記事ID2271のサムネイル画像

【室内でもアウトドアでも】自立式ハンモックのおすすめ人気商品10選

快適な寝心地でリラックス効果もあるといわれるのがハンモックです。中でも自立式のハンモックは、アウトドアはもちろん、室内でも気軽に利用できることから人気が高いです。この記事では自立式ハンモックの選び方や、特に人気の商品10選をご紹介します。

屋外でも室内でも使える自立式ハンモック

キャンプ場などでよく見かけるハンモックは、横になって読書をしたり音楽を聴いたり、昼寝もできる人気アイテムです。ゆったり包み込まれるような、心地よい揺れを味わうことができ、体圧分散効果にも優れています。

 

リラックス効果も高いハンモックですが、木や柱に紐を固定する「吊り下げ式」とスタンドと一体になっている「自立式」の2種類があります。中でも初心者に人気が高いのが自立式ハンモックです。自立式であれば吊り下げる木を探す必要もなく、簡単にどこでも設置することができます。

 

また、ハンモックというと、アウトドアのイメージが強いですが、自立式のハンモックであれば、室内やベランダにも気軽に設置することができます。ベッドやソファとは違う寝心地を味わうことができ、デザインがおしゃれなものも多いので、インテリアとしても利用できます。

 

一口に自立式ハンモックといっても数多くのメーカーが多くの商品が発売されています。ハンモックとしてだけでなくチェアや物干し竿としても利用できる3wayタイプや、蚊帳付きのものなど、商品により特徴もさまざまです。そこで今回は自立式ハンモックの選び方やおすすめの人気商品をご紹介します。

自立式ハンモックの選び方

自立式ハンモックの中にも実は様々なタイプがあるんです。ここではそんな自立式ハンモック の選び方を紹介します。是非参考にしてみてください。

用途で選ぶ

自立式ハンモックにはいくつかのタイプがあります。寝て利用するものや腰掛けて利用するもの、ハンモックとしての用途以外にハンガーラックとしても使えるものなどタイプによって使いみちは別れています。自分の用途に合ったタイプを選ぶようにしましょう。

寝るタイプ

ハンモックの中でも一番オーソドックスなタイプが、ハンモックの上で横になることができるタイプです。ハンモックの良さやリラックス効果を体感することができ、アウトドアでも室内でも人気のタイプです。

 

ただし室内やベランダで利用する場合はスペースも取りますので、自分の部屋に設置可能かどうかチェックすることが大事です。アウトドア向きの商品の場合、安全面を考慮してスタンドがかなり大きめに作られている商品もあります。

 

せっかく購入しても部屋に置くことができないということや大きすぎて邪魔になるという場合もあります。事前にスタンドの幅を確認して、設置スペースに収まるか確認してから購入することが大切です。

座るタイプ

自立式ハンモックにはハンモックチェアと呼ばれるハンモックの上に腰を掛けて利用するタイプもあります。寝ることができるタイプに比べてサイズが小さいので、その分価格も安い商品が多いです。

 

ハンモックの上で足を伸ばして横になることはできませんが、全身が包み込まれる感じで長時間座っていても疲れにくいのが特徴です。チェアタイプは省スペースで利用することができるので、部屋に置いてもあまり邪魔にならず、インテリアとしても人気が高いです。

3wayタイプ

自立式ハンモックにはハンモック、ハンモックチェアとしての利用の他にハンガーラックとしても使える3wayタイプの商品もあります。専用のハンガーロッドを付けるだけでハンガーラックに早変わりし、室内干しにも便利です。部屋干しが多い、一人暮らしの人にもおすすめのタイプになります。

使用者や使用場所で選ぶ

自立式ハンモックは商品によってサイズや耐荷重にかなりの差があります。身長の高い人はなるべくサイズの大きい商品を選ばないと乗れない場合もあります。また、どれくらいの重さに耐えられるかも確認するのが重要です。

サイズを確認

自立式ハンモックのサイズは商品によりさまざまです。選ぶ際にはサイズは必ず確認して、使用する人に合った商品を選ぶことが必要です。大人の男性・女性向けの商品や子供向きの商品などもありますので使用者の身長や体重に合った商品を選ぶようにしましょう

 

また1人で利用するシングルタイプだけでなく、2人以上同時に乗ることができるダブルやファミリー向けといったタイプも用意されています。ワンルームの室内や小さなベランダで1人で利用するならシングル、大人や子供2人以上で使用したいならダブル、家族みんなで使用したい場合はファミリーと使用者に合わせて選ぶことがおすすめです。

耐荷重を確認

自立式ハンモックを選ぶ際はどれくらいの重さに耐えられるかという「耐荷重」をチェックするのも欠かすことができません。商品説明欄に耐荷重は表記されていて、100kg以下のものから300kg以上のものまで、商品により大きく異なってきます

 

使用する人の体重に合った商品を選ばないと使用中に布が破け、思わぬ事故が起こってしまうケースもあります。あらかじめどれくらいの耐荷重が必要か確認してから、商品を選ぶことで失敗もなくなります

収納性を確認

自立式ハンモックをアウトドアで使用する際は収納性の高い商品を選ぶのがおすすめです。小さく折りたたむことができる商品や収納バッグ付きのものなど、収納性や携帯性に優れたものもたくさん発売されています。

 

収納がしやすい商品であれば室内やベランダで使用する際も、使わないときは折りたたんでしまうことができるので便利です。またアウトドアで利用する際は、軽量なタイプを選ぶことで、さらに持ち運びもしやすくなるのでおすすめです。

素材で選ぶ

ハンモックの素材は大きく分けて「コットン」「ネット」「パラシュート」の3種類があります。使用感が素材により異なりますので、自分のニーズに合ったものを選ぶのがおすすめです。

コットン生地

ハンモック専用のコットン生地を使用して作られてたタイプはバリエーション豊富なのが特徴です。おしゃれで寝心地のいいものも多く、使ううちに体になじむのもメリットです。デザインだけでなく布の生地もさまざまで、自分に合ったものを選ぶことができます。

 

寝心地の良さや肌触りの良さは抜群のコットンタイプですが、重くてかさばるのがデメリットです。特に一枚布を使用して重さがあるタイプは収納や携帯には向いていません。アウトドアメインで使用する場合は、軽量なものか違う素材でできたものを選ぶのがおすすめです。

ネット素材

専用の紐を編みこんで作られたネット素材のハンモックの特徴は通気性の良さです。風通しがよく蒸れにくいので、暑い時期のアウトドアキャンプなどにもぴったりです。ハンモック専用の丈夫な糸で編みこまれているので、耐荷重に優れた商品も多いです。

 

通気性や伸縮性は抜群のネットタイプですが、体にネットが食い込んだり、アクセサリーなどを引っ掛けてネットが破れてしまうということもあります。耐久性の面では若干布タイプに劣るのがデメリットになります。

パラシュート生地

パラシュートにも使われるパラシュート生地の特徴は防水性の高さです。布やネットと比べて撥水性にも優れていて、雨に濡れてもはじいてくれるのでテントなどにも使われている素材になります。中には蚊帳付きのものもあり、夏場のアウトドアでの利用には嬉しいです。

 

強度や耐久性にも優れているパラシュート素材ですが、自立式ハンモックの場合、コットン生地やネット素材に比べると販売商品のラインナップが非常に少ないです。そのためデザインのバリエーションも少なく、好きな柄を選びにくいというのがデメリットになります。

 

メーカーで選ぶ

自立式ハンモックは国内海外問わず、多くのメーカーから発売されています。メーカーによって性能や価格が違ってきますので、予算や用途に合ったメーカーを選ぶようにしましょう。

ビブレ(Vivere)

全米で一番人気のハンモックメーカーが「ビブレ」です。海外ではおなじみの室内ハンモックメーカーですが、日本でも高い人気を誇っているメーカーです。組み立ても簡単で、デザイン性や耐荷重にも優れた商品を発売しているのが特徴です。

キャプテンスタッグ

キャプテンスタッグは日本の人気アウトドア用品メーカーです。日本メーカーらしい日本人に合った商品を多数販売しているメーカーで、自立式ハンモックも充実しています。海外メーカーに比べて価格も安く、コスパの高い商品が多いメーカーです。

ロゴス

ロゴスは日本にあるアウトドアメーカーの中でも特に人気の高いメーカーです。使いやすいアウトドアグッズが揃っているのが特徴で、キャンプ愛好家の中にも愛用者が多いです。同社の自立式ハンモックは高機能な素材を使っているので寝心地も良く、携帯性にも優れていてアウトドアキャンプにぴったりです。

ニトリ

「お値段以上」のフレーズでおなじみの家具メーカー「ニトリ」ですが自立式ハンモックも販売しています。ニトリが販売している自立式ハンモックはチェアタイプでニトリらしい機能的でシンプルなデザインが特徴です。部屋で使うためのチェアタアイプハンモックを探している人におすすめのメーカーです。

自立式ハンモックのおすすめ人気商品10選

1

Vivere(ビブレ)

ハンモック ダブルサイズ トロピカル

価格:16,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

寝心地も使いやすさも抜群

全米で最も売れている高品質な自立式ハンモックです。ダブルサイズで長さは240cm、幅は160cmありますので、大人2人が乗っても十分な広さがあります。高級なコットン100%を使用していて、肌触りも良く寝心地も抜群です。

 

耐荷重は200kgありますので、体の大きい男性でも問題なく使用することができます。スタンドは丈夫なスチール素材を使っていて、12段階高さ調節ができるので、使う人に合わせて高さも変更できます。デザインもおしゃれで柄のラインナップも豊富なので、自分好みのデザインを探すことができます。

生地サイズ幅160cm×長さ240cm重量約15kg
耐荷重200kg素材コットン、スチール
2

GROOVY OUTSTYLE

自立式 ハンモック チェア ハンガーラック 3WAY

価格:7,463円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパの高い人気の3WAYタイプ

通常のハンモックとしての使用以外に、チェアやハンガーラックとしても使える3WAYタイプの自立式ハンモックです。室内干しラックとして室内で使う以外にも、ベランダに置けば布団やカーペットなども干すことができるので便利です。

 

アウトドアでの利用もおすすめで、収納バッグも付いているので携帯もしやすいです。耐荷重は約330kgありますので親子一緒に横になることもできます。値段もリーズナブルなので、自立式ハンモックを初めて購入する人にもおすすめです。

生地サイズ幅38cm×長さ194cm重量10kg
耐荷重330kg素材ポリエステル、スチール
3

コンポジット

自立式 折りたたみハンモック

価格:7,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

室内でも使いやすいシックなデザイン

スタンドフレームに天然木を使っているシックなデザインが特徴の自立式ハンモックです。お部屋のインテリアにも合わせやすく、室内での利用にぴったりの商品です。フレームにハンモックを取り付ける位置を選ぶことができ、使用する人の身長に合わせてハンモックの幅や高さを調節することができます。

 

フレームの角度やハンモックのハリ具合も自分好みに調節できるので、自分に合った寝心地を探すこともできます。簡単に折りたたむこともできますので、室内での利用以外にアウトドアの利用もおすすめです。

生地サイズ幅50cm×長さ193cm重量8.5kg
耐荷重200kg素材ナイロン、スチール、ポリエステル、天然木
4

NOL CORPORATION(ノルコーポレーション)

ハンモック 自立式 MOZ-4-01

価格:5,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトでベランダでも利用可能

コンパクトなシングルサイズの自立式ハンモックを探している人におすすめの人気商品です。スタンドも軽量コンパクトで折り畳んでバッグに収納することができるので、持ち運びもしやすいのが特徴です。ネット素材なので通気性も良く、ハンモックの高さも調節でき使いやすいです。

 

室内はもちろん、専用バッグに入れて、キャンプ、海で楽しむ他、ベランダで使用することもできます。耐荷重は100kgですが、生地に伸縮性がないので大柄の人はもう少し耐荷重に優れた商品を選ぶのがおすすめです。

生地サイズ幅79cm×長さ190cm重量9.3kg
耐荷重100kg素材ポリエステル、スチール
5

Susabi

ブラジリアンハンモック 自立式スタンドセット

価格:16,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ピュアコットン100%で肌触り抜群

ハンモックの本場であるコロンビア産の高級感がある自立式ハンモックです。ピュアコットン100%の生地を使用しているので肌触りも良く、厚みもあるので寝心地も最高です。幅が160cmもありますので、成人男性はもちろん、大人二人が乗っても余裕のあるサイズとなっています。

生地サイズ幅160cm×長さ210cm重量13kg
耐荷重160kg素材コットン、スチール
6

タンスのゲン

ハンモック 自立式

価格:5,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フレームの開きを3段階で調節可能

リーズナブルな価格ながら、耐荷重は300kgと頑丈な自立式ハンモックです。フレームの開き具合を3段階で調節可能なので、身長に合わせてハンモックの長さを調節することができます。アウトドアでも室内でも使いやすく、木製天然ウッドフレームを使用しているので、室内インテリアともマッチしやすいです。

生地サイズ幅145cm×長さ176cm重量8.5kg
耐荷重300kg素材ポリエステル、スチール
7

HANWA

2WAY 自立式ポータブルハンモック&チェアー

価格:15,984円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自立式ハンモック 2WAY

スタイリッシュで使いやすいハンモックを多数発売している人気メーカー「シフラス」の自立式ハンモックです。スタンドの角度を変えることでハンモックチェアとしても使える2WAYタイプなので、好きな使い方を選べます。部屋に溶け込みやすいシンプルデザインで、軽量なのでベランダや庭に置いて楽しむもこともできます

生地サイズ幅142cm×長さ183cm重量8.5kg
耐荷重90kg素材ポリエステル、フレーム
8

ロゴス(LOGOS)

3WAY スタンドハンモック

価格:27,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アウトドアでも使いやすい3WAYタイプ

ハンモック、ハンモックチェア、ハンガーラックと3通りの使い方ができる自立式ハンモックです。フレーム先端部が地面に合わせ可動するなど、人気アウトドアメーカーの「ロゴス」の商品だけあり、アウトドアでの使用にぴったりの商品です。価格は少し高いですが、安定感も抜群で使いやすく、寝心地も最高なのでおすすめです。

生地サイズ幅149cm×長さ192cm重量10.7kg
耐荷重100kg素材コットン、スチール
9

BUNDOK(バンドック)

自立式 ハンモック BD-224

価格:9,718円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エキゾチックなストライプ模様がおしゃれ

アウトドアでも室内でも映えるカラフルなストライプ柄が特徴の自立式ハンモックです。高さは2段階で調節でき、収納用の袋も付属しているので携帯もしやすいです。価格は比較的安いですが、帆船にも使われる強固で柔軟性のあるポリエステル素材を使用しているので耐久性も抜群です。

生地サイズ幅79cm×長さ235cm重量11kg
耐荷重80kg素材ポリエステル、綿、スチール
10

SHARE STYLE

自立式ハンモック ゆらふわモック

価格:7,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量タイプで持ち運びもしやすい

高さや大きさを自分好みにカスタマイズできる自立式ハンモックです。重量は約8kgと軽量なので持ち運びもしやすく、室内・海・山とどのようなシチュエーションでもハンモックの快適さを楽しむことができます。ハンモック生地の柄だけでなく、スタンドのカラーも豊富で、色の組み合わせも自由に選ぶことも可能です。

生地サイズ幅48cm×長さ195cm重量8.4kg
耐荷重330kg素材ポリエステル、スチール、木材

自立式ハンモックの人気商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:38395の画像

    Vivere(ビブレ)

  • 2
    アイテムID:38397の画像

    GROOVY OUTSTYLE

  • 3
    アイテムID:38398の画像

    コンポジット

  • 4
    アイテムID:38400の画像

    NOL CORPORATION(ノルコーポレーション)

  • 5
    アイテムID:38399の画像

    Susabi

  • 6
    アイテムID:38396の画像

    タンスのゲン

  • 7
    アイテムID:38745の画像

    HANWA

  • 8
    アイテムID:38403の画像

    ロゴス(LOGOS)

  • 9
    アイテムID:38404の画像

    BUNDOK(バンドック)

  • 10
    アイテムID:38402の画像

    SHARE STYLE

  • 商品名
  • ハンモック ダブルサイズ トロピカル
  • 自立式 ハンモック チェア ハンガーラック 3WAY
  • 自立式 折りたたみハンモック
  • ハンモック 自立式 MOZ-4-01
  • ブラジリアンハンモック 自立式スタンドセット
  • ハンモック 自立式
  • 2WAY 自立式ポータブルハンモック&チェアー
  • 3WAY スタンドハンモック
  • 自立式 ハンモック BD-224
  • 自立式ハンモック ゆらふわモック
  • 特徴
  • 寝心地も使いやすさも抜群
  • コスパの高い人気の3WAYタイプ
  • 室内でも使いやすいシックなデザイン
  • コンパクトでベランダでも利用可能
  • ピュアコットン100%で肌触り抜群
  • フレームの開きを3段階で調節可能
  • 自立式ハンモック 2WAY
  • アウトドアでも使いやすい3WAYタイプ
  • エキゾチックなストライプ模様がおしゃれ
  • 軽量タイプで持ち運びもしやすい
  • 価格
  • 16800円(税込)
  • 7463円(税込)
  • 7980円(税込)
  • 5980円(税込)
  • 16800円(税込)
  • 5980円(税込)
  • 15984円(税込)
  • 27900円(税込)
  • 9718円(税込)
  • 7980円(税込)
  • 生地サイズ
  • 幅160cm×長さ240cm
  • 幅38cm×長さ194cm
  • 幅50cm×長さ193cm
  • 幅79cm×長さ190cm
  • 幅160cm×長さ210cm
  • 幅145cm×長さ176cm
  • 幅142cm×長さ183cm
  • 幅149cm×長さ192cm
  • 幅79cm×長さ235cm
  • 幅48cm×長さ195cm
  • 重量
  • 約15kg
  • 10kg
  • 8.5kg
  • 9.3kg
  • 13kg
  • 8.5kg
  • 8.5kg
  • 10.7kg
  • 11kg
  • 8.4kg
  • 耐荷重
  • 200kg
  • 330kg
  • 200kg
  • 100kg
  • 160kg
  • 300kg
  • 90kg
  • 100kg
  • 80kg
  • 330kg
  • 素材
  • コットン、スチール
  • ポリエステル、スチール
  • ナイロン、スチール、ポリエステル、天然木
  • ポリエステル、スチール
  • コットン、スチール
  • ポリエステル、スチール
  • ポリエステル、フレーム
  • コットン、スチール
  • ポリエステル、綿、スチール
  • ポリエステル、スチール、木材

ハンモックの洗濯方法

自立式ハンモックを衛生的に長く使うためには定期的なお手入れを欠かすことができません。特にアウトドアでハンモックを使う場合は、使用後しっかり汚れを落とすことが大切です。室内でしか使わない場合でも使用しているうちに汚れは目立ってきますので、洗濯は必要になります。

 

ハンモックのお手入れ方法はそう難しくはなく、多くのハンモックは洗濯機で洗うことが可能です。もちろん手洗いでも可能ですが、大きめの洗濯ネットに入れて洗濯機の自動ボタンを押せば洗濯は完了するので楽ちんです。

 

洗濯機で洗う際の注意点は他の洗濯物と別に洗うことです。ハンモック生地は色落ちがしやすいので、ハンモック単独で洗うほうが無難です。また、ハンモックの生地が洗濯機の中でほどけるのを防ぐため麻紐などで二箇所ほど留めてから洗濯ネットに入れるとより安心です。

 

洗い終わったらできれば日陰干しをするのがおすすめです。日光を当てると乾くのは早いですが、紫外線で生地を傷め、ハンモックの寿命を縮めてしまうこともあります。干し終わったらハンモックスタンドにすぐ掛けるようにしましょう。洗濯した直後は少し縮みますが、1度使うことで元のハンモックのサイズに戻ります。

その他の人気ハンモックはこちら

まとめ

人気の自立式ハンモックや自立式ハンモックの選び方についてご紹介してきました。収納もしやすい自立式ハンモックはアウトドアでも室内でも活躍するアイテムです。使う人や場所に合わせて、ぴったりの自立式ハンモックを選んでみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ