記事ID2208のサムネイル画像

【しみを自然にカバー】人気のコンシーラーおすすめ商品10選

コンシーラーはピンポイントでシミを隠しますので、自然なメイクにするためには重要なアイテムです。様々な種類がありますが、しみの症状と肌質に合ったものを選ぶのがおすすめになります。今回は、人気コンシーラーのおすすめ商品を紹介します。

コンシーラーでしみを隠してメイクを美しく仕上げよう

コンシーラーで自然にシミを隠すには、シミの濃さと肌タイプを確認しておくのが大切です。しみの濃さによって適した色が変わるのと、肌質によってヨレ・崩れの対策が違ってくるからです。

 

しっかりとしみを隠したうえで、素肌のような自然な仕上がりするコンシーラーであればベストです。そのためには薄づきでしみをカバーできることと、長時間経過しても崩れにくい肌質にあったものが良いでしょう。

 

顔の部位によっても、乾燥しやすいところ・油浮きしやすいところと症状が様々です。肌の状態としみの濃さに合わせて、適切なコンシーラーを選びましょう。今回は、人気のコンシーラーのおすすめ商品を紹介しています。

コンシーラーの選び方

コンシーラーは肌にあった色と質感が大切なので、しみの症状・肌のコンディションを確認しておくのがおすすめです。リキッドタイプ・クリームタイプ・ペンシルタイプなど、テクスチャーによって使いやすさも違ってきます。

シミのタイプで選ぶ

コンシーラーは、しみのタイプや使いやすさなどを見つつ、肌に合ったものを選びましょう。やわらかい使い心地のリキッドタイプや、少し固めのテクスチャーのクリームタイプ、硬い使い心地のペンシルタイプと種類は様々です。

薄いしみ

薄いしみが広範囲に広がっている場合には、リキッドタイプのコンシーラーがおすすめです。なるべくカバー力があって自然な薄づきで、かつ肌に密着するものを選びましょう。目の周辺の皮膚が薄く乾燥しがちな部位もリキッドタイプが適しています。

 

やわらかいテクスチャーで伸びが良い反面、カバー力が弱い特徴があります。しみの状態にもよりますが、リキッドタイプを使う時にはカバー力をしっかり確認しておくのがおすすめになります。

濃いしみ

濃いめのシミをきれいに隠しやすいのはクリームタイプのコンシーラーです。ピンポイントでシミをカバーできる固めのテクスチャーなのですが、リキッドタイプほど伸びは良くないのが特徴になります。

 

濃いしみであっても厚塗りにならないように、少量でしっかりカバーできるものがおすすめです。何度も重ね塗りしなくても肌の色が均一になるものがベストでしょう。またクリームタイプは保湿成分が含まれている場合も多く乾燥を防ぎます。

細かなしみ

わずかにある細かいしみをひとつづつ隠していけるのが、ペンシルタイプのコンシーラーです。テクスチャーが硬く油分・水分が少なめになります。にじみにくいのが特徴で、繊細なメイクをしたい時にはぴったりでしょう。

 

保湿成分が少なく目のまわりなどの乾燥しやすい部位に使うのは適していません。小さな範囲に使うタイプの固さになりますので、オイリー肌タイプの場合にはクリームタイプと合わせて使うのもおすすめです。

複数のタイプのしみ

しみのほかにも、赤み・ニキビ跡など肌の悩みに合わせてカスタマイズできるのが、パレットタイプのコンシーラーです。単色でも色を混ぜても良いですし、ブラシを使って広範囲にも細かい部分にも使えます。複数の色が揃っているのが魅力でしょう。

 

ベースメイクを作るのに慣れてくると、好みや肌のコンディションに合わせながら色を作って塗れます。パレットタイプは色が複数あって持ち運びには向かないかも知れませんが、自宅でしっかりメイクをするには適しています。

薄くなりにくさから選ぶ

しみはできる限りコンシーラーで薄くして、可能であれば完全に隠してしまうのがベストです。濃いしみほどコンシーラーを重ねても薄くなりにくいので、肌やしみの状態にあったものを選びましょう。

薄くなりにくいしみ

薄くなりにくいしみは、「肌の色」と「しみの色」の中間くらいの、濃いカラーを選ぶのが適しています。しっかりした固めのテクスチャーのコンシーラーを使って、ピンポイントで隠してしまいましょう。

 

濃いカラーのコンシーラーでしみを隠したら、その上から「肌の色」に近い明るめの色のコンシーラーを重ねます。しっかり叩きすぎると下地の濃いコンシーラーが消えてしまうので、下地の上からそっと重ねるように塗りましょう。

薄くなりやすいしみ

薄くなりやすいしみは、明るい色のコンシーラーで隠れます。「肌の色」に近い色のコンシーラーを選んで、自然になじませて隠しましょう。しみの状態によってコンシーラーを使い分けて、なるべく薄づきにするのがおすすすめです。

 

薄づきでカバー力が強いものであれば、しみと一緒にくすみを飛ばす効果があるものを使うのも良いかも知れません。くすみとしみの部分に広く塗ることで、複数の肌の悩みを同時に解消できます。

カバー力から選ぶ

コンシーラーを選ぶ時には、カバー力がどのくらいあるのかを十分確認しておきましょう。カバー力が強いほど透明感のほうは消えやすくなります。肌トラブルの状態に合わせて、カバー力と透明感のどちらを重視するかバランスを見ながら選ぶのが大切です。

カバー力を重視

カバー力を重視してベースメイクしたい場合には、しっかりと肌トラブルを隠してしまうコンシーラーを使うのがポイントになります。ミネラル系などのなるべく肌への負担が少なく、かつカバー力が高いコンシーラーを選ぶのがおすすめです。

透明感を重視

肌に透明感を出したい場合には、カバー力が強すぎるものを選ぶのは避けた方が良いでしょう。カバー力が強いコンシーラーを使う必要がある場合には、ごく小さな範囲のピンポイントで塗るのをおすすめします。

コンシーラーの人気商品10選

1

エトヴォス

ミネラルコンシーラーパレット

価格:4,970円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

敏感肌におすすめの低刺激処方

コンシーラーが三色入っているパレットです。単色で使っても良いですし、肌の色に合わせてコンシーラーを混ぜてカスタマイズするのもおすすめです。しみの濃さに合わせてコンシーラーを重ねて使えます。しみにはスポンジを使ってピンポイントで隠しましょう。

 

石油系界面活性剤・シリコン・鉱物油・タルク・ナノ粒子・紫外線吸収剤・タール系色素・合成香料・パラベン不使用の低刺激処方です。ビタミンC誘導体やグリチルレチン酸ステアリルなどの美容成分も配合されています。

タイプバレットテクスチャーかため
ナチュラルベージュ・オレンジベージュ・オークルベージュ容量 3.1g
2

The SAEM

カバーパーフェクションチップコンシーラー

価格:388円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

肌にのせるとすぐに乾いて肌に密着

SPF28/PA++で紫外線対策ができるコンシーラーになっています。肌の屈折率と似ているソフトフォーカスパウダーが含まれていて、自然な肌の印象にしてくれるでしょう。リキッドタイプになっていますので、同じシリーズで複数の色を混ぜて使うののもおすすめです。

 

さらっととしたテクスチャーですが、肌にのせたらすぐに乾いて隠したい部分にしっかり密着します。肌にのせた後に乾きやすいのが特長のため、混合肌やオイリー肌の場合に適しています。

タイプリキッドタイプテクスチャーやわらかい
クリアベージュ容量6.8g
3

コーセーコスメポート

ノアスティックコンシーラー

価格:550円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

しみ・そばかすをしっかりカバー

植物抽出成分配合・無香料のコンシーラーです。プリプラですがしっかりとしみをカバーしますし、ニキビ跡などにも効果的でしょう。肌なじみが良くしっとりとした質感になっていますので、乾燥肌の悩みがある場合におすすめです。

 

サイズが小さめなのでポーチに入れて持ち運び用に使っても便利です。スティックタイプになっていますので、外出中の化粧直しの時にしみを隠すのにも使いやすいでしょう。プチプラなので携帯用に1つ持っておくだけでも安心です。

タイプスティックテクスチャーかため
オークル容量2.6g
4

常盤薬品工業

サイレントカバーコンシーラー

価格:1,715円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

あらゆる肌の悩みに対応したコンシーラー

単色で塗っても良いですし、肌に合った色を作るために3つのカラーを混ぜて使うのもおすすめです。ピンポイントで塗りやすいブラシがついていますので、しみをしっかり隠します。血色感パールが配合されていて、肌に馴染みやすく人気です。

 

美容成分が入っているのも魅力です。ホホバ種子油・オリーブ果実油・マカデミア種子油と、3つの植物由来オイルが入っていますので、メイクしながら保湿対策できるでしょう。あらゆる肌の悩みに対応していて、クマやくすみも解消できるのもメリットです。

タイプパレットテクスチャーかため
ブラウンベージュ・オレンジベージュ・ライトベージュ容量3.5g
5

資生堂ジャパン (SHISEIDO JAPAN)

インテグレートグレイシィコンシーラー

価格:864円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SPF26・PA++で紫外線対策ができる

軽くポンポンと塗ると自然にカバーされます。濃いめのしみでも隠しますので、こちらのコンシーラーを利用することでファンデーションが薄くて済むでしょう。のびは良くありませんが、そのぶんピンポイントでしみが隠れやすいです。

 

色はナチュラルベージュとなっていますが少し濃いめです。しみの上に塗って隠したあとは、上から明るい色のコンシーラーを塗るとより隠れやすくなるでしょう。プチプラで紫外線対策ができますし、かなりカバー力があるので人気のコンシーラーです。

タイプスティックテクスチャーかため
ナチュラルベージュ容量3g
6

日本ロレアル

フィットミーコンシーラー

価格:939円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小さめのチップが塗りやすい

潤い成分が配合されていて、一日中つけていてもよれにくいコンシーラーになっています。小さめなチップを使うことで、ニキビ跡やしみをピンポイントで隠せるでしょう。テクスチャーが柔らかめですし、のびが良く肌馴染みが良いので自然な仕上がりになります。

 

濃いめのしみを隠したい場合には、テクスチャーが固めのコンシーラーで密着させた後に、こちらのコンシーラーを塗って使うのもおすすめです。ウォーターベースのコンシーラーになりますので、さらっとした質感が好みの場合におすすめです。

タイプリキッドタイプテクスチャーやわらかい
ピンク系のやや明るめの肌色容量6.8ml
7

カネボウ化粧品

スティックコンシーラーA

価格:725円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

なめらかな感触で使いやすいコンシーラー

しみ・そばかすやニキビ跡をしっかり隠すコンシーラーになっています。カバー力が高くヨレにくいので、広めに塗っても自然な感じに仕上がるでしょう。少しだけオレンジがかっている色で顔の血色が良くなります。イエローベースの肌タイプにもおすすめです。

 

肌に塗りやすい丁度良い固さのテクスチャーなので濃いしみでもしっかりカバーできます。薄づきにしたい場合には指でトントンと叩いて肌になじませて使えるでしょう。しっかりカバーするだけでなくプチプラなのも魅力でしょう。

タイプスティックタイプテクスチャーかため
ナチュラルベージュ容量3g
8

NARS(ナーズ)

ソフトマットコンプリートコンシーラー

価格:2,750円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オイルフリーでつけ心地が良い

重ね付けをしても肌が重たい感じなりにくく、自然な仕上がりになります。オイルフリーでベタつきがありませんので、オイリー肌タイプにオススメでしょう。非常にカバー力の高いコンシーラーになっています。

 

こっくりとしたテクスチャーになっていて、ほんの少しだけシミの上に乗せるだけでしっかりカバーできます。デパコスではありますが少量で十分シミを隠しますので、コスパが良いコンシーラーになります。

タイプクリームテクスチャーかため
容量6.2g
9

(マステブ) MustaeV

スポットイレイサーコンシーラーペンシル

価格:1,400円(税込)

Amazonで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

保湿力があってしっかりカバーできる

ペンシルタイプになりますので、細かなシミを丁寧に隠すことができるでしょう。なめらかな使用感でしっかり密着しますので、繊細なメイクができます。ペンシル部分がかなり細いので、ファンデーションの上からでも使いやすいです。

 

チップやブラシを使うよりも、もっと細かい部分を隠したい場合におすすめです。大きなしみを隠すのには適していませんが、小さなしみをカバーするにはぴったりのコンシーラーでしょう。こちらのライトカラーのほかにブライトカラーがあります。

タイプペンシルテクスチャーかたい
ライトベージュ容量3g
10

アモーレパシフィックジャパン (AB9HB)

ビッグカバーフィットコンシーラー

価格:886円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

肌に薄く密着しムラができない

軽いつけ心地で薄づきのコンシーラーです。気になる部分をしっかりカバーしつつ、素肌のような仕上がりになるでしょう。汗や皮脂に強く化粧くずれしにくいのも特長になっています。 

 

カラーの展開が豊富なのも魅力でしょう。肌色に合わせて馴染みやすいものを選べます。しみ・そばかすやベース用として使えるタイプのコンシーラーが7色あるほか、目元のクマや赤みなどを隠すのに適している2色があります。

タイプリキッドテクスチャーやわらかい
ベージュ容量7g

コンシーラーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:32505の画像

    エトヴォス

  • 2
    アイテムID:32499の画像

    The SAEM

  • 3
    アイテムID:32502の画像

    コーセーコスメポート

  • 4
    アイテムID:32500の画像

    常盤薬品工業

  • 5
    アイテムID:32494の画像

    資生堂ジャパン (SHISEIDO JAPAN)

  • 6
    アイテムID:32497の画像

    日本ロレアル

  • 7
    アイテムID:32504の画像

    カネボウ化粧品

  • 8
    アイテムID:32509の画像

    NARS(ナーズ)

  • 9
    アイテムID:33514の画像

    (マステブ) MustaeV

  • 10
    アイテムID:33522の画像

    アモーレパシフィックジャパン (AB9HB)

  • 商品名
  • ミネラルコンシーラーパレット
  • カバーパーフェクションチップコンシーラー
  • ノアスティックコンシーラー
  • サイレントカバーコンシーラー
  • インテグレートグレイシィコンシーラー
  • フィットミーコンシーラー
  • スティックコンシーラーA
  • ソフトマットコンプリートコンシーラー
  • スポットイレイサーコンシーラーペンシル
  • ビッグカバーフィットコンシーラー
  • 特徴
  • 敏感肌におすすめの低刺激処方
  • 肌にのせるとすぐに乾いて肌に密着
  • しみ・そばかすをしっかりカバー
  • あらゆる肌の悩みに対応したコンシーラー
  • SPF26・PA++で紫外線対策ができる
  • 小さめのチップが塗りやすい
  • なめらかな感触で使いやすいコンシーラー
  • オイルフリーでつけ心地が良い
  • 保湿力があってしっかりカバーできる
  • 肌に薄く密着しムラができない
  • 価格
  • 4970円(税込)
  • 388円(税込)
  • 550円(税込)
  • 1715円(税込)
  • 864円(税込)
  • 939円(税込)
  • 725円(税込)
  • 2750円(税込)
  • 1400円(税込)
  • 886円(税込)
  • タイプ
  • バレット
  • リキッドタイプ
  • スティック
  • パレット
  • スティック
  • リキッドタイプ
  • スティックタイプ
  • クリーム
  • ペンシル
  • リキッド
  • テクスチャー
  • かため
  • やわらかい
  • かため
  • かため
  • かため
  • やわらかい
  • かため
  • かため
  • かたい
  • やわらかい
  • ナチュラルベージュ・オレンジベージュ・オークルベージュ
  • クリアベージュ
  • オークル
  • ブラウンベージュ・オレンジベージュ・ライトベージュ
  • ナチュラルベージュ
  • ピンク系のやや明るめの肌色
  • ナチュラルベージュ
  • ライトベージュ
  • ベージュ
  • 容量
  • 3.1g
  • 6.8g
  • 2.6g
  • 3.5g
  • 3g
  • 6.8ml
  • 3g
  • 6.2g
  • 3g
  • 7g

コントロールカラーで薄づきの自然なメイクに仕上げる

厚塗りを防いだ仕上がりにするためには、コンシーラーにあわせてコントロールカラーを使うと自然で薄づきになります。顔の部位によって、シミ・赤み・クマなど部分づかいしてメイクするのがおすすめです。

 

コンシーラーを使うほどではない薄いシミであれば、コントロールカラーで改善できる場合もありますので、コンシーラーと併用して上手に使いましょう。パレットであればコンシーラーが一緒になっているものもあるので便利です。

 

基本的なカラーには、顔の血色を良くするピンク・赤みを隠すグリーン・くすみが消える黄色があります。透明感が出るパープル系・ブルー系、健康的でフレッシュな肌になるオレンジ系のコントロールカラーもあります。

まとめ

シミを隠すためのコンシーラーは、ピンポイントでカバーできるものが適しています。できる限り厚塗りは避けた方が良いので、肌質・肌色に合わせたものをしっかり選ぶのが大切です。ぜひ肌にあったコンシーラーを選んで、メイクの仕上がりを美しくしましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ