記事ID2241のサムネイル画像

【アウトドア好き必見】人気のコールマンランタンおすすめ商品10選

コールマンはホワイトガソリンを使ったガソリン・ランタンが昔から人気です。キャンプではコールマンのガソリン・ランタンをメインに使う事が多いです。ただ、コールマンのLEDランタンも人気となり、選択肢が広がりました。人気のコールマン・ランタンを紹介します。

コールマン・ランタンの魅力

コールマンの看板商品となっているガソリン・ランタン。寒冷地でも安定した性能を発揮し、メンテナンスが楽でホワイトガソリンが入手しやすいといった利点があり人気です。更に、長く使えるのでキャンプでは欠かせないアイテムとして定着しました。

 

コールマンにはLED・ランタンもあります。ホワイトガソリンなど燃料が必要なく、使い方も簡単なLED・ランタンは、キャンプをはじめようとする人に人気。LED・ランタンは価格もお手頃なので、1つあると便利です。

 

コールマンには、ガソリン・ランタンやLED・ランタンの他に、ガス・ランタンなどがあります。それぞれのランタンに利点があります。家族でキャンプを楽しむ際は複数のランタンが必要なので使い分ける必要があります。

人気のコールマン・ランタンの選び方

コールマンのランタンは選ぶ際に、使う場所、燃料や電源の種類、重さ、カラーなどがポイントです。ランタンは、主にキャンプで使うアイテムで、移動したり、複数必要だったりすることを参考にして下さい。自分のアフトドアライフに合ったランタンを選びましょう。

使う場所で選ぶ

ファミリーで楽しむキャンプでは複数のランタンがあると便利です。例えば、キャンプサイト、テーブル、テント内といった場所にランタンを配置しましょう。それぞれの場所に適したランタンがあり、選ぶポイントになっています。

キャンプサイト

夜、テント周辺で寛いだり、食事したりする際にランタンが必要になってきます。テント周辺の広範囲を照らすため、できるだけ明るいランタンが向いています。そのため、明るく、長時間使用できるガソリン・ランタンがおすすめです。

テーブル

テーブルの上にある料理や小物を照らす際にランタンが必要になります。テーブルの上に置きますが、移動することも想定して、軽いランタンが向いています。そのため、できるだけ軽い、LED・ランタンやガス・ランタンがおすすめです。

テント内

テント内にランタンがあると何かと便利なので用意しましょう。テント内では、燃料を燃やさないLED・ランタンが向いています。ガソリン・ランタンやガス・ランタンをテント内で使う事はおすすめできません。

燃料や電源の種類で選ぶ

ランタンを点灯させるためには電源や燃料が必要ですが、主にホワイトガソリン、ガスカートリッジ、バッテリー、乾電池があります。それぞれの電源や燃料によってランタンの使い方が変わります。そのため、電源や燃料の選び方は重要なので紹介します。

ホワイトガソリン

ホワイトガソリンは、白ガスとも称される石油製品です。ナフサが主成分で、オクタン価は50程度で、自動車で使われるガソリンより低いです。コールマンのホワイトガソリンは色素(青)が入っているため、青ガスと称され、ガソリン・ランタンに使います。

ガスカートリッジ

LPガスなどが充填されたカートリッジで、ガス・ランタンに装着して使います。ガス・ランタンは着火したり、消火したりすることが簡単で、扱いやすいです。一般的に、ガソリン・ランタンより、暗いとされています。

バッテリー

バッテリーはLEDランタンに内蔵されていることが多い電源です。家庭用電源などから充電することで繰り返し使えるので利便性が高くコストパフォーマンスに優れています。LEDランタンはガソリンやガスといったランタンより軽いことが多いです。

乾電池

乾電池はLEDランタンに装着して使うことが多い電源です。使い捨ての乾電池もありますが、充電して繰り返し使える乾電池もあります。LEDランタンには単一もしくは単三の乾電池がよく使われます。

重さで選ぶ

ランタンは軽い方が持ち運びに便利です。自動車でキャンプ場に行く場合は多少重いランタンでもOKです。ただ、自転車やバイクでキャンプ場などに行く場合は、できるだけ軽いほうが持ち運びに便利です。

2kg程度のランタン

2kg程度のランタンになると、かなり重いで、自動車での持ち運びに向いています。自転車やバイクで運ぶことはおすすめできません。キャンプサイトで固定して使うためのランタンとして活用しましょう。

1㎏程度のランタン

1kg程度のランタンが、スタンダードだと考えられます。ガス・ランタンやガソリン・ランタンでも、1kg程度が扱いやすいです。LEDランタンであれば、1kg以下のものが多いのでおすすめです。

カラーで選ぶ

コールマン・ランタンのカラーには、オリーブ、グリーン、ネイビ、レッドがあります。カラーによって、ランタンのイメージは変わります。それぞれのカラーから感じる印象は違うので紹介します。

オリーブ

オリーブは沈静色となっており、深みがあります。森林をイメージさせるカラーで、心が安定し、リラックスできます。ファッションなどにオリーブを取り入れると、おしゃれで都会的な印象を与えてくれます。

グリーン

グリーンは安心や安定といったイメージがあるカラーです。木や森と同じようなカラーなので、心が癒されリラックスします。目立たず、比較的控えめなカラーなので、周辺とマッチしやすい傾向があります。

ネイビー

ネイビーは沈静色や収縮色だといわれるカラーです。ネイビーからは、高級感な雰囲気が漂います。ファッションなどにネイビーを取り入れると、真面目だったり堅実だったりする雰囲気が漂うようになります。

レッド

レッドは、膨張色や温暖食だといわれるカラーです。レッドからは、活発な雰囲気が漂います。ファッションなどにレッドを取り入れると、強い刺激や気持ちを高揚させる印象が漂うようになります。

コールマン・ランタンのおすすめ人気商品10選

1

コールマン(Coleman)

ノーススター(R)チューブマントルランタン

価格:22,790円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

定番のガソリン・ランタン

ノーススター(R)チューブマントルランタンは、大光量となる360キャンドルパワーがあるチューブ型マントルです。ホワイトガソリン仕様では初めてとなる点火装置が付いているモデル。ワイヤークリップを使い装着ができるマントルを採用しているので人気です。

 

このランタンの明るさは約360CP/230W相当となっています。一方、燃焼時間は約7~14時間となっています。燃料タンク容量は約940cc、本体サイズは約φ17.3×34.3となっており、おすすめのランタンです。

電源や燃料ホワイトガソリン重さ約1.8kg
2

コールマン(Coleman)

ワンマントルランタン

価格:18,390円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ロングライフデザイン賞のランタン

ワンマントルランタンは、2010年度のロングライフデザイン賞に輝いた製品です。ワンマントル中型ランタンの中では、スタンダードとして人気があります。明るさは200キャンドルパワーもあり、テントサイトなどに使える性能があり、人気となっています。

 

このランタンの明るさは約200CP/130W相当となっています。燃焼時間は約7.5~15時間となっています。燃料タンク容量は約590cc、本体サイズは約φ16×31(h)cmとなっており、おすすめです。

電源や燃料ホワイトガソリン重さ約1.4kg
3

コールマン(Coleman)

パワーハウス(R)ツーマントルランタン

価格:19,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大型のランタン

パワーハウス(R)ツーマントルランタンは大型ホワイトガソリンランタンのスタンダードとなっており人気です。明るさは300キャンドルパワーもあり、キャンプサイトなどにぴったりです。人気のツーマントルタイプなのでファンも多く、信頼性も高いです。

 

このランタンの明るさは約300CP/190W相当となっています。燃焼時間は約7~14時間となっています。燃料タンク容量は約940cc、本体サイズは約φ18×35(h)cmとなっており、おすすめです。

電源や燃料ホワイトガソリン重さ約1.8kg
4

コールマン(Coleman)

2500 ノーススター(R)LPガスランタン

価格:8,680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャンプサイトで重宝するランタン

2500 ノーススター(R)LPガスランタンは320キャンドルパワーを誇る大光量の製品です。キャンプサイトを照らすランタンとしては十分な性能があります。ワイヤークリップで装着できるマントルを採用したので利便性が高い製品となっており、おすすめです。

 

このランタンの明るさは約320CP/200W相当(レギュラーガス使用)約1,543lm(ルーメン)。燃焼時間は約4~8時間(470g缶使用)となっています。燃料タンク容量は470g缶、本体サイズは約φ14.5×26(h)cmとなっており、人気のランタンです。

電源や燃料ホワイトガソリン重さ約1.3kg
5

コールマン(Coleman)

ルミエールランタン

価格:4,180円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テーブルにぴったりなランタン

ルミエールランタンは、マントル不要なキャンドル風のガスランタンとなっており人気です。揺れる炎でやさしい雰囲気が漂うので、デスクの上に置くと癒されます。レバーを左右にスライドさせるだけで火の強さが調整でき簡単なので、利便性も高いです。

 

このランタンの燃焼時間は約28~38時間(230g缶使用)となっています。燃料タンク容量は230g缶で、本体サイズは約φ7.3×6×18.3(h)cmとなっています。LPガスについては別途購入が必要なので注意しましょう。

電源や燃料ガスカートリッジ重さ約210g
6

コールマン(Coleman)

クアッド™マルチパネルランタン

価格:7,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大型のLEDランタン

クアッド™マルチパネルランタンは4個の発光パネルからが装着されたLED・ランタンです。発光パネルは脱着が可能なので、色々な用途に使えます。USBポートが付いているので、携帯が充電できるので便利です。

 

このランタンの明るさは約25~800ルーメン。連続点灯時間は約3~400時間となっています。使用する電源はアルカリ単一形乾電池×4本もしくは8本、本体サイズは約ø14.5×23.5(h)cmとなっており、おすすめのランタンです。

電源や燃料乾電池重さ約1.2kg
7

コールマン(コールマン) 2マルチパネルランタン 2000033144 ランタン (レッド/FF/Men's、Lady's)

価格:6,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

丁度良いサイズのランタン

2マルチパネルランタンは2つの発光パネルが装着された製品。脱着ができる発光パネルは、本体に装着することで充電もできます。USBポートが付いており、携帯が充電できるので、利便性にも優れたランタンに仕上がっています。

 

このランタンの明るさは約10~400ルーメンとなっています。使用する電源はアルカリ単一形乾電池×4本、本体サイズは約ø12×9×19(h)cmとなっています。防水性能についてはIPX4対応となっており、おすすめのランタンです。

電源や燃料乾電池重さ約650g
8

コールマン(Coleman)

360° サウンド&ライト

価格:7,180円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音を奏でるランタン

360° サウンド&ライトは、最大400ルーメンの明るさがある上、ミュージックを同時に再生することも可能です。Bluetoothによってミュージックが再生でき、明るさ調整(Low / Medium / High)が可能。防水性能についてはIPX4 対応なので水に対しても強いです。

 

このランタンの明るさは80ルーメン、175ルーメン、400ルーメン。燃焼時間は約40時間他となっています。使用する電源はリチウムイオン電池、本体サイズは約φ13.0cm×25.1(h)cmとなっており、おすすめのランタンです。

電源や燃料リチウムイオン電池重さ約1.0kg
9

コールマン(Coleman)

バッテリーガードLED ランタン/1000

価格:4,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バッテリーが長持ちするランタン

バッテリーガードLED ランタン/1000は過放電を防止し電池を長く持たせるバッテリーガード™が採用された製品です。点滅機能も搭載され、食卓テーブルにぴったりのランタンです。防水性能についてはIPX4 対応となっており、水に対して強いので安心です。

 

このランタンの明るさは75、250、1000ルーメン。燃焼時間は約400時間となっています。使用する電源はアルカリ単1形乾電池が4本、本体サイズは約φ11.0cm×21.5(h)cmとなっており、おすすめのランタンです。

電源や燃料アルカリ単1形乾電池重さ約570g
10

コールマン(Coleman)

バッテリーガードLED ランタン/200

価格:1,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトなランタン

バッテリーガードLED ランタン/200は、コンパクトなボディなので持ち運びに便利な製品です。バッテリーガード™が採用されているので、過放電を防止でき、電池を長く持たせることが可能。防水性能についてはIPX4 対応となっており、水に対して強いにので安心です。

 

このランタンの明るさは200ルーメン。連続燃焼時間は約15時間となっています。使用する電源はアルカリ単3形乾電池が4本、本体サイズは約φ7.4cm×12.6(h)cmとなっており、おすすめのランタンに仕上がっています。

電源や燃料アルカリ単3形乾電池重さ約180g

ノーススター(R)チューブマントルランタンの使い方

ノーススター(R)チューブマントルランタンの使い方はまず、燃料バルブを右にいっぱい回しましオフにします。燃料キャップを取り外して、フューエルパネルを本体に挿入して、ホワイトガソリンを入れます。フューエルパネルを外して燃料キャップを取り付けます。

 

燃料バルブのオフを確認し、ポンプノブを押したり、引っ張ったりして、押しにくくなるまでポンピングを行います。ベンチレーターナットを外し、ベンチレーターやグローブガードを外します。マントルサポートとバーナーチューブの間にマントルを装着します。

 

マントル(下部)に火をつけて完全にカラヤキし、ベンチレーターやグローブガードを取り付けます。自動点火ボタンをプッシュしながら、燃料バルブを開きます。点火した後、ポンピングして火を安定させます。

まとめ

コールマンのランタンを紹介しました。コールマンにはガソリン、ガス、LEDといったランタンがありますが、使い分けると重宝します。LED・ランタンは多機能なタイプが登場しているので注目です。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ