記事ID2293のサムネイル画像

【安全・実用的】災害に備える非常用ランタンのおすすめ人気商品10選

日本に住む限り地震や台風など災害は避けることができません。万一の時の防災用具としておすすめしたい照明器具がランタンです。そこで今回はランタンを購入する際に確認したいポイントを説明するとともに、LEDランタンを中心におすすめの商品を紹介したいと思います。

万一の災害時に活躍する照明器具がランタンです

地震や台風などの災害に備えて、用意しておきたいのが携帯型の照明器具です。もしもの災害時に住まいが損壊するような大きなダメージを被ることがなかったとしても、送電のインフラがダメージを受けてしまうと停電は避けることができません

 

また、電気以外にも水道やガスなどの生活インフラも途絶することも考えられますので、夜間に行動する際に手元の照明がなければより一層不便が生じます。電池式のランタンであれば停電の影響を受けることなく使うことができるので、万一の際の備えとしておすすめします。

災害時用ランタンの選び方

ランタンを購入する際に事前に確認しておきたいポイントとしては、光源の方式や明るさ機能やスペックなどが挙げられます。用途としてはキャンプなどのレジャー用ではなく、防災用となりますので、通常のランタンとは優先されるポイントは少々異なります。

 

災害時に使用するランタンは、光量はそれほど大きくない商品であっても構いません。また、ランタンを使うために必要になる様々な物資も災害時には入手が困難になることもあらかじめ考えておいたほうが良さそうです。

光源の方式で選ぶ

ランタンの光源の方式としては、乾電池や充電池などの電源を使用するものと灯油などの燃料を使用する燃焼式のものがあります。このうち燃焼式のランタンは、災害時の備えとしては火災や酸欠などの二次災害の恐れもあることからおすすめできません

 

災害時におすすめできるのは電源に乾電池や充電池を使うLEDランタンということになりますが、乾電池式の商品の場合、使用する乾電池が種類によっては災害時に入手が困難になることもありますので、どの乾電池を使うかも購入前に確認しておきたいポイントです。

乾電池式

災害の備えとして最もおすすめしたいのが乾電池式のランタンです。中でも単3乾電池を使用するランタンが最適な商品と言えます。単3乾電池は汎用性が高いことから災害時でも比較的入手が容易です。充電環境が整うなら単3型のニッケル水素電池を使用するのも良いでしょう。

 

乾電池式のランタンの中には単1乾電池を使用する高輝度の商品もありますが、単1乾電池は普段の生産量が少ないことから災害時の入手は困難になります。また、光量が大きすぎるランタンも災害時にはあまり必要とされないようです。

充電式

LEDを使用するランタンの中にはバッテリー内蔵で充電式の商品もあります。充電方法はソーラー充電、手回し充電、USB充電など様々ですが、充電環境が整いにくい中でも充電ができるソーラー充電や手回し充電に対応する商品は、災害時の備えとしても魅力的な商品です。

 

また、携帯用太陽電池パネルやUSB対応充電器などの充電器もあるので、そうしたアイテムも充電式のランタンと一緒に備えておいて万一の際に活用するのも良いかもしれません。

燃焼式

灯油などの燃料を使用する燃焼式のランタンも一般的ですが、災害時の照明器具としてはおすすめできません。燃焼式の味わいのある灯りはキャンプなどレジャー目的で使用するには良いものですが、災害時の使用は二次災害として火災や酸欠の危険性が伴います

 

燃焼式のランタンをすでに持っているという人であっても、災害時の備えとして照明器具を用意するならば乾電池式や充電式のランタンを購入することをおすすめします

明るさのタイプで選ぶ

キャンプなどのレジャー目的で使うランタンであれば光量の大きな商品が評価ポイントとなることかと思いますが、災害時に屋内での使用を想定するLEDランタンであれば大きすぎる光量はオーバースペックとなってしまいます。

 

また、点灯時間の面からしても明るすぎるLEDランタンは不利になります。節電性も考えて点灯モードを選べる商品などもありますので、どのような環境や用途で使用するかを想定して、ご自身に最適な商品を探してください。

ルーメン

LED電球の明るさを表す単位のことを「ルーメン(lm)」といい、照明器具の光の量を表しています。キャンプ場など広々とした場所で使うのであれば、ルーメンの数値が大きく明るいランタンを選ぶのが良いでしょう。

 

電源に単3乾電池を使用するLEDランタンの中にも400ルーメン~500ルーメンという明るさの商品もありますが、災害時に使用するランタンであれば200ルーメンもあれば十分な明るさと言えます。また、より明るいランタンほど実用点灯時間は短くなってしまいます

点灯モード

LEDランタンの中には用途に応じて点灯モードを切り替えられる商品もあります。大きな光量が必要なときにはHighモード、消費電力を抑えて長く使いたいときにはLowモードと使い方を切り替えられるランタンならば、災害時により重宝してくれることでしょう。

 

また、懐中電灯としても使用できるランタンもあります。災害時にはガラス片やガレキなどが散乱した悪い足場を歩くこともあり得るでしょうから、そうした場面も想定して選択肢として考慮に入れるのも良さそうです。

光の色

LEDの灯りの色としては「昼白色」「暖色」「白色」などがあります。白っぽい寒色系の色の光は明るさが際立ち暖色系の色の光はやわらかいのが特徴です。ランタンの灯りを細かな作業に使う場合は白っぽい寒色系のほうが適していると言えます。

 

一方で電球のような灯りを発する暖色系の光には落ち着きがありますので、好みと用途に応じて選んでください。また、付加機能として光の色を切り替えられるランタンもあります。

機能やスペックで選ぶ

商品のスペックも購入前に確認しておきたいところですが、災害時に使用するランタンとしては最も気になるのが実用点灯時間ではないでしょうか。とくに乾電池式のランタンの場合、災害時には乾電池の入手も困難になるので実用点灯時間は重要な確認ポイントです。

 

また、使い勝手の良さを考えた場合、被災時には手荷物の量はなるべく減らしたいものですから、ランタンの大きさや収納性なども気になるポイントです。そのほかにも防水性や防滴性など様々な機能をアピールする商品がありますので、購入する前にご確認ください。

実用点灯時間

災害の備えとして用意するランタンの場合、気になるポイントのひとつが実用点灯時間です。災害時には乾電池の入手が普段より難しくなりますし、充電式のものであっても充電に時間を要することから、実用点灯時間が長いランタンを選ぶのに越したことはありません。

 

LEDランタンの中には、HighモードLowモードなど点灯モードを切り替えられる商品もありますし、節電対応の点灯モードで100時間を超える点灯時間を実現する商品もあります。点灯時間の長さは明るさと引き換えになりますが、購入前に確認しておきたいポイントです。

防水性・防滴性

防水性能をアピールするLEDランタンであっても基本的に水中での使用は想定されていませんが、災害の備えとして選ぶランタンの場合、生活防水の性能も購入前に確認しておきたいポイントかもしれません。

 

LEDランタンの中には水に浮かべても大丈夫なフローティング機能をうたう商品もありますが、水遊びを目的としないのであればそこまでの防水性は必要ではないでしょう。屋内使用が中心で小雨を凌ぐ程度の防滴性であれば、IPX1相当の防滴性で十分と言えます。

大きさ・収納性

災害時に必要なものをカバンやリュックの中に入れて移動することを想定すると、LEDランタンは携帯性も考えてコンパクト軽量な商品に越したことはありません。とはいえ、手回し充電などの付加機能を備えたLEDランタンの場合、サイズは少々大きめになってしまいます。

 

そのほかにも、使用しない時には折りたたんでコンパクトになるLEDランタンや、シェード内の空洞を生活用品などの収納スペースとして使用できるLEDランタンなど様々な商品がありますが、用途の優先度を想定してご自身に最適な商品を選んでください。

災害時用ランタンの人気商品10選

1

GENTOS(ジェントス)

エクスプローラー EX-1977IS

価格:1,445円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

実用性重視のスタンダードモデル

必要十分な性能を備えたスタンダードモデルのランタンです。電源としては災害時でも比較的入手しやすい単3乾電池を4本使用。充電環境が整うのであれば、充電式乾電池で使用するのにも便利そうです。

 

明るさは100ルーメンと非常用として十分な明るさ。High・Low・SOS点滅の3つの点灯モードが選択可能で、Lowモードならば36時間の実用点灯時間となっています。また、LEDは目に優しく柔らかな光の暖色LEDを採用しています。

 

幅59×高さ132mmと小型サイズなのも魅力的なポイント。災害時の備えとしておすすめしたい商品です。

サイズW59mm × H132mm重さ244g
電源単3アルカリ電池×4光源LED
明るさ100ルーメン実用点灯時間High:12時間、Low:36時間、SOS点滅:24時間
2

TODAK1877

LEDランタン

価格:2,399円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多彩な充電方式に対応して外部機器の充電も可能

5種類の充電・給電方式に対応可能なLEDランタンです。充電方式としてはソーラー充電と手回し充電をはじめ、USB充電と車載充電器による充電に対応。ソーラー充電の場合なら約10時間でフル充電が可能で、手回し充電の場合なら約20分でフル充電が可能となっています。

 

内蔵バッテリーは1200mAhで連続13~15時間使用が可能。ほかに単3乾電池による給電にも対応します。また、iPhoneなどの外部機器の充電に対応するのもおすすめポイントと言えそうです。

 

お手頃な価格帯のランタンながら光量も十分以上なので、万一の災害の時の備えとして期待できるのはもちろん、アウトドアや作業時の光源としても役立ってくれそうなLEDランタンです。

サイズW12mm × H37mm重さ750g
電源ソーラー充電、手回し充電、USB充電、車載充電器、単3乾電池×3光源LED
明るさ実用点灯時間連続13~15時間
3

GENTOS(ジェントス)

LEDランタン

価格:2,328円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

単4形乾電池仕様の省エネモデル

直径67mm×高さ120mmというコンパクトサイズのLEDランタンです。電源には単4形乾電池を4本使用。Hi、Low、キャンドルモードを切り替えることが可能で、実用点灯時間はLowモードで40時間、キャンドルモードで110時間なので災害時にも重宝してくれそうです。

 

グローブ全体が発行するシャドーレストップカバーを採用することで影のない光を実現しており、暖色の光は目にも優しい柔らかなものとなっています。カラビナフックをビルトインしており、吊り下げて使用することも可能です。

 

また、バッテリーインジケーターを備えており、電池容量が低下した時には赤色点灯で充電のタイミングを知らせてくれます防水機能とフローティング機能を備えているのも頼もしいポイントと言えそうです。

サイズW67mm H120mm重さ160g
電源単4形乾電池×4光源暖色チップタイプLED×1灯
明るさ150ルーメン実用点灯時間Hi:8時間、Low:40時間、キャンドルモード:110時間
4

コールマン(Coleman)

ツーインワンテントランタン 2000031271

価格:2,248円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

懐中電灯としても使えるパネル式ランタン

電源に単3乾電池3本を使用するパネル式ランタンです。点灯モードはHighとLowを切り替えることが可能となっており、実用点灯時間はLowモード時で約110時間の使用に耐えるので、停電が続く災害時でも頼もしく使うことができそうです。

 

吊り下げてテントライトとして使用できるほか、底面にはマグネットを付属しているので鉄板の上に置いても安定して使用することができます。非常時の自動車の整備などにも役立つのではないでしょうか。

 

また、幅60mm×長さ170mmとスリムな形状の先端にはフラッシュライトも備えており、懐中電灯として使用することも可能です。フラッシュライト使用時の実用点灯時間は、約20時間の使用に対応します。

サイズW60 × D170mm × H40mm重さ175g
電源単3乾電池×3光源LED
明るさHigh:約150ルーメン、Low:20ルーメン、フラッシュライト:約110ルーメン実用点灯時間High:約12時間、Low:約110時間、フラッシュライト:約20時間
5

パナソニック(Panasonic)

LEDランタン BF-AL01K-W

価格:400円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

基本性能を押さえたリーズナブルなLEDランタン

持ち運びや携帯に便利なコンパクトサイズのLEDランタンです。EVOLTA乾電池(単3)3本が付属しており、実用点灯時間は70時間の連続使用が可能。シェードにはダブルシェード方式を採用しており、広範囲を明るく照射してくれます。

 

本体形状は安定感のある形をしており平らな部分に置いて使うことができるほか、吊り下げ用のヒモが付属しているので様々な場所に引っ掛けて使用することもできます。また、IPX1相当の防滴構造により小雨の中でも使用が可能。災害時にも活躍が期待できそうです。

 

リーズナブルな価格でカラーバリエーションも豊富な商品なので、家族の人数や部屋の数に合わせて複数個を用意しておくのも良いかもしれません。

サイズW46mm × H95mm重さ約140g(電池含)
電源単3乾電池×3光源LED
明るさ約18 lm実用点灯時間連続約70時間
6

Excuty

LEDランタン

価格:1,750円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

懐中電灯としても使えてUSB充電にも対応

電源として単3乾電池3本、またはUSB充電に対応するランタンです。実用点灯時間は約12時間の使用を可能とします。またフロントには懐中電灯も備えており約24時間の使用が可能。ほかに緊急災害時に重宝するSOS点灯モードも備えており、48時間の使用に対応します。

 

本体上部の2つのハンドルにより吊り下げて使用することができるほか、ボトム部分には強力なマグネットが付いているので鉄板に安定して設置することも可能。車の整備などをする際にも便利に使えそうです。

 

また、軍用グレード材料を使用しており高い耐久性を備えているのも魅力的なポイントと言えそうです。

サイズW90mm × H139mm(収納時)・198mm(使用時)重さ230g
電源単3形電池×3、USB充電式光源COB高輝度LED
明るさ360ルーメン実用点灯時間ledランタン:約12時間 、led懐中電灯:約24時間、SOS:48時間
7

THEONEAB

LEDランタン

価格:790円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多目的に活躍が期待できるリーズナブルなランタン

携帯型の軽量コンパクトなLEDランタンです。6個の高輝度LEDビーズを搭載しており、最高輝度は500ルーメンと十分な明るさを持ちます。本体は折りたたみ式となっており、引き伸ばすと点灯し、押し下げると消灯するというシンプルな操作方法となっています。

 

防水・耐候性も優れており、IPX4の生活防水仕様となっているほか、ABS樹脂と焼付け塗装により錆にも強く屋外の使用でも万全です。給電方式は電池式で、単3乾電池を3本使用実用点灯時間は8~10時間の連続使用が可能となっています。

 

屋内外での作業用照明やアウトドアの照明はもちろん、電力供給が途絶えた災害時などの際にも役立ってくれそうリーズナブルな価格のLEDランタンです。

サイズW85mm × H120mm(収納時)・180mm(使用時)重さ260g
電源単3電池×3本光源LEDビーズ6個
明るさ500ルーメン実用点灯時間8~10時間
8

Raniaco

LEDランタン 2個セット

価格:1,699円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

光量が大きく折りたたみが可能

高輝度の高密度COB LEDを採用するランタンの2個セットです。給電には汎用性のある単3電池3本を使用し、実用点灯時間は連続10時間の使用が可能500ルーメンの明るさを誇っており、暗闇を昼間のように照らします。

 

本体は生活防水仕様となっており、厳しい天候の中での使用にも耐えるので、キャンプや夜釣り、災害時の使用など様々なシーンでの活躍ができます。屋根裏の配管工事など際の照明としても便利なのではないでしょうか。

 

また、コンパクトで軽量なこともおすすめしたいポイントです。使用しない時は約半分のサイズに折りたためるので携帯や持ち運びのことを考えても便利なランタンです。

サイズW85mm × H120mm(収納時)・180mm(使用時)重さ230g
電源単3電池×3光源COBLED
明るさ500ルーメン実用点灯時間連続10時間
9

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

LEDランタン typeII UK-4045

価格:2,198円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソーラー充電とUSB充電のW充電に対応

ソーラー充電とUSB充電に対応するLEDランタンです。日の当たる場所に置いておけば充電がされるので災害時にも便利そうですが、充電量が表示されないことがやや不便なところかもしれません。また、乾電池の使用にも対応しません

 

シェードはシリコン製で、防水対応となっているのも頼もしいポイントと言えそうです。中は空洞の収納スペースになっているので、水に濡らしたくないものを収納しておくのにも便利ではないでしょうか。

 

光源には高光度LEDを使用しており、点灯モードはLowモード、Highモード、点滅の切り替えに対応します。

サイズW95mm × H167mm重さ200g
電源ソーラー充電=5.5V、USB充電=リチウムポリマー電池(1000mAh/3.7V)光源チップ型LED(発光ダイオード)3個
明るさHighモード=約100Lumen、Lowモード=約50Lumen実用点灯時間Highモード=連続 約5時間、Lowモード=連続 約12時間(フル充電時)
10

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

LEDランタン M-5130

価格:2,180円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手回し充電にも対応するLEDランタン

電源として乾電池式と内蔵バッテリーを使い分けることができるLEDランタンです。乾電池は単3乾電池を3個使用。光源には12球のLEDを使用しており、12球と4球のモード切替が可能です。実用点灯時間は4球モード時で約15時間となっています。

 

また、乾電池の入手が困難な災害時にはダイナモを使った手回しによる充電が可能となっているのも便利なポイントです。約5分間レバーを回すことにより、4球モード時で約45分間の使用を可能としています。

サイズW95mm × H225mm重さ380g
電源単3乾電池×3個光源LED
明るさ実用点灯時間アルカリ乾電池使用時:約15時間(4球)、約4時間(12球)

災害時用ランタンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:37689の画像

    GENTOS(ジェントス)

  • 2
    アイテムID:37828の画像

    TODAK1877

  • 3
    アイテムID:37723の画像

    GENTOS(ジェントス)

  • 4
    アイテムID:37899の画像

    コールマン(Coleman)

  • 5
    アイテムID:37860の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 6
    アイテムID:37808の画像

    Excuty

  • 7
    アイテムID:37858の画像

    THEONEAB

  • 8
    アイテムID:37811の画像

    Raniaco

  • 9
    アイテムID:37802の画像

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

  • 10
    アイテムID:37776の画像

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

  • 商品名
  • エクスプローラー EX-1977IS
  • LEDランタン
  • LEDランタン
  • ツーインワンテントランタン 2000031271
  • LEDランタン BF-AL01K-W
  • LEDランタン
  • LEDランタン
  • LEDランタン 2個セット
  • LEDランタン typeII UK-4045
  • LEDランタン M-5130
  • 特徴
  • 実用性重視のスタンダードモデル
  • 多彩な充電方式に対応して外部機器の充電も可能
  • 単4形乾電池仕様の省エネモデル
  • 懐中電灯としても使えるパネル式ランタン
  • 基本性能を押さえたリーズナブルなLEDランタン
  • 懐中電灯としても使えてUSB充電にも対応
  • 多目的に活躍が期待できるリーズナブルなランタン
  • 光量が大きく折りたたみが可能
  • ソーラー充電とUSB充電のW充電に対応
  • 手回し充電にも対応するLEDランタン
  • 価格
  • 1445円(税込)
  • 2399円(税込)
  • 2328円(税込)
  • 2248円(税込)
  • 400円(税込)
  • 1750円(税込)
  • 790円(税込)
  • 1699円(税込)
  • 2198円(税込)
  • 2180円(税込)
  • サイズ
  • W59mm × H132mm
  • W12mm × H37mm
  • W67mm H120mm
  • W60 × D170mm × H40mm
  • W46mm × H95mm
  • W90mm × H139mm(収納時)・198mm(使用時)
  • W85mm × H120mm(収納時)・180mm(使用時)
  • W85mm × H120mm(収納時)・180mm(使用時)
  • W95mm × H167mm
  • W95mm × H225mm
  • 重さ
  • 244g
  • 750g
  • 160g
  • 175g
  • 約140g(電池含)
  • 230g
  • 260g
  • 230g
  • 200g
  • 380g
  • 電源
  • 単3アルカリ電池×4
  • ソーラー充電、手回し充電、USB充電、車載充電器、単3乾電池×3
  • 単4形乾電池×4
  • 単3乾電池×3
  • 単3乾電池×3
  • 単3形電池×3、USB充電式
  • 単3電池×3本
  • 単3電池×3
  • ソーラー充電=5.5V、USB充電=リチウムポリマー電池(1000mAh/3.7V)
  • 単3乾電池×3個
  • 光源
  • LED
  • LED
  • 暖色チップタイプLED×1灯
  • LED
  • LED
  • COB高輝度LED
  • LEDビーズ6個
  • COBLED
  • チップ型LED(発光ダイオード)3個
  • LED
  • 明るさ
  • 100ルーメン
  • 150ルーメン
  • High:約150ルーメン、Low:20ルーメン、フラッシュライト:約110ルーメン
  • 約18 lm
  • 360ルーメン
  • 500ルーメン
  • 500ルーメン
  • Highモード=約100Lumen、Lowモード=約50Lumen
  • 実用点灯時間
  • High:12時間、Low:36時間、SOS点滅:24時間
  • 連続13~15時間
  • Hi:8時間、Low:40時間、キャンドルモード:110時間
  • High:約12時間、Low:約110時間、フラッシュライト:約20時間
  • 連続約70時間
  • ledランタン:約12時間 、led懐中電灯:約24時間、SOS:48時間
  • 8~10時間
  • 連続10時間
  • Highモード=連続 約5時間、Lowモード=連続 約12時間(フル充電時)
  • アルカリ乾電池使用時:約15時間(4球)、約4時間(12球)

災害に備えてランタンの置き場所も考えておきましょう

災害時の備えとしてランタンを用意していたとしても、いざ災害が起こった時にどこにあるか分からないというのでは意味がありません。地震の際には室内に家具やガラスなどが散乱することも考えられますので、夜間に必須となる照明器具は手近に置いておきたいものです。

 

また、光量の小さいLEDランタンであっても就寝前の読書の灯りとして十分な明るさなので、ベッドサイドや枕元に置いて夜間の照明器具として普段から使うのも良いかもしれません。せっかくの防災用具を無駄にしないために置き場所についても考えておきましょう

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は災害時に便利なランタンの選び方について説明するとともに、おすすめしたい人気商品を紹介しました。災害はいつ起こるか分かかりませんが、万一の時の備えとして最適な商品を探す際の参考になればと思います。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ