記事ID2427のサムネイル画像

【招待状や漫画も】初心者におすすめの書きやすい筆ペン人気商品10選

筆ペンできれいな文字を書きたい人は多いのではないでしょうか。書きやすい筆ペンなら、初心者の方でも可能です。この記事では、書きやすい筆ペンのおすすめの選び方を紹介します。そして、写経用、結婚招待状向け、漫画用などおすすめの書きやすい筆ペンを紹介します。

日本人なら使いこなしたい筆ペン

筆で文字を書く機会は、めっきり少なくなってしまいました。それでも、ご祝儀の袋や香典袋に自分の名前を筆ペンで書く機会はたまに経験するものです。こんなとき、日本人ならきれいな字を書きたいものですよね。

 

きれいな字を書くためには、自分に合った筆ペンを選ぶことが重要です。初心者と書道経験者では書きやすさのポイントが違う、といったことがあるからです。そのため、どんな筆ペンがあり、どのように選んだらよいのか、などをこの記事では紹介します。

書きやすい筆ペンの選び方

書きやすい筆ペンを選ぶための主なポイントは、筆先のタイプ、インクの種類、太さです。書く紙や、招待状や漫画・イラストなど使う用途も考えて選ぶと、さらに自分にぴったりの筆ペンがみつかります。

筆先のタイプで選ぶ

筆ペンの筆先(穂先)は大きく分けると「硬筆」「軟筆」「毛筆」の3つです。特徴を知って使いやすいタイプを選びましょう。

サインペン感覚で使える「硬筆」

一般的に、初心者に最もおすすめなのは、サインペン感覚で使える「硬筆」の筆ペンです。筆圧で太さを調整する筆ペンの使い方に慣れていなくても、書きやすいのが特徴です。

 

筆先が硬いので、トメやハライも簡単。そのため「筆ペンを使うと字がヘタになる」「香典袋やご祝儀袋がみっともなくなってしまう」といった悩みを持つ人にもおすすめです。

 

しかし、サインペンに近い分、筆圧によって太さを調整するなどができないのがデメリットです。このため、中・上級者からすると、やや物足りなさを感じる場合もあります。

中・上級者が書きやすい「軟筆」

軟筆の筆ペンは、硬筆と毛筆の間のコシの強さを持った筆ペンです。硬筆よりは筆に近い使い方ができ、筆圧を変えると文字を太くしたり補足したりできます。筆ペンの使い方に慣れている中・上級者は、このタイプのほうが書きやすいと感じるようです。

 

もちろん、メーカーによって「軟」の度合は違います。ある筆ペンは硬筆に近いものであったり、また他の筆ペンは毛筆に近いなどです。好みの硬さを選びましょう。

 

現在は筆の材質の開発が進み、毛筆で従来の軟筆のジャンルもカバーされるようになってきました。徐々に数が少なってきているタイプといえるでしょう。

書道経験者が書きやすい「毛筆」

書道経験者が書きやすい筆ペンは「毛筆」です。書道で使う筆に似せているため、筆先が柔らかくて、コシもあまりありません。

 

使いこなすには練習が必要なので、年に1回程度しか筆ペンを使わない人が、この毛筆を選ぶと、とても字がヘタに見えてしまいます。フォーマルなシーンで文字を書く場合には、選ばない方が無難です。

 

しかし、最近では、筆ペンは文字を書くだけでなく、イラストや水彩画を描くために使うこともあります。絵筆と同じ感覚で書くなら、毛筆は書きやすいこともあるのです。

インクで選ぶ

筆ペンのインクの種類は「染料インク」と「顔料インク」の2つです。どちらが書きやすいということはなく、使い方で選ぶのがポイントになります。

染料インク

初心者でも文字をきれいに書きたいなら、染料インクの筆ペンがおすすめです。発色がよいうえ、伸びもよいのでススッと書きやすいのが特徴といえます。

 

ただ、にじみやすい特徴があるので、ゆっくり筆を動かすタイプの人の場合、やや使いにくいと感じることも。イラストなどにも向かないといわれています。

顔料インク

顔料インクは速乾性が高いところがメリットです。つまり、染料インクのようににじみやすい欠点がありません。インク量が多めの毛筆タイプの筆ペンでも、にじみにくく書きやすい面があります。イラストや漫画での重ね塗りなどにも、顔料インクを選ぶ人もいます。

太さで選ぶ

筆ペンの太さの種類は主に「細字」「中字」「太字」です。メーカーによっては「極細」などを販売しています。また、2種類の太さを使えるタイプの筆ペンも売られています。

 

書きやすい筆ペンを選ぶポイントは、使う用途に合ったタイプを選ぶということに尽きます。ご祝儀袋、画材、ハガキなど、文字や絵を書いたところをイメージして太さを選びましょう。スペースが小さいほど、細字のほうが書きやすくなります。

結婚式の招待状が書きやすいものを選ぶ

結婚式の招待状は大量に書かなければならないうえ、文字の美しさが気になりますよね。お世話になった人たちや、会社の上司などへの招待状を筆ペンで書くときは、プレッシャーを感じる人も多いようです。

 

普段筆ペンを使っていない初心者におすすめの筆ペンは、硬筆タイプです。サインペンに近い感覚で書けるので失敗が少なく、見た目もきれいになりやすいからです。

 

毛筆タイプは、初心者が慎重に筆を動かせば動かすほど、プルプルと震えたり、にじみが出てしまいます。大量に書くとかなりの時間がかかってしまうため、硬筆タイプでスピーディに準備を進めましょう。

書く紙に合わせて選ぶ

書きやすさい筆ペンを選ぶ上でチェックしておきたいのは、どのような紙に書くか、ということです。吸水性が高く、にじみにくいハガキなどに向いているのは染料インクです。墨汁に近い伸びの良さや発色があります。

 

半紙などの薄い紙に書くときには、一般的には、顔料インクがおすすめです。インクが多めに出てしまったときも、にじみにくいからです。そのため、写経用として販売されている筆ペンの多くは顔料インクが採用されています。

 

コンビニや百均、小さな文房具店にある筆ペンの多くは染料インクです。そのため、深く考えずに、手にとってしまいやすいといえます。しかし、結婚式のゲストが書く記帳では、実は書きやすいのは顔料インクです。書く紙が何なのかを考えて選びましょう。

漫画・イラストの書きやすさで選ぶ

画風があるので、もちろん一概にはいえませんが、漫画・イラストに書きやすい筆ペンは毛筆といわれています。強弱をつけやすいですし、ベタ塗りなども可能です。

 

また、筆ペンのなかには多色筆ペンもあります。この多色筆ペンは、染料インクが多く、他の色と混ぜて、水彩画のように書けるのも特徴です。カラーバリエーションも十分で、20色ほどをラインナップしているメーカーもあります。

 

独自の画風で人気の「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズの荒木飛呂彦先生が使っているのは、ぺんてる筆ではないかとみられています。荒木先生は、インクの使用量が多い時は5~6本を短時間でローテンションしながら使っています。

書きやすい筆ペンのおすすめ人気商品

1

呉竹

万年毛筆 卓上 8号 DP150-8B

価格:464円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

適度なしなやかさ

毛筆はむずかしい、と思っている人におすすめしたいのが、呉竹の万年毛筆 卓上 8号 DP150-8Bです。適度なしなやかさがあるので、まったくの初心者でなければ、文字のメリハリがつけやすいのが特徴です。

 

カートリッジだけ交換することも可能です。筆ペンの場合、10本セットなどで販売されているケースも多いですが、ちょっともったいないと感じている人も多いのではないでしょうか。エコな筆ペンを探している人にもおすすめです。

 

 

筆先のタイプ硬筆太さ細字
インク顔料インク
2

ぺんてる

ぺんてる筆 つみ穂 XFL2U

価格:180円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1976年からのロングセラー

筆ペンといえばぺんてる筆、というイメージの人はとても多いです。文房具店やコンビニ、ドラックストアに置いてあることも多いですよね。1976年からのロングセラーというから驚きです。

 

人気の秘密は、もちろん、書きやすい筆ペンであること。「ナイロンテーパー加工」というナイロン繊維の1本1本の先を細くしていくというペンテル独自技術により、割れにくくまとまりの良い穂先を実現しました。

 

染料インクなので、インクジェットプリンターのインクと同じで、違和感が出にくいです。今年の年賀状は、筆ペンで一言コメントを書くなどしてはどうでしょうか。

筆先のタイプ毛筆太さ中字
インク染料インク
3

呉竹

くれ竹美文字 完美王 極細 XO50F-10S

価格:335円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

書簡や宛名書きが書きやすい

呉竹のくれ竹美文字 完美王 極細 XO50F-10Sは、書簡や宛名書きが書きやすい、極細の筆先が特徴です。

 

極細だと気になりがちなのが、かすれです。しかし、呉竹は従来のカートリッジ製の弱点である、インク供給のムラを解消。常に、適量のインクが筆先に含まれているようにできました。

 

インクのボタ落ち、泡の破裂やインクのかすれがないので、失敗による書き直しも劇的に減るでしょう。

筆先のタイプ毛筆太さ極細
インク顔料インク
4

あかしや

新毛筆 SA-300

価格:1,275円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

竹のような見た目が魅力

あかしやの新毛筆 SA-300は、本物の筆のような竹のような見た目が魅力的です。それもそのはず、あかしやは「奈良・筆匠 あかしや」として約380年の伝統があり、伝統を継承する筆、書道具専門メーカーとしても有名なのです。

 

口コミによると、京都の写経体験ツアーでこの筆ペンを使ったなどの話もありました。書きやすい筆ペンで、なおかつ本物の気分も味わいたいといった人におすすめです。

 

年賀状の住所書きに換算すると200枚程度書け、1本当たり300円以下というコスパの高さも人気の筆ペンです。(上の価格は5本分です。)

筆先のタイプ毛筆太さ中字
インク染料インク
5

ぺんてる

ぺんてる筆 携帯用 きらり XGFKPP-A

価格:673円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

携帯用の筆ペン

ぺんてるのぺんてる筆 携帯用 きらり XGFKPP-Aは、携帯用に特化した商品。軸径12mm×奥行17mm×長さ136mm/10gとコンパクトです。

 

もちろん、ぺんてる筆シリーズの「ナイロンテーパー加工」が採用されているので、フェルトペンなどでは出せない、筆ペンならではの味わい深い文字が書けます。

 

ただ、毛筆のタイプは柔らかい部類に入ります。このあたりは、筆ペンを携帯するほど使う頻度の高い、中・上級者に合わせているようです。逆に、中・上級者は書きやすいと感じるようです。

筆先のタイプ毛筆太さ中字
インク染料インク
6

呉竹

筆ごこち 黒セリース LS1-10S

価格:140円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サインペンタイプなら一押し

呉竹の筆ごこち 黒セリース LS1-10Sはサインペン感覚で使える、書きやすい筆ペンです。弾力のある芯先となめらかさを実現しており、筆ペンが苦手な初心者でも安心してつかえます。

 

慣れてくると強弱も付けられるようになります。硬筆としてはレンジの広い、約0.5~2.0mmがこれ1本で書けるのが特徴です。初心者から中級者にステップアップする時期におすすめしたい、書きやすい筆ペンといえます。

筆先のタイプ軟筆太さ中字
インク染料インク
7

パイロット

新毛筆 中字 S50FDMB

価格:368円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コシがあり、まとまりやすい穂先

パイロットの新毛筆 中字 S50FDMBは、本格的な毛筆でありながら、コシがあり、まとまりやすい穂先によって書きやすいと人気の商品です。毛筆デビューの人は、本商品を購入してみてはどうでしょうか。

筆先のタイプ毛筆太さ中字
インク染料インク
8

呉竹

くれ竹万年毛筆 写経用 85号 DP150-85B

価格:604円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

写経にぴったり

写経にチャレンジしたい人におすすめな、書きやすい筆ペンが呉竹のくれ竹万年毛筆 写経用 85号 DP150-85Bです。この筆ペンの特徴は、本格毛筆でありながら、細書きの書き心地の良さを追求しているところです。

 

ポリエステル製の繊維を集めて作られた毛筆タイプは、適度なコシがあり、強弱が付けやすいのがメリットです。画数が多い文字も、美しく書けることでしょう。

筆先のタイプ毛筆太さ中字
インク顔料インク
9

ぺんてる

ぺんてる筆 XFL2L

価格:275円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大きくて太い文字を書ける

年賀状などに、大きくて太い文字でインパクトのあるメッセージを書きたいときなどがありますよね。そんなときにおすすめなのが、ぺんてるのぺんてる筆 XFL2Lです。

 

自然に持つだけで、適度な圧力がかかり、かすれることなく大きくて太い文字を書けるだけのインクが穂先に供給されます。

 

口コミによると、神主からお札の記入用としてすすめられたのが本商品だったとのことです。かなり本物に近い書き心地ができるので、「本業」の人からもおすすめの、書きやすい筆ペンのようです。

筆先のタイプ毛筆太さ中字
インク染料インク
10

パイロット

筆まかせ極細 黒 SVFM-20EF-B

価格:1,992円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

まとめ買いにおすすめ

パイロットの筆まかせ極細 黒 SVFM-20EF-Bの10本セットです。筆ペンを使う頻度が多く、すぐに使い切ってしまう人におすすめのセットです。カートリッジ製はエコなのはいいですが、やはり、使い切りタイプは楽ちんですよね。

筆先のタイプ硬筆太さ極細
インク染料インク

書きやすい筆ペンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:46089の画像

    呉竹

  • 2
    アイテムID:46080の画像

    ぺんてる

  • 3
    アイテムID:46065の画像

    呉竹

  • 4
    アイテムID:46082の画像

    あかしや

  • 5
    アイテムID:46086の画像

    ぺんてる

  • 6
    アイテムID:46046の画像

    呉竹

  • 7
    アイテムID:46078の画像

    パイロット

  • 8
    アイテムID:46090の画像

    呉竹

  • 9
    アイテムID:46070の画像

    ぺんてる

  • 10
    アイテムID:46050の画像

    パイロット

  • 商品名
  • 万年毛筆 卓上 8号 DP150-8B
  • ぺんてる筆 つみ穂 XFL2U
  • くれ竹美文字 完美王 極細 XO50F-10S
  • 新毛筆 SA-300
  • ぺんてる筆 携帯用 きらり XGFKPP-A
  • 筆ごこち 黒セリース LS1-10S
  • 新毛筆 中字 S50FDMB
  • くれ竹万年毛筆 写経用 85号 DP150-85B
  • ぺんてる筆 XFL2L
  • 筆まかせ極細 黒 SVFM-20EF-B
  • 特徴
  • 適度なしなやかさ
  • 1976年からのロングセラー
  • 書簡や宛名書きが書きやすい
  • 竹のような見た目が魅力
  • 携帯用の筆ペン
  • サインペンタイプなら一押し
  • コシがあり、まとまりやすい穂先
  • 写経にぴったり
  • 大きくて太い文字を書ける
  • まとめ買いにおすすめ
  • 価格
  • 464円(税込)
  • 180円(税込)
  • 335円(税込)
  • 1275円(税込)
  • 673円(税込)
  • 140円(税込)
  • 368円(税込)
  • 604円(税込)
  • 275円(税込)
  • 1992円(税込)
  • 筆先のタイプ
  • 硬筆
  • 毛筆
  • 毛筆
  • 毛筆
  • 毛筆
  • 軟筆
  • 毛筆
  • 毛筆
  • 毛筆
  • 硬筆
  • 太さ
  • 細字
  • 中字
  • 極細
  • 中字
  • 中字
  • 中字
  • 中字
  • 中字
  • 中字
  • 極細
  • インク
  • 顔料インク
  • 染料インク
  • 顔料インク
  • 染料インク
  • 染料インク
  • 染料インク
  • 染料インク
  • 顔料インク
  • 染料インク
  • 染料インク

筆ペンを使いこなすコツ

お気に入りの筆ペンを購入したら、さあ書くぞ、と思いますよね。でも、その前に筆ペンを使いこなすコツを知っておきましょう。まずは、持ち方です。筆ペンの理想的な持ち方はお箸と同じといわれています。違いは、穂先から3~4センチのところを持つところです。

 

このとき、手に卵を持っているかのようにイメージして、ふんわりとスペースを空けておくと、適度に力が抜けて、柔軟に筆が動く様になります。鉛筆より軸を立てるのがポイントです。ただし、前に倒し過ぎる人が多いので注意します。

 

この筆を立てる方法は「単鉤法(たんこうほう)」と呼ばれています。興味がある人は調べてみてはどうでしょうか。筆ペンなら「単鉤法」、というのが専門家たちの共通意見です。始めはやりにくいかもしれませんが、練習するほど徐々に慣れてきます。筆ペンを上手に使いましょう。

まとめ

書きやすい筆ペンを選ぶポイントは、毛筆・硬筆・軟筆のタイプを使い分けること、インクの種類、太さなどです。書きやすさの基準は人によって違うので、自分にあった筆ペンを選びましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ