記事ID2419のサムネイル画像

【快適な描き心地を手に入れる】油性ボールペンの人気商品10選

日々の生活で活用されることの多い文房具として、油性ボールペンがあります。様々な商品が販売されているものであり、それぞれ違った特徴を持っているため、選ぶときに悩む人も多いでしょう。今回は、そんな油性ボールペンの選び方とおすすめ人気商品を紹介していきます。

ボールペンは人それぞれ使い心地が違う

普段の生活でよく使われているものとして、油性ボールペンがあります。ノートを取ったり、メモを書いたりする際によく使われるものですが、物によって使い心地が違うため、好みが分かれることも多いでしょう。

 

また、ボールペンはデザイン性だけでなく、ペンの太さやインクの種類なども重要な要素になっています。使い心地はもちろん、使う用途によっても選ぶボールペンが違うので、奥が深いものとなっています。

 

今回は、ボールペンの特徴を紹介しながら、それぞれの用途や使い心地に合ったものを紹介していきます。それぞれの特徴を知っておけば、自分に合った油性ボールペンを選ぶことが出来るので、ぜひ参考にしてみてください。

油性ボールペンの選び方

油性ボールペンには、それぞれ違った特徴があります。そのため、使う人によって自分に合ったものを選ぶ必要があります。

グリップのフィット感

ボールペンを使う際、まずはグリップがどのようになっているかを知っておきましょう。これが使いやすいボールペンを選ぶコツとなります。

親指・人差し指・中指の位置をガイドしてくれる三角形グリップ

グリップには様々なものがありますが、その中でもバランスが良いのは三角形グリップとなります。このグリップは、指の置きどころを固定出来るため、安定感のある書き心地を実現することが出来ます。

 

また、指でボールペンをしっかりと握るという点においても三角形グリップは使いやすくなっています。握りをしっかりとしたい人や安定して書き続けたい人はぜひ使ってみることをおすすめします。

凹凸あり・くびれがついたグリップ

三角形グリップの他にも、グリップ部分に凹凸やくびれがついたものも多く存在しています。これらのボールペンもしっかりとボールペンを持つ際に役立つため、かなり便利なものになるでしょう。

 

また、こうした形状のボールペンは、見た目も独特なものが多くなっています。そのため、普通のボールペンに少し飽きたという人などには目新しく映ることが多くなっています。実用性とデザイン性に優れているのでおすすめです。

滑りにくい素材のグリップ

グリップの形状は、ボールペンの使いやすさに直結してくるものです。ですが、形状以外にも使われている素材にもこだわることで、さらに使いやすいさが増してきます。そのため、素材と形状はセットで考える必要があるのです。

 

滑りにくい素材としては、シリコンやゴムなどがあります。これらの素材に加えて、紹介した三角形グリップやくびれ・凹凸があるグリップがあれば、使いやすさ・疲労度の軽減を図ることが出来ます。

長時間用ならウエイトバランス重視

ボールペンを使う際、人によっては長時間使用することもあるでしょう。そんなときに注目するべき点として、ボールペンのウエイトバランスがあります。

ペン軸の中央からペン先に重心があるもの

ボールペンのウエイトバランスは、ペンの中央から先にウエイトがある方が長時間利用には向いていると言われています。これは、書き進めるスピードがこちらの方が早いことから来ているので、学生などにはおすすめです。

 

書き進める速度が上がると、それだけメモをする時間に余裕が出来ます。そのため、授業などで内容を理解しやすくなることにも繋がり、さらには書きやすいことから疲労の軽減にも繋がるのです。

ペン先が安定するもの

ウエイトバランスは、それぞれのボールペンによって違いが出てきますが、やはりペン先が安定するものを使うべきだと言えます。これにより、より早く、より正確に書き取りが出来るようになるでしょう。

 

ペン先が安定しているかどうかは、実際に使ってみなければ分からないことも多くあります。そのため、出来るだけ多くのペンを試して、ペン先が安定しているかどうかを試してみると確実性が上がってくるのです。

用途によっては、ウエイトはあまり関係なくなる

ウエイトバランスが良いペンは、長時間使用に最適なものだと言えます。ですが、中には、短時間しかペンを使わないという場合もあるでしょう。その際には、あまりウエイトバランスを気にする必要はなくなります。

 

ハガキを書いたり、サインをするだけならウエイトバランスを気にせず決めても問題はありません。むしろ、これらの用途ならウエイトバランスではなくインクやデザインで決める方が良いと言えるでしょう。

書き心地が良いものを選ぶ

油性ボールペンを選ぶときは、なるべく書き心地の良いものを探す必要があります。これにより、実用性が増していくのです。

色がはっきりと見えるものが良い

油性ボールペンを使っているとき、書き心地を左右する要素として色があります。いくらスラスラ書けるものでも、色が薄いと字が見えづらくなってしまうので意味がないのです。そのため、色合いを見ることは重要な要素となります。

 

基本的に、黒色を使っている場合はそこまで色を気にすることもないでしょう。ですが、赤や黄色などになると、色が薄かったりして見えにくい場合も出てきます。そのため、どんな色合いが自分にとって見やすいかを調べておきましょう。

インクの粘度によっても描き心地が違う

書き心地は、インクの粘度によってもかなりの違いが出てくるものです。低粘度・高粘度といったインクの違いがあり、何に使うかで選ぶべきインクも違ってくるため、見逃せない要素だと言えるでしょう。

 

スラスラと字を書きたい人は、基本的に低粘度のインクがおすすめです。逆に、しっかりとした字を書きたいなら高粘度インクが良いでしょう。このように、何を書くかでインクの粘度を使い分けてみることをおすすめします。

書き心地は人次第

ボールペンを選ぶ際、書き心地を決める要素は様々です。ですが、これらはあくまで参考程度にしておくことも重要となります。というのも、実際の使い心地は、使ってみて初めて分かるものだからです。

 

そのため、選ぶときのポイントを考慮しつつ、最終的にはどんな感触を得られたかを確認する必要が出てくるでしょう。一番良いのは、多くのボールペンを試してみることなので、様々な商品を手に取ってみてください。

デザインも気にしてみる

ボールペンと言えば、様々なデザインをしたものが揃っています。そのため、見た目にこだわりたい人は、どんなデザインをしているのかも注目してみましょう。

気に入ったデザインは愛用しやすい

ボールペンのデザインは、どんな機能性を持たせているかによって違ってきます。そのため、書きやすさを追求した結果、独特のデザインになることが多く、実用性の高いものがデザイン性の向上に繋がることにもなります。

 

ですが、ある程度実用性を排して、デザイン性を高めているボールペンも存在しています。特に、かしこまった場所で使われるボールペンは、デザイン性重視のものが多く、愛着も湧きやすいので見ておいて損はないでしょう。

芯の出し入れ部分にも注目してみる

デザイン性を決めるうえで、意外と重要なポイントになっているのが芯の出し入れ部分です。主に、ノック式・キャップ式・ツイスト式に分かれており、それぞれでデザイン性が違っています。

 

一般的なデザインで言えばノック式ですが、少し高級感を出したいならキャップ式がおすすめとなります。また、よりスマートな印象を受けるものとしてはツイスト式も有名です。どれも好みが分かれるので、しっかりと確認しておきましょう。

多くのボールペンを見比べることが重要

ボールペンのデザインは、それぞれ違ったものが多くあります。様々な要素が絡み合ってデザインは決まっているので、好みのものを見つけたいなら多くの商品を見比べることが必要不可欠だと言えるでしょう。

 

どんなボールペンがあるのかを多く知っていれば、それだけ選ぶ余地が増えることになります。また、1つだけでなく、複数お気に入りのボールペンを見つけることも可能になるので、見比べてみることをおすすめします。

芯の太さは用途に合わせて決める

芯の太さは、どんなものに字を書くかによって書きやすさに違いをもたらすものです。そのため、用途に合った芯の太さが必要になってきます。

履歴書・手帳、狭いスペースなどには0.5mm以下がおすすめ

就職活動の際に使う履歴書や、日々の予定などをメモしておく手帳などは、書くスペースが狭くなっていることが多いです。こうした場合、ボールペンの芯はあまり太くない方が良いとされています。

 

やはり、狭いスペースに書くことが多いため、それだけ細く書けるほうが良いと言えます。このとき、芯の太さは0.5mm以下から選ぶことをおすすめします。この太さなら、細かい字を書くときにも活用しやすいでしょう。

手紙・宛て名書きなどには1.0mm以上

ボールペンを使う場面は、手紙や宛て名を書くときなどもあります。この場合、書くスペースは比較的広く、またしっかりとした字を求められることも多くなるでしょう。そのときは、太めのボールペンを使用する方が良いです。

 

太さの目安としては、1.0mm以上がおすすめとなります。これくらいの芯であれば、しっかりとした字を書きやすくなるでしょう。太くしっかりとした字は、見る人に良い印象を与えることにも繋がるので、ぜひ試してみてください。

使いやすいのは0.7mm

ボールペンの芯は、太さによって使いやすい場面が変わってくるものです。ですが、あまり芯の太さを気にしたくないという人は、0.7mmあたりがおすすめとなってきます。この太さなら、かなり多くの場面で活用出来ます。

 

0.7mmという太さは、太すぎず細すぎないため、実際に使われていることが多いものです。そのため、あまりボールペン芯の太さに気を取られたくないという人は、0.7mmを基準にしてみることをおすすめします。

油性ボールペンの人気商品10選

1

三菱鉛筆

ジェットストリームプライム

価格:1,306円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

書きやすいジェットストリーム

多くの人が愛用しているボールペンとして有名なジェットストリームになります。このジェットストリームは、一般的なものよりさらに書き心地や色の濃さなどの完成度を上げた上位モデルとなっています。

 

ただでさえ書きやすいと評判のジェットストリームですが、それがさらに進化しているので、ボールペン好きにはたまらない商品だと言えるでしょう。実用性抜群のボールペンなので、ぜひ試してみることをおすすめします。

芯の出し方ノック式芯の太さ0.7mm
2

パイロットコーポレーション

アクロボール150

価格:1,074円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手に馴染みやすいボールペン

フィット感が良く、手に馴染みやすいボールペンとなっています。グリップの形状は三角形となっており、これがフィット感に繋がっているのです。書いている途中に滑りにくいので、気持ちよく作業することが出来るでしょう。

 

また、インクは低粘度のため、かなり楽に書き進めることが可能になっています。そのため、ノートを取ったりメモ帳に描くときなどもスムーズに使うことが出来るのです。メーカーも老舗のパイロットなので、信頼度も高いボールペンだと言えます。

芯の出し方ノック式芯の太さ0.7mm
3

三菱鉛筆

ジェットストリーム

価格:98円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

性能が高く価格もリーズナブル

お馴染みジェットストリームの基本タイプとなります。このタイプは、書きやすいだけでなく、比較的安く手に入るので、ボールペンを多く使う人にもおすすめの商品となっています。実用性が非常に高いと言えるでしょう。

 

このクオリティを出せるボールペンが低価格で販売されているのは、実際かなり凄い事だと言えます。特にボールペンにこだわりがないのであれば、まずはジェットストリームから使ってみると失敗することはないので、ぜひ試してみてください。

芯の出し方ノック式芯の太さ0.7mm
4

ゼブラ

ボールペン F-701

価格:756円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

海外限定モデルのゼブラボールペン

ゼブラが販売している海外限定モデルのボールペンとなります。デザインがとても堅牢な印象を受けやすいものであり、少し昔のボールペンを彷彿とさせる点が特徴だと言えるでしょう。ですが、使い心地はかなり評価が高いです。

 

また、このボールペンはウエイトバランスがとても良いため、使っていて不快感を感じることも少なくなっています。一見するとざらついた印象のあるグリップ部分も、使ってみれば全く気になることはありません。

芯の出し方ノック式芯の太さ0.7mm
5

ぺんてる

ビクーニャエックス

価格:83円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

書き心地抜群のボールペン

書き心地かとても良く、その性能はジェットストリームと並ぶかそれ以上とまで言われているボールペンです。そのため、書き仕事が多い人などにはピッタリの商品となっており、実用性が高いと言えるでしょう。

 

また、インクの色についてもかなり評価が高くなっているため、書いたときの不満なども出にくくなっています。デザインはかなりシンプルになっているので、あまり見た目にこだわらない人はぜひ使ってみてください。

芯の出し方ノック式芯の太さ0.7mm
6

MONTBLANC

スターウォーカー

価格:41,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドイツの定番ボールペン

ドイツで使われている定番のボールペンとなります。そのデザインから、高級感のあるボールペンを好む人に人気があり、評価も高くなっています。ツイスト式のため、静かに芯を出し入れ出来る点もおすすめポイントです。

 

また、人間工学に基づいて作られたボールペンのため、書き心地もかなり良いものとなっています。個人用として使っても良いですが、これだけ高級感のあるデザインなので、プレゼント用としても活用することが出来るでしょう。

芯の出し方ツイスト式芯の太さ
7

PARKER

ラックブラックGT

価格:1,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シックなボールペン

デザインがとてもシックであり、大人向けのボールペンと言えるでしょう。金色を使っている点も、シックな印象を強めているため、愛着の沸きやすいボールペンになっています。おしゃれなボールペンを好む人に向いています。

 

また、握った感触もかなり良いため、ストレスなく字を書くことが出来るようになっています。 デザインから少し高めのボールペンと思われがちですが、価格はリーズナブルなので、気軽に試してみることをおすすめします。

芯の出し方ノック式芯の太さ0.8mm
8

LAMY

L401

価格:6,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドイツのロングセラーボールペン

ドイツで販売されているロングセラーのボールペンとなります。シンプルかつ味のあるデザインが特徴であり、ドイツだけでなく日本でも人気の高いボールペンだと言えるでしょう。使い心地も良いので、実用的です。

 

ボールペンの表面には、うっすらヘアライン加工と呼ばれる線を入れる細工がなされており、これがデザイン性をさらに高めています。デザイン性が高く、高級感のあるボールペンを好む人におすすめ出来るボールペンとなっています。

芯の出し方キャップ式芯の太さ0.5mm
9

三菱鉛筆

パワータンク

価格:140円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

圧縮空気式のボールペン

内部の構造が圧縮空気を利用したものになっており、しっかりとインクを出すことの出来るボールペンとなっています。そのため、インクが切れたりすることがほとんどないので、ストレスなく書き続けることが可能となっています。

 

また、多少紙が濡れている場合などでも問題なく字を書くことが出来るため、外で作業することが多い人にもおすすめのボールペンだと言えるでしょう。場所を選ばず使うことが出来るボールペンなので、ぜひ使ってみてください。

芯の出し方ノック式芯の太さ0.7mm
10

PILOT

ドクターグリップ Gスペック

価格:441円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

グリップが特徴的な定番ボールペン

大人から子供まで数多くの人が愛用している定番ボールペンとなります。ソフトグリップが最大の特徴であり、かなり握りやすくなっているため、ストレスなく書き続けることが出来ます。また、シリコンラバーで滑りにくくなっている点も評価出来ます。

 

さらに、ウエイトバランスに関しても上手く計算されて作られているので、不快感なく長時間使用が可能になっています。定番かつ完成度の高いボールペンとなっているので、ぜひ使ってみることをおすすめします。

芯の出し方ノック式芯の太さ0.7mm

油性ボールペンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:48927の画像

    三菱鉛筆

  • 2
    アイテムID:48928の画像

    パイロットコーポレーション

  • 3
    アイテムID:48929の画像

    三菱鉛筆

  • 4
    アイテムID:48930の画像

    ゼブラ

  • 5
    アイテムID:48932の画像

    ぺんてる

  • 6
    アイテムID:48933の画像

    MONTBLANC

  • 7
    アイテムID:48934の画像

    PARKER

  • 8
    アイテムID:48935の画像

    LAMY

  • 9
    アイテムID:48936の画像

    三菱鉛筆

  • 10
    アイテムID:48937の画像

    PILOT

  • 商品名
  • ジェットストリームプライム
  • アクロボール150
  • ジェットストリーム
  • ボールペン F-701
  • ビクーニャエックス
  • スターウォーカー
  • ラックブラックGT
  • L401
  • パワータンク
  • ドクターグリップ Gスペック
  • 特徴
  • 書きやすいジェットストリーム
  • 手に馴染みやすいボールペン
  • 性能が高く価格もリーズナブル
  • 海外限定モデルのゼブラボールペン
  • 書き心地抜群のボールペン
  • ドイツの定番ボールペン
  • シックなボールペン
  • ドイツのロングセラーボールペン
  • 圧縮空気式のボールペン
  • グリップが特徴的な定番ボールペン
  • 価格
  • 1306円(税込)
  • 1074円(税込)
  • 98円(税込)
  • 756円(税込)
  • 83円(税込)
  • 41400円(税込)
  • 1800円(税込)
  • 6000円(税込)
  • 140円(税込)
  • 441円(税込)
  • 芯の出し方
  • ノック式
  • ノック式
  • ノック式
  • ノック式
  • ノック式
  • ツイスト式
  • ノック式
  • キャップ式
  • ノック式
  • ノック式
  • 芯の太さ
  • 0.7mm
  • 0.7mm
  • 0.7mm
  • 0.7mm
  • 0.7mm
  • 0.8mm
  • 0.5mm
  • 0.7mm
  • 0.7mm

場面ごとに使い分けるようにする

ボールペンには、ぞれぞれ違った特徴があります。そのため、購入する前には必ずどんな特徴があるのかを確認することが重要になっているのです。そして、購入した後も使い心地を確認しながら、他のボールペンに目を向けるようにしましょう。

 

また、油性なので、服などに付いた場合はエタノールや除光液で汚れを落とせることを覚えておきましょう。ボールペンは、1つだけにこだわらず使い分けることが重要です。今回紹介した商品以外のボールペンも含めて、自分に合うものを探し続けることをおすすめします。

まとめ

油性ボールペンの選び方とおすすめ人気商品を紹介しました。ボールペンは、今も昔も日々の生活で欠かせない道具として使われているものです。そして、それぞれ違った特徴を持っているため、なるべく多くのボールペンを試してみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ