記事ID2367のサムネイル画像

【5000円以下コスパ商品】安いワイヤレスイヤホンの人気おすすめ商品10選

噂になっているワイヤレスイヤホンを試してみたいけど、あまりお金はかけたくない。そんな人におすすめなのが、安いワイヤレスイヤホンです。人気が高くて安いワイヤレスイヤホンがたくさんあるので、今回は中でも人気のイヤホンを紹介していきます。

安いワイヤレスイヤホンはスポーツなどにもぴったり

初めてワイヤレスイヤホンを買いたいという人は必見です。ワイヤレスイヤホンは、徐々に注目を集めている最新型のイヤホンで今まさに人気があります。従来のイヤホンのように、コードの絡まりを解消してくれるのがワイヤレスイヤホンなのです。

 

高いというイメージを持っている人もいると思いますが、ワイヤレスイヤホンには安いものがたくさんあります。安いワイヤレスイヤホンであれば、激しいスポーツをする時でも安心して使える事でしょう。

 

そこで今回は、安くて高音質なワイヤレスイヤホンを紹介していきます。コスパが良すぎる人気の高いワイヤレスイヤホンがたくさん揃っているので、一つ一つチェックしてみてくださいね。

安いワイヤレスイヤホンの選び方

それでは早速、安いワイヤレスイヤホンの選び方からざっくり見ていきましょう。後悔しないためにも、事前に知っておきたいポイントがいくつかあります。

タイプで選ぶ

ワイヤレスイヤホンと言っても、実はさまざまな種類があるという事をまず初めに覚えておいくと安心です。自分にぴったりなワイヤレスイヤホンのタイプを探してみましょう。

完全ワイヤレス

最も人気あるのが、完全ワイヤレスタイプです。完全ワイヤレスは全くケーブルがないので、スポーツをしている時も引っかかったり絡まったりする事なく手軽に使えます。

 

ただし、完全ワイヤレスの場合は人が多い場所やスマホから離れすぎると音が途切れてしまう事があります。また、左右のイヤホンがバラバラなのでなくしやすいというのも大きなデメリットかもしれません。

ネックバンド型

ネックバンド型は、左右のイヤホンにバンドがついていて首の部分で固定をしながら使います。おしゃれなネックバンド型のワイヤレスイヤホンなどは特に人気があり、ファッション感覚で使えるかもしれません。

 

また、軽やかで使いやすいと評判になっています。ただし、激しいスポーツなどにはあまり向いていないので注意が必要です。

左右一体型

ネックバンド型と少し似ているのが、左右一体型のワイヤレスイヤホンです。左右一体型も首の後ろからかけるタイプですが、固定せずに使います。マイクやコントローラーなどが搭載されているものが多く、非常に使いやすいです。

 

また、左右のイヤホンがくっついているので無くしにくいというのも大きなメリットでしょう。

片耳タイプ

片耳だけイヤホンが付けたいという人や、音楽よりも電話のために安いワイヤレスイヤホンが欲しいという人におすすめなのが片耳タイプです。片耳タイプのワイヤレスイヤホンも優れていて、人気があります。

 

音楽を聞くのにはあまり向いていないので、注意しながら選んでみましょう。ワイヤレスイヤホンのタイプによって使い分けると便利に感じると思います。

聞きやすさで選ぶ

どんなイヤホンを選ぶ時も、聞きやすさは大切ですよね。なるべく高音質で聞きやすいワイヤレスイヤホンを選ぶためにも、覚えておきたいポイントがあります。

Bluetoothの規格

Bluetoothの規格によって、音飛びや音の途切れがだいぶ変わってきます。無線接続をしているからこそ、途中で音が途切れてしまうのも仕方ありません。ですが、なるべく防ぐ方法があるのです。

 

それは、Bluetoothの最新の規格を選ぶという方法です。現在、V5.0まであります。V4.1以上のものを選んでみるのがおすすめです。

対応コーデック

ワイヤレスイヤホンの場合はSBC、AAC、aptXなどが対応コーデックとして採用されている事が多いです。SBCが最も一般的な対応コーデックで、AACの方がより高音質だと言われています。

 

なるべく高音質なワイヤレスイヤホンが欲しいという人は、AACに対応しているものを選んでみると安心かもしれません。

ドライバー

それでは次に、ドライバーをチェックしていきましょう。ドライバーは簡単に言うと、音の振動を耳に届けるための機構を意味しています。ダイナミック型やバランスドアーマチュア型が一般的です。

 

ダイナミック型は低温が得意で、多くのワイヤレスイヤホンに採用されています。ドライバーの情報がない商品が多いので、選ぶ際には注意してみましょう。

バッテリー持ち時間をチェック

もちろん、バッテリー持ち時間もチェックしておきたい大切なポイントです。長時間使う予定があるという人は、なるべくバッテリー持ち時間が長いものを選んでみましょう。

 

とは言え、音量や音のタイプなどによっても持ち時間は変わってきます。

機能で選ぶ

ワイヤレスイヤホンを選ぶ時、二つ覚えておきたい便利な機能があるので見ていきましょう。

ノイズキャンセリング

ノイズキャンセリングとは名前の通り、周囲の音をキャンセルしてくれる機能の事を言います。自分の世界に入り込んで音楽が聴きたいという人は、ノイズキャンセリング機能のあるワイヤレスイヤホンを選んでみると安心です。

 

ただし、価格が少し高くなってしまうというデメリットがあるので注意しましょう。

防水機能

スポーツ用にワイヤレスイヤホンを買いたいという人は、必ず防水機能が搭載されているイヤホンを買ってみてください。汗はもちろん、雨からもしっかり保護してくれるので安心です。

 

多くのワイヤレスイヤホンは、防水機能が搭載されているので安心です。

コスパで選ぶ

もちろん、コスパで選ぶというのも間違いなくおすすめです。安いイヤホンを買う時は、その価格と品質を比較しながら買ってみましょう。あまりにも安すぎるワイヤレスイヤホンを買ってしまうと、返って不便に感じる事があるかもしれません。

 

だからこそ、コスパが大切です。今回のランキングでは、3000円以下で買えるものから10000円以下で買えるものなど幅広く紹介していきます。全体的には安い価格帯なので、チェックしてみてくださいね。

安いワイヤーレスイヤホンの人気ランキング10選

1

havit

Bluetooth ワイヤレスイヤホン I93

価格:4,099円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フィット感が抜群

今回、一位としてご紹介したいのがhavitのBluetooth ワイヤレスイヤホン I93です。こちらのイヤホンはフィット感がとにかく抜群で、AACにも対応しているため高音質だと人気があります。

 

付け心地がとにかく快適なので、長時間ワイヤレスイヤホンを付ける予定があるという人でも安心です。自動的にBluetoothに接続してくれるというのも、魅力の一つかもしれません。

タイプ完全ワイヤレスBluetoothV5.0
対応コーデックSBC/AACドライバー
バッテリーの持ち時間約3.5時間その他の機能防水機能
2

Muzili

Bluetooth IPX7防水最新版 イヤホン (赤)

価格:2,569円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防水性能が優れている

MuziliのBluetooth IPX7防水最新版 イヤホン (赤)は、左右一体型のワイヤレスイヤホンです。イヤホンを無くすのが怖いという人は、ぜひ使ってみてください。フックが付いていて、耳にかけて固定します。

 

こちらのワイヤレスイヤホンは、とにかく防水性が優れていると言われています。イヤホンの本体はもちろん、ケーブルなどに水がかかっても大丈夫です。

タイプ左右一体型BluetoothV4.1
対応コーデックドライバー
バッテリーの持ち時間約8時間その他の機能ノイズキャンセリング、防水機能
3

TaoTronics

ワイヤレス イヤホン Bluetooth 5.0

価格:4,599円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デザインがかっこいい

次にご紹介したいのが、TaoTronicsのワイヤレス イヤホン Bluetooth 5.0 です。かっこいいデザインは、多くの人を惹きつけているのでおすすめです。

 

フィット感も抜群で、全体的に高音質なので音楽がしっかり楽しめるようなワイヤレスイヤホンになっています。

タイプ完全ワイヤレス BluetoothV5.0
対応コーデックAACドライバー
バッテリーの持ち時間約6時間その他の機能
4

CHUNNUO

Bluetooth5.0 完全ワイヤレス (ブラック)

価格:3,598円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超軽量タイプ

あまりにも重さのあるワイヤレスイヤホンを使うと、どうしても耳が痛くなってしまうと思います。そんな時におすすめしたいのが、CHUNNUOのBluetooth5.0 完全ワイヤレス (ブラック)です。

 

軽量タイプなので、長く使用しても耳が痛くなりません。最新型のBluetooth仕様のため、音の途切れもなく快適に使えます。

 

タイプ完全ワイヤレスBluetoothV5.0
対応コーデックAACドライバー
バッテリーの持ち時間3時間
5

HolyHigh

Bluetoothイヤホン スポーツ用(ブラック)

価格:2,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低音の音楽にぴったり

HolyHighのBluetoothイヤホン スポーツ用(ブラック)は、ロックやトランスなどの低温の音楽に向いていると言われているワイヤーレスイヤホンです。深みのある音が、一つ一つ聞き聞き取れます。

 

丸型ケースが付いてくるので、しっかり収納して持ち運びができますよ。あらゆるシーンで大活躍してくれます。

タイプ左右一体型BluetoothV4.1
対応コーデックドライバー
バッテリーの持ち時間8時間その他の機能ノイズキャンセリング、防水機能
6

XMONY

Bluetooth5.0 イヤホン Hi-Fi高音質 (ピンク)

価格:1,995円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カラーバリエーションが豊か

XMONYのBluetooth5.0 イヤホン Hi-Fi高音質 (ピンク)、カラーバリエーションがとにかく豊かなワイヤレスイヤホンです。今回はピンクを紹介していますが、他にもゴールドやレッド、グリーンなどとにかくいろんなカラーがあります。

 

また、今回のランキングの中で最も安いワイヤレスイヤホンとなっています。価格が何よりも大切だという人には間違いなくおすすめです。

タイプ完全ワイヤレス BluetoothV5.0
対応コーデックドライバー
バッテリーの持ち時間その他の機能防水機能
7

サウンドピーツ

Truengine ワイヤレスイヤホン

価格:5,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高音質で人気

サウンドピーツのTruengine ワイヤレスイヤホンも、男女問わず注目を集めているので見ていきましょう。音質にこだわって作られているワイヤレスイヤホンだからこそ、クオリティーがかなり高いです。

 

スポーツをする時などには、間違いなく欠かせないワイヤレスイヤホンとなるでしょう。みなさんもぜひ一度、買ってみてくださいね。

タイプ完全ワイヤレスBluetoothV5.0
対応コーデックAACドライバーダイナミック型
バッテリーの持ち時間約4時間その他の機能防水機能
8

Anager

Bluetooth イヤホン 片耳

価格:2,080円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使いやすい片耳タイプ

通話のためにワイヤレスイヤホンを買いたいという人に向いているのが、AnagerのBluetooth イヤホン 片耳です。名前の通り、こちらは片耳タイプのワイヤレスイヤホンなのです。

 

防水性がとにかく高く、水深1.2メートルの水の中に30分間入れても壊れないそうです。また、イヤホンを付けたままシャワーをしても大丈夫だと言われているくらい防水性が優れています。

タイプ片耳タイプBluetooth
対応コーデックドライバー
バッテリーの持ち時間5時間その他の機能防水機能
9

AIKAQI

完全 ワイヤレスイヤホン B06 ブラック

価格:3,150円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

個性たっぷりな充電ケース

AIKAQIの完全 ワイヤレスイヤホン B06 ブラックは、ケースがとにかく個性たっぷりで素敵ですよね。ぱかっと開けると、高品質なワイヤレスイヤホンが出てきます。ワンタッチであらゆる操作ができるので、非常に使いやすいと口コミで評判になっていますよ。

 

ノイズキャンセリングだけではなく、防水機能が搭載されているというのも魅力的なポイントです。また、スタイリッシュなデザインも多くの人から注目を浴びているのでぜひチェックしてみてくださいね。

タイプ完全ワイヤレスBluetoothV5.0
対応コーデックドライバー
バッテリーの持ち時間その他の機能ノイズキャンセリング、防水機能
10

ソニー

ワイヤレスイヤホン WI-C400 ブラック

価格:6,114円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安定性がある

今回、10位としてご紹介したいのがあの人気メーカーのソニーのワイヤレスイヤホン WI-C400 ブラックです。ネックバンド型なので安定性があり、非常に使いやすいと言われています。

 

激しいスポーツには向いていませんが、バッテリー持ち時間がなんと20時間もあるのでものすごく便利です。長く音楽を聞くという人は、ぜひ買ってみてください。通勤や移動などにも使えるようなワイヤレスイヤホンになっています。

タイプネックバンド型Bluetooth
対応コーデックドライバー
バッテリーの持ち時間20時間その他の機能

安いワイヤレスイヤホンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:40632の画像

    havit

  • 2
    アイテムID:40638の画像

    Muzili

  • 3
    アイテムID:40639の画像

    TaoTronics

  • 4
    アイテムID:40643の画像

    CHUNNUO

  • 5
    アイテムID:40644の画像

    HolyHigh

  • 6
    アイテムID:40645の画像

    XMONY

  • 7
    アイテムID:40641の画像

    サウンドピーツ

  • 8
    アイテムID:40646の画像

    Anager

  • 9
    アイテムID:40640の画像

    AIKAQI

  • 10
    アイテムID:40642の画像

    ソニー

  • 商品名
  • Bluetooth ワイヤレスイヤホン I93
  • Bluetooth IPX7防水最新版 イヤホン (赤)
  • ワイヤレス イヤホン Bluetooth 5.0
  • Bluetooth5.0 完全ワイヤレス (ブラック)
  • Bluetoothイヤホン スポーツ用(ブラック)
  • Bluetooth5.0 イヤホン Hi-Fi高音質 (ピンク)
  • Truengine ワイヤレスイヤホン
  • Bluetooth イヤホン 片耳
  • 完全 ワイヤレスイヤホン B06 ブラック
  • ワイヤレスイヤホン WI-C400 ブラック
  • 特徴
  • フィット感が抜群
  • 防水性能が優れている
  • デザインがかっこいい
  • 超軽量タイプ
  • 低音の音楽にぴったり
  • カラーバリエーションが豊か
  • 高音質で人気
  • 使いやすい片耳タイプ
  • 個性たっぷりな充電ケース
  • 安定性がある
  • 価格
  • 4099円(税込)
  • 2569円(税込)
  • 4599円(税込)
  • 3598円(税込)
  • 2580円(税込)
  • 1995円(税込)
  • 5580円(税込)
  • 2080円(税込)
  • 3150円(税込)
  • 6114円(税込)
  • タイプ
  • 完全ワイヤレス
  • 左右一体型
  • 完全ワイヤレス
  • 完全ワイヤレス
  • 左右一体型
  • 完全ワイヤレス
  • 完全ワイヤレス
  • 片耳タイプ
  • 完全ワイヤレス
  • ネックバンド型
  • Bluetooth
  • V5.0
  • V4.1
  • V5.0
  • V5.0
  • V4.1
  • V5.0
  • V5.0
  • V5.0
  • 対応コーデック
  • SBC/AAC
  • AAC
  • AAC
  • AAC
  • ドライバー
  • ダイナミック型
  • バッテリーの持ち時間
  • 約3.5時間
  • 約8時間
  • 約6時間
  • 3時間
  • 8時間
  • 約4時間
  • 5時間
  • 20時間
  • その他の機能
  • 防水機能
  • ノイズキャンセリング、防水機能
  • ノイズキャンセリング、防水機能
  • 防水機能
  • 防水機能
  • 防水機能
  • ノイズキャンセリング、防水機能

ワイヤレスイヤホン初心者は安い物をまずは選んでみよう

初めてワイヤレスイヤホンを買う人は、最初から高いワイヤレスイヤホンを買うのではなくまずは安いワイヤレスイヤホンを買って使いやすさなどをチェックしてみると良いかもしれません。長く愛用するつもりで買うのではなく、お試しとして買ってみましょう。

 

人によっては、ワイヤレスイヤホンではなく通常のイヤホンの方が便利だと思う事もあります。物は試しだからこそ、お試しのつもりで買ってみるとより客観的にワイヤレスイヤホンのメリットやデメリットが分かる事でしょう。

 

ワイヤレスイヤホンが使いやすいと思ったら、改めて自分の好きなマーカーのワイヤレスイヤホンを買ってみたり、もうお値段が少し高めのものを買ってみてくださいね。そうする事で間違いなく、後悔のないワイヤレスイヤホンが買えますよ。

まとめ

今回は、比較的安くて高品質な人気ワイヤレスイヤホンを紹介していきました。気になるワイヤレスイヤホンが見つかったという人は、ぜひ買ってみてくださいね。まずは安いワイヤレスイヤホンを買って、デビューしてみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ