記事ID2321のサムネイル画像

【空間を広く使える】ロータイプのロフトベッドおすすめ10選

狭い家や一人暮らしの家で、収納も少なくて困っている方も多いと思います。そんな時に役立つのがロータイプのロフトベッド。ロータイプはハイタイプよりも圧迫感も少なく、下の空間を有効活用できるんです。今回はそんなロータイプのロフトベッドについて深掘りしましょう。

ロフトベッドはロータイプすべき

ロフトベッドはどうしても高くて圧迫感があり、憧れはあるものの置くことに躊躇しているという方も多いのではないでしょうか。しかし、その問題を解決してくれるのがロータイプのロフトベッドです。

 

ロータイプはその名の通り、高さが低いので圧迫感が少なく、狭い部屋に設置することで逆に使用できる面積が増えるというメリットがあります。ワンルームでも収納が少ない部屋でも有効に空間を使用することが出来るのです。まるでメゾネットタイプのお部屋に住んでいるかのような感覚も味わうことができます。

 

また、ハイタイプだとベッドの上では低い姿勢を保たなければならず、天井に頭をぶつけてしまったりと怪我の原因にも。その点、ロータイプはベッドの上でもゆったりと過ごすことが出来るため、大人でも快適に使用することができますよ。

ロフトベッドロータイプの選び方

今回はロータイプのロフトベッドの選び方をご紹介していきます。機能性、最適な高さなど購入する前にきちんとチェックしておかなければならない項目がいくつかありますので、把握しておきましょう。

天井の高さと身長で選ぶ

ロータイプのロフトベットを購入する際に、一番最初にチェックしておかなければならないのが、天井の高さと自分の身長を踏まえたベッドの高さを計算しておくことです。日本人の平均身長である『170cm』を自分の身長だとしましょう。

 

また、日本の住宅の平均的な天井の高さ『240cm』平均座高を『90cm』とします。床からマットまでの高さが『160cm』だとすると、160+90(座高)=250cmになります。つまり少し動くだけで頭がぶつかってしまい、常に四つん這いの姿勢で移動しなければなりませんね。

 

この式をもとに計算すると、マットまでの高さが110cmほどのロフトベッドであれば、ベッドの上でもゆっくり座ってくつろぐことができます。まずは自分の家の天井と自分の身長や座高を測るところから始めましょう。

材質で選ぶ

ロフトベッドにも様々な材質があり、それによっては部屋の印象もガラリと変わります。また、組み立てにも大きな差がありますので、自分の家に適した素材のロフトベッドを購入するようにしましょう。

木製

木製のロフトベッドは、耐久性に優れているので男性や大柄な方でも安心して使用することが出来るというのが最大の特徴です。また、木の温もりや柔らかさを感じられるので、どんなインテリアにも合いやすいです。

 

通気性もよく、揺れにも強いのでお子様の成長と共に長く使用することも可能です。ただし、一つ一つのパーツが大きく重いので、女性一人での組立は難しいでしょう。組み立ての際は誰かの手を借りるようにしましょう。

パイプ製

パイプ製のロフトベッドの特徴は、一つ一つのパーツが木製の物よりも軽く、女性でも組み立てやすいということです。シンプルなデザインなので、男性でも女性でも扱いやすいロフトベッドと言えるでしょう。

 

ただし、木製よりも耐荷重が低いので、体格のいい方や男性などは、耐荷重がどのくらいなのかをチェックする必要があります。シンプルで清潔感のあるおしゃれな空間を演出したい方におすすめなのがパイプ製のベッドです。

登り方で選ぶ

ロフトベッドには、2種類の登り方があります。お部屋のサイズによっても適しているタイプも異なりますので、チェックしてみましょう。

はしごタイプ

はしごタイプはロフトベッドの一般的な形で、圧迫感がないため狭い部屋でも設置できるというメリットがあります。はしごの位置を変更できるので、間取りや配置した場所によって合わせることもできるのが嬉しいポイントです。

 

ただし、急な角度なので寝ぼけ眼での上り下りや、お子様の上り下りにも注意が必要です。なるべくリスクを減らすためにも、はしごタイプのベッドは段数の少ないロータイプの方が使いやすいと言えるでしょう。

階段タイプ

階段タイプのロフトベッドは、登る部分が別についているので、見た目もスッキリ。下の空間もハシゴのことを気にぜずに使用することが可能です。ロータイプのロフトベッドであれば、段数も3段ほどで緩やかなのでお子様でも上り下りが安心です。

 

ただし、ベッドとは別に階段のスペースが確保されているので、その分ベッド自体が大きくなってしまいます。狭いお部屋に設置するのは難しいかもしれません。きちんとスペースを確保できるかサイズを測ってから購入しましょう。

使用者の年齢で選ぶ

ロフトベッドはどの製品も、どの年齢が使用して良いというわけではありません。まずは、どなたが使用するのかを一番に考え、適したロフトベッドを選ぶようにしましょう。

子供

子供が使用するロフトベッドには、可愛らしいカラーバリエーションやデザインの物も多く販売されています。子供部屋で使用する場合には、大人と違い体重が軽いので耐荷重も100kgあれば良いでしょう。

 

その代わり、なるべくハシゴや階段を登る行為を少なくしてあげるためにも、ロータイプの中でも低めのものを選んであげると、お子様も安心して一人でベッドに上がることができますよ。

大人

大人が使用するロフトベッドで一番重要視して頂きたいのは、耐荷重です。大柄な男性ですと100kg程度だと不安がありますよね。例え耐荷重が100kgだとしても、毎日何時間もベッドの上で過ごすと思うと少し不安ですよね。

 

大人が使用するのであれば、耐荷重は大きければ大きいほど安心です。また、大人が使用する場合は、一人暮らしの限られたスペースの中に設置することが多いため、下部分は有意義に使用できる物にしましょう。

 

クローゼットとして使用するのか、ソファーやテレビをおいてくつろぎスペースにするのかも基準として選ぶようにしましょう。

デザインで選ぶ

ロフトベッドには様々なデザインの物が発売されています。木の温もりを感じられるナチュラルテイストの物、シンプルでスタイリッシュな印象を与えるパイプ製のモダンテイストの物などが代表的なデザインです。

 

そのほかにも木製のホワイトやグレーにカラーリングされた北欧デザインの物や、お子様の部屋にピッタリなピンクやブルーのアクセントカラーが入った可愛らしいデザインのものまで。今やロフトベッドもおしゃれになり、インテリアを崩さないデザインが豊富ですよ。

ロフトベッドのロータイプ人気おすすめ商品10選

1

Links

木製 ロフトベッド シングル

価格:23,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お子様でも大人でも使いやすいサイズ

この木の温もりを感じさせる優しい色合いのロフトベッドは、すのこタイプなので通気性もよく、湿気がこもりません。下段にはお子様のお洋服や学校道具などを十分に収納できるスペースが確保できます。

 

また、足元にはフックが付いているので、カバンなどを掛けることができるので便利です。ヘッド部分は幅があるタイプなので、ちょっとした小物や目覚まし時計などをおくことも可能。ハシゴの高さも高すぎないので、上り下りも安心ですよ。

本体サイズ幅103.2×奥210×高107cmベッドサイズ幅98×奥197cm
下段スペース幅98×奥197cm素材木製
タイプハシゴ
2

smart-i

ロフトベッド G★SOLID

価格:59,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐荷重400kgの安心設計

耐荷重400kgと、どんな体型の方でも安心して使えるロフトベッドです。真っ白な枠が清潔感を与えてくれ、どんなインテリアにも合いますよ。ハシゴが両サイドに付いているタイプなので、スッキリスペースを無駄にしません。

 

低ホルムアルデヒドなので、お子様でも安心して寝ていただくことができます。ベッドはスノコを採用しているので、湿気もこもらず衛生的。こちらは222cmのロングタイプなので、背の高い人でも余裕で寝転がることができますよ。

本体サイズ105×139×222cmベッドサイズ横98×縦208cm・柵高25cm
下段スペース幅220×奥100×高108cm素材木製
タイプハシゴ
3

VEGA CORPORATION

LOWYA システムベッド ロータイプ

価格:69,990円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

木製デスク・階段収納・ベッド・ワゴンの4点セット

こちらは収納を兼ね備えた階段と、デスクやワゴンなどがセットになったお得なロータイプロフトベッドです。全てが切り離して使用できるので、配置もお部屋に合わせて好きなようにできるので、設置しやすいですよ。

 

狭い子供部屋でもベッドと勉強机がコンパクトにしまえるので、秘密基地のような感覚に慣れて子供も大喜びですよ。木材をメインにしようしていますが、ベッドの部分がパイプのメッシュになっているので、通気性もよくムレる心配もありません。

本体サイズ幅202x奥102x高117cmベッドサイズ
下段スペース高115.5cm素材プリント紙化粧繊維板・エポキシ樹脂塗装
タイプ階段
4

JKプラン

ハイベッド 天然木脚 IRI-1042SET-BKBR

価格:27,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高さを変えられるロフトパイプベッド

継脚を接続したりすることでハイタイプにもミドルにも変化させることができるロフトベッドです。ロータイプとして使用するだけでもいいですし、お子様などの成長に合わせて高さを変えることもできるので大変便利です。

 

ベッド部分は通気性良く、湿気から守ってくれるメッシュ床を使用しているので、いつでも快適に眠ることができます。ただし、耐荷重は120kg以下となっているため、大柄な方のご使用向きではありませんのでご注意ください。

本体サイズ幅102.5×奥209×高140.5cmベッドサイズ幅97×奥197.5cm/サイドガード幅73×高30.5cm
下段スペース幅94.5×奥195.5×高53cm素材スチール
タイプハシゴ
5

smart-i

システムベッド starlet

価格:40,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

全てがコンパックとにまとまるスッキリ空間

こちらのロータイプロフトベッドの特徴は、ミニデスクとチェストがセットになっていることです。狭い子供部屋でも使わないときはベッド下にスッキリ収納できるので、全てがコンパクトになりますよ。

 

また、ロフトベッドとしてではなく、脚を外せば普通のシングルベッドとしても使用できるため、子供の成長や引越しなどで間取りが変わった際にも、最適な使い方ができるマルチなロフトベッドなんです。

本体サイズ幅202×奥114×高123cmベッドサイズ幅198×奥97cm
下段スペース素材パーティクルボード・スチール
タイプハシゴ
6

COSPA CREATION

高さが選べる宮付きパイプロフトベッド trois

価格:37,589円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ベッド下が完全なるクローゼットに変身

こちらのロータイプロフトベッドは、様々な機能がついた収納に便利なベッドです。下段スペースを目隠しできるように、カーテンを付けられるレールがついているので、急な来客からも目隠し可能。ホコリから衣類などを守ることができます。

 

また、ベッド下にはハンガーパイプが3本もついているので、ジャケットなどのアウターやシャツなどをかけておくことができ、まさにベッド下を有効活用したクローゼットが手に入るのです。収納の少ないワンルームマンションの救世主と言えるでしょう。

本体サイズ長219.5×幅95×高126cmベッドサイズ
下段スペース高94.5×長198×幅92.5cm素材スチール
タイプハシゴ
7

山善(YAMAZEN)

宮付きロフトベッド HMH2-1021IV

価格:20,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ベッド下スッキリで快適空間を

こちらのパイプタイプのロフトベッドは、非常にシンプルなデザインなのでインテリアの邪魔になりません。シンプルですが、安定感と耐久性、頑丈さにこだわって作られているので、少し組み立ては大変ですがパイプ製としては、しっかりとしていて安心して使用できます。

 

ベッドの頭部分に宮付きになっているので、目覚まし時計などのちょっと下小物を置くことも可能。またコンセントが付いているので、枕元で携帯を充電したり、ライトをつけておくこともできて便利ですよ。

本体サイズ幅112×奥240×高129cmベッドサイズ幅211.5×高90cm
下段スペース幅101×奥210×床面高97cm素材スチール
タイプハシゴ
8

smart-i

ロフトベッド 木製 Oise Loft Step

価格:63,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

可愛いツートーンのカラーがオシャレ

こちらのロータイプのロフトベッドは、ベッド枠の部分にアクセントカラーが入っていて、とても可愛い印象を与えてくれます。ブラックやナチュラルカラーもあるので、男性でも使用できるデザインですよ。

 

小さいお子様でも安心して上り下りができるように、階段を採用しており、階段の部分にもちょっとした物を収納できます。また、成長や間取りに合わせてベッドと階段を切り離して使用することもできるので、生活環境にマルチに対応してくれるロフトベッドです。

本体サイズ幅244×奥104.5×高111.5cmベッドサイズ幅196×奥98.5cm
下段スペース196×101.5×74.5cm素材ラバーウッド集成材・LVL材
タイプ階段
9

DORIS

パイプベッド ロータイプ ボヌール

価格:15,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハシゴの要らないちょうど良い高さ

ロフトベッドといっても、こちらのロータイプは大人であればハシゴなしで登ることができるタイプのベッドです。ハシゴの分のスペースが要らないからスッキリですね。ベッド下にはチェストなどを入れてクローゼット代わりに。

 

ベッド下の高さが61cmほどしかないので、デスクなどを置くようなスペースとしては使用できませんが、収納が少ないワンルームなどにお住まいの方にはスペースの有効活用として非常に便利ですよ。圧迫感も出ない高さなので、一人暮らしに最適です。

本体サイズW209×D102.5×H96cmベッドサイズ90×198cm
下段スペース61×90×198cm素材スチールパイプ
タイプハシゴなし
10

VEGA CORPORATION

LOWYA 天然木ロフトベッド

価格:30,990円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大人から子供までちょうど良い高さ

こちらのロフトベッドは、階段の上り下りが心配な子供でも使いやすい高さで、大人であれば階段を登らずに子供の寝顔や様子を確認できるちょうど良い高さです。温かみのある木製のロフトベッドなので、どんなお部屋にも馴染みやすいですよ。

 

また、大人二人が乗ってもきしまない耐久性にも優れた安心のロフトベッドです。ベッド床には杉の木を使用したスノコを採用しているので、通気性もよく、ムレや湿気からも守ってくれます。カラーもブラックやホワイトなどもあるので、お部屋の雰囲気に合わせて選ぶことができますよ。

本体サイズ幅112x奥209x高120cmベッドサイズ幅98x奥195cm
下段スペース高75×幅190×奥98cm素材パイン材
タイプハシゴ

ロフトベッドのロータイプ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:39170の画像

    Links

  • 2
    アイテムID:39180の画像

    smart-i

  • 3
    アイテムID:39188の画像

    VEGA CORPORATION

  • 4
    アイテムID:39202の画像

    JKプラン

  • 5
    アイテムID:39206の画像

    smart-i

  • 6
    アイテムID:39209の画像

    COSPA CREATION

  • 7
    アイテムID:39212の画像

    山善(YAMAZEN)

  • 8
    アイテムID:39214の画像

    smart-i

  • 9
    アイテムID:39215の画像

    DORIS

  • 10
    アイテムID:39218の画像

    VEGA CORPORATION

  • 商品名
  • 木製 ロフトベッド シングル
  • ロフトベッド G★SOLID
  • LOWYA システムベッド ロータイプ
  • ハイベッド 天然木脚 IRI-1042SET-BKBR
  • システムベッド starlet
  • 高さが選べる宮付きパイプロフトベッド trois
  • 宮付きロフトベッド HMH2-1021IV
  • ロフトベッド 木製 Oise Loft Step
  • パイプベッド ロータイプ ボヌール
  • LOWYA 天然木ロフトベッド
  • 特徴
  • お子様でも大人でも使いやすいサイズ
  • 耐荷重400kgの安心設計
  • 木製デスク・階段収納・ベッド・ワゴンの4点セット
  • 高さを変えられるロフトパイプベッド
  • 全てがコンパックとにまとまるスッキリ空間
  • ベッド下が完全なるクローゼットに変身
  • ベッド下スッキリで快適空間を
  • 可愛いツートーンのカラーがオシャレ
  • ハシゴの要らないちょうど良い高さ
  • 大人から子供までちょうど良い高さ
  • 価格
  • 23800円(税込)
  • 59800円(税込)
  • 69990円(税込)
  • 27990円(税込)
  • 40800円(税込)
  • 37589円(税込)
  • 20999円(税込)
  • 63800円(税込)
  • 15990円(税込)
  • 30990円(税込)
  • 本体サイズ
  • 幅103.2×奥210×高107cm
  • 105×139×222cm
  • 幅202x奥102x高117cm
  • 幅102.5×奥209×高140.5cm
  • 幅202×奥114×高123cm
  • 長219.5×幅95×高126cm
  • 幅112×奥240×高129cm
  • 幅244×奥104.5×高111.5cm
  • W209×D102.5×H96cm
  • 幅112x奥209x高120cm
  • ベッドサイズ
  • 幅98×奥197cm
  • 横98×縦208cm・柵高25cm
  • 幅97×奥197.5cm/サイドガード幅73×高30.5cm
  • 幅198×奥97cm
  • 幅211.5×高90cm
  • 幅196×奥98.5cm
  • 90×198cm
  • 幅98x奥195cm
  • 下段スペース
  • 幅98×奥197cm
  • 幅220×奥100×高108cm
  • 高115.5cm
  • 幅94.5×奥195.5×高53cm
  • 高94.5×長198×幅92.5cm
  • 幅101×奥210×床面高97cm
  • 196×101.5×74.5cm
  • 61×90×198cm
  • 高75×幅190×奥98cm
  • 素材
  • 木製
  • 木製
  • プリント紙化粧繊維板・エポキシ樹脂塗装
  • スチール
  • パーティクルボード・スチール
  • スチール
  • スチール
  • ラバーウッド集成材・LVL材
  • スチールパイプ
  • パイン材
  • タイプ
  • ハシゴ
  • ハシゴ
  • 階段
  • ハシゴ
  • ハシゴ
  • ハシゴ
  • ハシゴ
  • 階段
  • ハシゴなし
  • ハシゴ

ベッドの下を有効活用しよう

入り切らない洋服などを収納するスペースにするも良し、デスクやパソコンを置いて書斎のように使うも良し、お気に入りのソファーを置いてくつろぎ空間にすることもできます。ロータイプのロフトベッドでも、高さは少しずつ異なります。

 

ベッド下の空間の広さによって、様々な空間を生み出すことが出来るんです。つまりは、自分のだけの秘密基地のような空間を手軽に手に入れることができ、一つの部屋に2つ目の部屋ができるような感覚です。自分だけの特別な空間を演出しましょう。

 

また、ロフトベッドを設置する際には、どのような空間にするかによって光の差し込みを考えて設置しましょう。さらにベッドで快適に過ごすためには、なるべくエアコンから離れた位置に設置するようにしましょう。エアコンから離れることで循環する空気がベッドまで届きやすくなりますよ。

まとめ

ロフトベッドを購入するにあたり、ロータイプの物の良さを感じて頂けましたでしょうか?自分の自由な空間を作ることができる夢のロフトベッドは、いくつになっても秘密基地のような憧れでもあります。限られた空間を最大限に生かしましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ