記事ID2325のサムネイル画像

【生活スタイルにフィットする】マキタのおすすめ掃除機7種徹底比較

毎日の生活に欠かせない掃除機ですが、中でもマキタの掃除機を選ぶ人が増えています。しかし現在マキタから発売されている掃除機だけでも10有余あり、どれが自分のライフスタイルに合うのか迷うことも多いもの。そこで自分にぴったりのマキタを選ぶポイントをご紹介します。

マキタの掃除機の選び方

現在家庭で使えるタイプの掃除機として市販されているものは、大手家電量販店の店頭に並んでいるだけでも70種類を超えています。中でも人気のマキタの掃除機から、自分に合った掃除機を選ぶ際のポイントをチェックしてみましょう。

価格で選ぶ

家庭用として流通しているマキタのコードレス掃除機の価格帯は、おおよそ1万円前後となっています。中には1万円を切る価格で販売されているものもありますが、その場合はバッテリーが価格に含まれているかどうかに注意が必要です。

 

バッテリーが別売りの場合だと本体価格だけで購入した場合、最終的にはセットになっているものの方がリーズナブルだったというケースもあるので、購入の際には付属品の項目もきちんとチェックしましょう。

ゴミの処理方法で選ぶ

掃除機を選ぶ際に最も注目するポイントといえば、その機能性です。マキタの掃除機を選ぶ際に、チェックすべき機能のポイントを以下にご紹介します。

カプセル式のメリット・デメリット

マキタの掃除機には、大きく分けてゴミの処理方法としてカプセル式と紙パック式とがあります。このうちカプセル式は、吸い込んだゴミが本体内部のカプセル部分に集められるようになっており、処分する際には、カプセル部分を本体から取り外す必要があります。

 

そのため直接ゴミに触れたくないという人や、最終的にゴミを処理する際に埃が舞ったりするリスクを避けたいという人には不向きです。一方で、カプセルを水洗いすればすっきり清潔に保てる、紙パックのコストが必要ないというメリットもあります。

紙パック式のメリット・デメリット

一方紙パック式の場合はゴミ容量一杯になるまで掃除した後、ワンタッチでゴミ捨てまで完了するという手軽さや、ゴミをすっきり処理できるというメリットがあります。一方で、紙パックを常備する手間暇がかかる、コストがかかるというデメリットもあります。

 

ただしマキタの紙パック式掃除機は、紙パック以外に不織布製のダストバッグが標準装備されています。こちらはダストバッグ自体の掃除さえすれば、繰り返し使用可能となっているのでコスパの点では一考の余地ありです。

バッテリーの機能性

マキタの掃除機にはリチウムイオンバッテリーが使用されています。さらに内蔵型と外付けでは充電に要する時間や使用時間に差が出てきます。

充電に要する時間

マキタの掃除機のバッテリーの機能性から選ぶ際、まず考慮する必要があるのはフル充電するのに必要な時間です。あまりに長い時間かかるようであれば、使いたいタイミングで掃除機を使うことが出来ないといったストレスを感じることもあります。

 

また、バッテリーを1度フル充電しておいた場合、その満了状態がどれだけ長く続くかといったことも考え合わせておくこともおすすめ。さらにバッテリーが劣化した際の買い替えコストもチェックしておくことも大切です。

連続使用可能時間

1度フル充電した掃除機がどの程度の時間、連続で使用可能かというのは大切なポイントです。日本人家庭で1回の掃除にかける時間の平均は、おおよそ10分から30分と言われていますが、ペットがいるいない、子供がいるいないなどで必要時間にも差が出てきます。

 

また標準モードでの使用時間の他にも、より吸引力のあるパワフルモードや強モードのある掃除機もあります。その中から自分のニーズにあったものを選べば、毎日の掃除タイムをより快適に、さらに楽にする近道になります。

掃除機本体の重量

マキタのコードレス掃除機は、どの機種も取り回しが良いように小型軽量化されています。個別での重量の差はさほど大きくないため、店頭で実際に持ってみた感覚や、現在使用中の掃除機の重量と照らし合わせて自分に合ったものを選ぶのがおすすめです。

 

また別売りのさまざまなアタッチメントも用意されているので、自分がマキタの掃除機を使ってきれいにしたい場所での総重量やサイズ、動線などをチェックしておくのも大切なポイントです。

おすすめのマキタの掃除機

マキタ(Makita)

充電式クリーナー CL100DW

価格:13,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

驚きの軽さで使い勝手抜群

掃除機本体の重量はわずか0.88kgと驚きの軽さを誇る掃除機。その軽さを生かしてカーテンレールやたんすの上部など普段なかなか手の届きにくいところの掃除に使うのも便利です。また充電に要する時間は約50分で、連続使用可能時間は約12分となっています。

 

継ぎ足し充電もできるため、すみずみまで丁寧にしたい階段などの掃除にもぴったりです。さらに付属のすきま用ノズルは狭いところの掃除に活躍。ソファの背もたれの間やマイカーの室内掃除などにもおすすめとなっています。

重量0.88kg充電時間約50分
ゴミ処理方法カプセル式連続使用可能時間約12分

マキタ(Makita)

充電式クリーナー  CL141FDZW (バッテリ別売)

価格:7,657円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゴミ捨てはシンプルなカプセル方式

1回約22分間の充電で、強で約20分、標準で約40分間連続使用できるタイプの掃除機。継ぎ足し充電も可能なので、忙しい時などにもぴったりです。さらにワンタッチスイッチで連続運転できるため、比較的広めの面積部分を掃除する際などにも便利。

 

LEDライトも搭載されているので、家具と家具のすきまや後ろなど、見えにくいところの掃除の際も楽々。リチウムイオンバッテリは他のマキタの工具でも使えるので、DIYをホビーにしているケースなどでは汎用性が高くおすすめです。

重量1.3kg充電時間約22分
ゴミ処理方法カプセル式連続使用可能時間強:20分 標準: 40分

マキタ(Makita)

充電式クリーナー CL108FDSHW

価格:13,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本体部分以外の水洗い可能

カプセル式でゴミ容量約600mlと、しっかり掃除したいタイプの人におすすめの掃除機。また遠心分離でゴミ捨てがさらに楽になるサイクロンアタッチメントや、高性能フィルターなど、別売りのアタッチメントも充実しています。

 

ワンタッチスイッチ機能もついているので、床掃除や階段掃除などにも便利。吸引力も3段階で標準なら約25分間連続使用可能となっており、ペットの毛や日常の中で出たゴミをすばやく掃除したい人にもぴったりです。

重量1.0kg充電時間約22分
ゴミ処理方法カプセル式連続使用可能時間パワフル:10分 強:12分 標準:25分

マキタ(Makita)

充電式クリーナ CL107FDSHW

価格:13,850円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

紙パック式でゴミ捨て簡単

ゴミ捨てはやっぱり紙パック式が良いという人におすすめの機種。ワンタッチで開くカバーで、紙パックの取りつけと取り外しも楽々です。1回の充電にかかる時間は約22分で、標準モードなら連続25分使用可能なのも嬉しいところです。

 

暗い場所の掃除に便利なLEDライト付きで、バッテリーの容量が少なくなった時には点滅して知らせてくれます。重量は約1.1kg、ストラップも付いているので階段などの掃除の際にも便利です。

重量1.1kg充電時間22分
ゴミ処理方法紙パック連続使用可能時間パワフル:10分 強:12分 標準:25分

マキタ(Makita)

充電式クリーナ CL105DWI

価格:10,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バッテリー内蔵タイプの掃除機

バッテリー内蔵タイプの掃除機で、充電完了時に満了が一目でわかるランプが搭載されています。重さは約1.0kgとコンパクトタイプですっきり片付けられるため、独り暮らしの人なや2台目の掃除機を考えている人などにもおすすめです。

 

1回の充電でパワフルモードなら約7分、標準モードなら約20分使用可能なため、部屋のすみずみまできっちりお掃除できます。もちろん取り回しの良さを生かして、マイカーの車内掃除などにもぴったり。リビングに1台備えておくと安心の掃除機です。

 

 

重量1.0kg充電時間約3時間
ゴミ処理方法紙パック連続使用可能時間パワフル:7分 強:10分 標準時間:20分

マキタ(Makita)

充電式クリーナー CL180FDZ(バッテリ別売)

価格:7,673円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

18Vバッテリー採用で吸引力が強い

18Vリチウムイオンバッテリーの採用で、パワフルな吸引力を実現した掃除機。1回の充電にかかる時間は約22分で、20分間の使用が可能です。また自己放電が少ないため、充電満了状態で保存しておけば、長期保存が可能なので使いたい時にすぐ使えます

 

ゴミ容量は650ml、隙間掃除用のサッシノズルも付属しているので、家具と家具の隙間や家具の下など、普段の掃除ではなかなか手が届きにくく、ゴミや埃のたまりやすい場所の掃除にも便利。毛足の長いカーペットや髪の毛などの多い洗面所の掃除などにもおすすめです。

重量1.4kg充電時間22分
ゴミ処理方法カプセル式連続使用可能時間20分

マキタ(Makita)

充電式クリーナ CL106FDSHW

価格:12,852円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手軽さと取り回しのバランスが良い

プロの清掃業者も使うと言われるだけあって、取り回しの良さは抜群の掃除機。ゴミ容量600mlのカプセル式なので、1回ごとに処分する必要もありません。さらに先端部部分が垂直にできるので、ちょっとした隙間などに立てて収納できるのも嬉しいところ。

 

別売の4.0Ahのリチウムイオンバッテリーを使えば、充電に要する時間は約1時間と多少かかるものの、連続使用可能時間は約42分と大幅アップ。毎日の掃除に使うには充分と言えるパワフルさで、とれにくいペットの毛などの掃除にもうってつけです。

重量0.98kg充電時間約22分
ゴミ処理方法カプセル式連続使用可能時間約16分

マキタの掃除機徹底比較

それではご紹介したマキタの掃除機7台を、価格や機能といったポイントで徹底比較してみましょう。自分が購入したい掃除機に求めるポイントには、ぜひ注目してチェックして下さい。

価格で比較

商品名 CL100DW CL141FDZW CL108FDSHW CL107FDSHW CL105DWI CL180FDZ CL106FDSHW
価格 ¥13,000 ¥7,657 ¥13,400 ¥13,850 ¥10,100 ¥7,673 ¥12,852

今回ご紹介した中で最安値のマキタ掃除機は「CL141FDZW」で7,657円、最高値は「CL107FDSHW」で13,850円でした。ただし7,000円台の掃除機はいずれもバッテリー別売りの値段となっている点に注意が必要です。

 

本体価格自体は手頃でも、バッテリーを別に購入するとなると余計な手間暇が必要となります。その点ではバッテリー内蔵タイプの「CL105DWI」がコスパ的には最も良いと言えるかも知れません。

 

ただし、既にご家庭でマキタのバッテリーを使った電動工具などを趣味で使用しているという場合は、バッテリーの転用、もしくは兼用が可能な場合もありますので、心当たりがある場合は掃除機購入前にチェックしておきましょう。

機能で比較

  重量 充電時間 ゴミ処理方法 連続使用可能時間
CL100DW 0.88kg 50分 カプセル式 12分
CL141FDZW 1.3kg 22分 カプセル式 標準:40分
CL108FDSHW 1.0kg 22分 カプセル式 標準25分
CL107FDSHW 1.1kg 22分 紙パック 標準:25分
CL105DWI 1.0kg 3時間 紙パック 標準:20分
CL180FDZ 1.4kg 22分 カプセル式 20分
CL106FDSHW 0.98kg 22分 カプセル式 16分

重量はCL100DWが最軽量

今回ご紹介したマキタの掃除機の中で最も軽量だったのは「CL100DW」で、約0.88kgでした。年々小型軽量化しているといわれる掃除機ですが、同じく軽量化しているランドセルでも最新型で約1.2kgほどであることを考えあわせると、まさに驚きの軽さです。

 

実際マキタの掃除機を購入した人の中でも、現在使用している掃除機の重さが負担になっている、という場合や収納を考えると少しでもコンパクトな方がいいという人などには、「CL100DW」の人気が高くなっています。

充電時間は内蔵型以外はほぼ同じ

充電時間はバッテリー内蔵型の「CL105DWI」をのぞけば、ほぼ約22分と横並びです。しかし、同じ外付けタイプで重量が共に1.0kgを切るという条件の2台で考えると「CL100DW」よりも「CL106FDSHW」の方が30分近く充電時間が短くて済みます。

 

また連続使用可能時間も4分ほど長くなっていることから、本体の軽さと充電に要する時間とを考え合わせた結果、「CL106FDSHW」を選ぶという人も多くなっています。

ゴミ処理方法はコスパと手軽さで選ぶ

マキタのコードレス掃除機のゴミ処理方法には、紙パック式とカプセル式があります。紙パック式は、ゴミに直接触れたくないという場合などにワンタッチで捨てられるというメリットがありますが、反面紙パックを常備しなくてはいけないというデメリットもあります。

 

そこで紙パック式とダストバッグを場合によって使い分けることができる上、不織布製のダストバッグを使用すれば繰り返し使うこともできて経済的「CL107FDSHW」が、マキタの掃除機の購入者の中では人気が高いようです。

連続使用時間はCL141FDZWが最も長い

今回ご紹介したマキタの人気掃除機の中で、最も連続使用可能時間が長いのは「CL141FDZW」の約40分です。ただしこれは標準モードで充電満了状態での比較のため、条件によっては差が出てくることもあります。

 

また標準だけでなく、パワフルモードや強モードといった機能を備えた掃除機もあるので、単純な時間の長さだけではなく自分にとって必要な掃除モードが長いタイプを選んでいる購入者も多くなっています。

まとめ

マキタの掃除機7種の比較をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。コードレス掃除機と一口に言っても、バッテリーの形状やゴミの処理の仕方などその機能はさまざま。自分のライフスタイルにぴったりの掃除機をその中からぜひ見つけてみて下さいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ