記事ID2153のサムネイル画像

【ワンルームにも最適】食器棚ロータイプおすすめ人気商品10選

キッチンに欠かせない食器棚。さまざまなタイプの食器棚が販売されていますがスペースが狭い場合やセカンド食器棚としておすすめはロータイプの食器棚です。今回はロータイプの食器棚の選び方から人気商品までご紹介していきたいと思います。

ロータイプの食器棚のメリットとデメリット

食器棚には、ハイタイプ・ミドルタイプ・ロータイプと大きくわけて3つの高さに分けられています。今回ご紹介するロータイプは食器棚の中でも一番高さが低いタイプの食器棚です。ロータイプのメリットは圧迫感がなくお部屋が広く見えることです。

 

天板が低いため壁面が見えるので壁面のインテリアを楽しんだり、天板の上のディスプレイを楽しんだりすることもできるのもメリットと言えます。反対にデメリットとしてはハイタイプやミドルタイプに比べて収納力が落ちるという点。

 

しかし一人暮らし用の食器棚としては十分な収納力ですし、奥行きがあるものを選んだり同じロータイプの食器棚を組み合わせれば収納力をカバーすることはできます。

ロータイプの食器棚の選び方

それではここからはロータイプの食器棚の選び方について解説していきたいと思います。選び方にはいくつかポイントがありますので参考にしていただければと思います。

食器棚のタイプで選ぶ

ロータイプの食器棚には、カップボードと呼ばれている食器だけを収納するタイプとキッチンボードと言われている調理家電と食器を収納できるタイプの2種類があります。メリットなどを参考にご自身の使い方によって選ぶようにしてくださいね。

カップボード

ひとつめは食器だけを収納するカップボードです。食器が増えて収納場所に困ってしまった場合や、ダイニングによく使う食器だけを収納しておきたい場合などセカンド食器棚として購入する人も多いのが特徴です。

 

さまざまなタイプがありますが、おすすめは可動棚で棚板を調節することができるタイプのもの。食器の大きさや高さによって自由自在にレイアウトすることができるのですっきりと収納することができます。食品のストック棚としての利用もおすすめです。

キッチンボード

ふたつめのタイプは調理器具と食器が収納できるキッチンボードです。食器も調理器具も収納できるのでワンルームなどせまいスペースにはおすすめです。調理器具の収納スペースが取れらていることで食器を収納できるスペースが少なくなるのがデメリット。

 

しかし一人暮らしの食器を収納するには十分な大きさで、ダイニングによく使う食器と調理器具を置きたい場合などにもとても便利なタイプ。同じシリーズのハイタイプのものと組み合わせると統一感もあるのでおすすめです。

扉のタイプで選ぶ

食器棚の扉には、開き戸タイプと引き戸タイプの2種類があります。メリットデメリットを考慮しつつご自身に合ったものを選ぶようにしましょう。

開き戸

開き戸タイプには両開きタイプと片方だけ開くタイプの2種類があります。食器棚の大きさによって異なります。大きく開くことができるので全体が見やすく取り出しやすいのがメリットと言えます。

 

しかし、手前に開くのでスペースが狭い場所に設置しなければならない場合はデメリットとなります。スペースに余裕がある場合は開き戸タイプがおすすめです。

引き戸

引き戸タイプは見た目がすっきり見えるのが特徴です。狭いスペースに配置しても取り出しやすいのがメリットですが左右どちらかしか開けることができないのがデメリットでもあります。

 

開き戸タイプに比べて地震に強いのも引き戸タイプのメリットでもあります。小さなお子様がいるご家庭は指を挟んでしまう危険性もあるのでゆっくりと開閉するように施されているものを選ぶようにしましょう。

移動したい場合はキャスター付きを

食器棚は固定式が主流となっていますが、キャスター付きのものもあります。キャスター付きのメリットとしては移動が簡単に行えるということ。たくさんのものが収納されていても楽に移動することができるのでキッチンカウンターとして使う事もできます。

 

例えば食事をする時に食卓の近くに移動できれば取り皿なども必要な時にすぐに取り出すことができます。またキャスター付きなので模様替えもしやすく食器棚の下や裏もお掃除がしやすいので清潔に保つことができます。移動したい人はキャスター付きのものを選ぶのがおすすめです。

 

サイズも要チェック

食器棚はすぐに買い換えるものではない家具でもありますから失敗しないようにサイズはしっかりとチェックしておくことが大切です。どこに配置したいのかを明確にしどのくらいの大きさの食器棚にするのかを確認しましょう。

 

また冷蔵庫や他の家具の隣に置きたい場合は奥行を同じにしておくと見た目もすっきりします。カウンターの下に配置したい場合は奥行だけではなく高さなどもしっかりと確認しておきましょう。

置きたい場所の雰囲気に合わせて選ぶ

ロータイプの食器棚はセカンド食器棚として購入する場合が多いので置く場所の雰囲気に合わせて選ぶようにしましょう。カラーや素材が違うものを配置してしまうとごちゃごちゃとした印象になってしまいます。

 

同じシリーズのものではなくともカラーや素材を同じようにすると統一感が出ておしゃれになります。一人暮らしのワンルームの場合キッチンではなくお部屋に置く場合もありますから家具と同じようにお部屋の雰囲気に合わせて選ぶのがおすすめです。

価格で選ぶ

ロータイプの食器棚は一人暮らし用のミニ食器棚からファミリーで使える大容量の食器棚まで種類も豊富ですから価格も幅がありますがハイタイプに比べてリーズナブルな価格で購入できるのがメリットでもあります。ロータイプの食器棚は10000円~20000円前後のものが人気。

 

一人暮らしなど一定の期間しか使わない場合は、10000円以下でも十分使えるものが販売されているのでおすすめ。引っ越しで買い替えることはない場合は、20000円前後の収納力もあり調理器具も収納できるタイプのものにすると長く使うことができます。

 

これからご紹介するおすすめ商品では、10000円以下のものから20000円前後のものまで幅広くご紹介しますので参考にしてみてください.

【ワンルームにも最適】食器棚ロータイプおすすめ人気商品10選

1

ワイエムワールド

ナチュラルキッチン 食器棚ロータイプ

価格:9,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ナチュラルなカップボード

ナチュラルキッチンシリーズより、シンプルなカップボードです。自然な色合いで優しい雰囲気のキッチンをつくることができます。天板の上に観葉植物を置いたりお気に入りのカップを置いたりとディスプレイを楽しめるのもロータイプの食器棚のメリット。

 

約80センチの高さは女性には最適なサイズ。天板の上でお茶を入れたりなど作業しやすくなっています。扉は左右に大きく開くので中に収納したものをみやすく取り出しやすくなっています。約30センチの奥行はワンルームなど限られた空間にも最適な省スペース設計です。

タイプカップボードサイズ(約)幅88×奥行き29.5×高さ82.8cm
耐荷重天板:約20kg 固定板:約7kg 可動板:約5kg仕様本体:プリント紙化粧繊維板 扉:約3mm厚ミストガラス 可動棚:2枚 低ホルムアルデヒド F☆☆仕様
2

株式会社エア・リゾーム

Brace Kitchen cabinet(ブレス キッチンキャビネット)

価格:14,990円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

インテリア性抜群のキッチンボード

こちらのキッチンボードはキッチン周りをおしゃれにしたい人におすすめです。大きな2枚の目隠しフラップが特徴で収納物を隠すことができフラップにはお気に入りの雑誌やレシピ本を飾ることもできます。

 

フラップを開ければ上段はスライドトレー収納で調理器具をすっきりと収納でき下段にはストック品やあまり使わないものを収納することもできます。ガラス扉収納にはよく使う食器をひとまとめ。たっぷり収納できるおしゃれな食器棚です。

タイプキッチンボードサイズ幅90×奥行き44×高さ96cm 【スライドトレーオープン部】幅55.5×奥行き35×高さ31cm
耐荷重天板:15kg、可動棚:1枚あたり10kg、スライドトレー:5kg仕様合成樹脂化粧合板(メラミン)、脚部・フラップ取手/天然木、スチール(紛体塗装)
3

SESAME

LUFFY/LU80-120L

価格:19,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワイドなキッチンカウンタータイプの食器棚

こちらは、キッチンボードとカップボードのドッキングした食器棚。カップボード・キッチンボードだけでは物足りないという人にはおすすめ。ワイドな天板はキッチンカウンターとしても使う事ができます。

 

キッチンボード側のスライド収納は電子レンジが入る大きさで、下段は見開き扉でストック品などの収納ができます。カップボードは見開き扉と引き出し2段を搭載。食器もたっぷりと収納することができます。

タイプキッチンボードサイズW118×D39.8×H82(cm)
耐荷重天板:20kg/棚板:7kg/スライド棚:5kg仕様本体:プリント化粧繊維板(天板・スライド棚はPVC加工) ガラス部:3mm厚ミストガラス
4

山善(YAMAZEN)

ベリーベリーキッチン

価格:15,990円(税込)

Amazonで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャスター付きの食器棚

こちらはキャスター付きの食器棚です。両開きのガラス扉の収納スペースは約47センチの幅があるので大皿も収納可能。ガラス扉なので食器をディスプレイして楽しむこともできます。棚は13段階に高さを調節することができるのでワイングラスなど高さのある食器も収納可能。

 

天板は水や熱につよいメラミン加工が施されているので電子レンジや炊飯器を設置することもできます。向かって右側の長細い収納は目隠し扉になっているのでストック品などの収納にも最適。キャスター付きで移動も楽々。キッチンカウンターとしても使う事ができます。

タイプカップボードサイズ幅80×奥行40×高さ85cm
耐荷重天板:50kg、引出し:(大)10kg (小)5kg、可動棚:(大)15kg (小)8kg、下棚:15kg仕様天板=合成樹脂化粧繊維板(メラミン樹脂)、本体=プリント紙化粧繊維板
5

DORIS

ウォルナット ノエル

価格:12,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

機能的ロータイプ食器棚

ウォルナットノエルはキッチンボードとカップボード一体型の食器棚です。120センチ幅の天板は、電子レンジやコーヒーメーカーなど調理器具を配置することも可能。スライド棚板は2口コンセント搭載で炊飯器やポットなどの収納に最適です。

 

見開き扉の中は高さが調節可能な棚板収納になっているので食器やストック品などを収納することができます。キャスター付きで移動も楽にすることができるのでカウンターキッチンや間仕切りとして利用も可能。お部屋に合わせて3色のカラーから選ぶことができます。

タイプキッチンボードサイズ幅120×奥行42(取っ手突起部含む)×高さ88.5(cm)
耐荷重天板耐荷重:約40kg仕様パーティクルボード・メラミン塗装
6

共和産業(Kyowa-sangyo)

キッシュ ミドルキッチンキャビネット

価格:27,797円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一人暮らしにおすすめコンパクト食器棚

こちらの食器棚は、幅80センチのコンパクトサイズでありながら家電も食器も収納できる優れものです。スライドトレーが2か所設けられているので炊飯器やポットなどを収納することができ天板には電子レンジやトースターなども配置することが可能です。

 

食器やストック品なども十分に収納することができ、引き出しは3段式スライドレールを採用しているので奥のものまで取り出しやすくなっています。ナチュラル・ブラウン・ホワイトの3色展開。お部屋の雰囲気に合わせて選んでください。

タイプキッチンボードサイズ幅80×奥44.5×高113cm
耐荷重-仕様主材:プリント化粧板/突板風グロスマットシート
7

VEGA CORPORATION

食器棚

価格:14,990円(税込)

Amazonで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタイリッシュな食器棚

見た目もすっきりスタイリッシュな食器棚です。スライド収納と可動棚収納がメインになっているので調理器具も食器もしっかりと収納することができます。右下の収納はスライド収納になっているので奥のものも取り出しやすく便利。

 

天板の上にも調理器具を配置することできるのでキッチンまわりのものをすっきりと収納することができます。同じシリーズの異なるタイプのものを組み合わせて使うとより収納力もアップします。

タイプキッチンボードサイズ幅90x奥行41.5x高さ90~95㎝
耐荷重天板/約20kg、左スライドオープン収納/約10kg、左可動棚/約8kg、右引出し/約6kg、右スライド棚/約4kg仕様本体/プリント紙化粧繊維板・合成樹脂化粧繊維板、前扉/合成樹脂化粧繊維板
8

SIMCT

キッチンカウンター サージュ

価格:15,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キッチン周りがすっきり片付く

丸みのある優しいフォルムのキッチンカウンターサージュは、コンパクトながらキッチン周りのものがすっきりと片付く食器棚です。使い勝手のよいスライドテーブルは炊飯器などの調理家電の収納に最適です。

 

食器収納棚は可動棚タイプなので食器に合わせて調節が可能。高さのあるグラスなども収納できます。120センチのワイドな天板には電子レンジやトースターなどの調理家電を配置したり観葉植物などをディスプレイしたりすることもできます。

タイプキッチンボードサイズ幅120×奥行39.5×高さ89cm
耐荷重-仕様合成樹脂化粧繊維板
9

白井産業(SHIRAI)(SHIRAI)

チェローネ CEN-9055DG

価格:7,734円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一人暮らしの女性におすすめの食器棚

ミニ食器棚チョローネは一人暮らしの女性におすすめの食器棚です。レトロな引手やガラス引き戸のシルク印刷などレトロな雰囲気も持ち合わせているのが特徴。幅約56センチの天板にはトースターやコーヒーメーカーなどコンパクトな調理器具を置くこともできます。

 

ガラス引き戸部分にはよく使う食器を収納し、見開き戸にはストック品など隠しておきたいものの収納に最適。同じシリーズのミニ食器棚を重ねて使う事ができるので食器が増えても安心です。

タイプカップボードサイズ幅56.6×奥行29.4×高さ87.9cm
耐荷重天板耐荷重:10kg ・移動板耐荷重:7㎏仕様プリント紙化粧繊維板
10

生活雑貨

家電が収納できるミニ食器棚

価格:13,990円(税込)

Amazonで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お部屋に置けるミニ食器棚

ワンルームの場合キッチンが狭くお部屋に食器棚を置くことになる場合も多いので家具のようなおしゃれな食器棚を求めている人も多いのではないでしょうか。そんな人にぴったりなのがこちらのミニ食器棚。

 

コンパクトでありながらも、調理家電の収納も可能で食器収納部分は可動棚収納搭載で見た目以上の収納力。取っ手はシンプルなタイプとキラキラタイプの2種類がついているのでお部屋の雰囲気に合わせて変えることもできます。

タイプカップボードサイズ幅32・奥行35.5・高さ29.5㎝
耐荷重-仕様-

ロータイプ食器棚おすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:32124の画像

    ワイエムワールド

  • 2
    アイテムID:32127の画像

    株式会社エア・リゾーム

  • 3
    アイテムID:32133の画像

    SESAME

  • 4
    アイテムID:32139の画像

    山善(YAMAZEN)

  • 5
    アイテムID:32155の画像

    DORIS

  • 6
    アイテムID:32160の画像

    共和産業(Kyowa-sangyo)

  • 7
    アイテムID:32181の画像

    VEGA CORPORATION

  • 8
    アイテムID:32189の画像

    SIMCT

  • 9
    アイテムID:32199の画像

    白井産業(SHIRAI)(SHIRAI)

  • 10
    アイテムID:32146の画像

    生活雑貨

  • 商品名
  • ナチュラルキッチン 食器棚ロータイプ
  • Brace Kitchen cabinet(ブレス キッチンキャビネット)
  • LUFFY/LU80-120L
  • ベリーベリーキッチン
  • ウォルナット ノエル
  • キッシュ ミドルキッチンキャビネット
  • 食器棚
  • キッチンカウンター サージュ
  • チェローネ CEN-9055DG
  • 家電が収納できるミニ食器棚
  • 特徴
  • ナチュラルなカップボード
  • インテリア性抜群のキッチンボード
  • ワイドなキッチンカウンタータイプの食器棚
  • キャスター付きの食器棚
  • 機能的ロータイプ食器棚
  • 一人暮らしにおすすめコンパクト食器棚
  • スタイリッシュな食器棚
  • キッチン周りがすっきり片付く
  • 一人暮らしの女性におすすめの食器棚
  • お部屋に置けるミニ食器棚
  • 価格
  • 9980円(税込)
  • 14990円(税込)
  • 19990円(税込)
  • 15990円(税込)
  • 12990円(税込)
  • 27797円(税込)
  • 14990円(税込)
  • 15800円(税込)
  • 7734円(税込)
  • 13990円(税込)
  • タイプ
  • カップボード
  • キッチンボード
  • キッチンボード
  • カップボード
  • キッチンボード
  • キッチンボード
  • キッチンボード
  • キッチンボード
  • カップボード
  • カップボード
  • サイズ
  • (約)幅88×奥行き29.5×高さ82.8cm
  • 幅90×奥行き44×高さ96cm 【スライドトレーオープン部】幅55.5×奥行き35×高さ31cm
  • W118×D39.8×H82(cm)
  • 幅80×奥行40×高さ85cm
  • 幅120×奥行42(取っ手突起部含む)×高さ88.5(cm)
  • 幅80×奥44.5×高113cm
  • 幅90x奥行41.5x高さ90~95㎝
  • 幅120×奥行39.5×高さ89cm
  • 幅56.6×奥行29.4×高さ87.9cm
  • 幅32・奥行35.5・高さ29.5㎝
  • 耐荷重
  • 天板:約20kg 固定板:約7kg 可動板:約5kg
  • 天板:15kg、可動棚:1枚あたり10kg、スライドトレー:5kg
  • 天板:20kg/棚板:7kg/スライド棚:5kg
  • 天板:50kg、引出し:(大)10kg (小)5kg、可動棚:(大)15kg (小)8kg、下棚:15kg
  • 天板耐荷重:約40kg
  • -
  • 天板/約20kg、左スライドオープン収納/約10kg、左可動棚/約8kg、右引出し/約6kg、右スライド棚/約4kg
  • -
  • 天板耐荷重:10kg ・移動板耐荷重:7㎏
  • -
  • 仕様
  • 本体:プリント紙化粧繊維板 扉:約3mm厚ミストガラス 可動棚:2枚 低ホルムアルデヒド F☆☆仕様
  • 合成樹脂化粧合板(メラミン)、脚部・フラップ取手/天然木、スチール(紛体塗装)
  • 本体:プリント化粧繊維板(天板・スライド棚はPVC加工) ガラス部:3mm厚ミストガラス
  • 天板=合成樹脂化粧繊維板(メラミン樹脂)、本体=プリント紙化粧繊維板
  • パーティクルボード・メラミン塗装
  • 主材:プリント化粧板/突板風グロスマットシート
  • 本体/プリント紙化粧繊維板・合成樹脂化粧繊維板、前扉/合成樹脂化粧繊維板
  • 合成樹脂化粧繊維板
  • プリント紙化粧繊維板
  • -

ロータイプの食器棚の使い方

ロータイプの食器棚とは、名前のとおり高さが低い食器棚のことです。ロータイプの食器棚は小さいながらもハイタイプの食器棚と同じくらい機能性にも優れ収納力も抜群です。ロータイプの食器棚にも種類があるので使い方によって選ぶのがポイント。

 

ワンルームなどキッチンのスペースが狭い場合は、コンパクトなロータイプの食器棚がおすすめ。電子レンジや炊飯器など調理器具も収納できるものにすると全てを収納することができます。おしゃれなデザインのものにするとお部屋の中に置くこともできます。

 

キッチンとダイニングが別になっている場合もすぐに出し入れしたい食器をロータイプの食器棚に収納し食卓の近くに置くのもおすすめ。またロータイプであることからお部屋の間仕切りとしても使う事ができます。

その他の人気食器棚はこちら

まとめ

高さが低いロータイプの食器棚は圧迫感がなくお部屋を広く見せることができるので一人暮らしのキッチンにもおすすめです。おしゃれなデザインのものも多く、機能性にも優れているのでセカンド食器棚としてもおすすめです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ