水筒です。サーモスは水筒販売メーカーの中でも主軸となり機能はお墨付きです。

 

朝、氷を入れて炎天下の下で使用していても、夜まで氷が溶けないくらいの保冷性能を持っています。他メーカーの0.6Lサイドの水筒よりも軽いと評判なので、小学生くらいのお子様に持たせるのにもいいですね。

タイプワンタッチタイプサイズ幅8×奥行8.5×高さ23.5、口径4.5(㎝)
容量0.8L
2

TIGER

MMJ-A48X-W Tiger

価格:3,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトサイズで持ち運びは楽々

コンパクトサイズなので持ち運びには重宝します。練習道具でかさばるバッグの中でも収納に貢献してくれます。その分、余り量は入れられないので考慮しておきましょう。

 

持ちやすい形状でワンタッチタイプなのですぐに水分補給が行えます。また、洗いやすいシンプルな形状なので、雑菌の増殖予防にもつながります。冬場のスポーツ時、水分補給の使用にも適しています。

タイプワンタッチタイプサイズ幅6.6×奥行7.2×高さ22.2(cm)
容量480ml
3

ZOJIRUSHI

ステンレスクールボトル SD-FA10-BB

価格:3,195円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

氷も入れやすく結露も付きにくい

炊飯器などでも有名な象印の水筒です。旧タイプよりバージョンアップがなされて飲み口が進化して飲みやすくなっています。

 

また、こちらの水筒には結露防止機能が備わっており、氷を入れておくと1時間くらいで結露が表面に出現してきてカバン内が濡れてしまうなんてこともありません。大事な道具を濡らさずに済みます

タイプワンタッチタイプサイズ幅8.5×奥行9×高さ27.5(cm)
容量1.0L
4

THERMOS

真空断熱 SPボトル1.5L FFZ-1501F

価格:3,820円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

夏の生命線として重宝する

異常気象がいわれるこの頃なので、夏場の異常な暑さでも冷えている水分を摂りたいという方が多いかと思います。水筒自体の重さも軽くて厚みもなくて持ち出しやすい水筒です。ワンタッチタイプで素早い水分補給が可能です。

 

こちらの水筒は、底部分は厚みがあって破損しにくい形状になっています。また、保冷機能は評価が高く、30度近い日のエアコンの無い室内に置いておいても氷が残っているほどです。

タイプワンタッチタイプサイズ幅9×奥行9.5×高さ32(㎝)
容量1.5
5

ZOJIRUSHI

SJ-TG10-AA

価格:2,485円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コップタイプのステンレス水筒

コップタイプの水筒です。軽く、耐久性もあって洗いやすく非常に使い勝手がいいです。冬場には、暑いお茶など温まるものを持っていって寒い外で休憩中などに飲むとカラダの芯から温まります。

 

オールシーズンで使えて冬は熱湯を、夏は氷+スポーツドリンクなどを入れて水分補給することが可能です。500mlのペットボトルではすぐに温まってしまいますが、キンキンのままです。直接、口をつけないので菌を繁殖させないことにもつながります

タイプコップタイプサイズ幅10.5×奥行9×高さ26.5(㎝)
容量1.0L
6

HoneyHolly

魔法瓶 水筒 ステンレスボトル

価格:2,299円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

選べるカラーでおしゃれさが際立つスポーツ水筒

こちらの商品は濾過機能付きの蓋と、ストロー付きの蓋とで選べる2種類の蓋があります。直飲みすると勢いよく出てしまいこぼしてしまったといった経験はありませんか。

 

また、飲み口と蓋がシンプルな設計なので洗いやすく分解もしやすいです。有名メーカーの水筒だと、飲み口が飲みやすいように斜めになっていたりと便利な機能なのですが、分解して洗う際は構造が複雑で組み立てが難しいと感じる方も少なくありません。

タイプボトルタイプサイズ21.9㎝
容量350ml、500ml、600ml、750ml
7

TIGER

2WAY MBO-G100-K Tiger

価格:3,940円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コップも直接飲みもできるスポーツ水筒

耐久性の高さは定評があり壊れにくい底部分なのも魅力です。この水筒の中で、用途に合わせて使い分けることができる2WAYタイプなのが1番の特徴です。

 

直飲みも、コップ飲みも両方で飲めるタイプです。便利で使い勝手がいいです。小まめな水分補給が必要な子供達には学校に行く時にも持たせてあげたいものです。そういった時にも使用できます。

タイプ2WAYタイプ(ワンタッチ、コップ)サイズ幅8.4×奥行9.5×高さ28.2(㎝)
容量1.0L
8

THERMOS

真空断熱スポーツボトル FFZ-1000F BK

価格:5,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コストパフォーマンスも機能も充実したモデル

ワンタッチで飲みやすく、小まめな水分補給には最適なモデルです。見た目にも格好よくケース付きなのも嬉しいポイントです。

 

デザインもよく頑強な作りなので、好んでいる方が多くいます。自分の好みのカラーと大きさを選べるので、愛着のあるカラー・サイズを選ぶことで長く使用できるといいですね。

タイプワンタッチタイプサイズ幅8×奥行8.5×高さ27.5、口径/約4.5(㎝)
容量1.0L
9

Grsta

真空断熱スポーツボトル

価格:1,899円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

おしゃれなスポーツ水筒が欲しい方に

選べるカラー6種類であなた好みの水筒を手に入れられます。手軽な持ち運びもできるサイズなので、例えばジムなどの運動時や自転車競技などのドリンクホルダー入れて持ち出すのにも使える大きさです

 

結露防止機能が付いており、熱湯を入れても熱くなりません。丈夫で耐久性があり、長時間携行するのにもおすすめです。バッグから覗かせる水筒の姿もおしゃれなデザインだと持っているだけで魅力を感じさせます。

タイプボトルタイプサイズ24㎠
容量350ml 600ml 750ml
10

AVOIN

colorlife Tritan スポーツウォーターボトル

価格:1,399円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スポーツのことを考えて造られた水筒

広い飲み口で飲みやすくて、大容量も入れられるサイズもあるのでスポーツで大いに活躍します。ボトル外は特別な材質を採用しており、擦れによって付くキズを最小限に留めてくれます。

 

カバンに入れて持ち運びしても漏れていないので安心と評価は上々です。500mlサイズなら自転車のドリンクホルダーに入れて持ち出すことも可能です。ただし、ストラップ付きでストラップが取り外せないので注意しましょう。

タイプワンタッチタイプサイズ幅7.5×高さ28.5(㎝)※1Lサイズ
容量500ml、1000ml、1500ml

スポーツ水筒の比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:32029の画像

    THERMOS

  • 2
    アイテムID:32035の画像

    TIGER

  • 3
    アイテムID:32040の画像

    ZOJIRUSHI

  • 4
    アイテムID:32043の画像

    THERMOS

  • 5
    アイテムID:32053の画像

    ZOJIRUSHI

  • 6
    アイテムID:32063の画像

    HoneyHolly

  • 7
    アイテムID:32069の画像

    TIGER

  • 8
    アイテムID:32079の画像

    THERMOS

  • 9
    アイテムID:32083の画像

    Grsta

  • 10
    アイテムID:32092の画像

    AVOIN

  • 商品名
  • 真空断熱スポーツボトル FFZ-802F BK-G
  • MMJ-A48X-W Tiger
  • ステンレスクールボトル SD-FA10-BB
  • 真空断熱 SPボトル1.5L FFZ-1501F
  • SJ-TG10-AA
  • 魔法瓶 水筒 ステンレスボトル
  • 2WAY MBO-G100-K Tiger
  • 真空断熱スポーツボトル FFZ-1000F BK
  • 真空断熱スポーツボトル
  • colorlife Tritan スポーツウォーターボトル
  • 特徴
  • 軽くて持ち運びにも便利なスポーツ水筒
  • コンパクトサイズで持ち運びは楽々
  • 氷も入れやすく結露も付きにくい
  • 夏の生命線として重宝する
  • コップタイプのステンレス水筒
  • 選べるカラーでおしゃれさが際立つスポーツ水筒
  • コップも直接飲みもできるスポーツ水筒
  • コストパフォーマンスも機能も充実したモデル
  • おしゃれなスポーツ水筒が欲しい方に
  • スポーツのことを考えて造られた水筒
  • 価格
  • 2700円(税込)
  • 3999円(税込)
  • 3195円(税込)
  • 3820円(税込)
  • 2485円(税込)
  • 2299円(税込)
  • 3940円(税込)
  • 5000円(税込)
  • 1899円(税込)
  • 1399円(税込)
  • タイプ
  • ワンタッチタイプ
  • ワンタッチタイプ
  • ワンタッチタイプ
  • ワンタッチタイプ
  • コップタイプ
  • ボトルタイプ
  • 2WAYタイプ(ワンタッチ、コップ)
  • ワンタッチタイプ
  • ボトルタイプ
  • ワンタッチタイプ
  • サイズ
  • 幅8×奥行8.5×高さ23.5、口径4.5(㎝)
  • 幅6.6×奥行7.2×高さ22.2(cm)
  • 幅8.5×奥行9×高さ27.5(cm)
  • 幅9×奥行9.5×高さ32(㎝)
  • 幅10.5×奥行9×高さ26.5(㎝)
  • 21.9㎝
  • 幅8.4×奥行9.5×高さ28.2(㎝)
  • 幅8×奥行8.5×高さ27.5、口径/約4.5(㎝)
  • 24㎠
  • 幅7.5×高さ28.5(㎝)※1Lサイズ
  • 容量
  • 0.8L
  • 480ml
  • 1.0L
  • 1.5
  • 1.0L
  • 350ml、500ml、600ml、750ml
  • 1.0L
  • 1.0L
  • 350ml 600ml 750ml
  • 500ml、1000ml、1500ml

長く使用するためにも、洗浄のしやすさなどケア部分も目を向けよう

スポーツ水筒を長く使用するためにもケアが重要です。スポーツドリンクには糖分が含めれ、水筒の内側に沈着して劣化を招きます。また、暑い時期に使用するといくら抗菌コーティングされている水筒であっても心配です。

 

しっかりとパーツが取り外し可能なのか、内部も洗浄しやすい形状なのか確認しておきましょう。水筒などの掃除用スポンジも販売されているので購入しておくと楽になるでしょう。

まとめ

スポーツでは汗をたくさんかくので水分補給が欠かせません。スポーツ水筒があれば、冷たい状態の水分を補給できて、種類によってサイズも選べるので自分の摂取量に合った水分を摂れて便利です。時期に合わせてスポーツ水筒を手に入れて、スポーツ中もカラダをケアしましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ