記事ID2128のサムネイル画像

【お出かけやデスクにぴったり】人気タイガー水筒のおすすめ商品10選

タイガーの水筒には、さまざまな人気商品があることで知られています。機能も扱いやすさも抜群のタイガー水筒ですが、種類については詳しくないという人も多いでしょう。そこで今回は、人気のタイガー水筒の中からおすすめ商品を10個選び紹介していきます。

タイガー水筒の特徴とメリット

タイガーの水筒は幅広い層に人気ですが、どのような点に特徴があるのでしょうか。ほかのメーカーとの比較についても見てみましょう。

タイガー水筒の特徴

タイガー水筒は、一体どんなところに特徴があるのでしょうか。まず最初に挙げられるのが、「すぐれた保温性」です。タイガーの水筒は真空断熱技術により、温かさも冷たさも、そのままの温度で長時間保つことができます

 

さらにもう1つの特徴は、「軽くて使いやすい」という点です。どうしても重くなりがちな水筒ですが、タイガーの商品は軽量なのが持ち味。しかもスリムなので、荷物になりにくいというメリットもあります。

 

そして3つめの特徴が、「清潔に保てる」ということです。タイガーの水筒は内側に特別な加工を施してあるので、汚れや匂いがつきにくく、軽く洗うだけでも清潔さをキープできるというメリットがあるのです。

サーモス、象印と比較したメリット・デメリット

水筒のメーカーとしてはサーモスや象印などもありますが、それらと比較したタイガー水筒のメリットやデメリットも知りたいところです。

 

まずは保温力・保冷力ですが、この点では定評のあるサーモスに比べても、タイガーはわずかに勝っています。象印水筒との比較でも、やはりタイガーの保温力に軍配が上がります。また洗いやすさの点も、作りのシンプルなタイガー水筒が秀でています。

 

ただ、使いやすさの点では象印水筒の方が有利ですし、サーモスは機能性(漏れにくさ)やデザインに秀でているという面もあります。

タイガーの水筒の選び方

ここからはタイガーの水筒の選び方を紹介します。参考にして自分に合ったタイガーの水筒を見つけてください。

タイプ別で選ぶ

タイガーに限りませんが、水筒にはさまざまなタイプがあります。用途に合わせたタイプを見つけるのは、水筒選びの大事なポイントになります。

マグタイプ

マグタイプは、キャップを開けると飲み口がついており、直接口をつけて飲むことができるマグカップのような水筒です。広口のままのむものもあれば、口の形に沿うものまで形状はさまざまです。

 

ただのマグカップではなく、飲み物の温度をキープできるという点がポイントとなっています。会社のデスクで使うのにも便利ですよ。

コップタイプ

コップタイプは、その名の通りコップが別になるタイプの水筒です。キャップの部分を外すと、コップとして使うことができます。

 

本体に口をつけなくてよいので、清潔さを保ちたい時には便利なタイプ。また、複数の人で同じ飲み物を飲む場合にも適しています。商品によっては、コップが2重になっているものもありますよ。

 

1度に飲む量を調節したい人や、ボトルを傾けて飲むのが苦手という人にピッタリです。

ワンタッチダイレクトタイプ

ワンタッチダイレクトタイプの水筒は、キャップが片手ワンタッチで開けられるのが特徴です。キャップの中には筒状の飲み口があるので、片手で手早く中身を飲むことができます。

 

開けてから飲むまでがワンアクションなので、素早く水分補給したい時に便利なタイプです。水を飲む時間が限られるスポーツ大会や、レクリエーションなどの時にぴったりでしょう。

コップ&ダイレクトの2WAYタイプ

コップタイプとダイレクトタイプ、両方を兼ね備えているタイプもあります。飲み口を付け替えることで、2WAYの使い方ができるタイプです。

 

このタイプであれば、子供に持たせる場合ならふだんはコップタイプを使い、遠足などの際にはダイレクトタイプに切り替えるといった使い方も可能ですね。

容量で選ぶ

どれくらいの量が入るかも、水筒を選ぶ上では大事なポイントになります。タイガーの水筒は、大きく分けて3種類の容量があります。

0.2L~0.6L

このサイズの水筒は、タイガーの水筒ではもっともコンパクトな種類。0.6Lサイズなら、学校やオフィスで使うのにぴったりでしょう。ほんの短い時間のおでかけであれば、0.2Lサイズのものもあります。

0.7L~1.0L

0.7L~1.0Lサイズのものは、終日おでかけする場合や、軽い運動の際などにおすすめです。ピクニックや遠足などにはぴったりのサイズでしょう。

1.0L~2.0L

1.0L~2.0Lの大きなサイズのものは、ハードな運動をする時や、家族でのおでかけなどにおすすめ。野球やサッカーなどのスポーツ大会、家族でのピクニックで活躍する大きさです。

洗いやすさで選ぶ

タイガーの水筒選びでは、洗いやすさも重要なポイントになります。具体的にどういった水筒が洗いやすいのか、その点について見ていきましょう。

丸洗いできるかどうか

もっとも洗いやすいのが、丸洗いできる水筒です。タイガーの水筒にも、丸洗いできるタイプとそうでないタイプがあります。

 

丸洗いできないタイプは、うっかり丸洗いすると隙間から水が侵入してサビの原因になるため、注意が必要です。

 

洗いやすさにこだわるという人は、本体と底が溶接されていて水が入る心配のないものを選ぶようにしましょう。

パーツの数もチェック

洗いやすさでもう1つ大切なのが、パーツの数に注目するということです。飲みやすさにこだわって作られた水筒は、形が複雑でパーツの種類も多いため、洗いやすさの点ではやや難点があります。

 

それに対し、シンプルな水筒は飲みやすさの点で劣る分、パーツの種類は少ないので洗いやすくなります。こうした点も水筒を選ぶ際は考慮しましょう。

デザインで選ぶ

水筒選びでは、形やデザインも重要なポイントになります。色や装飾が好みのものであることはもちろん、全体の形状なども見逃せません。

 

タイガーの水筒には、太めで背が低いものや、細くて背が高いものなどさまざまな形があります。背の低いものはマグカップとして使いやすく、スリムなものは持ち運びやすいなど、それぞれにメリットがあるので、目的に合う形を選ぶのも大切です。

重さもポイント

水筒選びでもう一点欠かせないポイントが、「重さ」です。特に持ち運ぶことを考えるなら、重さのチェックは必須になります。

 

実際にお店で持ってみたり、ホームページで重量を確認するなどして、持ち運びやすい重さかどうかをしっかりチェックしておきましょう。

タイガー水筒のおすすめ人気商品10選

1

タイガー

480ml アディダス ステンレスボトル

価格:3,450円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アディダスモデルのおしゃれ水筒

それではここから、タイガーのおすすめ水筒をご紹介していきましょう。第1位に紹介するのは、「480ml アディダス ステンレスボトル」です。こちらはその名の通り、アディダスモデルの水筒となっています。

 

ボトルにはおなじみのアディダスロゴがあしらわれており、とてもおしゃれ。シンプルですが、飽きの来ないデザインです。

 

もちろんデザインだけでなく、機能も充実しています。フタは片手ワンプッシュで開閉できるので、素早い水分補給が可能。スポーツや運動時には最適の水筒と言えるでしょう。飲み口を外せるので、お手入れのしやすさもばっちりです。

飲み口ダイレクトタイプ容量480ml
重さ190g
2

タイガー

300ml ステンレスミニボトル サハラマグ

価格:4,750円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スリムタイプで持ち運びに便利

タイガー水筒のおすすめ商品2つ目をご紹介しましょう。2位の品は、「300ml ステンレスミニボトル サハラマグ」です。こちらもやはり、「夢重力ボトル」の商品となっています。

 

特徴は軽さだけではありません。こちらの水筒は、直径5.8cmのスリムタイプ。すっきりしたボトルで、バッグに入れてもかさばらないようになっています。

 

またボトルの内側には汚れやサビに強い「スーパークリーンプラス」加工が施されているので、さっと洗うだけで清潔さが保てるのも大きなメリットです。

飲み口マグタイプ容量300ml
重さ130g
3

タイガー

200ml サハラマグ ステンレスボトル

価格:1,798円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超軽量でコンパクトな水筒

おすすめのタイガー水筒3つ目は、「200ml サハラマグ ステンレスボトル」です。こちらは7位の商品と同じく、「夢重力」ボトルが特徴となっています。

 

タイガー独自の技術で軽量化された本体は、とても軽くて持ち運びに便利。サイズも小さいので、気軽に外へ持ち出せるようになっています。

 

また、パーツの数が少なくお手入れしやすいのも好評の要因で、レビューでも「シンプルでいい」との声が聞かれます。

飲み口マグタイプ容量200ml
重さ109g
4

タイガー

600ml サハラマグ ワンタッチ

価格:2,618円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オートロック機能がついた便利な水筒

タイガー水筒のおすすめ商品4つ目を紹介しましょう。4位に挙げたのは、「600ml サハラマグ ワンタッチ」です。こちらはふたの開け閉めに特徴のある水筒となっています。

 

ボタンを押し下げて前に押すとふたが開く、ワンプッシュオープン構造を採用。またふたを閉めると自動でロックがかかるので、ロックのし忘れで中身がこぼれる心配もありません。

 

飲み口のパーツも外せるので、隅々までお手入れが可能です。さらに丸洗いもOKとなっています。

飲み口ダイレクトタイプ容量600ml
重さ230g
5

タイガー

コップ付き ステンレスボトル サハラスリム

価格:1,884円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手入れが楽なコップ付き水筒

おすすめの人気タイガー水筒、第5位にご紹介するのは、「コップ付き ステンレスボトル サハラスリム」です。こちらはその名の通り、コップタイプの水筒になります。

 

ワンプッシュで中栓がひらいて注げる便利な仕組みで、手軽に飲めるのが嬉しい水筒です。それに加えて分解もワンタッチでできるので、お手入れも簡単。また、丸洗いもできるようになっています。

 

隅から隅までラクに洗えるので、清潔さにこだわる人にはピッタリな商品ですよ。

飲み口コップタイプ容量400ml
重さ240g
6

タイガー

600ml 2WAY ステンレスボトル

価格:3,917円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イラストが可愛い子供用水筒

おすすめの人気タイガー水筒6つ目をご紹介しましょう。こちらは可愛いイラストが入った子供用の水筒です。

 

飲み口はダイレクトとコップの2WAYタイプ。お子様に合わせて直飲みにもできますし、コップ飲みのトレーニングにも使えます。

 

本体は頑丈で衝撃に強い上に、お手入れが簡単な丸洗い対応となっています。イラストはウサギ、ライオン、ブタの3種類で、いずれもユーモラスで楽しいデザインです。

飲み口2WAYタイプ容量600ml
重さ380g
7

タイガー

600ml ステンレスミニボトル サハラマグ

価格:3,582円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量で大容量のマグタイプ水筒

タイガー水筒のおすすめ商品7つ目にご紹介するのは、「600ml ステンレスミニボトル サハラマグ」です。こちらは軽量ながら、600Lの容量を誇る水筒となっています。

 

「夢重力(むじゅうりょく)ボトル」の名がついたタイガー独自の加工により、従来より約15%の軽量化に成功。持ち運びしやすい上に、マグカップのような口当たりの「なめらか飲み口」で、飲みやすさも抜群となっています。

飲み口マグタイプ容量600ml
重さ230g
8

タイガー

ステンレスタンブラー 真空断熱 360ml

価格:1,645円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コーヒーチェーンのテイクアウトに対応したサイズ

おすすめの人気タイガー水筒、第8位のご紹介です。8位に挙げたのは、「ステンレスタンブラー 真空断熱 360ml」です。こちらの特徴は、コーヒーチェーン店のテイクアウト(トール)に対応したサイズとなっている点です。

 

そのままお店に持って行ってテイクアウトにすれば、どこでも好きな場所でカフェ気分が味わえます。ふたもワンプッシュで開けられますから、飲むのも手間取りません。

 

またボトルの底はレーザーで溶接されており、丸洗いもOKです。サビにくく、お手入れも簡単となっています。

飲み口ダイレクトタイプ容量360ml
重さ220g
9

タイガー

1.49L コップ 大容量

価格:3,302円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量コップタイプのタイガー水筒

おすすめの人気タイガー水筒、第9位は、「1.49L コップ 大容量」です。こちらは、1.49Lの大容量の水筒。たっぷり中身が入って、スポーツやアウトドアにはピッタリのサイズです。また飲み口はコップタイプなので、何人かで一緒に使うのにも便利ですよ。

 

入れ口が7cmと大きめなのもポイントで、氷を入れるのにも便利となっています。ボトルの内側は「スーパークリーン加工」がされており、さっと洗うだけでOKなのもメリットです。

飲み口ダイレクトタイプ容量1.49l
重さ1.06㎏
10

タイガー

ステンレスボトル サハラクール ダイレクトボトル

価格:3,365円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

飲みたい時にすぐ飲めるダイレクトタイプ

タイガー人気水筒のおすすめ商品、それでは最後の商品をご紹介しましょう。10位の商品は、「ステンレスボトル サハラクール ダイレクトボトル」です。

 

こちらはその名のとおり、ワンプッシュで開けられて直接飲めるダイレクトタイプの水筒。開けて飲むまで手間がかかりませんから、飲みたい時にすぐ飲めるのがメリットです。

 

さらにボトルにはすっぽり手が入りますから、クリーニングにも便利です。さらに耐久性の高い頑丈なポーチもついています。

飲み口ダイレクトタイプ容量1.5l
重さ670g

タイガー水筒のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:30211の画像

    タイガー

  • 2
    アイテムID:30209の画像

    タイガー

  • 3
    アイテムID:30201の画像

    タイガー

  • 4
    アイテムID:30199の画像

    タイガー

  • 5
    アイテムID:29628の画像

    タイガー

  • 6
    アイテムID:29716の画像

    タイガー

  • 7
    アイテムID:29569の画像

    タイガー

  • 8
    アイテムID:29567の画像

    タイガー

  • 9
    アイテムID:29613の画像

    タイガー

  • 10
    アイテムID:29594の画像

    タイガー

  • 商品名
  • 480ml アディダス ステンレスボトル
  • 300ml ステンレスミニボトル サハラマグ
  • 200ml サハラマグ ステンレスボトル
  • 600ml サハラマグ ワンタッチ
  • コップ付き ステンレスボトル サハラスリム
  • 600ml 2WAY ステンレスボトル
  • 600ml ステンレスミニボトル サハラマグ
  • ステンレスタンブラー 真空断熱 360ml
  • 1.49L コップ 大容量
  • ステンレスボトル サハラクール ダイレクトボトル
  • 特徴
  • アディダスモデルのおしゃれ水筒
  • スリムタイプで持ち運びに便利
  • 超軽量でコンパクトな水筒
  • オートロック機能がついた便利な水筒
  • 手入れが楽なコップ付き水筒
  • イラストが可愛い子供用水筒
  • 軽量で大容量のマグタイプ水筒
  • コーヒーチェーンのテイクアウトに対応したサイズ
  • 大容量コップタイプのタイガー水筒
  • 飲みたい時にすぐ飲めるダイレクトタイプ
  • 価格
  • 3450円(税込)
  • 4750円(税込)
  • 1798円(税込)
  • 2618円(税込)
  • 1884円(税込)
  • 3917円(税込)
  • 3582円(税込)
  • 1645円(税込)
  • 3302円(税込)
  • 3365円(税込)
  • 飲み口
  • ダイレクトタイプ
  • マグタイプ
  • マグタイプ
  • ダイレクトタイプ
  • コップタイプ
  • 2WAYタイプ
  • マグタイプ
  • ダイレクトタイプ
  • ダイレクトタイプ
  • ダイレクトタイプ
  • 容量
  • 480ml
  • 300ml
  • 200ml
  • 600ml
  • 400ml
  • 600ml
  • 600ml
  • 360ml
  • 1.49l
  • 1.5l
  • 重さ
  • 190g
  • 130g
  • 109g
  • 230g
  • 240g
  • 380g
  • 230g
  • 220g
  • 1.06㎏
  • 670g

タイガー水筒のお手入れ法

水筒を使うにあたっては、きちんとしたお手入れを欠かさないことが大切になります。ここでは、タイガー水筒の洗い方などのお手入れ法について見ていきましょう。

持ち帰ったらすぐに水ですすぐ

家に持ち帰ったタイガー水筒は、なるべくすぐに水ですすぎましょう。内側は水道水でしっかりすすぎ、乾燥させればOKです。

 

飲み口などの汚れに関しては、台所用合成洗剤とスポンジで洗い落とし、清潔に保ってください。前述のように丸洗いできるものとそうでないものとがあるので、注意が必要です。

茶渋がついた時の落とし方

タイガーの水筒は、上で見たように「スーパークリーン加工」が施されており、お手入れが簡単なのが特徴です。しかし、長期間使っていると内側に茶渋がついてしまうこともあります。

 

そうした時の落とし方としては、ナチュラルなクリーニング素材のクエン酸を使うのがおすすめです。市販のクエン酸を溶かしたお湯を水筒に入れて、2時間ほど放置してから水ですすげば、茶渋もきれいに落ちますよ。

そのほかの注意点

そのほかに気をつけたいポイントとしては、「夏の暑い車内に水筒を置きっぱなしにしない」「炭酸飲料を入れない」といったことがあります。温度が上昇しすぎると破損の原因になりますし、炭酸は内部の圧力を高めて中身が噴き出すこともあります。

 

そしてもう1つ大事なのが、「付属の説明書をよく読む」ということです。勝手な洗い方をすると水筒の寿命を縮めかねないので、間違った手入れをしないよう、注意点をしっかり踏まえてから取り扱うようにしてください。

まとめ

以上、おすすめのタイガー水筒についていろいろとご紹介してきました。このようにタイガー水筒は、さまざまな機能ついて使いやすい上に、お手入れも簡単となっています。おすすめに挙げた商品を参考に、おのおのの用途に合った水筒を見つけて見てください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ