記事ID2174のサムネイル画像

【圧倒的保冷力】ダイワクーラーボックス人気おすすめ商品10選

厳しい暑さが続く夏。アウトドアの季節でもあります。部活も盛んに行われる時期です。猛暑でも飲み物を保冷してくれたり、食材を保存してくれたり、釣り用の餌を保冷してくれたりとクーラーボックスといえど用途は様々です。今回はダイワのクーラーボックスを紹介します。

ダイワのクーラボックスの魅力

釣り具メーカーとして高い人気を誇るダイワ。もちろん釣りには欠かせないクーラーボックスの品揃えも充実しています。まずダイワのクーラーボックスの特徴は保冷レベルにあります。最も保冷レベルの高い真空パネル断熱材や中程度の保冷レベルを持つウレタン断熱材

 

そして発泡スチロール断熱材とあります。断熱レベルに関しては後々紹介しますが、この3つの保冷レベルが特徴といえます。シマノのクーラーボックスと保冷レベルで比べられますが、同じ価格帯で比べた際に保冷力はダイワの方が高く、また堅牢な点も魅力です。

 

逆にシマノよりも重さに関して劣っており、同価格帯で比べると重くて持ち運びがシマノのクーラーボックスに比べて大変というデメリットがあります。性能のダイワ、使用感のシマノといえばわかりやすいかもしれません。

ダイワのクーラーボックスの選び方

ここからはダイワのクーラーボックスの選び方を紹介します。たくさん種類があるので選び方を参考にして是非自分に合った商品を見つけてください。

シリーズで選ぶ

ダイワのクーラボックスには多くのシリーズが存在します。その中で代表的なものをいくつか紹介していきます。

プロバイザー

特に、キャンパーに高い人気を誇るプロバイザーシリーズ保冷力も高く、搭載されているロングハンドルが扱いやすさを際立たせています。また上フタにリフトアップオープンシステムを採用しており、開け閉めのしやすさも魅力と言えるでしょう。

 

置いたままボックス内の水を排出できるワンタッチ水栓や椅子としても活躍してくれる堅牢なボディを持ち合わせており、釣りにおいても活躍してくれます。

クールラインαⅡ

リブ補強によって、耐久性を誇るクールラインシリーズです。変形で保冷力が低下しないように堅牢な作りになっているため、椅子としても使えるほどガッチリとした設計になっています。上フタは左右のどちらからでも片手で簡単に開けることができます。

 

また防音キャスターを搭載した持ち運びに優しいものも存在しています。

トランク大将Ⅱ

釣りの際に想定以上の大量や大型魚が釣れた時にもしっかりと保冷してくれる収納力と保冷力を併せ持つ大容量のクーラーボックスのシリーズです。濡れて滑りやすい磯場や船上でも安定して置けるようにダイワ独自の滑るどめラバーを搭載しています。

 

魚の投入時に便利な大型投入口を備えており、フタを全部開ける必要がないので冷気を逃しにくい設計になっています。また釣りだけではなく、持ち運びに便利なスライド式ハンドルや水栓も装備しており、アウトドアにもしっかり対応しています。

ダイワRX

暑い季節の釣りやアウトドアで、魚やその他の食材そして飲み物などをしっかり冷やせる高性能のクーラーボックスシリーズです。ノンフロンウレタン断熱によって高い保冷力を実現してくれています。

 

取り外し可能でメンテナンスが簡単な上フタ、小物収納に便利なトレーや大型投入口など便利な機能が搭載されています。様々なシーンで活躍してくれます

ライトトランクⅣ

軽量化を最優先にした最軽量を誇るクーラーボックスシリーズです。とはいえ性能もしっかりしており、大容量の収納力とこう保冷力を持っています。また化学的な消臭方法で臭いをしっかり封じ込めてくれる設計で、車での持ち運びでも中の物の匂いが気になりません。

スノーライン

小物釣りに向いているコンパクトなクーラーボックスが多くあるシリーズです。例えば、ワカサギ釣りなどに最適と言えるでしょう。もちろん、釣りだけでなく、海や川そして山にも対応しています。スチロール素材で軽量なため機動性も高いという特徴があります。

型番で選ぶ

型番は商品名でいうとプロバイザーHD SU2700のSUの部分位当たります。この型番によって断熱仕様やクーラー使用の用途が変わってきます。

S

型番Sの断熱仕様はスチロールです、ダイワの断熱性能では最も低い仕様になっています。そしてクーラー使用の用途は、軽さや使いやすさとある程度の保冷力を兼ね備えたものなので、部活等スポーツの飲み物の保冷に向いています

GU

断熱仕様は発泡ウレタンで、ダイワの断熱性能の中では中堅クラスの断熱性を持ちます。スチロール並みの軽さを備えつつ、スチロール以上の保冷力で、中に入れているものをしっかり保冷しつつ、持ち運びも楽にできます。

 

スチロール断熱材の保冷力に満足しできなかったという人におすすめです。

SU

一面だけの真空パネルと発泡ウレタンを断熱材に使っています。真空パネルを用いている面は底面で、日光に照らされて熱くなった地面からの熱の伝道をしっかりと遮断して保冷レベルを高い段階で保ってくれます

TSS

底面と長側面の3面に真空パネルと発泡ウレタンによって、底からの熱の伝導と側面からの熱の伝導にも強くなっており、SUよりもさらに多方面からの熱に強くなっています。そのため高保冷クーラーを求めている人におすすめの型番となっています。

ZSS/VSS

全面の真空パネルと発泡ウレタンによって圧倒的な保冷力を誇ります。炎天下での長時間使用や真夏の車内中などの過酷な環境下の中での使用を前提に設計された最強保冷を誇る型番です。性能もさることながら値段も最も高くなっています。

断熱素材で選ぶ

クーラーボックスの保冷力は断熱素材で決まります。またダイワは断熱性を数値化してわかりやすくしました。断熱素材をKEEPという指標を使って紹介していきます。

スチロール素材

スチロール素材の断熱性は、おおよそKEEP50程度だといっていいでしょう。この50という数値は40度の環境下で氷が溶けきるまでに50時間かかるということです。詰め込む氷の量によって変わってきますが、基本的にはクーラーの容量に対して25%入れて検証しています。

 

スチロール素材でも十分と思えるほどの断熱性能を持っているように思えます。

発泡ウレタン素材

発泡ウレタン素材は、KEEP60の断熱性能を持っています。つまりどう条件下で氷が溶けきるまで60時間かかるということです。二日以上の釣りやアウトドアにおすすめのものとなっています。

1面真空パネル/6面真空パネル素材

1面の真空パネルは70KEEPで6面の真空パネルは80KEEPとなっています。ここまでくると正直、相当な断熱性を持っているためプロ仕様と言えるのではないのでしょうか。長期間漁に出る人や過酷な環境下でアウトドアをする人におすすめと言えます。

サイズで選ぶ

クーラーボックスにもサイズがたくさんあります。今回は、シリーズごとではなくサイズの多様性の観点から紹介します。

小から大サイズまで備えているシリーズ

サイズの幅が多く、選択肢が増えるタイプのクーラーボックスはプロバイザー、クールライン、ダイワRXのシリーズとなっています。10L前半から35Lでの小から大まで取り扱っています。サイズ的には20L程度のものが一般的にはおすすめのサイズとなっています。

 

サイズの目安を紹介するのであれば、10L台は小物釣りに、20Lは40cmクラスの魚に、30L以上は大型の青物に適しているサイズとなっています。

中から大まで備えているシリーズ

中型から大型を揃えているシリーズはライトトランクとトランク大将シリーズです。ライトトランクは20L、30Lでトランク大将は40Lと50Lを備えています。中型特化はライトトランクで、大型特化がトランク大将と考えていいでしょう。

ダイワクーラーボックス人気おすすめ商品10選

1

ダイワ(DAIWA)

クーラーボックス

価格:3,568円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小型サイズで持ち運び楽々

移動に便利な、このクーラーボックスはコンパクトで軽量設計になっています。ベルト仕様のため持ち運びに優れ、女性にもおすすめのクーラーボックスと言えるでしょう。サイズは小型サイズなので小物釣りに向いています。

 

冷気を逃しにくく、魚をしまう際に便利な投入口を装備しており、上フタが取り外し可能で洗いやすく、衛生面にも優れています。

サイズ6L/8Lシリーズクールライン
断熱素材スチロール型番S
2

ダイワ(DAIWA)

クーラーボックス

価格:22,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量ながら扱いやすい

サイズ50Lの大型クーラーボックスです。断熱素材にはスチロールを用いており、大型ながら軽くて使いやすい上に70KEEOの保冷力も兼ね備えたオールラウンダーです。その内容量は具体的に500mlペットボトルが44本程度入るほどの収納力を誇ります。

サイズ50Lシリーズトランク大将Ⅱ
断熱素材スチロール型番S
3

ダイワ(DAIWA)

クーラーボックス

価格:13,076円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量で機能的

66KEEPの保冷力を持ちながら、500mlのペットボトルが29本収納可能な大容量を誇り、大量や大型の魚にも対応できるクーラーボックスになっています。フタを取り外すことによって洗うことができるので、衛生面も心配する必要はありません。

 

また冷気を逃さない魚の投入口や滑り止めや水栓、ショルダーベルトなど機能性も充実したクーラーボックスになっています。

サイズ40Lシリーズトランク大将Ⅱ
断熱素材スチロール型番
4

ダイワ(DAIWA)

クーラーボックス

価格:12,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハンドルとキャスターで持ち運びが楽に

目的の場所まで荷物を持って移動する際に便利なキャリーハンドルとキャスターを備えています。バッカンなどをまとめて上に乗せることで、多くの荷物を同時に簡単に運ぶことができます。容量的には弁当やペットボトルをしっかり収納できる25Lとなっています。

サイズ25LシリーズシークールキャリーⅡ
断熱素材スチロール型番
5

ダイワ(DAIWA)

クーラーボックス

価格:10,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高い耐久性と保冷力

断熱材の保冷力はもちろんのこと、リブ補強で強固さを増し、変形による保冷効果の低下を防止してくれます。使い勝手のいいフタは両開きが可能でメンテナンスも簡単にできます。また500mlのペットボトルがすっぽり入るほどの機能性もあります。

 

ハンドルとベルトによって持ち運びも楽に行うことができます。発泡ウレタンによって軽さと保冷力の高さを実現しています。

サイズ20Lシリーズクールライン
断熱素材発泡ウレタン型番GU
6

ダイワ(DAIWA)

クーラーボックス

価格:3,285円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超小型だが機能的

釣りはもちろんのこと海、川、山などのアウトドアやフェスなど幅広いシーンで使える便利なクーラーボックスとなっています。500mlのペットボトルが立てた状態で収納することができます。背面中央に水栓があり、上フタを開けることなく排水できます。

 

 

サイズ2.9Lシリーズスノーライン
断熱素材スチロール型番
7

ダイワ(DAIWA)

クーラーボックス

価格:21,592円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ジャンルを問わないオールマイティボックス

防波堤や船、磯、サーフなどの釣りというジャンルに問わず活躍する多機能なクーラーボックスとなっており、どのような状態でもしっかりした保冷力を発揮してくれます。両開きタイプでリストアップオープンシステムを採用した使い勝手のいい上フタを採用しています。

 

ワンプッシュ投入口は魚を入れる際に冷気を逃すことがありません。またクーラー底に装備された滑り止めで、どんな地面コンディションでも安定して置くことができます。保冷レベルは、およそ40KEEPとなっています。

サイズ21LシリーズプロバイザーHD
断熱素材1面真空パネル/発泡ウレタン型番SU
8

ダイワ(DAIWA)

クーラーボックス

価格:10,632円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量に特化

軽量化最優先で設計しており、非常に軽くて持ち運びのしやすいクーラーボックスになっています。軽量にも関わらず30KLの大容量で24KEEP以上の保冷力を有しています。500mlのペットボトルが縦向きで24本入ります。

サイズ30LシリーズライトトランクⅣ
断熱素材スチロール型番S
9

ダイワ(DAIWA)

クーラーボックス

価格:8,897円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

持ち運びと保冷力

保冷力を高める2面真空パネルと発泡ウレタンを使用しているため外部からの熱に非常に強くなっています。また魚をしまう際便利な投入口がついているため、魚を収納する際も冷気を逃すことなく収納することができます。

 

コンパクトで軽量な上に、ベルトがついているために持ち運びに長けており、移動を楽にしてくれます。

サイズ8Lシリーズクールライン
断熱素材2面真空パネル/発泡ウレタン型番SU
10

ダイワ(DAIWA)

クーラーボックス

価格:10,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

適度な容量と機能性

リブ補強によって剛性を高め、変形による保冷力の低下を防ぎます。上フタは完全に外すことができるので衛生面もしっかりと管理することができます。また500mlのペットボトルを縦で入れることができるほどの容量と機能性を持ち合わせています

サイズ15Lシリーズクールライン
断熱素材発泡ウレタン型番GU

ダイワクーラーボックス人気おすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:30793の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 2
    アイテムID:30799の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 3
    アイテムID:30808の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 4
    アイテムID:30812の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 5
    アイテムID:30830の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 6
    アイテムID:30838の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 7
    アイテムID:30851の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 8
    アイテムID:30880の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 9
    アイテムID:30916の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 10
    アイテムID:30921の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 商品名
  • クーラーボックス
  • クーラーボックス
  • クーラーボックス
  • クーラーボックス
  • クーラーボックス
  • クーラーボックス
  • クーラーボックス
  • クーラーボックス
  • クーラーボックス
  • クーラーボックス
  • 特徴
  • 小型サイズで持ち運び楽々
  • 大容量ながら扱いやすい
  • 大容量で機能的
  • ハンドルとキャスターで持ち運びが楽に
  • 高い耐久性と保冷力
  • 超小型だが機能的
  • ジャンルを問わないオールマイティボックス
  • 軽量に特化
  • 持ち運びと保冷力
  • 適度な容量と機能性
  • 価格
  • 3568円(税込)
  • 22900円(税込)
  • 13076円(税込)
  • 12000円(税込)
  • 10200円(税込)
  • 3285円(税込)
  • 21592円(税込)
  • 10632円(税込)
  • 8897円(税込)
  • 10800円(税込)
  • サイズ
  • 6L/8L
  • 50L
  • 40L
  • 25L
  • 20L
  • 2.9L
  • 21L
  • 30L
  • 8L
  • 15L
  • シリーズ
  • クールライン
  • トランク大将Ⅱ
  • トランク大将Ⅱ
  • シークールキャリーⅡ
  • クールライン
  • スノーライン
  • プロバイザーHD
  • ライトトランクⅣ
  • クールライン
  • クールライン
  • 断熱素材
  • スチロール
  • スチロール
  • スチロール
  • スチロール
  • 発泡ウレタン
  • スチロール
  • 1面真空パネル/発泡ウレタン
  • スチロール
  • 2面真空パネル/発泡ウレタン
  • 発泡ウレタン
  • 型番
  • S
  • S
  • GU
  • SU
  • S
  • SU
  • GU

カスタムパーツでより機能的に

ダイワのクーラボックスにはカスタム用のパーツが存在しており、そのパーツによってクーラーボックスの機能性をさらに高めてくれます。例えば、氷と魚の部分を分け、魚の氷焼けを防ぐためのスノコトレーや小物類を細かく分けて収納できるサイドボックス。

 

さらには、荷崩れ防止用のラジケットネット、餌の取り付けの際に竿を立てておくためのスタンドなどもクーラーボックスにカスタムすることができます。パーツカスタムするだけで、クーラーボックスの利便性は一段と上がること間違いなしです。

 

最初からこれらの機能がついているものがありますが、自分が必要なパーツは後から付け足すことができるので、これらの機能は気にせずにまずは自分の気に入ったクーラーボックスを購入して、それから徐々に必要に応じてカスタムしていきましょう

その他の人気クーラーボックスはこちら

まとめ

ダイワのクーラーボックス。流石に釣り具業界の最大手メーカーというだけあって釣りに特化したものが多いですが、その汎用性は非常に高く色々なシーンに使えるものがほとんどです。自分の使用目的に応じてサイズや保冷力を選びましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ