記事ID2316のサムネイル画像

【包み込まれる】おすすめハイバックローソファー人気商品10選

ハイバックローソファーのメリットや選び方と、人気のソファーを10選紹介しています。人気の日本製や、1人用、2人用、3人以上の大型タイプ、こたつにも使えるタイプまでさまざまなハイバックのローソファーを紹介します。ぜひ参考にしてください。

ハイバックローソファーのメリットを知ろう

ハイバックローソファーのメリットを紹介します。通常の高さのソファーとの違いや、ハイバックのメリットを確認してお部屋に合ったハイバックローソファーを選びましょう。気になるデメリットも解説していきます。

メリット

ハイバックローソファーは背もたれが高くゆったりくつろげそうですよね。具体的なハイバックローソファーならではのメリットをみていきましょう。

頭を支えられる

ハイバックは首や頭の高さまで背もたれがあるので、新幹線のように上半身を全て預けてゆったりと座れるのがメリットです。首や肩への負担が軽減できるので、映画鑑賞やゲームなど長時間座ることの多い方にもおすすめです。

 

さらにローソファーだと、足を投げ出したりこたつにも使えたりとリラックスしやすいのもメリットです。

ハイバックでも圧迫感がない

ハイバックのソファーは、背が高い分人の視界に入りやすいため置き場所や部屋によっては圧迫感を出してしまうことがあります。お部屋が狭く見えてしまう原因の一つです。

 

ローソファーのハイバックなら、座面が床から近い分あまり高さを感じません。圧迫感もないため、お部屋も広く見えておすすめです。

ハイバックローソファーのデメリット

ハイバックローソファーはメリットばかりではありません。生活スタイルや家具との相性にとってデメリットが生じる場合があります。

座ったり立ったりが大変

通常のソファーや椅子と比べて、ローソファーは座面が床と違い分座るときも立つときも大きく動かなくてはいけません。頻繁に立ったり座ったりする場合は通常のソファの方が使いやすいと感じ、ローソファーのデメリットと思う方もいます。

 

ゆったりとコーヒータイムをしたり、映画鑑賞や休憩などソファーで長時間くつろぐ生活スタイルの方にはとてもおすすめです。

食事がしづらい

ローソファーにローテーブルだと、膝あたりにテーブルがくるので食事が取りづらくなります。食事をする際は別に椅子とテーブルを用意して、ソファはくつろぐとときに使用しましょう。

 

椅子やテーブルを置かず、ローソファーのみにする場合は高さ調節のできるサイドテーブルがおすすめです。

ハイバックのローソファーの選び方

購入後に、思っていたイメージを違ったなんてことがないように、見た目以外にも見ておきたいハイバックローソファーの選び方を紹介します。

圧迫感を感じさせない選び方

部屋が狭くみえないようなハイバックローソファーの選び方のポイントをみていきましょう。

部屋やにラグ合った色を選ぶ

部屋の壁やラグに合ったカラーを選ぶことで風景に溶け込み、一体感をだすことで圧迫感を出さずに部屋を広く感じさせられます。黒や白を基調としたお部屋には同じく白や黒、アイボリーなど控えめなカラーがおすすめです。

 

はっきりとしたカラーのソファーを選ぶ場合は、壁際や角に配置すると部屋の雰囲気を明るくしつつ広々と感じられます。

高さで選ぶ

背の低いローソファーは特に視界に入りずらく部屋を広く感じやすいです。床から座面の高さがないローソファーはこたつにも使えます。背もたれの数センチの高さの違いでお部屋の雰囲気がかわります。

 

首元まで支えるか、頭までもたれられるかで使い心地がかわりますので、見た目の高さだけでなく使い勝手も考慮して選びましょう。

肘置きと背もたれの厚さで選ぶ

背もたれや肘置きが厚い分だけソファーが大きく見えるため、圧迫感が出てしまうことがあいます。その分お部屋が狭く見えてしまうので、厚みも考慮して選びましょう。

 

座面にさえ厚みがあれば、もたれる背中部分や肘置きの厚みはそれほど重要ではありません。肘置きが不要であれば無いほうが見た目はすっきりしますし、線の細い木製の肘置きもまとまって見えるのでおすすめです。

機能性で選ぶ

見た目のおしゃれさや背もたれの高さも大切ですが、あったら便利な機能性もチェックしていきましょう。

リクライニング付きを選ぶ

1〜2人用の小さなサイズのローソファーは特に、リクライニング機能付きががおすすめです。長時間座る場合は特に角度を変えることで快適に過ごしやすくなります。しっかり座りたいとき、ゆったりと本を読んだりスマートフォンを触ったりと場面に合わせて調節できるのでとてもおすすめです。

 

座面が薄くコンパクトなタイプは収納もしやすくなるので一人暮らしの方にもリクライニング付きはおすすめです。

脚付きを選ぶ

脚付きローソファーの一番のメリットは、掃除がしやすい点です。掃除機やワイパーが入る隙間があれば、わざわざソファーを大移動させなくても簡単にお掃除できます。

 

また、通気性がよくなることで湿気もたまりづらくなりカビやダニ対策にも繋がります。

肘置きの有無で選ぶ

肘置きは、大きいサイズのソファーであれば軽く横になったりするときに便利です。自分のリラックスできる体制が取りやすくなります。

 

肘置きがないソファーは、見た目の圧迫感が少なくなるのですっきりとした印象になりお部屋が広く見えます。肘置きがついていても、細めのラインであれば圧迫感は感じません。

生地で選ぶ

雰囲気を大きく左右するソファーの生地の選び方をみていきましょう。

撥水加工された生地で選ぶ

みためが布でも撥水加工されている生地は、万が一飲み物などをこぼしても染み込むのが遅くすばやくきれいにお掃除できるのがメリットです。お子様のいるご家庭や、ペットのいるご家庭にもおすすめです。

 

カバーをかけずに使用したい方は特殊加工された素材を使用したソファーがおすすめです。

高級感のある革を選ぶ

ローソファーは背が低い分、布や明るめのカラーにするとカジュアルなデザインに見えてしまいがちですが、革製品で重厚感を出せば高級感のあるお部屋に仕上がります。

 

ブラックやホワイトはシックなお部屋に、ブラウン系カラーはどのような雰囲気のお部屋にも馴染むので使いやすいです。特にブラウンは1年中使いやすい色なのでおすすめです。

肌触りで選ぶ

リラックスするには肌触りも重要なポイントです。夏にはさらっとした肌触りの布を、冬にはふわふわとした起毛タイプの生地がおすすめです。

 

ソファーによく使用されているマイクロファイバーは、普通の布のように見えるものからふんわりとしたタッチのものまでさまざまな手触りへと加工されています。マイクロファイバーの断面はギザギザで表面積が広いため速乾性に優れているのもポイントです。

使用人数から選ぶ

何人で使用するか、人数で選びましょう。

1人用

1人用のローソファーは、一人暮らしの方にはもちろん、家族での使用もおすすめです。特にこたつを使用する時期には、1人1台あると座りやすいです。通常の椅子よりも動かしにくいので、ローテーブルやこたつを使用する場合は1人用ソファーを選ぶのがおすすめです。

2人用

2人用ソファーは、1〜2人暮らしの方におすすめです。1人で使用する場合にも、客人が使用したり1人で広々とくつろいだりできます。

 

同じ2人用ソファーでも、横幅や奥行きが大きいもの3人でも使用できますし、まだお子様が小さい場合でも十分3人で使用できます。

3人以上

3人以上座れるローソファーは、比較的大型です。部屋の仕切りとして使用したり、コーナータイプにしてお部屋の角に置くなどさまざまなレイアウトが楽しめます

 

大型になってくると足置きやサイドテーブルなどもついてくるソファーが多いので見た目も豪華で機能性も充実しています。

生産国で選ぶ

生産国で選ぶ場合のポイントを紹介します。

日本製

やはり人気なのが安心の日本製ソファーです。頑丈で細かなところまで正確に作られている日本製は海外でも評価が高く、安くても高い品質を維持しています。

 

日本製というだけで売れることもあり、ブランドによっては少々お高めになることがあります。日本のお家に合ったデザインが豊富です。

海外製

大きなサイズや、日本にはないようなデザインのソファーがたくさん存在します。海外製品でも、日本人に合わせた設計がなされているものが多く日本でも販売されているので、比較的シンプルなものも多くさまざまです。

 

海外向けの場合は、国や人にもよりますが靴のまま家へ入ることもあるので脚のあるソファーが比較的多いです。

ハイバックローソファーのおすすめ人気商品10選

1

VEGA CORPORATION

コーナーローソファー

価格:56,990円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高級感のあるコーナーソファー

おすすめの人気ハイバックローソファー第1位は、誰でも使いやすい高級感のあるレザーコーナーソファーです。床から座面までの高さは15cmととても近いので、小さなお子様のいるご家庭でも安心して使用できます。

 

4箇所ある背もたれのうち1つは、隠しテーブルとしても使用できます。必要なときはテーブルにして飲み物を置いたり、大人数で使うときにはすべて背もたれにしてゆったりと使用できる実用的なローソファーです。

サイズ幅273x奥行84x高さ69カラーブラック/アイボリー/ブラウン
座面高さ15cmリクライニングなし
2

AKAYA

カウチソファ3人掛け

価格:99,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

かわいい個性的なカラー

こちらのソファーは、どのカラーも全面一色ではなくかすり染のように白っぽいカラーも入っています。そのため、派手に見えがちなピンクも比較的柔らかい印象になって使いやすいのがポイントです。

 

脚を伸ばしてゆったり座れて厚みもありますが、肘掛けが小さいため見た目もすっきりしています。温かい雰囲気のお部屋にぴったりのソファーです。

サイズ幅2230×奥行き895×高さ925mmカラーグリーン/ピンク/アイボリー/ベージュ
座面高さ41cmリクライニングなし
3

KANNA

2人用ローソファー

価格:63,818円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトでモダンなデザイン

どのようなお部屋の雰囲気にもマッチするアイボリーカラーの2人用ソファーは、無駄がなくすっきりとしたつくりで上品さがあります。床との隙間は13cmあるので、掃除機やロボットクリーナーを通せるソファーをお探しの方にもおすすめです。

 

ハイバックにもかかわらずラインの細いデザインのため圧迫感がありません。可愛らしい雰囲気のお部屋や、上品なお部屋、温かみのあるお部屋などによく合います。

サイズ幅129×奥行85×高さ94cmカラーアイボリー
座面高さ40cmリクライニングなし
4

タマリビング

リクライニングチェア

価格:34,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

無駄のないシンプルなデザイン

こちらは2つの背もたれがそれぞれ独立してリクライニングできるソファーです。無段階リクライニングのため、絶妙な高さでも自分好みに設定できます。転倒を防ぐため130度までのリクライニングです。

 

カラーはシックなお部屋に合うグレーや、合わせやすいブラウン、お部屋の雰囲気が一気に明るくなるはっきりとしたオレンジの3カラーから選べます。頭までしっかりもたれられるのでゆったりとくつろげます。

サイズ幅160x奥行86~135x高さ60~94.5cmカラーグレー/オレンジ/ブラウン
座面高さ33cmリクライニングあり(無段階)
5

サンワダイレクト

ひじ掛け付き ハイバックチェア

価格:9,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一人暮らしや自分のお部屋に

1人用のローソファーで一番おすすめなのがサンワダイレクトのハイバックチェアです。丁度よい高さに肘掛けがついているので本やスマートフォンの操作にも向いています。

 

リクライニングに使用されているギアは日本メーカー向陽技研製なので安心です。またリクライニングは180度まで倒せるので、軽いお昼寝にもぴったりです。リクライニングに合わせて肘掛けもまっすぐになるので邪魔になりません。

サイズW660×D670~1250×H140~750mm カラーブラック/ブラウン
座面高さ14cmリクライニングあり(頭:12/背:42段階)
6

エムール

3人掛けマルチリクライニングソファ

価格:25,000円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カラーバリエーション豊富な日本製ソファー

こちらの低反発ソファーは、端を折り曲げて2人用ソファーとして、端を広げて3人用ソファーとしても使用できる便利なローソファーです。背面も全てリクライニングできるので、背も肘掛けも全て倒してフラットな状態にもできます。

 

コンパクトに収納もできるので、急な来客にも対応できます。豊富なカラーだけでなく、光沢のあるレザー生地やデニム生地、温かみのあるポリエステル100%布と質感も豊富です。

サイズ幅約130~166×奥行73~103×高さ15~55cmカラーブラック/ネイビー/レッドなど13カラー
座面高さ15cmリクライニングあり(全面180度)
7

山善(YAMAZEN)

リクライニング機能付きソファベッド

価格:9,490円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

簡易ベッドにもなるソファ

こちらのソファは簡易ベッドにもなる便利なリクライニングソファです。サイズ感も一人暮らしや1人用にぴったりで、邪魔になりません。ワンルームで家具を最小限に抑えたい方や、ちょっとした予備ソファにおすすめです。

 

背もたれ部分はふかふかで厚みもあるので、水平にしたときのまくら代わりにもなります。

サイズ幅84×奥行67-210×高さ18-62.5cmカラーグレー
座面高さ21cmリクライニングあり
8

株式会社G-コーポレーション

3WAYソファーベッド

価格:18,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カウチソファやマットレスにも早変わり

こちらのソファは、一見普通のシンプルなソファに見えるのですが脚をゆったり伸ばせるカウチソファとゴロンと寝転べるマットレスにもなる3WAYソファーです。ハイバックなので上半身を預けてしっかり座れます。

 

座面部分を広げるとカウチソファになるので映画鑑賞などゆったりと座りたいときにおすすめです。全てを広げると、長さ190cmのマットレスになるので、ソファーベッドとしても、急な来客にもおすすめです。

サイズ幅130×長さ75~190×高さ12~75cmカラーグリーン/ネイビー/ブラウン
座面高さ12〜23cmリクライニングあり(42段階)
9

セルタン(Cellutane)

ハイバックソファー 和楽の浅葱

価格:17,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルで豊富なカラーバリエーション

こちらのソファーは肘置きもなくシンプルですっきりとしたデザインですが、13パターンもの豊富なカラーと生地から選べるのでお部屋の雰囲気のぴったりのソファーがみつかります。また、ポケットコイル採用でどこにすわっても座る心地が良い作りになっています。

 

リクライニングは3段階で、神奈川県の自社工場で作られれている安心の日本製です。しっかりとしたつくりで見た目も安っぽくなく、2万円以内で購入できるのはお手頃です。

 

 

サイズ幅121×奥行76~119×高さ34~84cmカラーブルー/オレンジ/ネイビーなど13色
座面高さ34cmリクライニングあり(3段階)
10

サンワダイレクト

ふあふあフロアチェア

価格:3,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

頭まですっぽり1人用ソファー

サンワダイレクトのふあふあフロアチェアは、その名の通りふわふわとした包み込むような座り心地が特徴です。低反発のウレタンが入っているので必要以上に沈み込まず、長時間座ってもおしりが痛くなりにくいです。

 

3980円ととても安いのですが、ふかふかで座り心地も良いと好評です。椅子によく使用されているウレタンはへたりにくい低反発タイプでも長時間強い力をかけるとどうしてもへたれてしまいます。毎日長時間使用したり、椅子の上に立つなど力がかかりすぎないようにしましょう。

サイズ60×50×57cmカラーブラウン/ブラックなど4色
座面高さ14cmリクライニングあり(42段階)

ハイバックローソファーの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:39620の画像

    VEGA CORPORATION

  • 2
    アイテムID:39621の画像

    AKAYA

  • 3
    アイテムID:39622の画像

    KANNA

  • 4
    アイテムID:39623の画像

    タマリビング

  • 5
    アイテムID:39624の画像

    サンワダイレクト

  • 6
    アイテムID:39625の画像

    エムール

  • 7
    アイテムID:39626の画像

    山善(YAMAZEN)

  • 8
    アイテムID:39627の画像

    株式会社G-コーポレーション

  • 9
    アイテムID:39628の画像

    セルタン(Cellutane)

  • 10
    アイテムID:39629の画像

    サンワダイレクト

  • 商品名
  • コーナーローソファー
  • カウチソファ3人掛け
  • 2人用ローソファー
  • リクライニングチェア
  • ひじ掛け付き ハイバックチェア
  • 3人掛けマルチリクライニングソファ
  • リクライニング機能付きソファベッド
  • 3WAYソファーベッド
  • ハイバックソファー 和楽の浅葱
  • ふあふあフロアチェア
  • 特徴
  • 高級感のあるコーナーソファー
  • かわいい個性的なカラー
  • コンパクトでモダンなデザイン
  • 無駄のないシンプルなデザイン
  • 一人暮らしや自分のお部屋に
  • カラーバリエーション豊富な日本製ソファー
  • 簡易ベッドにもなるソファ
  • カウチソファやマットレスにも早変わり
  • シンプルで豊富なカラーバリエーション
  • 頭まですっぽり1人用ソファー
  • 価格
  • 56990円(税込)
  • 99800円(税込)
  • 63818円(税込)
  • 34000円(税込)
  • 9800円(税込)
  • 25000円(税込)
  • 9490円(税込)
  • 18800円(税込)
  • 17500円(税込)
  • 3980円(税込)
  • サイズ
  • 幅273x奥行84x高さ69
  • 幅2230×奥行き895×高さ925mm
  • 幅129×奥行85×高さ94cm
  • 幅160x奥行86~135x高さ60~94.5cm
  • W660×D670~1250×H140~750mm
  • 幅約130~166×奥行73~103×高さ15~55cm
  • 幅84×奥行67-210×高さ18-62.5cm
  • 幅130×長さ75~190×高さ12~75cm
  • 幅121×奥行76~119×高さ34~84cm
  • 60×50×57cm
  • カラー
  • ブラック/アイボリー/ブラウン
  • グリーン/ピンク/アイボリー/ベージュ
  • アイボリー
  • グレー/オレンジ/ブラウン
  • ブラック/ブラウン
  • ブラック/ネイビー/レッドなど13カラー
  • グレー
  • グリーン/ネイビー/ブラウン
  • ブルー/オレンジ/ネイビーなど13色
  • ブラウン/ブラックなど4色
  • 座面高さ
  • 15cm
  • 41cm
  • 40cm
  • 33cm
  • 14cm
  • 15cm
  • 21cm
  • 12〜23cm
  • 34cm
  • 14cm
  • リクライニング
  • なし
  • なし
  • なし
  • あり(無段階)
  • あり(頭:12/背:42段階)
  • あり(全面180度)
  • あり
  • あり(42段階)
  • あり(3段階)
  • あり(42段階)

ハイバックローソファーの注意点

ハイバックローソファーを購入後に気をつけたい注意点を紹介します。

ダニの繁殖に気をつける

洗濯ができない布製品はダニの温床になりやすいため、気をつけなければなりません。アレルギーの原因にもなってしまいます。対策方法をみていきましょう。

カバーはこまめに洗濯する

ローソファーに限った話ではありませんが、洋服と違いこまめに丸洗いできないソファーにはダニが繁殖しやすい環境です。カバーを別途購入してこまめに洗濯することで、ダニ対策にも繋がります。

 

直射日光に当てるのが一番ですが、ソファーの奥の方のダニまでは駆除できませんし大きさによっては外にだすのはとても大変です。そうなる前に、窓ぎわで太陽に当てる、洗濯するなど清潔に保つようこころがけましょう。

ダニ防止スプレーもおすすめ

ダニが一度発生してしまうと根絶するのはなかなか難しいので、ダニは発生する前に防止するのがおすすめです。ソファー購入後、ダニを寄せ付けない成分が配合されたスプレーを散布しておきましょう。

 

布にも使用できる、赤ちゃんやペットのいるご家庭でも使用できる人に優しいタイプも販売されています。

脚が無いタイプや布製は特に湿気対策が必要

布は水分をためやすく、気軽に外で乾燥できないため湿気対策が必要です。簡単にできる湿気体躯を紹介します。

座面の裏側の湿気対策

ローソファーは床との距離が近かったり、そもそも脚のついていないものが多いため湿気がたまりやすく、カビの発生しやすい環境です。特に窓と反対側の部屋の隅や水場の近くは湿気がたまりやすいため注意しましょう。

 

1人用の軽いものや、可能であれば天日干しや部屋の換気をして乾燥させ、カビ対策を行ってください。クッションの奥の方で発生した場合は取り除くのは不可能なので、乾燥が 1番のポイントです。

壁にピッタリつけずに使う

天日干しできない、湿気の多い地域に住んでいるといった場合は、できるだけ湿気がたまらないように心がけましょう。壁や家具にピッタリとくっつけて設置していると、ソファーだけでなく壁にまでカビが繁殖する恐れがあります。できるだけソファーが空気に触れる面を広くとることがポイントです。

 

また、ベランダの近くなど大きな窓の近くに設置することで窓越しに太陽を当てて熱で乾燥させやすくなります。

まとめ

魅力がたくさんのハイバックローソファーを紹介しましたが気になるハイバックローソファーは見つかりましたか。1人暮らしだけど2人用にしようか迷っている方、冬にはこたつを使いたい方など、ぜひ選び方や紹介したソファーを参考にしてください。購入後はソファーを長くきれいに保つためにカビや湿気対策もきちんと行ってくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ