記事ID2180のサムネイル画像

【筋トレ初心者もOK】女性向きダンベルのおすすめ人気商品10選

ダンベルは女性のダイエットや筋トレに欠かせないアムテムです。カラーがきれいで、かわいい形のダンベルはインテリアとして部屋に置いてもおしゃれです。そこで、女性向きダンベルの人気おすすめ商品をまとめましたので、お気に入りを見つけてくださいね。

おしゃれな女性向きダンベルで筋トレしてダイエットしよう

スポーツジムで自分の筋肉を見ながら、真っ赤になって必死に持ち上げるのがダンベルの一般的なイメージです。しかし、女性がダイエットを目的に使うダンベルは、イメージとは違うおしゃれでかわいいものの方が人気があります。

 

自分に必要な重さを決めたら、カラーや形にもこだわって選びましょう。お気に入りのダンベルなら筋トレしても楽しく、毎日続ければダイエットにも効果があります。そこで、人気の女子向きダンベルをご紹介しますので、ぜひご覧ください。

女性向きダンベルの選び方

女性向きのダンベルは仕組み、コーティングの有無、重さ、デザイン、価格をポイントにして選びます。それぞれを詳しくご紹介しますのでご覧ください。

仕組みで選ぶ

女性向きのダンベルには、重さが決まっている固定式と重さを変えることができる可変式、タンク式があります。それぞれの特徴をご紹介しますので、ぜひ、ご覧ください。

一定の重さがあればいい運動には固定式が人気

固定式の女性向きダンベルは重さを変えることができず、1kgや2kgなど重さが決まっています。ダンベルを持って行うダンベル体操や、軽めのダンベルを持って走るジョギングなど持久力をつける運動用として人気があります。

 

重りを付け替える必要がなく、重りの固定用ネジが緩んで落ちる危険性もないので安心して使うことができ人気があります。しかし、筋トレ目的で使う場合は筋肉がついても重さを上げることができず、さらに重い女性向けダンベルを購入することになり費用がかかります。

可変式はさまざまなトレーニングに対応でき便利

可変式は持ち手と重りが別になっているので、女性向きダンベルの重さを自由に変えることができ人気があります。筋トレで筋力をアップすることを目的にするなら可変式のダンベルが向いています

 

しかし、重りを交換するのに手間がかかり、重りをとめるネジが緩んで締め直さなければいけないデメリットもあります。楽に使いたい女性の場合は固定式をおすすめします。可変式はしっかりしたバーにする必要があるので、重さが最低2.5kg程度からしかないのもデメリットです。

持ち運びに便利な水や砂を入れて使うタンク式

タンク式のダンベルはプラスチックやPVCなどでできていて中が空洞になっています。中に水や砂を入れることでダンベルとして使える便利なもので軽い気分でダンベルを使いたい女性に人気があります。

 

中身を抜いてしまえば非常に軽くなるので、旅行に行くときに持っていき、泊まり先でトレーニングするときにも便利で人気があります。水を入れたときと砂を入れたときで重さが変わり、砂の方が重くなります。

コーティングの有無で選ぶ

女性向きダンベルは金属が見えないコーティングタイプと金属が見えるコーティングなしのタイプがあります。それぞれの特徴をご紹介しますのでご覧ください。

シンプルな構造が人気のコーティングなしのダンベル

コーティングがないタイプはダンベルの金属がむき出しになっています。男っぽい黒い色のものや、メッキをしたクロムタイプのダンベルがあります。クロムタイプは鏡のようにきれいなので、女性向きダンベルとしても使えます。

 

しかし、金属が周りのものに当たって傷つけやすいのがデメリットです。また、誤ってダンベルを足に落とした場合、指の骨を骨折する確率が高いです。コーティングなしのダンベルは可変式のものが多いので、本格的に筋トレをしたい女性におすすめです。

 

 

見た目がかわいいコーティングタイプは女性に人気

コーティングタイプはダンベルの金属を、ゴムやネオプレーンという素材ですっぽりとおおってしまったものです。コーティングにさまざまな色をつけることができるので、おしゃれで女性に人気があるダンベルです。

 

金属の尖った部分を覆ってしまうので、周りのものに当たっても傷をつけにくいです。持ったときに金属の冷たさを感じないのも女性に人気の理由です。固定式に多くて使われますが、可変式の場合は重りのプレートだけラバーリングで覆うこともあります。

重さで選ぶ

女性向きダンベルにはさまざまな重さがあります。その中でも女性に使いやすい重さは0.5〜10kgです。そこで、重さごとのダンベルの使い方をご紹介します。

ダイエットでダンベル体操をするなら0.5〜2kgが人気

女性向きダンベルを基礎代謝や持久力を高めるのに効果的な、ダンベル体操に使用するなら0.5〜2kgが人気です。ダンベル体操はダンベルを使って全身の筋肉をバランスよく鍛えて基礎代謝を上げるもので、ダイエットに効果的です。

 

女性が重すぎるダンベルを使うと、体操中に疲れてしまい10分から20分程度のダンベル体操を最後まですることができないので、0.5〜2kgの軽いものがおすすめです。ダンベル体操に慣れてきたら3~5kg程度のダンベルを使ってもOKです。

女性が体を引き締める筋トレに使うなら3~5kgがおすすめ

女性が筋トレに使うなら3〜5kgダンベルが人気です。1〜2kg程度でも筋トレの効果はありますが、1〜2ヶ月続けると物足りなくなります。3〜5kgのダンベルなら、筋肉がついてきた女性にちょうどいい重さなのでおすすめです。

 

可変式のダンベルを使えば重りのプレートを増やして重さを変えることができ、3〜5kgにも設定できるので人気です。固定式の場合は1kg単位で重さが設定されているので、何キロのダンベルが自分の筋トレに必要なのかを見極めて選ぶ必要があります。

本格的に筋肉を鍛えるなら8〜10kg程度を選ぶ

8〜10kgの女性向きダンベルを使えば、本格的に筋肉を鍛えることができます。8〜10kgは女性にはかなり重いですが、レスリングや柔道などパワーを必要とするスポーツをする女性にはトレーニング用として人気があります。

 

固定式の場合は、最大の重さが10kgの場合が多いので、さらに15kg、20kgと重さのアップを考えている女性の方は可変式がおすすめです。ヤカンの形をしたダンベルのケトルベルは、固定式ですが20kg程度まで用意されているので、デザイン重視の場合はこちらがおすすめです。

デザインで選ぶ

デザインのいい女性向きダンベルを選ぶなら、コーティングされている固定式ダンベルがベストです。コーティングにさまざまな色があり好みに合わせて選べます。形もかわいい円柱状のものや、転がりにくくするために角型になったものがあります。

 

他にも部分的に木を使ったものや、ヤカンの形でかわいいケトルベルなどもあります。ジョギング用に使うために、落とさないように輪の形をしているダンベルもあります。女性が使うダンベルは実用的なだけではなく、楽しいデザインのものが人気があります。

価格で選ぶ

コスパのいい女性向きダンベルは固定式でコーティングされているものです。可変式と比べて仕組みが単純なので安い価格で販売されています。さらに、軽い方が価格が安いので、本格的な筋トレをするのでなければ1~2kgの女性向きダンベルがおすすめです。

 

1~2kgの軽い女性向きダンベルなら、2個セットで1,000円台で販売されています。安くてもコーティングされていれば滑りにくく、鉄の冷たい感触もないので、安っぽさは感じません。本格的に筋トレをしたい女性の方には、5,000円前後の可変式ダンベルが人気です。

女性向きダンベルの人気商品10選

1

Wakusy

ノンスリップダンベル

価格:1,149円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

女性向きのかわいい形をしたネオプレーンコーティングダンベル

固定式ダンベルをウエットスーツにも使われるネオプレーンでコーティングしたかわいいダンベルで女性に人気があります。重さは女性でも使いやすい1kg・2kg・3kgの3種類があります。それぞれに赤・黄緑・水色の3色があり自分の好みの色を選ぶことができます。

 

ネオプレーン素材なのでダンベルが汗で汚れても水洗いがOKで、清潔に使えます。滑りにくいので、女性に人気のボクササイズ用として、握ってパンチすればダイエットにも役立ちます。ストンとした形がダンベルらしくないので部屋においてもおしゃれで人気です。

色と重さ赤、黄緑、水色(1kg・2kg・3kg)仕組み固定式
コーティングあり
2

Shanxi Regent Works Inc.

PROIRON ダンベル 固定式

価格:1,680円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

6角形で転がりにくい女性向きおしゃれダンベル

固定式で1〜10kgまで7段階の重さがあります。自分の使い方に合わせて重さが選べる女性に人気のダンベルです。ダンベルはウエットスーツにも使われているネオプレーンでカラフルにコーティングされています。

 

コーティングしてある女性向きダンベルは、周りにぶつけても傷がつきにくいので人気があります。また、サイドの重り部分が6角形なので、転がりにくいのも人気のポイントです。ピンク(1kg)やグリーン(2kg)がポップな色で女性におすすめです。

色と重さピンク(1kg)、グリーン(2kg)、フカミドリ(3kg)、ブルー(4kg)、グレー(5kg)、ブルゴーニュ(8kg)ブラック(10kg)仕組み固定式
コーティングあり
3

リーボック(Reebok)

ダンベル

価格:1,507円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テカテカしたコーティングがかわいい女性向きダンベル

目立ち過ぎないけどかわいいデザインが女性に人気の固定式ダンベルです。ビニールのコーティングがされているのでテカテカした質感になっています。ネオプレーンのマットな質感とは違う個性的なデザインで女性に人気です。

 

ダンベルの色は重さによって違い、水色かグレーの2色のどちらかになります。パステル調の色で女性の部屋にも違和感なく合うのでおすすめです。横の重りが4角形なので、絶対に転がっていかないのも安心できて人気のポイントです。

色と重さブルー(2kg)、グレー(1kg・3kg・5kg)仕組み固定式
コーティングあり
4

Shanxi Regent Works Inc.

PROIRON ダンベル 可変式

価格:11,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

木目調のデザインで大人の女性が使うダンベルとしておすすめ

持ち手が木(クルミ材)でできている可変式女性向きダンベルです。重さは2.5〜10kgまで調整できます。付属している重り用のプレートは0.5kgが4枚、1.25kgが4枚、2.5kgが4枚です。プレートの木目はシールでプレート自体は鋼でできています。

 

真っ黒やメッキ加工されているものが多い可変式ダンベルでは珍しい木目調で、大人の女性が使うダンベルとしてふさわしいデザインです。和風の家にもあうデザインなので、畳敷きの部屋に置いても違和感がなく人気がある女性向きダンベルです。

色と重さウォールナット&クロム(2.5〜10kg)仕組み可変式
コーティングなし
5

コンポジット

FIELDOOR ケトルベル

価格:2,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

体幹を鍛えるならヤカン型のケトルベルがおすすめ

ヤカンの形をした固定式ダンベルのケトルベルです。ケトルベルはぶら下げたり、振り回したりしてトレーニングをするので、通常のダンベルと比べて体幹を鍛える効果が大きいダンベルです。女性が使うなら一番軽い4kgを選ぶのがおすすめです。

 

ケトルベルはデザインが可愛いので女性に人気があります。PVCコーティングのポップなカラーも人気のポイントです。見た目がかわいい割に通常の女性向きダンベルよりも腰にかかる負担が大きいので、トレーニングで腰を痛めないように注意しましょう。

色と重さピンク(4kg)、イエロー(5kg)、ライトグリーン(8kg)、グリーン(10kg)、ブルー(12kg)、オレンジ(16kg)、レッド(20kg)、ブラック(24kg)仕組み固定式
コーティングあり
6

Soomloom fitness

Soomloom ダンベル

価格:799円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

光沢のあるコーティングがきれいで女性に人気

固定式のダンベルでPVCコーティングがされています。PVCコーティングは光沢があるので高級感があり女性に人気があります。写真のバイオレッドが特に美しくインテリア小物としても使えるので女性におすすめのダンベルです。

 

0.5〜5kgまでの6種類の重さがありますが、おすすめは0.5kgのものです。0.5kgは筋トレ目的より、ジョギングやボクササイズの時に体に負荷をかけ、基礎代謝を向上させる目的で使います。軽いので0.5kgを持ってラジオ体操などをすることもできます。

色と重さバイオレッド(0.5kg)、ピンク(1kg)、グリーン(2kg)、レッド(3kg)、ブルー(4kg)、ボルドー(5kg)仕組み固定式
コーティングあり
7

IRONMAN CLUB(鉄人倶楽部)

ジョギング ダンベル

価格:479円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

グリップ型でジョギングやウォーキングのときに使える便利な女性向きダンベル

グリップ型で握りやすいので女性に人気がある固定式ダンベルです。ジョギングやウォーキングをするときに持って使うと腕や体全体に負荷がかかり、トレーニングの効果が上がります。コーティングのパステルカラーもかわいくて女性に人気があるダンベルです。

 

重さは0.5kgと0.75kgと1kgがあり、0.25kg刻みで細かく設定されているので、自分の体力の体力に合わせて選べるので便利なダンベルです。筋トレ用ではなく女性のシェイプアップ用として使うのに人気があるダンベルです。

色と重さピンク(0.5kg)、グリーン(0.75kg)、ブルー(1kg)仕組み固定式
コーティングあり
8

DCTCOMPANY77

BeryKoKo ダンベル

価格:4,180円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

合成ゴムのコーティングがカラフルでおしゃれな女性向きダンベル

固定式でクロロプレンゴム(合成ゴム)でコーティングされた女性向きダンベルです。重さは1kg〜10kgまで7種類あるのでトレーニング内容に合わせて最適な重さを選ぶことができます。重さごとに色が違うので何種類か購入してもカラフルで楽しめます。

 

重り部分が6角形になっているので女性の部屋に置いても転がりにくく、足をぶつけることがなく安全です。コーティングされたダンベルは冬でも鉄の冷たさを抑えてくれ人気があります。2個セットなので女性が両手に持ってトレーニングするのにも便利です。

色と重さグリーン(1kg)、ピンク(2kg)、レッド(3kg)、ブルー(4kg)、バープル(5kg)、ブラック(8kg・10kg)、仕組み固定式
コーティングあり
9

秦運動具工業

秦運動具工業 ボトルベル

価格:550円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水を入れて使うのでジョギングなどに使いやすい女性向きダンベル

中に水を入れて使うペットボトルタイプの女性向きダンベルです。水を入れると約400gの重さがあり、ジョギングのときに手に持って軽い負荷をかけるのに人気があります。喉が乾いたら中の水を飲むこともできるので便利なダンベルです。

 

色はグリーン・ブルー・レッドの3色で好みによって選べるので女性に人気です。ペット素材なのでお風呂で半身浴しながらのトレーニングにも使え女性向きなダンベルです。水を抜けば非常に軽くなるので持ち運んで旅行先で使うこともでき人気のダンベルです。

色と重さグリーン・ブルー・レッド(水を入れて400g)仕組み固定式(水の量で重さの調整可能)
コーティングなし
10

ウルトラスポーツ(Ultrasport)

ダンベル

価格:1,580円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人間工学に基づいた形がかわいく女性にピッタリなダンベル

人間工学に基づいた握りやすい形の女性向きダンベルです。プラスチックで覆われた珍しいダンベルなので、人と違うおしゃれなダンベルがほしい女性に人気があります。滑り止めがついているので、汗を書いた手でも落とすことなくしっかりと握ることができます。

 

色は重さごとに違っていて、1kgはピンク、2kgはイエロー 、3kgはブラックになっています。女性が使うなら1kgのピンク、2kgのイエローがかわいらしくておすすめです。プラスチックで覆われていて、鉄に直接触れず冷たくないのも女性に人気のポイントです。

色と重さピンク(1kg)、イエロー(2kg) 、ブラック(3kg)仕組み固定式
コーティングなし

女性向きダンベルの人気商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:31488の画像

    Wakusy

  • 2
    アイテムID:31482の画像

    Shanxi Regent Works Inc.

  • 3
    アイテムID:31429の画像

    リーボック(Reebok)

  • 4
    アイテムID:31426の画像

    Shanxi Regent Works Inc.

  • 5
    アイテムID:31428の画像

    コンポジット

  • 6
    アイテムID:31427の画像

    Soomloom fitness

  • 7
    アイテムID:31419の画像

    IRONMAN CLUB(鉄人倶楽部)

  • 8
    アイテムID:31438の画像

    DCTCOMPANY77

  • 9
    アイテムID:31420の画像

    秦運動具工業

  • 10
    アイテムID:31514の画像

    ウルトラスポーツ(Ultrasport)

  • 商品名
  • ノンスリップダンベル
  • PROIRON ダンベル 固定式
  • ダンベル
  • PROIRON ダンベル 可変式
  • FIELDOOR ケトルベル
  • Soomloom ダンベル
  • ジョギング ダンベル
  • BeryKoKo ダンベル
  • 秦運動具工業 ボトルベル
  • ダンベル
  • 特徴
  • 女性向きのかわいい形をしたネオプレーンコーティングダンベル
  • 6角形で転がりにくい女性向きおしゃれダンベル
  • テカテカしたコーティングがかわいい女性向きダンベル
  • 木目調のデザインで大人の女性が使うダンベルとしておすすめ
  • 体幹を鍛えるならヤカン型のケトルベルがおすすめ
  • 光沢のあるコーティングがきれいで女性に人気
  • グリップ型でジョギングやウォーキングのときに使える便利な女性向きダンベル
  • 合成ゴムのコーティングがカラフルでおしゃれな女性向きダンベル
  • 水を入れて使うのでジョギングなどに使いやすい女性向きダンベル
  • 人間工学に基づいた形がかわいく女性にピッタリなダンベル
  • 価格
  • 1149円(税込)
  • 1680円(税込)
  • 1507円(税込)
  • 11999円(税込)
  • 2280円(税込)
  • 799円(税込)
  • 479円(税込)
  • 4180円(税込)
  • 550円(税込)
  • 1580円(税込)
  • 色と重さ
  • 赤、黄緑、水色(1kg・2kg・3kg)
  • ピンク(1kg)、グリーン(2kg)、フカミドリ(3kg)、ブルー(4kg)、グレー(5kg)、ブルゴーニュ(8kg)ブラック(10kg)
  • ブルー(2kg)、グレー(1kg・3kg・5kg)
  • ウォールナット&クロム(2.5〜10kg)
  • ピンク(4kg)、イエロー(5kg)、ライトグリーン(8kg)、グリーン(10kg)、ブルー(12kg)、オレンジ(16kg)、レッド(20kg)、ブラック(24kg)
  • バイオレッド(0.5kg)、ピンク(1kg)、グリーン(2kg)、レッド(3kg)、ブルー(4kg)、ボルドー(5kg)
  • ピンク(0.5kg)、グリーン(0.75kg)、ブルー(1kg)
  • グリーン(1kg)、ピンク(2kg)、レッド(3kg)、ブルー(4kg)、バープル(5kg)、ブラック(8kg・10kg)、
  • グリーン・ブルー・レッド(水を入れて400g)
  • ピンク(1kg)、イエロー(2kg) 、ブラック(3kg)
  • 仕組み
  • 固定式
  • 固定式
  • 固定式
  • 可変式
  • 固定式
  • 固定式
  • 固定式
  • 固定式
  • 固定式(水の量で重さの調整可能)
  • 固定式
  • コーティング
  • あり
  • あり
  • あり
  • なし
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり
  • なし
  • なし

女性向きダンベルをしっかりとホールドするトレーニンググローブ

ダンベルをしっかりとホールドするトレーニンググローブは人気のアイテムです。ダンベルを素手で握って使うと、汗などで滑って落とすことがあります。握力の弱い女性の場合は落とす危険性が高いので、滑り止め効果のあるトレーニンググローブを使いましょう

 

トレーニンググローブは滑り止め効果以外にも、手のひらの豆防止効果や、手首を傷めないように保護する役割もあります。おすすめは手首を保護するリストストラップ付きで、女性向きダンベルをしっかり握れるジャストサイズのものです。ぜひお試しください。

その他の人気ダンベルはこちら

まとめ

女性向きダンベルのおすすめ人気商品10選をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。おしゃれな色や形がかわいいダンベルは、使っていて楽しい気分になり人気があります。ぜひ、お気に入りのダンベルを見つけてトレーニングを快適にしましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ