記事ID2235のサムネイル画像

【理想の身体に】筋トレ初心者におすすめの人気ダンベル10選

理想の体に憧れるトレーニング初心者にとって、気になるのが人気のダンベル商品でしょう。一口にダンベルといっても、タイプや素材にはさまざまな種類があります。そこで今回は、初心者におすすめの人気ダンベル10個をご紹介していきます。

初心者へのダンベルのメリットと効果

初心者がダンベルで体を鍛えるにあたっては、どんなメリットや効果が期待できるのでしょうか。ここでは初心者へのダンベルの利点などについて見ていきましょう。

さまざまなパターンの運動ができる

筋トレマシンの場合、決まった1つの運動しか行えないため、筋肉への刺激も限定されます。また、バーベルは複数の筋肉を鍛えるには有効ですが、特定の動作にかたよってしまい、柔軟性には欠ける点があります。

 

それに対し、ダンベルはサイズも豊富で両手で持てるため、筋トレマシンなどと比べてもはるかに多くの種類の運動に対応できます。それにより、特定の部位の筋肉の強化から実践的な動きの強化まで、いろいろな効果が得やすいのです。

 

初心者の場合、まずはシンプルなトレーニングから始まりますが、慣れてくればいろいろなバリエーションにもチャレンジできるようになります。

関節にやさしい

ダンベルによるトレーニングは、関節に優しいメリットもあります。例えばフラットベンチに仰向けになって行うダンベルベンチプレスの場合、バーベルを利用するよりも肘や肩関節の動きが自然になり、ケガのリスクも減らせます

 

特に肘や肩の関節に不安のある人など、あまり関節に負担をかけたくないという人にとっては、ダンベルによる筋トレはおすすめ。もちろんケガのリスクが高い初心者にとっても、無理せず取り組めるダンベルはぴったりです。

筋力バランスを整えられる

筋力トレーニングでありがちなのが、左右の筋肉バランスがバラバラになるということです。例えばバーベルは、両腕で持ち上げることから無意識に強い方の腕でもう一方をカバーしてしまい、左右の筋力バランスが是正されないままということがよくあります。

 

その点、ダンベルは左右の腕をそれぞれ独立して動かすため、弱い方も集中して鍛えることができ、筋力バランスを整えやすくなります。初心者にとっても、ごまかしが効かない分正しい効果が得られます。

初心者向けダンベルの選び方

ダンベル初心者にとって、まずはどんなダンベルを選べばよいかは悩むところです。そこでここでは、初心者が注意すべきダンベル選びのポイントについて見ていきましょう。

ダンベルのタイプで選ぶ

ダンベルには大きく分けて、「固定式」と「可変式」の2つのタイプがあります。それぞれに特徴がありますから、初心者は特に、目的に合ったタイプを選ぶことが大切になります。

固定式ダンベル

固定式ダンベルは、ウエイト部分が固定されていて、重量を変更することができないダンベルです。分かりやすく言えば、鉄アレイのようなイメージになります。

 

ウエイトが固定されているので付け替えの必要がなく、手間がかからないのがメリットです。「最初は決まった重さから」という初心者の方には、おすすめのタイプでしょう。

 

その反面、負荷を変えたい時には重量が異なるダンベルを用意しなくてはいけないというデメリットもあります。

可変式ダンベル

可変式ダンベルは、ウエイトプレートが付け替え可能になっており、重量を変更できるのが特徴のダンベルです。自由に負荷を変えられるので、幅広い使い方ができるというメリットがあります。

 

「重さは同じでいい」という初心者も多いでしょうが、重さを調節できることは後々便利になります。レベルアップに応じた重さを選べるからです。

 

その一方で、重さをいちいち付け替える手間がかかり、やや面倒に感じるというデメリットもあります。ただ最近では、「アジャスタブルダンベル」などの比較的付け替えが楽なタイプも販売されているので、手間をかけたくないという人はそちらもおすすめです。

用途に合わせた重さで選ぶ

初心者がダンベルを選ぶ際は、用途などに応じた重さに注目することも大切です。ここでは初心者におすすめのダンベルの重さについて見ていきましょう。

女性なら2~5㎏から

女性の場合、筋肉量も男性に比べて少ない上、あまり本格的に筋肉をつけたくはないという人も多いでしょう。ですから、初心者は特に、軽めの重さから始めるのがおすすめです。

 

女性でダンベル初心者という方には、だいたい2~5kg程度の重さが適切でしょう。とりあえず1種類のダンベルでいいという人には、3kgがおすすめです。

男性なら5~10kgから

男性の場合は、ある程度しっかり負荷をかけたいという人が多いでしょう。初心者の男性におすすめの重さは、5~10kgほどです。

 

筋トレの場合、正しいフォームを学ぶことも大切なので、重すぎるダンベルを選ぶとフォームが崩れるおそれもあります。最初はあまり無理をせず、軽めのものから始めるようにしましょう。

本格的に続けるなら20kgの可変式

ダンベルを使った筋トレをある程度しっかり続けていきたいという場合には、最低でも片方20kgある可変式のものを選ぶことをおすすめします。

 

「20kgは重すぎる」と思われるかもしれませんが、可変式なら5kg(シャフトだけなら2.kg)から調整が可能です。レベルに応じて徐々に重さを変えていくことができますから、長いスパンで考えれば、こちらの方がお得と言えます。

素材で選ぶ

素材についても、初心者がダンベルを選ぶ際の注目ポイントになります。主なダンベルの素材には、以下の様なものがあります。

アイアンダンベル

その名の通り、鉄でできたダンベルです。メリットは価格が安いという点ですが、その代わり床を傷つけたり、プレート同士がぶつかってうるさいといったデメリットも。またさびやすいという難点もあり、初心者にはやや扱いづらい種類かもしれません。

ラバーダンベル

ラバーダンベルは、アイアンダンベルの外側にラバーをかけたものです。アイアンがむき出しにならないので、上記のような床を傷つけるなどの恐れはありません。

 

値段も手ごろなので、家庭用としては広く利用されているタイプです。初心者にとっても、うっかり落としても床を傷つけにくいので比較的安心でしょう。

ポリエチレンダンベル

鉄をポリエチレンでコーティングしたタイプのダンベルです。プラスチックのような見た目で、さびにくい上に床を傷つけず、音もあまり出ません。やはり初心者には向いた素材ですが、ただ、全体的にチープに見えるという特徴もあります。

初心者向けダンベルのおすすめ人気商品10選

1

Wout

バーベルにもなる ダンベル 2個セット

価格:3,299円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Amazonランキング1位のダンベル

さて、それではここからは、初心者におすすめの人気ダンベルをご紹介していきましょう。1つ目に紹介するのは、Woutの「バーベルにもなる ダンベル 2個セット」です。こちらはAmazonランキング1位を誇る商品になります。

 

特徴は8角形になったプレート。滑りにくく、保管時にも転がる心配がありません。また、連結シャフトを使用するとバーベルとしても使えます。

 

素材は弾性のあるEVA樹脂を使用し、胸にあたる部分の衝撃もやわらげてくれます。紹介したのは5kg×2個セットですが、ほかに10kg×2個、20kg×2個があります。初心者はもちろん、上級者にとっても使い勝手の良いダンベルとなっています。

タイプ可変式重さ5kg×2個
素材EVA樹脂
2

PROIRON

ダンベル エクササイズ ネオプレンゴムコーティング

価格:5,299円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

つかみやすく滑りにくいダンベル

初心者におすすめの人気ダンベル2つ目はPROIRONの「ダンベル エクササイズ ネオプレンゴムコーティング」です。

 

こちらのダンベルは、スチールを「ネオプレン」というゴム素材でコーティングしており、汗をかいてもつかみやすく、すべりにくい作りとなっています。もちろん、床を傷つける心配もありません。

 

重さは1kg~5kgまでの5段階で、いずれも2個セットとなっています。

タイプ固定式重さ10kg×2個
素材ラバー
3

MOJEER

ダンベル 2個セット 選べる6色

価格:3,199円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

7種類から選べるカラフルなダンベル

初心者におすすめの人気ダンベル、3つ目をご紹介しましょう。こちらはMOJEERの「ダンベル 2個セット 選べる6色」です。ポイントは多彩なカラーと重さの種類の多さとなっています。

 

カラーはブルー、パープル、緑など全部で6種類、ご紹介している重さは5kg×2個セットですが、ほかにも1kg、2kg、3kg、4kg、6kg、8kg、10kgとそろっています。

 

素材は床を傷つけないソフトゴムで、グリップもフィット感に優れた握りやすい作りです。男性、女性ともにさまざまなエクササイズで使える商品となっています。

タイプ固定式重さ5kg×2個
素材ラバー
4

YouTen

ダンベル 2個セット バーベル

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

重厚感あふれるダンベル

おすすめの人気ダンベル、4つ目のご紹介です。4位に挙げるのは、YouTenの「ダンベル 2個セット バーベル」になります。こちらは見た目の重厚さも特徴のダンベルとなっています。

 

「セメント+ポリコート」で、どっしりとした重量感が魅力的。それでいて床置き音も軽減され、床を傷つける心配もありません。シャフトには「ダイヤローレット加工」がほどこされ、握りやすくすべりにくくなっています。

 

紹介しているのは20kg(10kg×2セット)ですが、ほかにも20kg×2、25kg×2、30kg×2のタイプがあります。

タイプ可変式重さ10kg×2個
素材ポリエチレン
5

Wolfyok

ダンベル 純鋼製アレー 無臭素材

価格:7,980円(税込)

Amazonで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音も匂いもないダンベル

初心者におすすめの人気ダンベル、5つ目の紹介です。こちらはWolfyokの「ダンベル 純鋼製アレー 無臭素材」になります。

 

このダンベルの特徴は、耐久性の高い「TPU素材」でプレートを包んでいる点にあります。プレート同士が当たっても静かですし、匂いもほとんどありません。また、充填物には100%ステンレスが使われ、錆びの心配もないようになっています。

 

トレーニング中に汗をかいても、簡単にふき取れるのも嬉しいポイント。初心者にも使いやすいダンベルです。

タイプ可変式重さ10kg×2個
素材TPU
6

LICLI

ダンベル 2個セット ソフトコーティング

価格:2,280円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

形がかわいいおしゃれなダンベル

初心者におすすめの人気ダンベル、6つ目の商品は、LICLIの「ダンベル 2個セット ソフトコーティング」です。こちらは独特の形がポイントのダンベルとなっています。

 

持ち手がくびれた形状は、手にすっきりフィットして持ちやすくなっています。表面の質感もざらっとしているので、汗をかいても滑りません。何より見た目がおしゃれなのがうれしいところでしょう。

 

重さはご紹介している3kg×2個の他にも、0.5kg×2、1kg×2、4kg×2、5kg×2の種類があります。

タイプ固定式重さ3kg×2個
素材ラバー
7

BeryKoKo

ダンベル 2個セット クロロプレンゴムコーティング

価格:2,480円(税込)

Amazonで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

女性も使いやすいダンベル

初心者向けのおすすめ人気ダンベル、7つ目をご紹介しましょう。こちらはBeryKoKoの「ダンベル 2個セット クロロプレンゴムコーティング」です。

 

合成ゴムでコーティングされており、しっかりしたグリップ感で握りやすい作りです。床に置いても傷がつきませんし、音も静か。転がりにくい六角形もポイントとなっています。

 

さらにカラーが豊富ですから、女性にとってもうれしい商品でしょう。重さは紹介している3kg×2個のほかに、1kg×2、2kg×2、4kg×2、5kg×2、8kg×2、10kg×2の種類があります。

タイプ固定式重さ3kg×2個
素材ラバー
8

リーディングエッジ

アーミーダンベル 10kg×2個セット 2018新型

価格:3,580円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

冬場でも使いやすいダンベル

初心者におすすめのダンベル、8つ目の紹介です。8位に挙げたのは、リーディングエッジの「アーミーダンベル 10kg×2個セット 2018新型」になります。

 

こちらの商品は、可変式でポリエチレンコーティングされたダンベル。床を傷つけにくく、音も静かで、錆びや匂いの心配も少なくなっています。さらに、シャフトは冬場でも手が冷たくなる心配がありません

 

重さは4kg、7kg、10kgの3段階調節が可能です。また新モデルでは、エンドプレートに深い溝がついて着脱がしやすい作りとなっています。

タイプ可変式重さ10kg×2個
素材ポリエチレン
9

FIELDOOR

ブラック ダンベル ラバーリング付

価格:11,800円(税込)

Amazonで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本格デザインのダンベル

初心者におすすめのダンベル、9つ目はFIELDOORの「ブラック ダンベル ラバーリング付」です。こちらはプレートにラバーリングを装着するタイプのダンベルになります。

 

ラバーリングを装着することにより、騒音や床の傷の心配もなくなりますから、アパートなどの集合住宅でも安心です。

 

またデザインはブラックアイアンの本格派で、トレーニングの雰囲気も引き締まること間違いなし。紹介している20kg×2個のほかにも、10kg×2、15kg×2、30kg×2のセットがあります。

タイプ可変式重さ20kg×2個
素材ラバー
10

IROTEC

ラバー ダンベル 40KGセット

価格:11,988円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プレートの取り外しが簡単なダンベル

初心者におすすめの人気ダンベル、最後にご紹介するのは、IROTECの「ラバー ダンベル 40KGセット」です。こちらは片手20kgの2個セットになります。

 

こちらもやはりラバーリングがついており、プレートに装着することで騒音などの難点を軽減することができます。片手20kgですが、シャフトだけでも2.5kgからあるので、女性でも軽いトレーニングに使うことができます。

 

もちろんプレートの着脱は簡単ですから、体力に合わせた段階的なトレーニングも可能です。

タイプ可変式重さ20kg×2個
素材ラバー

ダンベルのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:33845の画像

    Wout

  • 2
    アイテムID:33844の画像

    PROIRON

  • 3
    アイテムID:33850の画像

    MOJEER

  • 4
    アイテムID:33856の画像

    YouTen

  • 5
    アイテムID:33866の画像

    Wolfyok

  • 6
    アイテムID:33869の画像

    LICLI

  • 7
    アイテムID:33885の画像

    BeryKoKo

  • 8
    アイテムID:33892の画像

    リーディングエッジ

  • 9
    アイテムID:33909の画像

    FIELDOOR

  • 10
    アイテムID:33917の画像

    IROTEC

  • 商品名
  • バーベルにもなる ダンベル 2個セット
  • ダンベル エクササイズ ネオプレンゴムコーティング
  • ダンベル 2個セット 選べる6色
  • ダンベル 2個セット バーベル
  • ダンベル 純鋼製アレー 無臭素材
  • ダンベル 2個セット ソフトコーティング
  • ダンベル 2個セット クロロプレンゴムコーティング
  • アーミーダンベル 10kg×2個セット 2018新型
  • ブラック ダンベル ラバーリング付
  • ラバー ダンベル 40KGセット
  • 特徴
  • Amazonランキング1位のダンベル
  • つかみやすく滑りにくいダンベル
  • 7種類から選べるカラフルなダンベル
  • 重厚感あふれるダンベル
  • 音も匂いもないダンベル
  • 形がかわいいおしゃれなダンベル
  • 女性も使いやすいダンベル
  • 冬場でも使いやすいダンベル
  • 本格デザインのダンベル
  • プレートの取り外しが簡単なダンベル
  • 価格
  • 3299円(税込)
  • 5299円(税込)
  • 3199円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 7980円(税込)
  • 2280円(税込)
  • 2480円(税込)
  • 3580円(税込)
  • 11800円(税込)
  • 11988円(税込)
  • タイプ
  • 可変式
  • 固定式
  • 固定式
  • 可変式
  • 可変式
  • 固定式
  • 固定式
  • 可変式
  • 可変式
  • 可変式
  • 重さ
  • 5kg×2個
  • 10kg×2個
  • 5kg×2個
  • 10kg×2個
  • 10kg×2個
  • 3kg×2個
  • 3kg×2個
  • 10kg×2個
  • 20kg×2個
  • 20kg×2個
  • 素材
  • EVA樹脂
  • ラバー
  • ラバー
  • ポリエチレン
  • TPU
  • ラバー
  • ラバー
  • ポリエチレン
  • ラバー
  • ラバー

初心者向けのダンベルトレーニングメニュー

ダンベルを選んだ後は、実際にどういったトレーニングをするかが問題になります。ここでは、初心者向けのダンベルトレーニングメニューについて紹介していきましょう。

ダンベルベンチプレス

ダンベルベンチプレスは、通常はバーベルを利用して行うベンチプレスを、代わりにダンベルを用いて行うトレーニングです。バーベルより軽い重量からできるのが利点になります。

 

やり方は、まずベンチに仰向けになって胸のあたりで両手にダンベルを持ち、両足を地面につけて構えます。続いて肩甲骨を寄せ、腰のあたりに空洞を作ってダンベルを持ち上げましょう。

 

肘が伸び切る前に止め、ゆっくりと元の位置まで下ろしてください。この動きを限界まで行います。重量は無理のない範囲(6~12回はできるくらい)にするのが大切です。ベンチが使えない場合は、マットを敷いて床に寝そべって行うのもOKです。

ダンベルスクワット

ダンベルスクワットは、ダンベルの重量を活かしてスクワットをするトレーニングです。お尻や太もも前面の筋肉などを鍛えることができます。

 

やり方は、左右にダンベルを持って背中を伸ばし、両足はつま先をやや外側に向けて肩幅に開きます。そして顔を前に向けたまま、ゆっくりと膝を曲げつつ腰を落としていきます。太ももが床と平行になるくらいまでを目指しましょう。

 

続いてかかとを中心に床を踏み込むように膝をのばし、元の姿勢に帰ります。背中は常にまっすぐに保ってください。こちらも、6回ほどはできるダンベルの重量にしておきましょう。

その他の人気ダンベルはこちら

まとめ

いかがだったでしょうか。このようにダンベルにもいろいろなタイプがあり、目的に応じて選ぶことが大切になってきます。初心者としては無理のない重さにすることも大事ですが、レベルに合わせて適度な負荷を選べるようにしておくと、効果も得やすくなりますよ。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ