記事ID2177のサムネイル画像

【2019最新版】大人に人気のボードゲームのおすすめ商品10選

ボードゲームと言えば、幅広いゲーム性で友達と遊んでも楽しいですし、家族みんなの団欒の時に遊んでも楽しい、子供から大人まで遊べるゲームとして有名ですが、今回はその中でも特に大人が遊んでもハマる人気のボードゲームを紹介していきます。

大人も楽しめるボードゲームの魅力

ボードゲームと一言で言っても、人生ゲームや野球盤、オセロや将棋などの有名なものから、名前を聞いただけではピンとこないようなゲームもあります。トランプなどカードを使って遊ぶものもボードゲームの一つですので大人の方なら何か一つくらいは遊んだことがあるでしょう。

 

大人になるとなかなか友達と家で遊ぶことが少なくなるかもしれませんが、ボードゲームで遊ぶことで一緒に遊んだ友達や家族とコミュニケーションが取れるので絆も深まるといった魅力がありますし、仕事以外で最近頭を使っていない人は頭の体操にもなります。

大人向けボードゲームの選び方

ボードゲームは紀元前からあったと言われており、ゲーム性も幅広いため日本にあるだけでも数千種類のボードゲームがあります。その中から自分に合ったボードゲームの選び方を紹介していきます。

ジャンルで選ぶ

さまざまなジャンルがあるボードゲームなので、どんなジャンルのボードゲームで遊ぶかをまず決めておくと、自分に合ったものを選びやすいでしょう。

気軽に出来るすごろく系のゲーム

それほどゲームをやらない大人の人でも、子供の頃に一度は遊んだことがあるのがすごろく系のボードゲームなのではないでしょうか?基本的にはルーレットやサイコロを振って、いち早くゴールにたどり着いた人が勝ち、といったわかりやすいルールなのも遊びやすいです。

 

簡単なのにわかりやすく、とても盛り上がることができるすごろく系のボードゲームは、最近ゲームをあまり遊んでいない大人でもすぐに始めることが出来るでしょう。そんなすごろく系のボードゲームの中にも奥が深いものもあるので、ゲーム好きな人も楽しめるものも多いです。

頭を使った盤上のボードゲーム

将棋や、オセロ、囲碁、チェスなどは昔から人気のボードゲームのジャンルです。小さいころは将棋や囲碁の面白さなんてわからなかったという人も、大人になってそういったボードゲームの魅力がわかってきたという人も多いでしょう。

 

こういったゲームは遊べば遊ぶほど、自分が成長していくのがわかるのが大きな魅力です。なかなか同じゲームをやっている人を見つけるのは難しい部分もありますが、一度同士を見つけたら、それから年を重ねてもずっと遊んで行ける友達になる可能性も高いです。

奥が深いカード系のボードゲーム

カードを使ったゲームと言うと、子供に人気のものが多いのですが、実は大人でも楽しめる奥が深いカードゲームもたくさんあります。ゲーム性も幅広いので、探してみると自分に合ったボードゲームが見つかるでしょう。

 

カードゲームは戦略性がとても高く、自分が持っているカードがそれほど強くなくても使い方によっては勝つことができるので、戦略を考えたりするのが得意な大人におすすめです。自分の持っているカードのデッキの構築も楽しく、カードのコレクションも楽しむことができます。

対象年齢で選ぶ

ボードゲームには対象年齢が記載されているものもあります。パッと見面白そうだと思っても、その対象年齢が低すぎるものは大人の人にとってはあまり面白くないボードゲームの可能性もあります。

 

対象年齢はあくまで目安であるので、対象年齢だけを見て選ぶのはあまりよくありませんが、他の要素に加えて対象年齢も加味してボードゲームを選ぶと、選ぶ時に失敗しづらいでしょう。

プレイ時間で選ぶ

ボードゲームの中には1ゲーム5分ほどで遊べるものから、数時間かけて遊ぶものまで幅広くあります。それほどゲームをやり込んでいない友達と遊ぶ時や、仕事が忙しくて時間があまりないけど、息抜きで遊びたいという大人の方は簡単に遊べるゲームを遊んでみましょう。

 

逆に大人になって久しぶりに会った友達が家に泊まりに来たときなどは、ここぞとばかりに決着がつくまでに数時間かかる、壮大なボードゲームで遊んでみましょう。時間が短いものと、長い物を2つ用意しておくと、いろいろな場面に対応できます。

プレイ人数で選ぶ

多くのボードゲームは、遊べる人数が決まっています。将棋やオセロなどのボードゲームですと2人でしか遊べないと決まっているものもありますが、すごろく系のゲームでしたら2人~〇人など、遊べる人数にも幅があったりします。

 

1回のゲームが決着がつくまでに5分や10分のボードゲームなら良いのですが、1時間くらいかかるボードゲームの場合、3人でいるのに2人用のボードゲームで遊ぶことになると1人は待ち時間が長くなり、大人と言えど嫌になってしまう可能性が高くなるので気を付けましょう。

タイアップしているもので選ぶ

子供と一緒に家族でボードゲームで遊ぶときには子供にもわかりやすいアニメやゲームとタイアップしているボードゲームで遊んでみると、楽しみやすいです。また、大人同士でも昔好きだったアニメのボードゲームで遊べば、昔話に花が咲くという利点もあります。

 

国民的なアニメとタイアップしているようなボードゲームは、ゲーム性もわかりやすいものが多いので、あまりボードゲームに慣れていない友達がいるときでも、みんなで盛り上がって遊ぶことが出来るでしょう。

ボードゲームの人気商品10選

1

マテル(MATTEL)

ブロックス BJV44

価格:1,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゲームの賞を総なめ

「ブロックス」は世界中の玩具祭を席巻し、賞を総なめしたフランス生まれのテリトリー戦略ゲームです。運の要素よりも、自分の知力が重要となってくるので、子供でも遊ぶことはできるものの、基本的には賢い大人の方が勝ちやすいゲームとなっています。

 

最初のピースをボードの隅に置いて、その後はピースの角と角を順番につなげていくだけというシンプルなゲーム性ですが、他の人がどこにどのピースを置いていくのかというのを先読みしていかなければならないので、大人の方も頭を柔らかくして考えていきましょう。

ジャンルブロックゲーム遊戯人数2~4人
対象年齢7歳以上プレイ時間20分~30分
2

すごろくや

カードゲーム 犯人は踊る (第三版)

価格:1,350円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

推理するのが好きな方へ

犯人は踊るというタイトルや、パッケージを見るとまるで推理小説のような感を受ける人も多いでしょう。このゲームはババ抜きのような簡単なゲーム性で、犯人を推理していくので、推理ドラマや推理小説が好きな大人の方に特におすすめです。

 

1ターンに1枚ずつカードを捨てていき、最後に犯人カードを捨てることができれば犯人の勝ち、探偵カードを持っている人が、犯人カードを捨てられる前に犯人を当てることができれば、犯人以外の勝ちとなる単純なゲーム性なのですが、これが結構ハマります。

ジャンルカードゲーム遊戯人数3~8人
対象年齢8歳以上プレイ時間約10分
3

ジーピー

カタン スタンダード版

価格:2,901円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界で2000万個以上売れている

このボードゲームの人気の秘密はカンタンなのに奥が深いことです。小学生から遊べるほどルールがわかりやすくて最初は始めやすく入り口も広いのですが、運だけでも、戦略だけでも勝てない奥の深さで、大人もハマるゲームです。

 

簡単にゲームの流れを説明していくと、まずは家を建てます。そしてサイコロを振って資源を獲得していき、その資源を使って陣地を増やしていくという流れです。資源は他のプレイヤ―と交換することもできるので、大人ならではの交渉力を発揮しましょう。

ジャンル開拓ゲーム遊戯人数3~6人
対象年齢8歳以上プレイ時間約60分
4

コザイク(cosaic)

テストプレイなんてしてないよ

価格:2,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

短い時間で遊べる

アメリカで大人気の理不尽でおバカなゲームがついに日本に上陸しました。ゲームの目的はズバリ「勝利する事」。カードに書かれた「○○すれば勝利する」という条件を満たせば、それでOKというとてもわかりやすいゲーム性です。

 

大人になると、考えが凝り固まってしまってバカなことが出来なくなってしまう人も多いですが、こういった短時間で遊べるちょっとおバカなゲームで遊ぶことで童心を取り戻すこともできるでしょう。

ジャンルカードゲーム遊戯人数2~10人
対象年齢13歳以上プレイ時間10秒~5分
5

幻冬舎

会話型心理ゲーム 人狼 SUPER DX

価格:1,528円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人狼は誰だ?

人間になりすましている狼はだれかを見破るゲームである「人狼」のSUPER DX版です。嘘をつき通せるのか、それとも嘘を見破れるのか、騙すスリルと見破る快感で大人気のゲームです。DX版の今作は人狼チームでも市民チームでもない第三の勢力が登場します。

 

条件を満たしたうえでゲーム終了まで生き残ることができれば勝利の第三勢力が追加されたことや、「神様」「アンドロイド」「カウンセラー」など上級者向けの新しい役職も合わせて13種類の役職が増えたことで、より奥の深い大人向けの人狼ゲームとなっています。

 

 

ジャンルカードゲーム遊戯人数4~25人
対象年齢10歳以上プレイ時間10~90分
6

ビバリー(BEVERLY)

マスター将棋&囲碁ミニ

価格:1,229円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

将棋と囲碁が両方できる

この「マスター将棋&囲碁ミニ」は藤井聡太さんの活躍で、若い人から大人の人まで人気が沸騰している将棋と、プロ最年少囲碁棋士である、仲邑菫さんの登場で盛り上がっている囲碁の両方を楽しむことが出来る商品です。

 

大人になってから新しいことを覚えるのはなかなか大変ですが、この「マスター将棋&囲碁ミニ」は、ルールをすぐにマスターできる工夫がたくさんあり、漫画でルールを覚えることもできるので、これから将棋や囲碁を覚えようと思っている人にもおすすめです。

ジャンル将棋、囲碁遊戯人数2人
対象年齢7歳以上プレイ時間-
7

エポック(EPOCH)

どこでもドラえもん 日本旅行ゲーム+ミニ

価格:641円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

有名キャラのボードゲーム

老若男女誰でも知っているキャラクター、ドラえもんをモチーフに全国を巡ってどこドラを一番多く集めたら勝ちの「日本旅行ゲーム」がメインのゲームです。誰でも知っているドラえもんのゲームなので、大人も子供も楽しむことができます。

 

持ち運びが出来るのも魅力なので、気心の知れた昔からの友達との旅行に持っていけば盛り上がること間違いなしです。メインのゲーム以外にも、ドラえもんのカードを使った「どこドラ10ゲーム」や「ドラストワンゲーム」でも遊ぶことが出来ます。

ジャンルすごろく、カードゲーム遊戯人数2~4人
対象年齢6歳以上プレイ時間-
8

タカラトミー(TAKARA TOMY)

人生ゲームプラス 令和版

価格:2,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最新の人生ゲーム

人生ゲームと言えば、昔から人気のあるボードゲームで、一度を遊んだことがある人も多いのではないでしょうか?この「人生ゲームプラス 令和版」は、人生ゲームの最新作で過去の人生ゲームと比べて変わった部分も多いのが特徴です。

 

特に変わったのは、ゴールやお金がないことで、最近流行りのツイッターやインスタグラムで多いと良いとされている、フォロワーを増やすことで勝敗を決める部分です。過去の人生ゲームしか遊んだことがない大人の方も、新鮮な気持ちで遊ぶことが出来るでしょう。

ジャンル人生ゲーム遊戯人数2~4人
対象年齢6歳以上プレイ時間約30分
9

ホビージャパン(HobbyJAPAN)

アズール 日本語版

価格:4,669円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最高のタイル・アーティストに

「アズール」は、プレイヤーがタイル・アーティストとなり、エヴォラ宮殿の壁をカラフルなタイルで装飾するゲームです。誰かが自分の壁にタイル5枚を横一列に配置したらゲームは終了で、得点が最も多いプレイヤーが、最高のタイル・アーティストになります。

 

ゲーム性はタイルを並べていくだけととても簡単なので、初心者でも遊べますが、戦略性がとても高く本気で勝とうと思うと結構頭を使います。何もしないとだんだん衰えていってしまう脳みそを活性化させるために、大人にこそ遊んでほしいボードゲームです。

ジャンルパズルボードゲーム遊戯人数2~4人
対象年齢8歳以上プレイ時間30~40分
10

カワダ(Kawada)

ラビリンス (Labyrinth) ボードゲーム

価格:2,854円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

運と戦略のバランス

動く迷路で宝探しをしながら「宝物」や「生き物」を手に入れ、最初に出発点に帰り着いたプレイヤーが勝ちというゲーム性です。迷路カードを駆使して、自分が上手く宝物を獲得しつつ、相手を邪魔していくという戦略が楽しいです。

 

結構戦略に頭を使うので、大人の方に特におすすめなのですが、運の要素も強く意外と子供が勝ってしまうということもあるので、家族で遊んでも楽しめるでしょう。1回のゲームのプレイが20分~30分ほどなので、何度も遊んでみましょう。

ジャンル宝探し遊戯人数2~4人
対象年齢8歳以上プレイ時間20分~30分

ボードゲームののおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:31250の画像

    マテル(MATTEL)

  • 2
    アイテムID:31249の画像

    すごろくや

  • 3
    アイテムID:31105の画像

    ジーピー

  • 4
    アイテムID:31103の画像

    コザイク(cosaic)

  • 5
    アイテムID:31101の画像

    幻冬舎

  • 6
    アイテムID:31099の画像

    ビバリー(BEVERLY)

  • 7
    アイテムID:31019の画像

    エポック(EPOCH)

  • 8
    アイテムID:30957の画像

    タカラトミー(TAKARA TOMY)

  • 9
    アイテムID:30943の画像

    ホビージャパン(HobbyJAPAN)

  • 10
    アイテムID:30934の画像

    カワダ(Kawada)

  • 商品名
  • ブロックス BJV44
  • カードゲーム 犯人は踊る (第三版)
  • カタン スタンダード版
  • テストプレイなんてしてないよ
  • 会話型心理ゲーム 人狼 SUPER DX
  • マスター将棋&囲碁ミニ
  • どこでもドラえもん 日本旅行ゲーム+ミニ
  • 人生ゲームプラス 令和版
  • アズール 日本語版
  • ラビリンス (Labyrinth) ボードゲーム
  • 特徴
  • ゲームの賞を総なめ
  • 推理するのが好きな方へ
  • 世界で2000万個以上売れている
  • 短い時間で遊べる
  • 人狼は誰だ?
  • 将棋と囲碁が両方できる
  • 有名キャラのボードゲーム
  • 最新の人生ゲーム
  • 最高のタイル・アーティストに
  • 運と戦略のバランス
  • 価格
  • 1900円(税込)
  • 1350円(税込)
  • 2901円(税込)
  • 2800円(税込)
  • 1528円(税込)
  • 1229円(税込)
  • 641円(税込)
  • 2800円(税込)
  • 4669円(税込)
  • 2854円(税込)
  • ジャンル
  • ブロックゲーム
  • カードゲーム
  • 開拓ゲーム
  • カードゲーム
  • カードゲーム
  • 将棋、囲碁
  • すごろく、カードゲーム
  • 人生ゲーム
  • パズルボードゲーム
  • 宝探し
  • 遊戯人数
  • 2~4人
  • 3~8人
  • 3~6人
  • 2~10人
  • 4~25人
  • 2人
  • 2~4人
  • 2~4人
  • 2~4人
  • 2~4人
  • 対象年齢
  • 7歳以上
  • 8歳以上
  • 8歳以上
  • 13歳以上
  • 10歳以上
  • 7歳以上
  • 6歳以上
  • 6歳以上
  • 8歳以上
  • 8歳以上
  • プレイ時間
  • 20分~30分
  • 約10分
  • 約60分
  • 10秒~5分
  • 10~90分
  • -
  • -
  • 約30分
  • 30~40分
  • 20分~30分

ボードゲームで遊ぶときの注意点

家族団らんの時間や、友達がたくさん家に遊びに来た時、お正月などで親戚が集まったときなどに、みんなで盛り上がって遊ぶことが出来るボードゲームですが、少しだけ注意点もあります。ボードゲームを購入する前に注意点を知っておけば失敗が少なくてすむでしょう。

 

まずは、全員が大人の場合は良いですが、大人の中に子供が混ざってボードゲームをする場合は複雑なルールのものは辞めておきましょう。子供は集中力が続かないので、最初のルールの時点で難しいなと思うとゲームを楽しむことができません。

 

また、とても仲が良く気ごころが知れた友達ならこれも問題はないのですが、ちょっとした知り合いくらいの友達とボードゲームをやるときに、駆け引きで相手を陥れるようなことを何度もすると、その友達との仲が壊れてしまう可能性もあるので少し注意が必要です。

その他の人気ボードゲームはこちら

まとめ

大人がやっても面白いボードゲームを、大人だけでやった方が楽しめるものから、子供も交じえて家族みんなで楽しめるものまで紹介してきましたが、気になるボードゲームはありましたか?気になるボードゲームがありましたら、是非購入して、友達や家族みんなで盛り上がって遊んでみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ