記事ID2158のサムネイル画像

【お料理楽々】おすすめのビルトインガスコンロの人気商品10選

最新のビルトインガスコンロは驚きの進化を遂げています。茶碗蒸しを作れたり、自動温度管理機能があったり、異常を感知して自動消火するなどです。そこで、この記事ではビルトインガスコンロのおすすめの選び方を解説し、人気おすすめ商品を紹介します。

ビルトインガスコンロは絶対交換がおすすめ

ガスコンロは大きく分けると、鍋用のガスコンロなどを大型・高機能にしたテーブルガスコンロ(据置型)、専用キャビネットと一体型のガスキャビネット、そして、キッチンのガスコンロのスペースにすっぽりと収納できるビルトインガスコンロの3つがあります。

 

そのなかで、ビルトインガスコンロは多機能なのが大きなメリット。業者による工事は必要ですが、サイズは業界で統一されているので、幅60cmか75cmのタイプを合わせれば互換性があります。

 

現在人気のビルトインガスコンロは、従来からは考えられないほど多機能です。自動消火、じっくりコトコトの自動化、魚焼きグリルでパンも焼ける、など驚くほど便利なので、迷っているなら交換をする価値はとても高いといえるのです。

ビルトインガスコンロの選び方

ビルトインガスコンロは毎日使うものだから、使いやすさや掃除のしやすさをチェックしましょう。また、料理が上手な人なら各メーカーの創意工夫が満載された新機能にも注目しましょう。きっと毎日の料理のレパートリーが増え、楽ちんになるはずです。

グリルで選ぶ

各メーカーのビルトインガスコンロの主戦場となっているのは、グリルといえるかもしれません。そのため、従来は焼き魚ができれば十分だったグリル部が驚くほどの変化を遂げています。

 

たとえば、トースターの代わりになったり、冷えた惣菜を温めたり、蒸し料理が作れたり、ノンオイルのヘルシー調理ができたり、水なしで焼き魚が作れたりとさまざまな機能があります。

 

こんなことができたらいいのに、などとビルトインガスコンロを使うイメージを付けておくと、自分にぴったりの製品が選べます。もちろん、シンプルなグリルを探すのもおすすめです。

天板で選ぶ

ビルトインガスコンロの天板は大まかに分けると、ガラストップ・ホーロー・金属(アルミ・ステンレス)の3つです。

汚れが付きにくく落としやすい「ガラストップ」

直観的にお分かりの通り、ガラスはピカピカのツルツル、そのため汚れが付きにくく、付いても落としやすいのが特徴です。「ガラストップ」と呼ばれる天板は、ハイグレードなビルトコンロで採用されており、お手入れのしやすさだけでなく、見た目の美しさもおすすめです。

 

これは、耐久性が高いガラスを作るのはコストがかかるために、ハイグレードクラスのビルトインコンロでしか搭載できないからです。日常の料理の作業で傷つくこともなく、お鍋を軽く落とした程度ではビクともしない堅牢性もあります。

 

ステンレスやアルミと違って、ヘコむということがないため、傷ついてしまう可能性もゼロではありません。ただ、たとえばノーリツのガラストップは約1.8Kgの鉄球を40cmの高さから落下させても問題のない耐久度で作られているため、余程のことがないかぎり損傷はないといえます。

バランスの良い「ホーロー」

金属(ステンレス・アルミ)とガラストップの中間的な存在がホーローです。耐久性とお手入れのしやすさのバランスが良いのが特徴です。細かく分けると中の上がホーローのガラスコートといえます。これはホーローに強化ガラスをコーティングした加工法です。

 

このようなタイプには、カラフルなホーロー素材の表面をガラスでコーティングすることでデザイン性を高めているビルトインコンロもあります。たとえば、桜色のビルトインコンロは見た目も華やかで、キッチンをイメチェンしたい人にもおすすめです。

 

メーカーごとに、パロマが「ハイパーガラスコート」、リンナイは「パールクリスタル」などと名称が違いますが、ガラスコートと分類するとすっきりして比較検討しやすくなります。

リーズナブルな「金属(ステンレス・アルミ)」

ステンレスやアルミ素材のビルトインコンロはリーズナブルなのが特徴です。一般的には、このような素材のものが多いので、何の不満もないという人も多いのではないでしょうか。長い間放置しなければサビが出ることもありませんし、耐久性も抜群です。

 

そのため、リーズナブルなビルトインコンロを探していたり、安全機能や調理機能を重視するなら金属の天板がおすすめです。また、金属製といってもフライパンでお馴染みのフッ素コーティングをしたり、料理のプロが好むアルミ削り出しにしていたりと、幅広い製品があるのも特徴です。

ゴトクで選ぶ

ビルトインコンロを選ぶときには見逃してしまいやすいですが、ゴトクも重要です。ゴトクが優秀なメリットは「汚れが付きにくい」「外しやすい・掃除がしやすい」「吹きこぼれたときに汚れが入りにくい」などです。

 

各メーカーがそれぞれ、オリジナルのゴトクをアピールしているところに、ビルトインコンロの隠れた重要性が見て取れるかもしれません。特にキレイ好きな人にとっては、サっとゴトクを外してピカピカに出来るのは、うれしいポイントといえるでしょう。

 

ゴトクだけでなく、天板の構造との兼ね合いもあるので、総合的にチェックしていくのがおすすめの選び方です。

バーナーで選ぶ

都市ガス、プロパンガスなどガスの種類に合せて選ぶのは当然のことなのでここでは省略しますが、バーナーの性能もとても重要です。まず、チャーハンなどの炒め物に最適な大火力のバーナーが左右のどちらにあるかをチェックしたうえで、安全機能・調理機能も確認しましょう。

安全機能

火を扱うビルトインガスコンロはやはり火事が心配です。現在ある主な安全機能は、長時間火を使っていると自動的に消化する機能、温度を感知して火を弱める・止める機能などです。

 

また、鍋なし検知機能や地震を感知して停止する機能なども一部のビルトインガスコンロに搭載されています。安全面を重視するなら、これらの機能もチェックしてみましょう。

楽々調理

じっくりコトコト煮込んだ豚の角煮などは最高ですよね。温度感知センサーが付いたビルトインガスコンロなら、自動で火力を調整してくれるので楽々調理が可能です。

 

また、ご飯をふっくら炊き上げたり、なかには乾麺を茹でるモードまで搭載しているものがあります。今までガスの前に立ちっぱなしだった調理が劇的に変わるメリットがあるのも最新のビルトインガスコンロなのです。

強バーナーの位置と数

チャーハンなどの炒め物など強い火力を必要とするのが強バーナーです。一般的には、強バーナーは壁や冷蔵庫などと反対側にある方が望ましいといわれています。油が飛んだり、煙などで汚れが移りやすいからです。左右のどちら側が強バーナーかチェックしておきましょう。

 

グレードが高いものになると、左右どちらでも強バーナーとして使えるタイプもあります。料理上級者や作る料理が多い家庭などにおすすめです。

メーカーで選ぶ

ビルトインガスコンロは、リンナイ、パロマ、ノーリツの3メーカーがシェアのほとんどを占めています。基本的にはこの3メーカーのどれかを選ぶと間違いないともいえます。そこでメーカーの特徴を紹介します。

リンナイ

リンナイはガスコンロメーカーの老舗的存在で、2011年にはハーマンと統合してさらにシェアが大きくなりました。

 

リンナイのオリジナル技術は数多くありますが、特にユーザーから評価されているのが「イージークリーン」というガラストップ天板です。汚れがつきにくく、お手入れが非常に楽なように工夫されています。

パロマ

パロマはシンプルでリーズナブルなガスコンロ作りを得意としている会社です。テーブルガスコンロ(据置型)に比べて高価なことが多いビルトインガスコンロのジャンルでも3万円程度から基本機能重視の高品質な製品を販売しています。

ノーリツ

ビルトインガスコンロを日本ではじめて販売したのがノーリツです。ノーリツの特徴のひとつはグリル部にあります。無水で焼き魚が作れたり、効率的に魚の匂いを排出する「グリルクリーンモード」などは人気が高いです。

価格帯で選ぶ

ビルトインガスコンロを価格帯(実勢価格)で大きく分けるとエントリークラス(3~5万円)、ベーシッククラス(5~8万円)、ミドルクラス(8~12万円)、ハイグレードクラス(12万円~)です。

 

価格帯を分けているのは、多彩な調理機能と天板の材質といえます。シンプルな調理機能でかまわないなら、費用をかなり抑えることができるでしょう。

ビルトインガスコンロのおすすめ人気商品10選

1

ノーリツ(NORITZ)

Fami(ファミ)

価格:60,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ最強

ノーリツ(NORITZ)のFami(ファミ)は、ノーリツのなかで最もリーズナブルなガラストップモデルです。基本機能が充実しており、非常にコスパが高いといえます。ベーシックタイプの決定版ともいえる製品で幅広い家庭におすすめできるビルトインガスコンロです。

サイズタイプ60cm天板ガラストップ(親水アクアコート)
主なグリル機能フラット焼き網・オートグリル機能主なバーナー機能ダブル高火力&ダブルトロ火
2

リンナイ (Rinnai)

LiSSe(リッセ)

価格:98,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日々の料理をサポート

リンナイ (Rinnai)のLiSSe(リッセ)は焼き魚だけでなく、ローストチキン、ピザ、バーベキュースペアリブなどが手軽に作れるコットプレートが好評です。グリルを上手く活用して料理のレパートリーを増やしたい人、放置料理で楽をしたい人などにおすすめです。

サイズタイプ60cm天板ガラストップ(イージークリーン)
主なグリル機能スモークオフ・ココットプレート(ノンオイル料理など)・オートグリル&連続オートグリル主なバーナー機能Wワイド火力バーナー・湯わかし機能・エコ連動機能・感震停止機能
3

パロマ

PKD-N34V-LP

価格:26,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安さで選ぶならコレ

パロマのPKD-N34V-LPはなんといっても価格の安さが魅力です。安全面にも考慮されており、基本機能も充実しています。

サイズタイプ60cm天板ホーロー
主なグリル機能グリル排気口遮炎装置(フレームトラップ)主なバーナー機能強火力バーナー4.20×2・天ぷら油過熱防止装置・高温炒め機能・立ち消え安全装置・消し忘れ消火
4

リンナイ(Rinnai)

デリシア

価格:128,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多機能ビルトインガスコンロ

デリシアはリンナイのビルトインガスコンロの最高峰、ほぼすべての機能が搭載されています。料理上級者の人や逆に料理初心者でビルトインガスコンロのサポートで楽々調理をしたい人におすすめです。

サイズタイプ60cm天板ガラストップ(イージークリーン)
主なグリル機能ココットダッチオーブンなどリンナイのほぼ全機能を網羅主なバーナー機能左右Wバーナー始めリンナイのほぼ全機能を網羅
5

ノーリツ

メタルトップ

価格:31,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルなビルトインガスコンロ

ノーリツのメタルトップはシンプルなビルトインガスコンロです。耐久性や操作性については信頼性が高く、あまり多くの機能を求めない人におすすめです。

サイズタイプ60cm天板メタル
主なグリル機能-主なバーナー機能-
6

パロマ

Faceis(フェイシス)

価格:70,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ラ・クックが人気

パロマのFaceis(フェイシス)は、ラ・クックが特徴です。ラ・クックとは従来の焼き網を置き換えたもので、焼き魚を作った後の掃除が大変楽ちんです。また、チキンをふっくらとグリルするなどもできるので、料理のレパートリーも広がります。

サイズタイプ75cm天板クリアパール(ガラスコーティング)
主なグリル機能ラ・クックオートメニュー機能・あたためモード・グリル排気口アイランド構造主なバーナー機能7段階の温度調節機能・とろ火モード
7

リンナイ

Mytone(マイトーン)

価格:70,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ココットプレートでヘルシー料理が作れる

リンナイのMytone(マイトーン)は、ココットプレートが付属しており、ノンオイルのヘルシー料理などが作れます。リンナイの標準的な製品に位置付けられ、価格と性能のバランスがよいおすすめのビルトインガスコンロです。

サイズタイプ60cm天板ガラストップ
主なグリル機能ココットプレート・オートグリル機能主なバーナー機能ワイドな火力を左右のバーナー・温度調節機能
8

ノーリツ

ピアットライト

価格:101,317円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ビルトインガスコンロでごはんを炊こう

ガスで炊いたご飯はおいしいとはよく聞きますよね。でもなかなか火加減がむずかしいものです。ノーリツのピアットライトなら、ごはんを炊くモードが充実。おかゆ、炊き込みご飯と多彩なモードがあります。

サイズタイプ60cm天板ガラストップ
主なグリル機能水なし両面焼主なバーナー機能コンロ調理タイマー・湯わかし機能・温度調節機能
9

リンナイ

メタルトップ RS31M5H2SBW-13A

価格:37,995円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

長く使える

リンナイのメタルトップ RS31M5H2SBW-13Aは特別な機能はありませんが、作りがしっかりしており長く使えるビルトインガスコンロです。安全機能に関して充実しているのも特徴です。

サイズタイプ60cm天板メタル
主なグリル機能水無し片面焼きグリル主なバーナー機能W強火力・立消え安全装・過熱防止装置・焦げ付き消火
10

ノーリツ

プログレ

価格:150,916円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ノーリツのハイグレードクラス

ノーリツのプログレはハイグレードクラスとして、他の機種の機能のほとんどを網羅しています。また、プレートパンという浅型プレートが搭載されたグリルはお手入れも簡単です。カラーバリエーションも豊富なのもおすすめのポイントです。

サイズタイプ60cm天板ガラストップ(親水アクアコート)
主なグリル機能マルチグリル・焼き網を使わないグリル・スモークカットなど多数主なバーナー機能ごはんモード・自動消火・保温機能・麺ゆでモードなど多数

ビルトインガスコンロの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:30547の画像

    ノーリツ(NORITZ)

  • 2
    アイテムID:30551の画像

    リンナイ (Rinnai)

  • 3
    アイテムID:30553の画像

    パロマ

  • 4
    アイテムID:30556の画像

    リンナイ(Rinnai)

  • 5
    アイテムID:30559の画像

    ノーリツ

  • 6
    アイテムID:30561の画像

    パロマ

  • 7
    アイテムID:30568の画像

    リンナイ

  • 8
    アイテムID:30570の画像

    ノーリツ

  • 9
    アイテムID:30565の画像

    リンナイ

  • 10
    アイテムID:30558の画像

    ノーリツ

  • 商品名
  • Fami(ファミ)
  • LiSSe(リッセ)
  • PKD-N34V-LP
  • デリシア
  • メタルトップ
  • Faceis(フェイシス)
  • Mytone(マイトーン)
  • ピアットライト
  • メタルトップ RS31M5H2SBW-13A
  • プログレ
  • 特徴
  • コスパ最強
  • 日々の料理をサポート
  • 安さで選ぶならコレ
  • 多機能ビルトインガスコンロ
  • シンプルなビルトインガスコンロ
  • ラ・クックが人気
  • ココットプレートでヘルシー料理が作れる
  • ビルトインガスコンロでごはんを炊こう
  • 長く使える
  • ノーリツのハイグレードクラス
  • 価格
  • 60000円(税込)
  • 98900円(税込)
  • 26900円(税込)
  • 128000円(税込)
  • 31800円(税込)
  • 70000円(税込)
  • 70300円(税込)
  • 101317円(税込)
  • 37995円(税込)
  • 150916円(税込)
  • サイズタイプ
  • 60cm
  • 60cm
  • 60cm
  • 60cm
  • 60cm
  • 75cm
  • 60cm
  • 60cm
  • 60cm
  • 60cm
  • 天板
  • ガラストップ(親水アクアコート)
  • ガラストップ(イージークリーン)
  • ホーロー
  • ガラストップ(イージークリーン)
  • メタル
  • クリアパール(ガラスコーティング)
  • ガラストップ
  • ガラストップ
  • メタル
  • ガラストップ(親水アクアコート)
  • 主なグリル機能
  • フラット焼き網・オートグリル機能
  • スモークオフ・ココットプレート(ノンオイル料理など)・オートグリル&連続オートグリル
  • グリル排気口遮炎装置(フレームトラップ)
  • ココットダッチオーブンなどリンナイのほぼ全機能を網羅
  • -
  • ラ・クックオートメニュー機能・あたためモード・グリル排気口アイランド構造
  • ココットプレート・オートグリル機能
  • 水なし両面焼
  • 水無し片面焼きグリル
  • マルチグリル・焼き網を使わないグリル・スモークカットなど多数
  • 主なバーナー機能
  • ダブル高火力&ダブルトロ火
  • Wワイド火力バーナー・湯わかし機能・エコ連動機能・感震停止機能
  • 強火力バーナー4.20×2・天ぷら油過熱防止装置・高温炒め機能・立ち消え安全装置・消し忘れ消火
  • 左右Wバーナー始めリンナイのほぼ全機能を網羅
  • -
  • 7段階の温度調節機能・とろ火モード
  • ワイドな火力を左右のバーナー・温度調節機能
  • コンロ調理タイマー・湯わかし機能・温度調節機能
  • W強火力・立消え安全装・過熱防止装置・焦げ付き消火
  • ごはんモード・自動消火・保温機能・麺ゆでモードなど多数

メンテナンスと使い方でビルトインガスコンロの寿命が延びる

ビルトインガスコンロはキッチンのガスコンロスペースに隙間なく収まるので、テーブルガスコンロのようにサイドの隙間や底の隙間にゴミや汚れが溜まることが少ないといえます。また、ガラストップの天板にすれば、サッと汚れが落ちるので、ついお手入れを油断してしまいやすいといえます。

 

とはいっても、ビルトインガスコンロにもお手入れは不可欠。掃除と使い方次第で長期間快適に使えます。まず、重要なのはゴトクの掃除です。各メーカーでお手入れをしやすいように形状や素材を工夫していますが、定期的な掃除が必要です。

 

また、便利で多機能なことから、魚焼きグリル(オーブン)の活用機会が飛躍的に増える人も多いでしょう。そのため、今までのようなお掃除の周期では汚れが落とせないかもしれません。逆に言えば、グリルのお手入れのしやすさでビルトインコンロを選んでみてもよいでしょう。

その他の人気ガスコンロはこちら

まとめ

多機能なものからシンプルなものまで幅広いビルトインガスコンロがあります。ガスの種類と強火力バーナーの位置は注文の際に間違えやすいポイントです。これらも今一度確認のうえ、お気に入りのビルトインガスコンロを購入しましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ