記事ID2159のサムネイル画像

【使い方も合わせて紹介】灯油ランタンのおすすめ人気商品10選

近年ではキャンパーという呼び名がつくほどキャンプに気軽に出掛ける方が増えました。キャンプの楽しみの1つが夜ではないでしょうか。その時、灯油ランタンが雰囲気を一層濃くして楽しませてくれます。その中でも人気があって評価が高い灯油ランタンを集めましたので紹介します。

灯油ランタンが持つ魅力

ランタンには種類があって灯油ランタンの他に、ガス、ガソリン、LEDランタンとあります。灯油ランタンには他と異なる魅力をたくさん持ち合わせています。その魅力でアウトドアシーンや自宅で楽しんでみましょう。

暖房としての役割

灯油ランタンは火を使い光を灯すので、熱が発生しています。つまり、自然と暖かい温もりを感じることができるのです。夏でも夜はひんやりとして、肌寒いこともよくあります。長袖の上着を羽織ったり対策を練りたいですが、灯油ランタンを活用してみるのもいいです。

 

光で周囲を照らしてくれるだけでなく、こういったプラスの効果があるのも嬉しいポイントです。寒い時期には暖房機器とまではいかないですが一定の効果は得られるでしょう。

優しい灯り

ガソリンランタンほどの光量は灯油ランタンにありません。しかし、3000kの電球色に近い明るさなので癒しの効果があるといわれています。身体、心が疲れている時には心に響く灯りはとても魅力的です。

 

また、火が灯されて動く炎の動きは自律神経を整える効果があるとも言われており、食後のリラックスタイムを充実してくれます。キャンプなどのアウトドアでのナイトシーンには非常に映える灯油ランタンです。

燃費コストの良さ

ガソリンランタンと比較すると灯油を使う灯油ランタンの方がランニングコストは低いです。なぜかというと、ガソリンより灯油の方が安いからです。それでいて明るさもLEDランタンのレベルは超えてきます。LEDとガソリンのいい所をバランスよく取ったランタンです。

 

また、ガソリンランタンはホワイトガソリンというものを燃料としていますが、灯油はガソリンスタンドなどで売っている我々と身近なもので対応できるので、無くなってもすぐに近くのガソリンスタンドなどで対応することができます

使用シーン

灯油ランタンの使用シーンはキャンプなどのアウトドアシーンにおいて、みんながいる中で、灯油ランタンで周囲を照らされながら談笑するというシチュエーションが多いかもしれません。そんな雰囲気の中で話したりできるのは最高の瞬間になるでしょう。

 

それ以外にも、災害で電気の供給が停まってしまった場合にも電機は必要とせず、明かりを灯すことができます。備えあれば憂いなしという言葉があるように、緊急対応として持っておくのも1つの選択肢なのかもしれません。

狭い空間ではCO中毒に注意

ガソリンランタンもそうですが、燃焼により有害ガスが発生してしまい、もし密封空間であったら、苦しみを感じず意識障害を起こしてしまうCO(一酸化炭素)中毒になってしまうかもしれないのです。危険が伴うことがあるので十分、注意しておきましょう。

 

また、ガスが発生しても臭気はなく、気づかないまま意識障害を起こし放置されれば心肺停止状態になってしまう可能性があるのです。しっかりと換気できる空間を作って使用するようにして対策を練っておくことが大切です。

灯油ランタンの選び方

灯油ランタンはタイプがわかれていて、得意分野不得意分野があります。自分の使いたい用途をはっきりさせておきましょう。

タイプで選ぶ

灯油ランタンの中でも種類が別れます。それによって、使い方や明るさなどに違いが生じてきます。自分が求めている灯油ランタンなのかチェックしてみましょう。

加圧式

灯油ランタンの種類として、まず先に紹介するのが「加圧式」です。加圧式は、ガソリンランタンと同様にポンピング作業が必要です。ポンピングとは、事前にポンプ内に圧力をかけて使えるように準備しておくことです。

 

但し、こういった手間がかかる分、照明機能は後ほど紹介する「フュアーハンド式」よりも高くなる傾向にあります。ですのですメインで使用できる灯油ランタンを求めている方はこちらのタイプに目を向けましょう。明るく照らしてくれます。

フュアーハンド式

フュアーハンド式の灯油ランタンは、芯が装着されているタンク上部のバーナーに外部から常時クリーンな空気が供給されていくことで暖気を生み出しています。

 

このような炎に注がれるまでの過程で、暖かい空気を生み出す空気の循環システムのおかげで、寒い季節においても持続的に安定した燃焼と揺らぎを提供してくれます。先に紹介したタイプとの違いは燃費の良さと言われています。

ポジションで選ぶ

灯油ランタンをメインの照明器具として使用したいのか、サブとしてテーブルなどの上に置いて使いたいのかで大きさなどが変わってきます。

メインランタン

灯油ランタンをメインとして、全体を照らすのに使用したいという方には火力のある加圧式タイプを選ぶのが適しています

 

火力もあり、大きく貢献してくれるでしょう。灯油を圧縮してガス化することで燃焼力を向上させているので、その明るさは十分です。灯油ランタンの美しい炎と着火後の香りと灯油ランタンの灯りが絶妙な雰囲気を作り出してくれるでしょう。

テーブルランタン

テーブル周辺だけを照らすのにはフュアーハンド式のタイプをおすすめします。明るさというよりかは雰囲気を醸し出せるものを選ぶ方がいいからです。

 

フュアーハンド式は、灯油を直接吸い上げ燃焼させるので気化させた灯油を燃焼させる加圧式には明るさで劣るものの、燃焼時間は長く、暖かい空気も放出してくれるので暖房効果もあります。間接照明としては十分です。

明るさで選ぶ

明るさをどれだけ求めているのかで選ぶ種類や大きさも違ってきます。初めて購入する方も全体を照らしたいのか、サブ機として間接的に照らせればいいのか想像してみましょう。

ムーディーな気分を味わいたい

場の雰囲気を色づけたり、インテリアの1つとしてそこに置きたいというのなら、優しい灯りで照らしてくれて雰囲気作りには適しています

 

なかなかムーディーな雰囲気をつくるのには適したタイプです。間接照明として灯油ランタンを登場させるのにも1つの使い方として活躍できます。

100W以上の明るさ

メインで照明として明るく照らしたいのであれば、100Wの明るさを目安に灯油ランタンを探してみましょう。それ以上であるなら光量は十分ありますので安心です。

 

燃料タンクに圧力をかけ、ガス状に気化させて燃焼、光を放つ加圧式の灯油ランタンで探していくことをおすすめします。

デザインで選ぶ

雰囲気をよくするためにも、デザインも注目してみてみましょう。デザインがよければインテリアとして置いておくだけでも楽しむことができます。

 

あなたが持っているアウトドアグッズを見て、カラーやブランドなどを灯油ランタンと合わせたりすると統一感が出て、おしゃれですよね。お気に入りを手に入れて雰囲気を楽しんだりできてアウトドアに出かけるのがもっと楽しくなるはずです。

手入れのしやすさで選ぶ

照明器具として魅力的な灯油ランタンですが、手入れやメンテナンスが大変だと使用するのが億劫になりがちです。アウトドアでの使用を頻繁に行いたい方には大切な部分です。

 

手入れが簡単に行えるのは、フュアーハンド式の方です。加圧式はガソリンランタンと同様に点火準備やメンテナンスなどが多いのです。そんなに多く手間をかけずに使いたいのであればフュアーハンド式がおすすめです。

灯油ランタンのおすすめ人気商品10選

1

canalship 銀の船

DIETZ ハリケーンランタン 90

価格:4,180円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタンダードなモデル

コンパクトな作りで使いやすいデイツのハリケーンランタン90です。タンク容量も大きく燃焼時間が25時間と長時間燃焼し続けるので、2日以上つけ続けられるタフさがあります。

 

また、太さがある分、低めの設計となっている灯油ランタンです。標準的なサイズで使いやすく価格も高すぎないので、初めての購入にもおすすめです。

燃焼時間25時間サイズ幅20.5、高さ35(㎝)
明るさ15Wタイプフュアーハンド式
2

Coleman

ケロシン(灯油) ランタン 12022‐L

価格:15,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アウトドアの定番メーカーがする灯油ランタン

コールマンのケロシンランタンです。コールマンらしいグリーンカラーで格好良く魅力的です。メンテナンスパーツも簡単に手に入りますし、メンテナンス自体も容易なので使い勝手がいいのが特徴です。

 

ケアやメンテナンスを定期的に行い、使用後のケアや適切な保管を実施することで長く活躍したくれるといいですね。加圧式でありますがランニングコストも低く抑えられているのも購入を検討する際の大きなポイントです。

燃焼時間6.5~8.5時間サイズ18x18x46(㎝)
明るさ700ルーメンタイプ加圧式
3

PETROMAX

HK500 nichel ニッケル

価格:26,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

歴史の深い灯油ランタンの定番

歴史のあるペトロマックスは1917年から販売される老舗メーカーです。長年使用され愛され続けるのにはその実用性の高さとデザインの良さが魅力だからではないでしょうか。

 

1000ml入れられるタンク容量で、燃焼時間も8時間とスタミナがあり明るさも充実しています。銀色の映えるフォルムは美しく明かりを灯せば癒しの空間を創出してくれるのです。

燃焼時間1000mlサイズ17×40(㎝)
明るさ500キャンドルタイプ加圧式
4

CAPTAIN STAG

M-8356

価格:9,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヴィンテージ風なデザインが美しい灯油ランタン

低価格でスペックもあるものが欲しいと思う方が多いのではないでしょうか。その要望を応えてくれるのがキャプテンスタッグの灯油ランタンです。室内の見える位置に保管しておくだけでも見映えがよくてヴィンテージ感を演出する手助けとなります。

 

最大で燃焼時間が14時間と長い点も魅力です。フュアーハンド式なので強い明るさは求められませんが、試しで使ってみたいという方にこちらの灯油ランタンをおすすめします。

燃焼時間14時間サイズ幅14.5×奥行11.5×高さ24.5(㎝)
明るさタイプフュアーハンド式
5

canalship 銀の船

DIETZ ハリケーンランタン78

価格:3,580円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトサイズの灯油ランタン

「デイズ」シリーズはサイズ違いの灯油ランタンを販売しており、自分の用途に合わせたサイズでの購入が行えます。

 

こちらはコンパクトな作りで重量も軽いです。8W程度の明かりを灯すくらいで、手元の作業を照らしたりサブとして使用するのにはうってつけです。

燃焼時間20時間サイズ約15×26.5(㎝)
明るさ8Wタイプフュアーハンド式
6

ホワイトキャンディ

HL1ストームランタン 12322

価格:51,521円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

映えるニッケルメッキのボディが魅力の灯油ランタン

キャンプの雰囲気作りにも適しているデザイン性のある灯油ランタンです。手のひらサイズで置く場所に困ることもありません。

 

150mlの容量なのに20時間の燃焼時間は燃費の良さが伺えます。加圧の必要もなく、初心者でもすぐに使いこなせます。アウトドアでの使用でも活躍すること間違いなしです。

燃焼時間20時間サイズ径14×高さ21.5(㎝)
明るさ5Wタイプフュアーハンド式
7

LOGOS

ブロンズランタン L

価格:2,138円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コストパフォーマンスのいい灯油スタンド

ガソリンランタンと比べると明かるさは劣りますが、それでも柔らかい和みのある色合いで心もリラックスします。

 

雰囲気作りにはとてもいい灯りです。コストも安いので、とりあえず買ってみようと思い立って即購入できる価格帯です。初心者にもおすすめです。

燃焼時間20時間サイズ50×50×120(cm)
明るさタイプフュアーハンド式
8

Guillouard

オイルランタン

価格:9,720円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

職人によって作り上げられた本格灯油ランタン

細かい42個の部品を組み立てて作り上げられている灯油ランタンです。アウトドアによく出かけるヘビーユーザーにも、ゆっくりと過ごしたい癒しの時間にも使用可能です。

 

喧騒な日々を忘れられるひと時を過ごすことができます。その点けるまでの作業時間もゆっくりと過ごせリラックスできる時間になるので、その過程も味わいながら過ごせる灯油ランタンです

燃焼時間10時間サイズ幅18×高さ31(cm)
明るさタイプフュアーハンド式
9

Vapalux

ランタン 300 ポリッシュドブラス

価格:43,200円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

個性的なデザインで周りを魅力する

サビに強いブラスを使うことでデザインをキープすることができます。使い込んでいくうちに味が出てくるので長年使える相棒になってくれそうです。

 

銀色ステンレススチールデザインもラインナップに挙がっています。こちらはアンティークな雰囲気を感じられ、そういった灯油ランタンをお探しの方はチェックしてみてください。

燃焼時間10時間サイズ高さ34.5cm
明るさ320キャンドルタイプ加圧式
10

TKG

オイルランプ OL-872-155C

価格:3,861円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

語らいの場の雰囲気作りに最適な灯油ランタン

重厚でエレガントなそのデザインは、私達を魅力します。アウトドアシーンというよりかはダイニングや室内のインテリアにおいてインパクトを強めてくれてアクセントになるでしょう。

 

スペックも十分活躍してくれるレベルです。燃焼時間も10時間と持続性があります。小ぶりな印象を持たされますが重厚で存在感を与えます。また、点灯後も、点けた状態での移動も安定的で楽に行えます。

燃焼時間10時間サイズ7.5×7.5×15.5(cm)
明るさタイプ

灯油ランタンの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:35572の画像

    canalship 銀の船

  • 2
    アイテムID:35573の画像

    Coleman

  • 3
    アイテムID:35574の画像

    PETROMAX

  • 4
    アイテムID:35575の画像

    CAPTAIN STAG

  • 5
    アイテムID:35576の画像

    canalship 銀の船

  • 6
    アイテムID:35588の画像

    ホワイトキャンディ

  • 7
    アイテムID:35578の画像

    LOGOS

  • 8
    アイテムID:35579の画像

    Guillouard

  • 9
    アイテムID:35580の画像

    Vapalux

  • 10
    アイテムID:35581の画像

    TKG

  • 商品名
  • DIETZ ハリケーンランタン 90
  • ケロシン(灯油) ランタン 12022‐L
  • HK500 nichel ニッケル
  • M-8356
  • DIETZ ハリケーンランタン78
  • HL1ストームランタン 12322
  • ブロンズランタン L
  • オイルランタン
  • ランタン 300 ポリッシュドブラス
  • オイルランプ OL-872-155C
  • 特徴
  • スタンダードなモデル
  • アウトドアの定番メーカーがする灯油ランタン
  • 歴史の深い灯油ランタンの定番
  • ヴィンテージ風なデザインが美しい灯油ランタン
  • コンパクトサイズの灯油ランタン
  • 映えるニッケルメッキのボディが魅力の灯油ランタン
  • コストパフォーマンスのいい灯油スタンド
  • 職人によって作り上げられた本格灯油ランタン
  • 個性的なデザインで周りを魅力する
  • 語らいの場の雰囲気作りに最適な灯油ランタン
  • 価格
  • 4180円(税込)
  • 15000円(税込)
  • 26500円(税込)
  • 9800円(税込)
  • 3580円(税込)
  • 51521円(税込)
  • 2138円(税込)
  • 9720円(税込)
  • 43200円(税込)
  • 3861円(税込)
  • 燃焼時間
  • 25時間
  • 6.5~8.5時間
  • 1000ml
  • 14時間
  • 20時間
  • 20時間
  • 20時間
  • 10時間
  • 10時間
  • 10時間
  • サイズ
  • 幅20.5、高さ35(㎝)
  • 18x18x46(㎝)
  • 17×40(㎝)
  • 幅14.5×奥行11.5×高さ24.5(㎝)
  • 約15×26.5(㎝)
  • 径14×高さ21.5(㎝)
  • 50×50×120(cm)
  • 幅18×高さ31(cm)
  • 高さ34.5cm
  • 7.5×7.5×15.5(cm)
  • 明るさ
  • 15W
  • 700ルーメン
  • 500キャンドル
  • 8W
  • 5W
  • 320キャンドル
  • タイプ
  • フュアーハンド式
  • 加圧式
  • 加圧式
  • フュアーハンド式
  • フュアーハンド式
  • フュアーハンド式
  • フュアーハンド式
  • フュアーハンド式
  • 加圧式

灯油ランタンをより良く使うために

灯油ランタンを購入して、いざ使用したいと思っても上手く使えなかったり、長く使っていなかったりすると使えなくなってしまう可能性もあるので、購入後にすることを覚えておきましょう。

燃料の入れ方等の使い方もしっかり理解しておこう

灯油ランタンを正しく使えるようにするためにも入れ方と抜き方は把握しておきましょう。灯油を入れる際は、ショウゴという灯油が漏れないようにする道具を使ってタンクへ注ぎます。この時、7分目までにして満タンは避けましょう。給油口から少し低い位が目安です。

 

そして、使用している際も燃料が切れるところまで使用してはいけません。そこまで使用すると、「芯」まで燃やしてしまい長く使用できなくなるからです。そこで継ぎ足しをして補充するようにしましょう。

長く使うためにケアは定期的に

長期的な目でみて灯油ランタンを長く使えるように定期的、使用前、使用後のケアは欠かさず行うようにしましょう。ケア用品も多数、販売されていますので確認しておきましょう。

 

そして、メインで使用するランタンなのか、それともサブで使用するのかで選ぶ灯油ランタンのタイプも違ってきます。加圧式なのか、フュアーハンド式なのかで扱い方も異なるので要チェックです。長く使用できるものにしたいですね。

まとめ

灯油ランタンといえども種類が多数販売されており、全て同じではありません。使い方もタイプによって違いますし、自分の使い方に合わせた灯油ランタンを見つけてアウトドアや室内をより美しく過ごしやすい環境にしましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ