記事ID2135のサムネイル画像

【2019年最新版】Bluetoothスピーカーの人気おすすめ商品10選

ワイヤレスで快適に音楽を楽しむことができるBluetoothスピーカー。自宅でも外出先でも気軽に音楽再生が可能で、人気の商品です。そこで今回は、Bluetoothスピーカーの選び方とおすすめの商品を10選ご紹介します。是非参考にしてみてください。

BluetoothスピーカーとWi-Fiスピーカーの違いは?

Bluetoothスピーカーは、近距離無線通信規格であるBluetoothで端末と接続して使用するスピーカーのことです。ケーブル不要でワイヤレスでの使用が可能。高音質で音楽を楽しむこともでき、おすすめのスピーカーです。

 

Bluetoothスピーカーと似た製品に、Wi-Fiスピーカーがあります。Wi-Fiスピーカーは、インターネットに無線接続することで端末とスピーカーを接続します。本体と直接接続するBluetoothとは違いインターネット環境が必要になるため、使用できる場所が限られます。

Bluetoothスピーカーの選び方

ここからは、Bluetoothスピーカーの選び方をご紹介します。参考にして、お気に入りのBluetoothスピーカーを見つけてください。

音質で選ぶ

Bluetoothスピーカーを選ぶ際に、まず確認したいのが音質です。音質の良さを正確に知ることは難しいですが、「パッシブラジエーター」と「コーデック」は確認しておくのがおすすめです。

小型でもパワフルサウンドのパッシブラジエーター

パッシブラジエーター搭載モデルのBluetoothスピーカーがおすすめです。「パッシブラジエーター」とは、スピーカーユニットから電磁気回路を取り除いたものです。低音域の増幅・補強を行うことができ迫力のある重低音を小型のスピーカーでも実現できます。

 

パッシブラジエーターを搭載していると、比較的狭い部屋や車の中などでより音質良く使用できます。重低音強化になるため、音楽に迫力を求める方におすすめ。音質にこだわる方は、パッシブラジエーター搭載モデルのBluetoothスピーカーを選びましょう。

コーデックをチェック

コーデックとは、音楽を圧縮する方式のことを言います。Bluetoothスピーカーの場合、一度端末から音楽を圧縮し、スピーカーまで転送しています。どのようなコーデックに対応しているかで、音質に差が出ます。

 

「LDAC」はハイレゾ音源に対応したコーデックです。「aptX」は主にAndroid端末で使用される音質優先のコーデック。iPhoneに対応しているのが「AAC」。標準的なコーデックは「SBC」です。ご紹介した順に音質が良い製品が多いため、選ぶ際に参考にしてください。

サイズ・形状で選ぶ

ワイヤレスで使用できるBluetoothスピーカーは小型であれば持ち運びにも便利です。また大型は迫力の音楽を楽しむことができます。用途に合わせて選びましょう。

どこでも使える軽量で小型のスピーカー

Bluetoothスピーカーなどのワイヤレススピーカーの魅力は、どこでも使えるという点です。お部屋での使用はもちろん、リビングで使用したり外出先や車内で使用したり好きな場所で使うことができます。持ち運ぶなら小型のBluetoothスピーカーがおすすめです。

 

小さいものになると、手のひらサイズのBluetoothスピーカーもあります。小型のスピーカーは持ち運びに便利ですが、その分音の迫力がなくなったり、バッテリー稼働時間が短いこともあります。小型のものを選ぶ場合は、その他の性能もしっかり確認してください。

迫力の音楽を楽しむなら大型のスピーカー

大型のBluetoothスピーカーは、広い部屋での使用や大人数のキャンプなどアウトドアにおすすめです。大型で音に迫力があり、大人数でも広い範囲までしっかりと高音質で音楽を楽しむことができます。

 

また大型のBluetoothスピーカーは、搭載しているバッテリーも大型で長時間使用できる製品が多いです。高出力で大迫力の音楽を楽しむことができるだけでなく、性能自体も優れたものが多いです。重いものになると持ち運びが大変なので、重量を確認しておきましょう。

首にかけて使用するネックスピーカー

Bluetoothスピーカーの中には、首にかけて使用するネックスピーカーがあります。使用中には首にかけたスピーカーから音楽が流れ、音に包まれたような感覚になります。耳をふさがないため、周りの音を聞きながら使用することが可能です。

 

料理をしながら音楽を楽しみたい方や、自宅で歩きながら使用するという方におすすめです。動きながら使用しても、首にかけているためしっかりと音楽を楽しむことができます。バッテリー内蔵モデルも多く、登山やウォーキングでの使用にも人気があります。

使うシーンに合わせて選ぶ

あらゆるシーンで使用できるBluetoothスピーカーであるからこそ、使うシーンを考えて最適な製品を選びましょう。

大人数で使用するならワット数の大きいもの

アンプのワット数は音量に関わります。リビングや外出先で使用する場合は、ワット数の大きいBluetoothスピーカーがおすすめです。特に小型のスピーカーだとワット数が小さいこともあるため、よく確認して選びましょう。

 

大人数で野外で使用する場合は、20W以上のモデルを選ぶのがおすすめです。5Wから15Wのモデルでも、10畳程度の広めのお部屋でも使うことは可能です。音量が必要な場所で使うのであれば、ワット数に注目して選ぶようにしましょう。

アウトドアに便利な防水性能

キャンプなどのアウトドアシーンやキッチンで使う場合におすすめなのが、防水・防塵機能を備えたBluetoothスピーカーです。防水・防塵性能は「IP45」のように記載され、左側の数字が防塵性能、右側の数字が防水性能を表しています。

 

防水性能であれば「IPX5」以上がおすすめです。「IPX7」以上であれば水中での使用も可能で、アウトドア以外にもお風呂で使用することもできます。防塵性能は「IP5X」以上のものにしましょう。アウトドアシーンであれば「IP4X」以下の使用はおすすめしにくいです。

持ち運ぶならバッテリーをチェック

持ち運んで外出先で使用する場合、確認しておきたいのがバッテリー性能です。Bluetoothスピーカーはバッテリーを搭載している製品がほとんどですが、バッテリー性能が十分でないと急な充電切れで使用できなくなります。選ぶ際にはバッテリー性能を確認しましょう。

 

充電方法も合わせて確認しておきます。バッテリー性能に不安があっても、USB充電可能なタイプであれば、スマホ用の充電器を使用することができるためおすすめです。外出先で電源が確保できなくても、モバイルバッテリーを使えば充電できます。

車内で使用する

Bluetoothスピーカーはスマホや音楽プレイヤーとの接続が簡単であるため、車内での使用もおすすめです。音楽を流すことのできない車の中でも、Bluetoothスピーカーがあれば高音質で音楽を楽しむことができます。

 

車内で使用するには、コンパクトサイズのBluetoothスピーカーがおすすめです。置き場所を選ばずに使うことができるサイズで、5W以上の比較的高出力のスピーカーを選びましょう。FMラジオを搭載しているBluetoothスピーカーも車内で使うのに人気があります。

メーカーから選ぶ

Bluetoothスピーカーで人気のメーカーには、「JBL」「BOSE」「SONY」などがあります。それぞれの特徴をチェックし、最適なメーカーを選びましょう。

豊富なラインナップが魅力のJBL

JBLは家庭用のオーディオ製品から、映画館やコンサートホールの音響機器など幅広い音楽製品を製作しているメーカーです。Bluetoothスピーカーの製品数も多く、様々な特徴を持った豊富なラインナップの中から製品を選ぶことができます。

 

防水でコンパクトサイズのBluetoothスピーカーや、ネックスピーカー、超小型のスピーカーなど、豊富な種類があります。またカラーやデザインも豊富なので、機能以外の面でも選ぶことができます。

迫力の重低音が楽しめるBOSE

BOSEはオーディオファンから愛されるメーカーです。重低音サウンドが特徴で、小型でも迫力のある音楽を再生できます。音質にこだわりたい方におすすめのメーカーです。

 

こだわりを持って作るメーカーであるため、商品数自体はそこまで多くはありません。その分、自分の好みで絞ったり形状やサイズなどで選べば、自分に最適な商品を見つけることができます。

ハイレゾ対応も可能なSONY

SONYはオーディオ部門でも世界的に高い評価を受ける日本のメーカーです。ウォークマンなど革新的な音楽機器をは発売してきたメーカーで、Bluetoothスピーカーにも力を入れており、デザインもおしゃれで人気のメーカーです。

 

「LDAC」という独自の圧縮技術では、これまでのCD音源よりも解像度の高いハイレゾ音源の再生も可能です。またノイズキャンセリング機能や防水機能など、便利な機能を搭載した製品も多く、使い勝手の良いメーカーです。

Bluetoothスピーカーの人気おすすめ商品10選

1

Anker

SoundCore 2

価格:4,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最大24時間連続再生が可能なパワフルサウンド

コンパクトサイズながら、パワフルなサウンドと長時間再生を可能にした使い勝手の良いBluetoothスピーカーです。最大連続再生時間は24時間。外出先で急な充電切れの心配は不要です。さらにUSB充電なので、万が一充電が切れてもモバイルバッテリーで充電可能。

 

IPX7の防水性能をほこり、一時的に水没しても問題なし。水辺でのキャンプやお庭での使用が可能です。比較的小型のスピーカーですが、2台接続することが可能で、よりパワフルなサウンドを楽しむことができます。音質も良くおすすめのBluetoothスピーカーです。

サイズ168x47x56mm重量414g
出力12W連続再生時間24時間
防水規格IPX7
2

JBL

FLIP4 JBLFLIP4BLK

価格:7,313円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

JBLコネクトプラスで複数台同時に接続

約3.5時間の充電により、12時間の連続再生が可能なJBLのBluetoothスピーカーです。防水性能はIPX7に対応しており、アウトドアで万が一水没しても安心。ノイズキャンセリング機能を搭載した本体はマイクを搭載。スマホと接続することでハンズフリー通話も可能です。

 

パッシブラジエーターを搭載しており、小型でも迫力のサウンドを楽しむことができます。またJBLコネクトプラスにより、JBLコネクトプラスを搭載した他の機器と100台以上の同時接続が可能。使い方次第で更なる大迫力の音楽を楽しめるBluetoothスピーカーです。

サイズ71.1x17.5x68.6mm重量520g
出力連続再生時間12時間
防水規格IPX7
3

Muzili

Arbily

価格:2,299円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手のひらサイズのリーズナブルモデル

手のひらサイズでコンパクトなBluetoothスピーカーです。出力は3W×2と小さめですが、重低音がしっかりとしているという特徴があります。リーズナブルな価格もおすすめポイントの1つです。ただし大きな部屋で使うのには、あまり向いていないモデルです。

 

Bluetooth以外にも、USBメモリやmicroSDカードを使用して音楽を再生することができます。ハンズフリー通話も可能で、応答から切断などの簡単な操作も可能。様々な使い方ができる人気のBluetoothスピーカーです。

サイズ238.8x10.2x20.3mm重量340g
出力6W連続再生時間12時間
防水規格
4

EWA

A106 ポータブル

価格:1,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

卵のような超小型サイズ

超小型サイズのBluetoothスピーカーで、どこにでも気軽に持ち運ぶことができます。小型で3Wと低出力ですが、パッシブラジエーターを搭載。超小型の本体からは想像のつかない音を出すことができます。

 

ボタン1つとLEDインジケーターだけを搭載したシンプルな本体が特徴。50%の音量で再生すれば、約8時間の連続再生が可能です。付属のキャリングケースは本体をしっかりガード。どこにでも持ち運べて気軽に使えるおすすめのBluetoothスピーカーです。

サイズ48×48×40mm重量175g
出力3W連続再生時間4時間
防水規格
5

DolTech

ネックスピーカー

価格:3,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ネックバンドタイプでハンズフリーに音楽を楽しむ

個人で使用するのにおすすめなネックバンドタイプのBluetoothスピーカーです。約12時間の連続再生に、300時間の大器が可能で音楽を楽しんだりスマホと接続してハンズフリー通話に使用したりと、一人用スピーカーとしておすすめです。

 

首にかけて使用するため、スポーツシーンでの使用におすすめ。防水性能はIPX4と若干弱めですが、汗や小雨であれば対応できます。ノイズキャンセリング機能を搭載しており、ストレスなく音楽や通話をすることができる人気のネックバンドBluetoothスピーカーです。

サイズ重量約80g
連続再生時間12時間出力
防水規格IPX4
6

Tron-smart

40W高出力防水スピーカー

価格:5,480円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

40Wの大迫力と防水性能で大人数のアウトドアに

40Wの出力をほこる高音質・大音量のBluetoothスピーカーです。本体は耐衝撃ボディでIPX7防水性能。キャンプや釣りなどアウトドアシーンで安心して使うことができます。大音量のBluetoothスピーカーなので、大人数での使用もおすすめです。

 

最大15時間の連続再生が可能。1日中使用できるため安心して持ち運べます。充電はUSBtypeCのケーブルなので高速充電が可能。約3時間で大容量バッテリーをフル充電できます。本体は大きめですが比較的軽量。どこにでも持ち運びたいBluetoothスピーカーです。

サイズ252x126x71mm重量750g
出力40W連続再生時間12時間
防水規格IPX7
7

Anker

SoundCore mini

価格:2,699円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小型ながら5W出力のパワフルサウンド

つまむように持てる小型のBluetoothスピーカーです。小型でありながら音量は5Wと、しっかりと迫力の音楽再生することができます。Bluetoothだけでなく、microSDカードやAUX、またFMラジオを受信することもでき、使い勝手の良いBluetoothスピーカーです。

 

小型の本体に大容量のバッテリーを搭載。一度フル充電すれば約15時間の連続再生が可能で1日中楽しむことができます。バッテリーの残量はペアリング中のiPhoneやiPadから確認可能。小型軽量で持ち運びにも優れ、車内やアウトドアシーンでの使用におすすめです。

サイズ67x67x67mm重量215g
出力5W連続再生時間15時間
防水規格
8

Sanag

SA-X9-14520BT

価格:6,680円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

鏡面仕上げでデザインに優れたモデル

鏡面の本体が特徴で、ドイツのデザイン賞を受賞したBluetoothスピーカーです。専用設計の6Wドライバを2つ搭載し、広がりのある大音量を実現します。ボタンはタッチパネルで直感的な操作が可能。またリモコン付属で離れた場所からでも操作できます。

 

電源に直差しで使うこともでき、普段から時計などとして置いておくこともおすすめ。鏡面にしっかりと映し出されるデジタル時計は見やすさ抜群。アラーム機能も搭載。コンパクトな本体で大容量を楽しむことができ、おしゃれでおすすめなBluetoothスピーカーです。

サイズ200×90×58mm重量685g
出力12W連続再生時間8時間
防水規格
9

Anker

SoundCore Sport

価格:3,499円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

個人でスポーツシーンでの使用におすすめ

スポーツシーンで使うことを想定して設計された小型のBluetoothスピーカーです。防水規格はIPX7。雨でも雪でも心配なく使うことができます。アウトドアシーンの使用がおすすめですが、小型で音量も小さいため、個人での使用におすすめのBluetoothスピーカーです。

 

本体と同素材のストラップがついており、持ち運びに便利です。クリッピング防止技術により、小型でもクリアな音質を再現。Hi-Fiサウンドを楽しむことができます。連続再生時間は10時間でバッテリーも十分。個人のスポーツシーンならこれで決まりです。

サイズ85x85x45mm重量約230g
出力3W連続再生時間10時間
防水規格IPX7
10

Vanzon

ON-LYYX-Black

価格:3,899円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量バッテリーと防水性能でアウトドアに最適

大容量の3300mAhバッテリーを内蔵し、最大で24時間の連続再生が可能。また防水規格はIPX7でプールやキャンプで安心して使えるアウトドアに最適なBluetoothスピーカーです。本体価格もリーズナブルで、とりあえず外で使えるものが欲しいという方におすすめ。

 

本体は20Wの大音量ですが、TWS接続により同時に2台の接続が可能。さらなる大音量を楽しむことができます。本体は片手で持てる530gで、登山などに持ち運ぶことも可能。アウトドアシーンでストレスなく使用できるおすすめのBluetoothスピーカーです。

サイズ重量530g
出力20W連続再生時間24時間
防水規格IPX7

Bluetoothスピーカーの人気商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:29489の画像

    Anker

  • 2
    アイテムID:29505の画像

    JBL

  • 3
    アイテムID:29968の画像

    Muzili

  • 4
    アイテムID:29971の画像

    EWA

  • 5
    アイテムID:29984の画像

    DolTech

  • 6
    アイテムID:29990の画像

    Tron-smart

  • 7
    アイテムID:30727の画像

    Anker

  • 8
    アイテムID:30738の画像

    Sanag

  • 9
    アイテムID:30766の画像

    Anker

  • 10
    アイテムID:30782の画像

    Vanzon

  • 商品名
  • SoundCore 2
  • FLIP4 JBLFLIP4BLK
  • Arbily
  • A106 ポータブル
  • ネックスピーカー
  • 40W高出力防水スピーカー
  • SoundCore mini
  • SA-X9-14520BT
  • SoundCore Sport
  • ON-LYYX-Black
  • 特徴
  • 最大24時間連続再生が可能なパワフルサウンド
  • JBLコネクトプラスで複数台同時に接続
  • 手のひらサイズのリーズナブルモデル
  • 卵のような超小型サイズ
  • ネックバンドタイプでハンズフリーに音楽を楽しむ
  • 40Wの大迫力と防水性能で大人数のアウトドアに
  • 小型ながら5W出力のパワフルサウンド
  • 鏡面仕上げでデザインに優れたモデル
  • 個人でスポーツシーンでの使用におすすめ
  • 大容量バッテリーと防水性能でアウトドアに最適
  • 価格
  • 4999円(税込)
  • 7313円(税込)
  • 2299円(税込)
  • 1999円(税込)
  • 3999円(税込)
  • 5480円(税込)
  • 2699円(税込)
  • 6680円(税込)
  • 3499円(税込)
  • 3899円(税込)
  • サイズ
  • 168x47x56mm
  • 71.1x17.5x68.6mm
  • 238.8x10.2x20.3mm
  • 48×48×40mm
  • 252x126x71mm
  • 67x67x67mm
  • 200×90×58mm
  • 85x85x45mm
  • 重量
  • 414g
  • 520g
  • 340g
  • 175g
  • 約80g
  • 750g
  • 215g
  • 685g
  • 約230g
  • 530g
  • 出力
  • 12W
  • 6W
  • 3W
  • 40W
  • 5W
  • 12W
  • 3W
  • 20W
  • 連続再生時間
  • 24時間
  • 12時間
  • 12時間
  • 4時間
  • 12時間
  • 12時間
  • 15時間
  • 8時間
  • 10時間
  • 24時間
  • 防水規格
  • IPX7
  • IPX7
  • IPX4
  • IPX7
  • IPX7
  • IPX7

Bluetoothスピーカーの接続方法

Bluetoothスピーカーを使用するためには、本体との「ペアリング」が必要になります。ペアリング方法は商品ごとに異なります。スピーカーを購入した際に付属される説明書を確認して行ってください。ペアリング中は本体と端末は可能な限り近距離で操作します。

 

一度ペアリングしてしまえば、それ以降のペアリングは必要ありません。端末のBluetooth機能をオンにすれば自動で接続されます。またスピーカー本体が同時に接続できるのは基本的に1台の端末のみですので注意しましょう。

その他の人気スピーカーはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はアウトドアに最適なBluetoothスピーカーをご紹介しました。選ぶ際には使う場面を考えて、出力やサイズを考える必要があります。選び方とおすすめ商品を参考に、最適なBluetoothスピーカーを選んでください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ