記事ID2215のサムネイル画像

【室内でも優雅な気分を】室内ハンモックのおすすめ人気商品10選

ハンモックは乗ってリラックスできるのが最大の魅力です。屋外のように広々とした場所では使うのであれば、大自然の中で優雅に過ごすことができます。そんな優雅な気分を室内でも味わえる室内ハンモックをこの記事で紹介します。使い方は様々、インテリアとしても使えます。

ハンモックはリラックス効果を高めるツール

ハンモックにはリラックスして過ごせる魅力的な要素が満載です。リラックス効果があり、自宅で過ごす時間が変わることでしょう。

室内で使うのだとハンギングチェアがおすすめ

室内での使用を想定するとハンギングチェアの方がすぐに使い始められて楽しめます。吊り下げ式だとどうしても、どこに支点を置いて使用しなければならないのか考えなければならないですし、一旦、設置すると外したり移動させるのは難しくなります。

 

ハンギングチェアであれば自立型なので、部屋のサイズだけ把握しておけば、作成して置くことができます。また、収納したい時でも支点を使って設置しているのでもないので簡単に行えるメリットがあります。

賃貸物件では禁止されている可能性が高い吊り下げタイプ

先に伝えたように、吊り下げ式には支点を作らなければならず、壁などに打ちつけなくてはなりません。また、そういった作業をするために道具も必要となります。設置した後の美しさはありますが、どうしても手間がかかります。

 

そして、賃貸マンションやアパートなどでは、そもそも打ちつけたりといったことが禁止されている物件がほとんどです。もしお住まいが賃貸借物件であるならばハンモックは自立型にするようにしましょう。

室内ハンモックの選び方

室内で使用するハンモックは様々なデザイン、様々な素材から選ぶことができます。あなたが想像する用途に合わせて選ぶようにしましょう。

使用する場所で選ぶ

使いたい場所が室内のどこに置いているのかでも、選ぶハンモックは違ってきます。コンパクトなサイズがいいのか、デザイン性で選ぶのか、そこは人それぞれです。

室内使用を考えて間取りをチェック

室内での使用を考えると、家の間取りがどういった形なのか確認しておかなければなりません。どこに、どういう形状のものを置くのかを間取りのサイズを図ってみましょう。

 

また、サイズは入るから大丈夫と安心してはいけません。あまりにも圧迫感のある形になってしまうと、室内ハンモックが室内を占領してしまってくつろげる環境にはならないからです。適切なサイズが重要です。

吊り下げタイプは取り付け部分のチェック

吊り下げタイプは、取り付け部分がどこにくるのか確認することが大切です。天井から吊り下げるのでしたら、支点部分は強度のある材質の位置にしなければなりません。

 

また、高さと距離はある程度とらなければ室内ハンモックを展張することができません。床面からの高さや荷重をそれぞれの支点で支えなければならないので、とても重要なことなのです。

素材で選ぶ

素材にはナイロンやコットンなど選ぶ種類によって、それぞれ特色の違う部分を持っています。特徴を理解して購入するようにしましょう。

ナイロンは耐水性がある

ナイロンは軽くてコンパクトなサイズで収められて、強度もあるので簡単に破けたりしません。頑強かつ軽量というスペックを併せ持っているのは長く使用できる証です。

 

また、通気性も良いので暑い真夏に登場させてもいいですね。もちろん、自宅の庭などで展開するのにも適しており、軽い素材なので持ち出しにも適しています。

コットンや麻など天然素材は寝具用におすすめ

コットンや麻素材のものは、肌触りがよく寝心地は包まれるような感覚で最高のひと時を演出してくれます。オーガニックなものも多数存在しており、肌触りだけでなくて、化学肥料や除草剤、農薬を使用しない環境のことを考えて作られています。

 

また、速乾性を重視したモデルが出ていたり、裂けにくい耐久性があって、柔らかさも兼ね備えた素材のコットンも販売されています。室内のリラックス空間を創り出すのには適した素材といえます。

材質で選ぶ

材質も大きく分けると2種類にわかれます。どういった風にハンモックを用いたいのかで材質選びも、みる視点が変わってきます。

ネットタイプ

ネットタイプは細かい繊維状に細かく編み込まれているので,カラダにフィットしやすいです。通気性が高く夏場に適した室内ハンモックになってくれます。

 

デザインも涼やかで夏場の時期に使用すると夏の海を感じられそうです。デメリットな面は、乗ったときにアクセサリーが引っ掛かりやすい点です。ボタンが付いているタイプも引っ掛かってしまう可能性があるので注意してください。

クロスタイプ

クロスタイプとは、布でできたハンモックです。大きな一枚布で包み込んでくれます。ネットタイプとの比較で取りざたされるのはコスト面です。クロスタイプは低価格です。

 

ネットタイプは1本1本を紐で作り上げられていて、作りも丁寧に作られて快適性は高いのですが、その分価格も高価になります。クロスタイプでも寝心地が悪いというわけではありません。どれくらいの予算で購入するのか決める際にもポイントになってきます。

価格で選ぶ

室内にハンモックが欲しいと思っている方は、どれくらいまでお金を出してもいいと思っていますか。それによっても選べる範囲が変わってきます。安い価格のものであれば5000円台で購入することもできます。サイズや素材などが関係してきます。

 

2人分寝られるようなビッグサイズのハンモックであれば、面積に比例して価格も上昇するでしょうし、品質の高い素材のものであればそれだけで価格も高くなります。あなたが求める形状・タイプ・素材でその価格は変わってくるので、自分の欲しいものをしっかりとサーチしておきましょう。

耐荷重で選ぶ

耐荷重量は、自分が安心してハンモック上に寝られるのかを判断する部分です。その点は、価格が多少上がることがあったとしても、体重をしっかりと支えられるものを選ぶべきです。もし、落下したら大けがを負うことにもなりかねないからです。

 

もう一つ見ていきたいのはハンモック自体の重量です。その重量の軽重によって、持ち運びやすさや、移動のさせやすさが違ってくるからです。全く移動させることがなければ気にすることではないですが、掃除の時などに移動を考えるならチェックです。

デザインで選ぶ

室内ハンモックは、どこのご家庭にもあるものではなくて、非常にインパクトの強いアイテムです。快適な時間を創り出すのはもちろんのこと、インテリアの雰囲気を変えるスパイスにもなってくれる存在です。

 

だからこそ、自宅のインテリアをみて、どのようなデザイン、カラーが合うのか考えていきましょう。選び方次第で、イメージが大きく変わるかもしれませんし、馴染んでくれて雰囲気を壊さないようにしてくれるかもしれません。念入りに考えておきましょう。

室内ハンモックのおすすめ人気商品10選

1

Vivere

全米が愛したハンモック ダブルサイズ

価格:19,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界基準で選ばれているハンモック

高級なコットン素材を採用し、スタンドも頑強な作りでその質に関しては最上級ハンモックです。ビブレ編みと言われる独自の編み方で素材の強さを生み出します。サイズも幅広く2人が乗っても平気なサイズ感です。素材にもこだわっており高い強度と寝心地を提供します。

 

また、自立タイプで組み立てていくのですが、その際に工具を全く使用せずに作業を進められるので手持ち工具がなくても安心して作業が行えます。木材の暖かさを感じられるスタンドであり、リゾート気分も味わえそうです。

タイプ自立タイプ耐荷重200kg
サイズ長さ240×幅160(㎝)素材コットン
2

KingCamp

ハンモック 木枠付き KG3766

価格:5,620円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アジアのリゾートにきたような気分になれる

アームの部分は木材を仕様しており、触り心地も滑らかで優しさを感じさせられます。ナチュラルでシンプルなデザインなので、シンプルなコーディネートの部屋には、しっくり合いそうです。素材はコットンで網目は広く通気性は高いです。真夏にも使用できそうです。

 

耐荷重も120kgと十分な強度があって乗ったときも安心して過ごせます。座る用途と寝る用途の2パターンで利用できますので、読書をしながら過ごす場所にしたり、昼寝する場所として使用したり様々なシーンで活躍します。

タイプ吊り下げタイプ耐荷重120kg
サイズ幅160×長さ240(㎝)素材コットン
3

Susabi

ダブルハンモック 自立式スタンドセット

価格:19,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本ブランドのハンモック

素材にこだわり、1つ1つ丁寧に作り上げていく神奈川県発信のハンモックチェアブランドsusabiのハンモックです。コロンビアがハンモック発祥と言われており、工場をコロンビアに構え、開発と生産と販売を行っています。本物のハンモックを味わえるでしょう。

 

そのこだわりの生地はピュアコットンと呼ばれ、純コロンビア産で仕上げられています。品質もデザインも申し分ないです。一度、触れてみたらその寝心地に驚くことでしょう。編みの細かさ美しさはsusabiの熟練職人の手作業があってこそといえます。

タイプ自立タイプ耐荷重160kg
サイズ幅120×高さ110×幅285(㎝)素材ピュアコットン100%
4

ゆらふわモック

1台3役 ゆらふわモックマルチ

価格:11,480円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ベトナムでの出会いがこのハンモックを実現させた

こちらは、ゆるふわモックがプロデュースしたハンモックです。ベトナムで自立タイプハンモックと出会い、そこから今日に至り日本で人気の「ゆるふわモック ハンモック」が完成しました。3パターンのサイズ展開で、ミニ・ノーマル・ロングから選ぶことができます。

 

ロングサイズであれば耐荷重は330kgと4人家族でも乗ることが可能です。実際に乗ってみたいと思っている方は、福岡のゆるふわモックが営業するハンモックカフェに足を運びましょう。ベトナムコーヒーを味わいながら乗り心地を体験することができます。

タイプ自立タイプ耐荷重330kg
サイズ幅78×高さ115×長さ265(㎝)素材ポリエステル
5

Sifflus

3WAY自立式ポータブルハンモック SFF-04

価格:19,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

美しいフォルムでおしゃれさが際立つハンモック

スッキリしたデザインとフォルムが家の中のインテリアにも溶け込んでいきます。木目調がキレイな木製スチールスタンドもインテリアとして「和」の雰囲気を与えてくれます。また、スタンドは折りたたみ機能が付いており簡単に持ち運びが行えます。

 

スマートでおしゃれさが際立つ、こちらのハンモックチェアは室内ハンモックとして置いてあるだけで強く印象づけられます。梅雨時期にはハンガーラックにもなるので利便性が高いのも嬉しいですね。

タイプ自立タイプ耐荷重100kg以下
サイズ幅78×高さ85×245(㎝) 対象身長180cm以下素材ポリエステル
6

LA SIESTA

ハンモックチェア ベーシック(レギュラーサイズ)

価格:13,400円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

夏場の暑い時期に活躍する素材の1人用ハンモック

ドイツ製のハンモックです。カラーは全9種類で、それぞれで使っている素材が違うのであなた好みのハンモックが選べますよ。吊り下げタイプなので設置場所の天井部をしっかりと確認しておきましょう。

 

素材はコットンなのですが、吸水性が従来のものと違い、優れており夏場の汗をかきやすい時期に活躍してくれます。そこに加えて化学繊維にもこだわりがあり、風雨や紫外線を長時間受けても乾いた状態をキープするものを採用しており素材には自信がうかがえます。

タイプ吊り下げタイプ耐荷重130kg
サイズバーの長さ110㎝素材ピュアオーガニックコットン
7

コンポジット

FIELDOOR 折りたたみハンモック

価格:6,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使い勝手のいいハンモック

ナイロン素材を採用したフィールドドアのハンモックです。アウトドアメーカーで数々のコストパフォーマンスのいいアイテムを販売しています。

 

こちらのハンモックも折りたたみ式で軽くて、容易で持ち運びにも便利で、室内の移動も簡単に楽に行えます。価格も手ごろなのも魅力なハンモックです。

タイプ自立タイプ耐荷重200kg
サイズ幅255×奥行74×高さ102(㎝)素材ナイロン100%/ポリエステル100%
8

Coleman

パラシュートハンモック スカイ

価格:3,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量かつ高強度のハンモック

アウトドア的なデザインが前面に表れているナイロン製のハンモックです。しかし、そういったアウトドアアイテムを部屋のインテリアに取り入れている方も多くいます。そういったニーズからの支持もありそうです。

 

また、ナイロン素材なので強度は十分ですし、汚れや水分の付着があってもサッと拭くだけで済みます。別売りのハンモックスタンドを利用して場所を選ばず気軽に設定しましょう。

タイプ吊り下げタイプ耐荷重180kg
サイズ約250×200(㎝)素材ナイロン
9

Cocci

トイモック インテリアライン

価格:31,017円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

絵になる美しいハンモック

おしゃれなカフェに置いてあっても不思議ではないデザインが映えるハンモックです。ポリエステル素材を採用、簡単な組み立てで持ち運びも楽に行えます。スチールスタンドにはゴムパッドが付いていますので、室内での使用で床を傷つけるリスクを軽減させます。

 

また、別売りでハンモックネットタイプが売っているので、好みや気分に合わせて変えるのも1つです。インテリアの雰囲気、部屋の模様替えにおすすめです。

タイプ自立タイプ耐荷重100kg
サイズ幅90×高さ90×長さ215(㎝)素材ポリエステル
10

タンスのゲン

ハンモック 24610043

価格:5,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐荷重300kgの強力な耐久性能を備えたハンモック

タンスのゲンがオリジナルで出しているハンモックです。その耐荷重は300kg、大の大人も乗れるサイズですので複数で乗っても平気です。

 

それでいて価格が安く、スペックから考えても同スペックハンモックの相場よりかなり安いです。室内のインテリアとしての他のハンモックに引けはとらず、コストパフォーマンスのいい室内ハンモックをお探しならおすすめです。

タイプ自立タイプ耐荷重300kg
サイズ幅68×高さ92×長さ248(㎝)素材ポリエステル100%

室内ハンモックの商品一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:37124の画像

    Vivere

  • 2
    アイテムID:37127の画像

    KingCamp

  • 3
    アイテムID:37130の画像

    Susabi

  • 4
    アイテムID:37133の画像

    ゆらふわモック

  • 5
    アイテムID:37135の画像

    Sifflus

  • 6
    アイテムID:37138の画像

    LA SIESTA

  • 7
    アイテムID:37141の画像

    コンポジット

  • 8
    アイテムID:37144の画像

    Coleman

  • 9
    アイテムID:37146の画像

    Cocci

  • 10
    アイテムID:37147の画像

    タンスのゲン

  • 商品名
  • 全米が愛したハンモック ダブルサイズ
  • ハンモック 木枠付き KG3766
  • ダブルハンモック 自立式スタンドセット
  • 1台3役 ゆらふわモックマルチ
  • 3WAY自立式ポータブルハンモック SFF-04
  • ハンモックチェア ベーシック(レギュラーサイズ)
  • FIELDOOR 折りたたみハンモック
  • パラシュートハンモック スカイ
  • トイモック インテリアライン
  • ハンモック 24610043
  • 特徴
  • 世界基準で選ばれているハンモック
  • アジアのリゾートにきたような気分になれる
  • 日本ブランドのハンモック
  • ベトナムでの出会いがこのハンモックを実現させた
  • 美しいフォルムでおしゃれさが際立つハンモック
  • 夏場の暑い時期に活躍する素材の1人用ハンモック
  • 使い勝手のいいハンモック
  • 軽量かつ高強度のハンモック
  • 絵になる美しいハンモック
  • 耐荷重300kgの強力な耐久性能を備えたハンモック
  • 価格
  • 19800円(税込)
  • 5620円(税込)
  • 19800円(税込)
  • 11480円(税込)
  • 19980円(税込)
  • 13400円(税込)
  • 6980円(税込)
  • 3480円(税込)
  • 31017円(税込)
  • 5980円(税込)
  • タイプ
  • 自立タイプ
  • 吊り下げタイプ
  • 自立タイプ
  • 自立タイプ
  • 自立タイプ
  • 吊り下げタイプ
  • 自立タイプ
  • 吊り下げタイプ
  • 自立タイプ
  • 自立タイプ
  • 耐荷重
  • 200kg
  • 120kg
  • 160kg
  • 330kg
  • 100kg以下
  • 130kg
  • 200kg
  • 180kg
  • 100kg
  • 300kg
  • サイズ
  • 長さ240×幅160(㎝)
  • 幅160×長さ240(㎝)
  • 幅120×高さ110×幅285(㎝)
  • 幅78×高さ115×長さ265(㎝)
  • 幅78×高さ85×245(㎝) 対象身長180cm以下
  • バーの長さ110㎝
  • 幅255×奥行74×高さ102(㎝)
  • 約250×200(㎝)
  • 幅90×高さ90×長さ215(㎝)
  • 幅68×高さ92×長さ248(㎝)
  • 素材
  • コットン
  • コットン
  • ピュアコットン100%
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ピュアオーガニックコットン
  • ナイロン100%/ポリエステル100%
  • ナイロン
  • ポリエステル
  • ポリエステル100%

ハンモックの吊り方を理解しておこう

室内ハンモックの吊り下げタイプはデザインも形もおしゃれで、ぜひ取り入れてみたいという方が多いはずです。では、どのように取り付けるのかイメージできていますか。

 

室内ハンモックで取り付ける方法は、壁に取り付け金具を打ち付けるパターン、天井の梁や柱にロープなどを取り付けるかのいずれかの方法が基本です。そして、寸法を計測します。横幅は3から3.5m、高さは2から2.5mがハンモックの両端になるようにします。

 

このサイズ感がゆとりあるハンモックに乗ることのできるポイントです。横が短いと地面との距離が近くなってしまい、長すぎると突っ張りが強くなりすぎてしまい心地よく寝られません。適度な距離が保てるように設定しましょう。

その他の人気ハンモックはこちら

まとめ

室内でもアウトドアで感じられるようなリラックスした雰囲気を味わえるのが、室内ハンモックです。デザインやカラーも豊富で、ハンモックをアクセントとしてコーディネートすることもできます。楽しみがいっぱいの室内ハンモックを取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ