記事ID2297のサムネイル画像

【タイプ毎の特徴を紹介】ダイソン掃除機のおすすめ商品徹底比較

掃除機といえばダイソン。優れた掃除機をたくさん展開しているダイソンですが、どれを選べばいいのか迷うはずです。今回は徹底的にダイソンの掃除機をシリーズごとに比較していきます。1つ1つがしっかりとした性能を誇るダイソンの掃除機の違いをしっかり把握しましょう。

ダイソン掃除機の選び方

ダイソンの掃除機を選ぶ際のポイントがいくつか存在します。どのような点に注意して購入すればいいのかをしっかり把握しておきましょう。

コードの有無で選ぶ

ダイソンではコードレス化が進んできており、コード付きの掃除機は減ってきていますが、コード付きにはコード付きのメリットがあり、コードレスにはコードレスのメリットがあります。

コード付き(キャニスター型)

コードがついているタイプの掃除機のメリットとしてはコードレス掃除機に比べて吸引力など掃除機としての性能が高いという点にあります。しかし、その大きなボディーによって機動力はなく、コードの範囲内に動きが制限されてしまいます。

 

基本的な吸引力を求めるのであればコード付きの掃除機を選ぶといいでしょう。しかし一台で広範囲を掃除したいのであればおすすめしません。今はほとんどコードレス化が進んでいるため、この後からは記事に出てくることはありませんので注意してください。

コードレス(スティック型)

ダイソンのコードレス掃除機のメリットはコンパクトで収納だけに限らず、機動力も無限だという点です。床や様々な部屋だけに限らず天井や棚上まで軽々と掃除することができます。この点でコード付きに勝ります。

 

しかしどうしても基本的な吸引力は劣ってしまいます。それでも十分な吸引力を持ったコードレス掃除機も登場しており、それが掃除機のコードレス化が進んだ要因といえるでしょう。再確認ですが、今の主流はコードレス掃除機です。

価格で選ぶ

とても安い買い物とはいえない掃除機ですのでしっかりと性能と価格のコストパフォーマンスが取れた掃除機を選ぶことが重要になってきます。

ダイソン掃除機の価格相場

ダイソン掃除機の価格相場を知ることでコストパフォーマンスに優れた掃除機を選ぶことができるようになります。ダイソン掃除機の相場はシリーズやコードの有無によって変わってきますが、全体をまとめると4〜5万円になるでしょう。

集塵方法で選ぶ

掃除機には2つのタイプの集塵方法が存在します。それぞれにメリット、デメリットがありますので、しっかり押さえてから選びましょう。

サイクロン式

サイクロン方式はホコリだけをダストカップへと集めてくれます。その仕組みは遠心力に夜強力な吸引を行い、空気とゴミを分離させホコリのみを抽出します。その集塵効率は高く、集まったゴミも捨てるだけなので簡単にお手入れすることができます。

 

ただし、高い吸引力を維持するためには、ダストカップ内を定期的に掃除する必要があります。日々のメンテナンスを欠かさないようにしなければなりません。

紙パック式

写真のような紙パックを使う紙パック式の掃除機はゴミが溜まり次第捨てるだけで、サイクロン式のように定期的なメンテナンスは必要がなく、扱いやすい点がメリットといえるでしょう。単純に掃除機内の掃除の手間が省けます。

 

紙パックの吸引力を保つには紙パックを交換する必要がありますが、これには別途で購入しなければならないのでコストがかかってしまいます。しかし、定期的なメンテナンスが面倒くさいという人にはおすすめの方式となっています。

ヘッドタイプで選ぶ

ダイソンの掃除機のヘッドには用途に応じて向き不向きがあります。それは床の特徴によって変わってきます。

Fluffy

フローリングや畳などに強いFluffyです。Fluffyにはソフトクリーナーヘッドが付属しており、ブラシが柔らかいためフローリングや畳などの床を傷つけることがありません。硬いブラシだと畳は傷んでしまいます。そのためFluffyのソフトクリーナーヘッドがおすすめです。

 

またナイロンフェルトで覆われたローラーは床との密閉性を保持し大小様々なゴミをしっかり吸い取ってくれます。そして静電気の発生を抑制するカーボンファイバーブラシによって微細なごみもしっかりキャッチしてくれます。

 

Animal

Animalはカーペットに強いです。搭載するダイレクトドライブクリーナーヘッドはブラシがかたく、カーペットや絨毯の掃除におすすめです。ナイロンブラシは硬く、毛が長いのでカーペットの奥まで届きます。ダニの死骸やペットの毛などもしっかりキャッチします。

 

またFluffy同様に静電気の発生を抑制するカーボンファイバーブラシを内蔵しておりカーペットの静電気を除去することでより効率的にゴミを収集することができます。

Absolute

Absoluteの特徴はソフトクリーナーヘッドとダイレクトクリーナーヘッドの両方を備えているというところです。上述した2つに比べて、汎用性が高くどんな床にも適応ししっかりと掃除することができます。その分値段が高くなってしまうというデメリットがあります。

Slim

Slimはカーボンファイバーブラシとナイロン素材のブラシを組み合わせたモーターヘッドを搭載しています。様々な床の微細な埃をしっかりと取り除いてくれます。Slimは日本の居住に合わせて作られており、狭い部屋でも扱いやすくなっています。

 

また軽量で扱いやすく、価格も低めなのでダイソン掃除機のエントリーモデルとして人気を誇ります。

機能で選ぶ

ダイソンの掃除機には様々な機能が存在します。機能1つで利便性など扱いやすさや効率が変わってきますのでしっかり把握しておきましょう。

吸引力

ダイソンの掃除機といえば吸引力という人も多いでしょう。ではダイソンの吸引力を最大限に発揮するためにはどういう点に注目するかというと、集塵方式になります。以前は紙パック方式で紙パックにゴミがたまると吸引力が落ちてしまうのが従来の掃除機でした。

 

しかし現在は遠心力でゴミと空気を分離させゴミをためるサイクロン方式が主流となっており、フィルターの詰まりがなく高い吸引力を維持してくれます。サイクロン方式にも優劣がありサイクロンの数が多いほど高い吸引力を誇ります。

運転モード

ダイソン掃除機には運転モードを切り替える機能があり、強弱を調整することができます。シリーズによって切り替え設定が変わりますが、強、弱、強以上のパワー1、2そしてエコなど様々なモードパターンがあります。掃除する場所によってモードを切り替えましょう。

運転時間

コードレスが主流となった今は運転時間は知っておかなければなりません。掃除の途中で止まってしまうと一気にやる気が失せてしまいますよ。ということで運転時間はシリーズによって変わってきますが、シリーズ最長はV10、11シリーズの60分となっています。

充電時間

充電時間もシリーズによって異なりますが、短ければ短いほど時間効率も高く、扱いやすいと言えるでしょう。最新シリーズのV11では充電時間が約3.5時間となっており、V8シリーズよりも2時間以上時間を縮めています。

ゴミの捨てやすさ

掃除機のゴミの捨てやすさもしっかり考えなければなりません。クリアビンにゴミがたまることで吸引力を結果的に下げてしまう恐れがあります。ゴミの捨てやすさもシリーズによって変わ流のですが、V10以降と以前でゴミの捨て方が変わっています。

 

V10以前はレバーを引き上げ、V10以降は引き下げるタイプになります。レバーを引き下げるタイプの方がハンドルの方向と同じなので物理的に捨てやすさを感じます。さらにスクレイパーがシュラウド内のゴミをしっかりと削ぎ落としてくれるので捨て損ないがないです。

運転音

マンションや家が密集した地域で掃除機をする際に、気になるのは運転音です。どうしても大きな音になってしまう掃除機の運転音ですが、今はかなり音を抑えて掃除機を使うことができます

 

V6シリーズの旧型から最新のV11シリーズでは運転音は80%近くの運転音の軽減に成功しています。しかし、無音ということはないので多少の音が出てしまうことは理解しておいてください。そこは、技術の進歩を楽しみに待ちましょう。

付属パーツで選ぶ

ダイソンの掃除機には掃除機本体以外にさらに利便性を高めてくれる付属パーツがついているものがあります。シリーズやヘッドによって使えないものもあるので気をつけましょう。

布団ツール

床を掃除したヘッドで布団やベットを掃除する人もいるかと思いますが、衛生的によくはあ彫りません。そういうときには布団ツールを使ってしっかりベット状のゴミやホコリそして髪の毛を除去しましょう

隙間ダストツール

隙間ダストツールは、その名の通り隙間のホコリを込まなく吸い込むためのツールです。ヘッド部分がどうしても大きくなってしまい細かな隙間に入り込めないときにこのツールを使えば解決です。

コンビネーションツール

基本的に平らな場所しか掃除できない掃除機ですが、このコンビネーションツールをつけることで凹凸に特に凸にしっかりと対応することができ、家の隅々まで綺麗にする手助けをしてくれます。

ハードブラシ

床にこびりついた頑固なホコリやゴミを削ぎ落として吸引してくれるハードブラシです。車のシートやカーペットそしてキッチンなど様々な状況で使えるユーティリティーなパーツとして重宝するでしょう。

収納用ブラケット

ダイソンには純正の掃除機の収納用ブラケットがあります。コードレス掃除機の収納場所としていつも決まった定位置に収納でき、コンパクトに収めることができます。掛けるだけそして取るときには外すだけなので非常に楽です。

 

基本的には付属されていることが当たり前のパーツですが、万が一なかった場合や壊れてしまった場合には購入する必要があります。その時はシリーズに対応しているかをしっかり確認しましょう。

ダイソン掃除機商品紹介

Dyson(ダイソン)

掃除機 コードレス Dyson V7 fluffy

価格:33,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

中間モデルだが高性能

遠心力によって微細なゴミまでしっかりと空気と分離させ、クリアビンへと弾き飛ばします。またデジタル方式でコントロールされたモーターV7が吸引力を安定させます。またポストモーターフィルターによって微細な粒子もほぼ100%キャッチすることができます。

 

ゴミ捨ても簡単でワンタッチでゴミを捨てることができ、衛生的かつ簡単な処理を行うことができます。そして最長30分の運転時間を可能とし、30分間変わらぬ吸引力を供給してくれます。

コードの有無コードレスヘッドタイプFluffy
シリーズV7集塵方式2ティアーラジカルサイクロン
機能ワンタッチゴミ捨て機能

Dyson(ダイソン)

掃除機 コードレス Dyson V7 Slim

価格:39,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトなヘッドで楽々掃除

毎分最大107,000回転を生み出し強力な吸引力を誇るダイソンデジタルモーターV7を搭載しており、加えてその吸引力を最長30分安定して続けることができます。切り替え可能な吸引モードには通常モードと強モードとシンプルな2つのモードを搭載しています。

 

場面に応じて適切な強さで掃除をすることができます。また付属品には隙間ノズルなどがついており、普段届かない細かい隙間にもしっかり対応してくれます。

コードの有無コードレスヘッドタイプSlim
シリーズV7集塵方式サイクロン
機能切り替え可能吸引モード

Dyson(ダイソン)

掃除機 コードレス V11 Fluffy

価格:63,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最強の性能を誇る掃除機

前モデルのV10と比較して吸引力を25%向上させた上に、運転音も11%低減させたダイソンデジタルモーターV11を搭載しており、抜群の吸引力を誇ります。また運転時間も最長60分と長時間の掃除にも対応しています。

 

搭載された液晶ディスプレイによって、バッテリー管理や運転状況を目で確認することができます。

コードの有無コードレスヘッドタイプFluffy
シリーズV11集塵方式ラジカルルートサイクロン
機能液晶ディスプレイ搭載

Dyson(ダイソン)

掃除機 コードレス V8 Absolute

価格:47,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

静かな掃除機がけを

まず前モデル(V6)に比べて20%の吸引力の向上そして運転時間も40分まで伸び、より快適な掃除を行うことができるようになりました。また運転音も50%低減を実現し、快適さに加え静かさも手に入れることができます。

 

そしてAbsolute特有のダブルヘッドクリーナーなので、場面に応じたヘッドの使い分けを行うことができます。

コードの有無コードレスヘッドタイプAbsolute
シリーズV8集塵方式2ティアーラジカルサイクロン
機能運転音軽減

Dyson(ダイソン)

掃除機 コードレス V6 Slim

価格:31,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトながら力強い

二層に配置された15個のサイクロンが同時に機能することで微細なゴミもしっjこともなくり逃さず空気と分離させパワフルな吸引力を持続させてくれます。またダイソンデジタルモーターV6を搭載しており、毎分110,000回転を実現します。

コードの有無コードレスヘッドタイプSlim
シリーズV6集塵方式2ティアラジカルサイクロン
機能ワンタッチゴミ捨て機能

Dyson(ダイソン)

スティッククリーナー V10 Fluffy

価格:47,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

吸引力特化

ゴミを吸い取る吸引力は非常に強力でしっかりとどんな微細なゴミも吸い込んでくれます。またスティックタイプということもあり扱いやすくなっています。しかし、それ以外の性能には特徴がなく掃除機としての機能以外は物足りなさを感じるかもしれません。

コードの有無コードレスヘッドタイプFluffy
シリーズV10集塵方式ラジカルルートサイクロン
機能ワンタッチゴミ捨て機能

Dyson(ダイソン)

CY25 TH COM サイクロン式クリーナー

価格:34,665円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安定したキャニスター型

空気の力で回転するカーボンファイバーブラシでゴミを取り除くタービンヘッドにダイソンデジタルモーターV4を搭載しています。また音響工学に基づいて運転音の軽減と質の改善を行っています。交換不要のフィルターで追加コストを不要になっています。

 

またスティックタイプではなくキャニスターがついているので、コードありなので安定した吸引力を半永久的に供給し続けてくれます。

コードの有無コードありヘッドタイプタービンヘッド
シリーズV4集塵方式2ティアーラジカルサイクロン
機能運転音軽減

ダイソン掃除機シリーズ徹底比較

これまでの選び方を踏まえたダイソンの掃除機をシリーズごとに比較していきます。

価格で比較する

シリーズ V7Fluffy V7Slim V11Fluffy V8Absolute V6Slim V10Fluffy CY25
価格 34,183 40,824 65,437 47,000 31,300 47,300 32,600

性能そして価格を総合的に考えて最もコストパフォーマンスに優れているものV8Absoluteの掃除機と言えるでしょう。吸引力も旧型に比べてパワーアップしたものになっており、さらに機能面も次のV10とも大きく変わらないものを持っています。

機能で比較する

機能 吸引力 集塵方式 運転音 ヘッドタイプ コード 運転時間
V7Fluffy 2TRC Fluffy なし 30分
V7Slim 2TRC Slim なし 30分
V11Fluffy RRC Fluffy なし 60分
V8Absolute 2TRC Absolute なし 40分
V6Slim 2TRC Slim なし 20分
V10Fluffy RRC Fluffy なし 60分
CY25 2TRC タービンヘッド あり 永久

吸引力

吸引力で考えると、やはり最新のV11Fluffyが最も優れています。最もパワーと回転力のあるモーターV11を搭載しているため、驚異的なパワーを発揮してくれるでしょう。どんな些細なゴミも逃すことはありません。

運転時間

運転時間で言えば、キャニスター型でコードで動くCY25が最も優れていると言えるでしょう。コンセントにつないでいる限り永久的に使うことができるので、時間に縛りがありません。

運転音

運転音もV11Fluffyがおすすめです。シリーズが更新されるたびに運転音の軽減率は向上されてきています。つまり最も新しいシリーズが最も静かということです。それを考えるとV11シリーズが最も静かだと言えるでしょう。

付属パーツで比較

付属パーツ 隙間ダストツール 布団ツール 収納用ブラケット ハードブラシ
V7Fluffy × ×
V7Slim × ×
V11Fluffy × ×
V8Absolute
V6Slim × × ×
V10Fluffy
CY25 × × ×

 

付属パーツで比較するのであれば、一番汎用性が高いのはV8Absoluteと言えるでしょう。隙間ダストツールと収納ブラケットはどのシリーズにもあるので、それで十分であるのであれば、価格や性能で決めるのが良いと思います。

 

とにかく付属パーツは最初から付いているためシリーズと相性のいいパーツがついてきます。そのためすぐ使うことができますが、後から買うこともできるものでもあります。追加で欲しい場合はシリーズ対応しているかを調べた上で購入するのもいいでしょう。

まとめ

ここまでダイソンの掃除機シリーズを比較しながら紹介してきました。様々なシリーズがある中で旧型から最新型まで紹介しましたが、総合的に見るとV8シリーズが一番扱いやすいのではないのでしょうか。高い買い物になるので皆さんしっかり考えて購入しましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ