記事ID2229のサムネイル画像

【再ブーム到来】2人用のボードゲームの人気おすすめ商品10選

テレビゲームやスマホゲームが主流となっている今、再ブームを迎えているのがボードゲームです。今ではボードゲームで遊べる専用カフェなどあり、初対面同士でも楽しむことができるんです。そんな再ブーム到来のボードゲーム、気軽に遊べる2人プレイ可能な物を探してみましょう。

遊びきれないほど種類がいっぱい!

紀元前3000年の頃からエジプトで楽しまれてきたとされるボードゲームは、今日でも世界中の人を楽しませ続けています。ボードゲームは海外製の物から日本製の物まで幅広い種類が販売されています。

 

また、現在でも人気のアニメやテレビ番組などをモチーフにしたボードゲームが、新作として発売され続けているんです。大人数でパーティー感覚で遊べる物から、カップルや2人で遊べる物まで様々です。

 

また、コンパクトなゲームもあるので、旅行先や電車や車中でも遊べるように何種類か持ち運ぶこともできますよ。電源も電波も気にすることなく楽しめるのはボードゲームの最大の魅力とも言えます。

 

そこで、今回は気軽に2人から少人数で遊べるプレイのボードゲームを主役に、選び方や人気のボードゲームを紹介していきたいと思います。これからボードゲームを始める方にも分かりやすくご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

2人用ボードゲームの選び方

ここからは2人用ボードゲームの選び方を紹介します。選び方をしっかりと把握して最適なボードゲームを見つけてくださいね。

子供が遊べるかで選ぶ

どんな年齢の方でも遊べるのが魅力のボードゲームですが、ルールが難しい難易度の高いゲームもあるのは事実です。複雑な心理戦などの要素が盛り込まれているゲームは、やはりお子様には難しいですよね。

 

そのため、ゲームには対象年齢が設けられていますので、年齢に合わせて選ぶようにしましょう。対象年齢は、『◯歳以上』と書かれていますが、そのまま受け止めてはいけません。対象年齢の数字に1.5をかけた年齢が一番楽しめる最適の年齢とされています。

 

もし5歳以上の年齢制限が設けられているゲームを5歳の子がプレイしても、ルールは理解できたとしてもスムーズにプレイすることが難しいのです。海外製のボードゲームなどもあるため、お子様と遊ぶためのボードゲームを選ぶためには、1.5倍の法則は持っておいて欲しい知識です。

プレイ時間で選ぶ

ボードゲームはゲームによって1回のプレイにかかる時間がかなり違ってきます。プレイ時間がかかるほど、ゲーム内容が複雑な場合も多いのです。そのため、先に記載したお子様と遊ぶゲームを選ぶ際には、このプレイ時間のチェックも必要だということ。

 

もちろん、大人同士でも『じっくり楽しみたい』『ちょっとした時間にサックリ楽しみたい』など、遊ぶシーンなどによってもプレイ時間のチェックは重要です。短い物だと10分程度で終わるものから、長い物だと半日もかかるものもあるんです。せっかくプレイするなら、中断するのは冷めてしまいますからね。

ジャンルで選ぶ

膨大な種類が販売されているボードゲームでも、ある程度のジャンルに分けることができます。豊富な種類の中なら選ぶのは大変です。まずはジャンルに絞って選べるようにしておきましょう。

戦略系

戦略系のボードゲームは大人の遊びといってもいいでしょう。相手の出方を見極めたり、駆け引きが必要になるので、じっくりと時間をかけて遊ぶゲームになります。ゆっくり時間をかけるものの、一喜一憂する大人たちは大盛り上がりすること間違いなし!

 

仲の良い友人や家族と遊ぶことで一層楽しみを感じられるゲームなので、初めて会う方や合コンなどの場にはあまり向かないゲームだと言えます。

心理系

心理系で有名なのが『人狼』シリーズです。相手の心理状況や作戦を見極めながら戦うのは、本当にいい刺激になります。また、これらのジャンルは初めて会った人同士でも盛り上がれるので、ボードゲームカフェなどにも置かれている事が多いです。

 

合コンや飲み会などで遊べば、一気に距離が縮まってその場の雰囲気も盛り上がる事間違いなしですよ。ただし、お子様には難しい内容の場合も多いので、大人同士で遊ぶことをおすすめします。

協力系

カップルや2人でも十分に楽しめるのが、協力系のボードゲームです。一緒に何かを成し遂げることによってカップルの距離もぐっと縮まりますよね。ボードゲームは大人数でワイワイ楽しむイメージが強いですが、ジャンルによっては2人だからこそ楽しめるものもあるんです。

 

毎回デートで何処かに出かけるのもお金も時間もかかりますが、協力系などのボードゲームでお家でゆっくりと彼氏や彼女と遊ぶのも有意義で良いですよ。

受賞歴で選ぶ

ボードゲームの世界には、世界各国で賞が存在するんです。小説が芥川賞などを受賞すると注目されるのと同じですね。中でも最も大きな賞と言われているのが、ドイツの『
Spiel des Jahres(シュピール・デス・ヤーレス)』賞です。

 

1年間を通して最も面白いとされたボードゲームだけが受賞できる賞なので、この賞に選ばれているボードゲームに外れ無しと言われるほど。どれにしようか迷ったら、受賞歴で探してみるのも一つの方法ですね。

2人用ボードゲームおすすめ商品10選

1

コザイク(cosaic)

ロストシティ (Lost Cities) 完全日本語版

価格:2,452円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イナー・クニツィーアの傑作2人用カードゲーム

探検家(プレイヤー)は、火山地帯やヒマラヤ山脈、海底などの未開の土地で、探険カードを並べて財宝への道を開拓していくというゲームです。順番が回ってくるごとにカードを1枚補充するだけ。

山札が尽きた時に、自分の手元にあるカードの合計得点となります。しかし、その得点から探検に出かけたコストが引かれるので、探索回数が多ければマイナスになってしまうことも。探索に行くかどうかも良く考えて出かける必要があり、カードを引く運も必要になるゲームです。

 

このゲームは珍しいことに2人プレイ専用のゲームなので、プレイするごとに戦略や駆け引き、思考を凝らしたゲーム展開が癖になること間違いなしです。

プレイ人数2人プレイ時間30分
ジャンル開拓対象年齢10才以上
2

すごろくや

グースカパースカ (Gooska paaska)

価格:1,234円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

誰もが知っているじゃんけんをモチーフにしたゲーム

手札はじゃんけんのグー・チョキ・パーになっていて、「せーの」で見せ合ってカードジャンケンをし、より多くのコインを獲得していくゲームです。プレイヤーは『ならず者』『保安官』となり、金貨をせしめるためにじゃんけんという単純明快なルールで戦うのです。

 

アイコの場合は、カードが据え置かれさらにじゃんけんを重ねます。勝負に負けた方には、使われたカードが全部自分の手札になってしまう、なんだかウノのような感じもするゲームですね。分かりやすい内容なのでお子様でもすぐに理解できると思いますよ。

プレイ人数2人プレイ時間10分
ジャンルコイン獲得対象年齢6才以上
3

マテル

ブロックス デュオ FWG43

価格:2,768円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

難しいルールは一切ないから気軽に遊べる

こちらのボードゲームは2人対戦専用の陣取りゲームです。難しいルールは一切なし!白と黒のそれぞれ21個のピースを、角をつなげて置いていき、自分の色のピースをたくさん置いた人が勝ちという単純なルール。

 

単純で分かりやすいからこそ、年齢を問わずに2人対戦で白熱勝負をすることができるんです。本家ブロックスは昔から長年愛され続けているゲームですが、3〜4人でないと遊べないため、2人でも楽しみたいというたくさんの声に答えた形となります。

プレイ人数2人プレイ時間約30分
ジャンル陣取り対象年齢7歳以上
4

メビウス

ガイスター (Geister)

価格:2,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1982年ドイツ年間ゲーム大賞「ノミネート」作品

こちらのボードゲームは、賞の中でも最も権威のあるドイツのゲーム賞を獲得した歴史あるボードゲームです。これはオバケの駒を動かしていくゲームで、赤は悪いオバケ、黄色は良いオバケとなっており、相手のオバケの駒を取り合いする心理&駆け引きゲームです。

 

ルールは異なりますが、相手の駒を奪っていくという点では日本の将棋やチェスのような要素を感じますね。1プレイが15分程度で終了するゲームなので、気軽に遊ぶことができます。またお子様や初心者の方でも楽しめるルールになっていますよ。

プレイ人数2人プレイ時間10~20分
ジャンル心理系対象年齢8才以上
5

ジーピー

クラシックゲーム マンカラ

価格:1,677円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

何通りもの遊び方を持つ優れたゲーム

これは自分の陣地と相手の陣地の間に2列6個ずつの穴が空いており、そこにおはじきのような石を4つずつセットしてから遊ぶゲームです。この石を一つずつずらして入れていき、いち早く自分の陣地に入れることを目的としています。

 

『ベーシック』から『カラハ』『オワリ』などの数種類の遊び方があり、このボード一つで全て楽しむことができるのです。初心者の方はまず一番縛りが少ない『ベーシック』でルールに慣れていきましょう。クラシックなゲームだからこそ奥深く、飽きのこないゲームです。

プレイ人数2人プレイ時間
ジャンル獲得ゲーム対象年齢8才以上
6

Rio Grande Games

Yinsh

価格:26,247円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

直感的にも戦略的にも遊べる

このゲームは、簡単にいうとオセロや囲碁のような感じだと思っていただけるといいと思います。まず自分の色を決め、ボードの上に自分と相手それぞれのリングを配置します。ゲームを開始すると、手持ちの駒で対戦開始!

 

リングを纏った駒は一直線に(駒を飛び越えて)移動可能、リングのない駒はひとマスずつしか移動できません。自分の駒の色を一直線に5個並べると、駒を回収でき、また自分の色のリングを一つ回収できます。いち早くリングを3つ回収できた人の勝ちというもの。

 

直感的にも戦略的にも遊べるゲームなので、非常に奥深いです。年齢によっても異なりますが、小さなお子様にはおすすめしません。

プレイ人数2人プレイ時間約30分
ジャンル戦略・陣取り対象年齢
7

Asmodee

ジャイプル Jaipur

価格:6,991円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マハラジャを目指していざ勝負

このゲームは、プレイヤーがマハラジャ専属の商人になることを目指して、ルビーを稼ぐというゲームです。プレイヤーはインドの商人になり、市場でラクダや商品を集め、取引でなるべく多くのルビーを稼ぐというもの。

 

もちろんカードを引く際のちょっとした運も必要になりますが、いかに効率よく稼げる取引を行うかという、プレイヤーの商売センスも重要になるゲームです。最後に裕福になっている方の勝利という単純明快だけど奥が深いルールが人気の秘密です。

プレイ人数2人プレイ時間30分~
ジャンルカード対象年齢12歳以上
8

Hurrican

ミスター・ジャック・イン・NY

価格:4,399円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

君は切り裂きジャックを捕まえられるか

このゲームは一人が捜査官となり悪党である切り裂きジャックを捕まえようと働き、もう一人は切り裂きジャックとなって捜査官に捕まらないようにマンハッタンから脱出を試みるゲームです。鬼ごっこのようなゲームですね。

 

切り裂きジャックになった人は、目撃証言などをかいくぐりマンハッタンからの脱走を試みます。捜査官は、目撃証言を有効に使い、ジャックが扮装して市民に紛れていないかを捜査し、いち早くジャックの確保に動きます。

 

ただ逃げる・追うのではなく、市民や目撃者などの登場人物の要素を上手く取り入れた、ボードの鬼ごっこ。頭を使うゲームなので、対象年齢は12歳以上と少し高めの設定です。

プレイ人数2人プレイ時間約30分
ジャンル逮捕&脱出対象年齢14歳以上
9

BLUE ORANGE GAMES

Gobblet

価格:4,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ちょっと大きめのマルバツゲーム

このゲームは木の温もりが優しいゲームです。大きさが色々のゴブレットという駒を使用しますが、正直この駒の大きさはあまり関係ありません。ただ、お子様でも持ちやすい大きさなので一緒に楽しむことができますね。

 

マルバツゲームや五目並べをしたことがある方なら絶対にすぐにルールを飲み込めるはず。4×4のマス目を利用し、いち早く自分の駒を一直線に並べた人の勝ちです。単純明快なルールなので、プレイ時間は長くとも20分。ちょっとした時間にお子様と遊ぶことも可能です。

プレイ人数2人プレイ時間5-20分程度
ジャンル陣取り対象年齢7歳以上
10

タントリックス

トラックス(TRAX)

価格:2,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

とにかくラインを繋げ!

このゲームは赤と白のどちらかの色を選択し、順番にパネルをはめていくゲームです。パネルは必ず自分の色の線に繋がっている状態で置かなければなりません。最終的には『ビクトリーライン』を先に作った人の勝利です。

 

ビクトリーラインとは、長さが8列以上ある・一方の端から反対側の端まで繋がっている・ラインの端は、タイルの中で一番端である、この3つの条件を満たしたラインのことを指します。自分のラインも繋げたいけど、相手のラインも阻止しなければ!という戦略も必要になるゲームです。

プレイ人数2人プレイ時間約10分
ジャンルストラテジー対象年齢8才以上

2人用ボードゲーム比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:33868の画像

    コザイク(cosaic)

  • 2
    アイテムID:33928の画像

    すごろくや

  • 3
    アイテムID:36052の画像

    マテル

  • 4
    アイテムID:33934の画像

    メビウス

  • 5
    アイテムID:33940の画像

    ジーピー

  • 6
    アイテムID:33943の画像

    Rio Grande Games

  • 7
    アイテムID:33946の画像

    Asmodee

  • 8
    アイテムID:33963の画像

    Hurrican

  • 9
    アイテムID:33967の画像

    BLUE ORANGE GAMES

  • 10
    アイテムID:33981の画像

    タントリックス

  • 商品名
  • ロストシティ (Lost Cities) 完全日本語版
  • グースカパースカ (Gooska paaska)
  • ブロックス デュオ FWG43
  • ガイスター (Geister)
  • クラシックゲーム マンカラ
  • Yinsh
  • ジャイプル Jaipur
  • ミスター・ジャック・イン・NY
  • Gobblet
  • トラックス(TRAX)
  • 特徴
  • イナー・クニツィーアの傑作2人用カードゲーム
  • 誰もが知っているじゃんけんをモチーフにしたゲーム
  • 難しいルールは一切ないから気軽に遊べる
  • 1982年ドイツ年間ゲーム大賞「ノミネート」作品
  • 何通りもの遊び方を持つ優れたゲーム
  • 直感的にも戦略的にも遊べる
  • マハラジャを目指していざ勝負
  • 君は切り裂きジャックを捕まえられるか
  • ちょっと大きめのマルバツゲーム
  • とにかくラインを繋げ!
  • 価格
  • 2452円(税込)
  • 1234円(税込)
  • 2768円(税込)
  • 2600円(税込)
  • 1677円(税込)
  • 26247円(税込)
  • 6991円(税込)
  • 4399円(税込)
  • 4380円(税込)
  • 2800円(税込)
  • プレイ人数
  • 2人
  • 2人
  • 2人
  • 2人
  • 2人
  • 2人
  • 2人
  • 2人
  • 2人
  • 2人
  • プレイ時間
  • 30分
  • 10分
  • 約30分
  • 10~20分
  • 約30分
  • 30分~
  • 約30分
  • 5-20分程度
  • 約10分
  • ジャンル
  • 開拓
  • コイン獲得
  • 陣取り
  • 心理系
  • 獲得ゲーム
  • 戦略・陣取り
  • カード
  • 逮捕&脱出
  • 陣取り
  • ストラテジー
  • 対象年齢
  • 10才以上
  • 6才以上
  • 7歳以上
  • 8才以上
  • 8才以上
  • 12歳以上
  • 14歳以上
  • 7歳以上
  • 8才以上

お気に入りを見つけたらアプリをチェック

ボードゲームは大人気がゆえに、アプリでの配信も増えてきています。ボードゲームで相手を交えて対戦することが醍醐味のボードゲームですが、例え一人でも遊びたい!というシーンも多いはず。

 

そんな時は、お気に入りのボードゲームのアプリが配信されていないかチェックしてみましょう。有名なボードゲームであれば配信されていることが多いです。電車の中や移動中でも、カップルで楽しみながら時間を繋ぐことも可能です。

 

アプリで攻略や戦略を練って、実戦に備えるのも楽しいですよ。相手と2人で戦う2人用のボードゲームだからこそ、本来は実践が一番楽しいのは当然のことですが、今度こそあの子に勝ちたい!彼女に強いところを見せたい!というカップルなどにもボードゲームアプリは気軽に遊べるので良いですよ。

その他の人気ボードゲームはこちら

まとめ

いつでも何処でも相手さいれば楽しめるボードゲームの魅力をお伝えしました。まだまだ知られていない、とっても面白いボードゲームはたくさんあります。ぜひこの機会にたくさんのボードゲームで遊んでみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ