記事ID2469のサムネイル画像

【臭わないものからリビング用まで】ゴミ箱の人気おすすめ商品9選

家庭に必ず1つ以上はあるゴミ箱。特にリビングとキッチンには必ずと言ってもいいほど置いてあるでしょう。普段生活している場所なのでデザインやたまに臭ってくる臭いには気を配りたいところ。今回は臭わない商品、キッチン用、リビング用に分けておすすめのゴミ箱を紹介していきます。

ゴミ箱1つで生活の快適さが変わる

ゴミ箱を机や冷蔵庫などのような部屋を構成する家具家電と別に考えている人もいるのではないのでしょうか。ゴミ箱も立派な家具家電だという考えに改めることから始めましょう。ゴミ箱1つで生活の快適さがガラリと変わってしまうものです。

 

今回は、生活の中心となり得るリビングとキッチン向けのものに加えて、臭わないゴミ箱の3点からおすすめ商品の紹介と選ぶ際のポイントをまとめて紹介していきます。

人気ゴミ箱の選び方

ゴミ箱にも様々なものがあり、1つ1つにそれぞれ特徴があります。今回はより家庭での使用に向いたゴミ箱を選ぶためのポイントを紹介していきます。

置く場所で選ぶ

家庭内でどこにゴミ箱を置くかをまずは決めましょう。それによって、どんなゴミ箱にするかが変わってきます。

リビングに置く

リビングに置くゴミ箱に必要な要素としては、まずはインテリアとして活躍できるデザイン性です。おすすめの素材は木です。自然派の木はどんなリビングにもしっかり馴染んでくれます。次にゴミが表面的に見えないようにするということです。

 

人の目につきやすいリビングでゴミが見えてしまうと清潔感を損なってしまいます。蓋つきか入れ口の高さが高いものを選ぶといいでしょう。それと同じように大きすぎないものが適しています。大きすぎるとゴミ箱なのに存在感が出てしまいます。

 

最も重要なのが臭わないということです。特に臭い漏れはないようにしましょう。これも蓋つきのものがおすすめです。これらの点を抑えたものがリビングに向いているゴミ箱と言えるでしょう。

キッチンに置く

リビング用に比べて、捨てるものそして臭いがきついキッチンのゴミ箱はデザイン性よりも性能を重視して選ぶといいでしょう。大きさは大きい方が重宝します。30L後半くらいは容量として欲しいところです。リビング同様ゴミの表面可視は厳禁です。

 

特に清潔感が求められるキッチンではゴミが見えるなんてありえません。そして手が塞がっていても捨てやすい利便性です。蓋の開け方と言ってもいいでしょう。どうしての食材などを扱うキッチンでは手を使ってゴミ箱を開けるのは衛生的ではありません。

 

リビング同様最も大事なのは臭わないということです。臭い漏れがない蓋つきのものを選び必要があります。これらの点を踏まえたものがキッチン向けのゴミ箱となります。

ゴミ箱のタイプで選ぶ

ゴミ箱のタイプには4つ存在します。それぞれに特徴があります。

ペダル式

足でペダルを踏んで開けるタイプです。両手が塞がっていても簡単に開けることができます。キッチンでは手でゴミ箱を直接触ることをしなくていいので非常に衛生的です。リビングでも何かのついでに簡単に捨てることができるのでリビングでも使えます。

 

開けた瞬間の臭い漏れは多少ありますが、一瞬なので充満することはありません。性能的に見ればキッチン向けの要素を多く満たしているゴミ箱のタイプと言えるでしょう。

プッシュ式

手でボタンを押して開けるタイプです。スムーズな開閉ができます。キッチン目線からいくと手を使って開ける時点で衛生面で少し劣ります。リビングで簡単かつスムーズなゴミ捨てができるのは大きな魅力です。

 

気になる臭いは閉めているときは漏れませんが、開けたときはペダル式同様一瞬臭います。素早いずっと開けておかなければ充満することはありません。このタイプはリビング向きのゴミ箱の特徴に合致していると言えるでしょう。

手動式

自分の手で蓋を開けるタイプです。壊れにくく頑丈な印象です。同じように手を使って開けキッチン向けとして少し劣るように感じますが、防臭機能が高いものが多く、手動ロックや内バケツ付きなど防臭で考えるとキッチンに向いているとも言えます。

 

キッチン、リビング同様に捨てるまでの手間がかかってしまうことはマイナスポイントです。倒れにくく頑丈なところはいいですが、手間という点を考えるとキッチンリビングともに向いていません。

センサー式

手をセンサーにかざすだけで開くタイプです。ゴミ箱自体に触れる必要が全くないので非常に衛生的です。衛生的に見ればキッチンリビングともに使えそうです。さらにデザインもクールで近代的なものが多く条件を満たしているものが多いです。

 

しかし、センサーで開閉をするため空いている時間が長く中の臭いが逃げ出しやすくなっています。気づいたら生ゴミの臭いが充満しているなんてこともあるかもしれません。防臭の面で他に劣ります。またこの中で最も高価なタイプとなります。

 

臭いの少ないゴミが多いリビングでの使用は向いているように思えますが、キッチンでの使用はどうしても臭いが気になるという人にはおすすめできません。

性能で選ぶ

ゴミ箱には大きさや容量など様々な性能の違いがあります。主に重要なところを紹介していきます。

容量・サイズで選ぶ

リビングに最適なゴミ箱は上述したようにあまり大きすぎないほうがいいです。大きいと目立ちます。ゴミ箱は目立たないほうがいい脇役の家具と考えましょう。そもそもゴミ箱のゴミは溜めずにこまめに処理することが大事ですのでそこまでの大きさは入りません。

 

一方でキッチンはリビングよりもゴミの量そして大きさ的にも勝るものがあるので比較的大きめなゴミ箱を選ぶといいでしょう。家族の多さなどにもよりますが、基本的にはリビングの容量は10~20L程度で十分でしょう。キッチンは35~45Lほどあれば十分と言えます。

分別できるタイプかで選ぶ

分別できかはゴミをまとめて出すときに非常に便利です。写真のように1つで複数役のゴミ箱として機能してくれるマルチなゴミ箱があります。省スペースやいちいち考えて捨てなくていいという利点がありますが、どうしても容量が少なくなってしまいます。

 

捨てたい分だけゴミ箱を設置するのもいいでしょう。場所をとりますが、容量が多くなんども捨てに行く必要がありません。これは完全に好みの分野になってきます。自分にあった分別方法のものを選びましょう。

防臭性能

臭わないゴミ箱というのはみなさんが求めるゴミ箱の条件の1つでしょう。臭わないと言っても臭い漏れ、臭い逃げ、臭いの染み付きの3点から考えなければなりません。まず臭い漏れは匂いが外に漏れてしまうことです。

 

写真のようなパッキンがついているものや内バケツがついているものは完全に密閉状態を作り出すので臭い漏れの心配がありません。臭い逃げは開封時に溜まっていた匂いが外に逃げていくことです。これは臭いを元から立たないといけません。

 

そこでゴミ箱には消臭剤を設置できるものもあります。そう言ったものを選ぶと開けた時の嫌な臭いは軽減されます。最後はゴミ箱に匂いが染み付いてしまうことです。これはゴミ箱の素材で変わります。おすすめはステンレス製のものを選ぶということです。

デザインで選ぶ

特にリビングに置くゴミ箱に関してはインテリアの一部として考えなければならないので、デザインは重視するべきところでしょう。

どんな部屋にも合う木製ゴミ箱

木製のゴミ箱は基本的にシンプルでどんな部屋にも合うデザインがなされています。部屋の外観を壊さない温かみのあるデザインはリビングに適したデザインと言えるでしょう。しかし、ほとんどの木製ゴミ箱には蓋がないのでそこだけ気をつけるポイントとなります。

置く場所のメインカラーに合わせる

キッチンであれば白を基調としたキッチンが多数だと思うので、白で統一感を出すためにゴミ箱も白色にした方が良いでしょう。このように生活感の出やすいゴミ箱はなるべく自然に目立たないようなデザインのものを選ぶと良いでしょう。

あえて味のあるデザインを

特にリビングなどで活躍してくれる奇抜な色や形をしたゴミ箱をえて選ぶのも良いでしょう。ファッションでも差し色を入れるように、シンプルな部屋にあえてゴミ箱に差し色を取り入れてみるのも一味違った雰囲気を出すことができます

 

インテリアとして存在感が少ないからこそ、勝負に出たデザインを取り入れることができ流のです。部屋に味気がないと思っているのであれば、ゴミ箱で雰囲気を変えてみるのは以下かでしょうか。

リビング向けゴミ箱の人気商品3選

1

ideaco (イデアコ)

ゴミ箱 チューブラー ハイグランデ

価格:4,448円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルでスタイリッシュなデザイン

デザイン的にもシンプルかつスタイリッシュでインテリアとしても遜色ありません。蓋なしですが、カバーが高めなので表面的にゴミが見えることもなく清潔感を保つことができます。ゴミ箱の存在感を消しつつも部屋のイメージを壊すことがありません。

 

蓋なしなので臭いが漏れてしまうので臭いのきついゴミを捨ててしまうと臭いも恋jかいとおなじ原因となるので捨てるものはしっかりと考えましょう。

タイプ蓋なしタイプ容量11.5L
サイズ(幅/奥/高)35/16.5/32cm素材プラスチック
2

Bisozer

木製ごみ箱

価格:3,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

温かみのある木製

木の温かみのあるデザインはどんなリビングでもしっかりと馴染んでくれます。開口部も広く楽にゴミを捨てることができます。蓋なしということもあり、臭いがきついものを捨てると臭いが漏れてしまうのでそこだけ気をつけましょう。

タイプ蓋なしタイプ容量9L
サイズ(幅/奥/高)-/-/30cm素材木製
3

コンポジット

木製ごみ箱

価格:3,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

正方形でフィット感ある設計

蓋なしのので捨てやすくなっています。木製特有のどんな部屋でも馴染みやすい温かみがあります。蓋なしですが、高さゆえにゴミが表面的に見えることがありません。また正方形で配置しやすく、しっくりと隙間に入ることができます。

 

何度も言いますが、蓋なしなのでデザイン製は高くても強烈な臭いのゴミには対応していません。

タイプ蓋なしタイプ容量12L
サイズ(幅/奥/高)22/22/33cm素材木製

おすすめ商品をもっと見たい方はこちらの記事も合わせて読んでみてください。

キッチン向けゴミ箱の人気商品3選

1

アスベル

ペダルペール45SD 「エバン」

価格:1,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安くてこの性能

蓋でしっかり臭い漏れを防止してくれる大容量のキッチン向けのゴミ箱です。ペダル式なのでキッチンでは手を使わずぬゴミを処理することができ、非常に衛生的です。縦長スタイルは省スペースで大きいと言えどしっかり隙間にフィットしてくれるでしょう。

 

しかし、プラスチック製なので中に臭いがシミ付きやすいのでこまめな洗浄が必要になってきますが、それ以外はお手頃ということも踏まえて理想的なキッチンのゴミ箱と言えるでしょう。

タイプペダル式容量45L
サイズ(幅/奥/高)28/43/58cm素材プラスチック
2

コンポジット

センサー全自動開閉式ステンレスごみ箱

価格:6,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高価だが確かな性能

センサー式で触れずに開閉ができる最も衛生的なキッチン向けのゴミ箱です。容量も42Lと十分量であり、サイズも縦長で省スペースになっています。また素材にはステンレスが使われており、臭いの漏れはもちろんのこと、中に臭いが染み付くこともありません。

 

開閉の際に素早い開け閉めができないので、臭いが逃げやすくなってしまいます。また汚れても精密機器なので水洗いができなくなっているので手入れが大変です。そしてゴミ箱としては高価な部類になっています。

タイプセンサー式容量42L
サイズ(幅/奥/高)33/25/74cm素材ステンレス
3

アスベル

資源ゴミ横型3分別ワゴン

価格:4,161円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

分別できる機能的なゴミ箱

プッシュ式なのでキッチン向けの中では衛生的にはいまいちと言えます。しかし、他とは違った分別がしやすいという利点があり。様々なゴミが出るキッチンでは重宝するでしょう。20Lのものが3つ搭載されており容量も十分です。

 

キャスター付きで移動もしやすく非常に機能的な一面もあります。蓋からも臭いが漏れにくくなっていますが、プラスチックということもあって中に臭いがシミ付きやすくなっています。こまめな手入れを心がけましょう。

タイププッシュ式容量20L×3
サイズ(幅/奥/高)53.3/34/54cm素材プラスチック

おすすめ商品をもっと見たい方はこちらの記事も合わせて読んでみてください。

臭わないゴミ箱の人気商品3選

1

天馬(Tenma)

防臭ごみ箱

価格:1,983円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

まるで防臭要塞

ゴミ捨てや手入れが簡単な中バケツがついており、本体と中バケツの二重構造で完全防臭を行います。またパッキンによってさらに密閉性を向上させ、どうあがいても臭いが漏れない設計になっています。

 

さらに開封時の臭いを軽減するため、蓋の部分に消臭剤をセットする仕様になっており開けた時の嫌な匂いを軽減してくれます。防臭対策官お駅なのに、低価格のコスパ最強の防臭ゴミ箱となっています。

タイプペダル式容量15L
サイズ(幅/奥/高)24/35/40cm素材プラスチック
2

アスベル

密閉プッシュペール

価格:1,239円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Wパッキンがつくる完全密閉状態

中バケツと本体の二重構造とWパッキンで完全に密閉状態を作り臭いの漏れを徹底的に防止します。しかし防臭剤の設置場所はないので開封時に嫌な臭いは発生してしまいます。臭い始める前の処理が必要になりますが、外に臭いが漏れることは全くありません。

タイププッシュ式容量20L
サイズ(幅/奥/高)23/31.5/42cm素材プラスチック
3

リス

ゴミ箱

価格:1,436円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量で高防臭性能

パッキンと手動ロックで確実にそして完璧に密閉を作り出す臭いのしないゴミ箱です。手動だから確実で安心です。内側からの臭いは全く気になりません。開けた時の溜まった匂いには対応していません。完全防臭というわけではありません。

タイプ手動式容量33L
サイズ(幅/奥/高)31.9/44.4/52.2cm素材プラスチック

おすすめ商品をもっと見たい方はこちらの記事も合わせて読んでみてください。

ゴミ箱の手入れ方法と自家製防臭剤の作り方

ゴミ箱はゴミを入れるものなので汚れたり、臭いが染み付いたりするものです。こまめな手入れをしてあげることで清潔感を保つことができますし、臭い軽減にもつながります。

ゴミ箱の掃除の仕方

ゴミ箱の主な掃除場所といえば内側の汚れや臭いの除去でしょう。それに最も効果的なのがキッチンハイターなのです。順に掃除の仕方を説明していきます。まず大きさにもよりますが、ゴミ箱に50~100mLのキッチンハイターを入れます。

 

そして水を箱一杯入れて蓋なども一緒に入れて、30分間つけ置きをします。その間に外側についたホコリ等の汚れをウタマロクリーナーなどで落としておくといいでしょう。そして30分後には内側の頑固な汚れや臭いは消えているはずです。

 

手作り消臭剤を作ろう

初めから消臭剤を設置する機能のついているゴミ箱もありますが、それがないゴミ箱は毎度蓋を開けた時に発せられる嫌な臭いに悩まされなければならないのかという悩みに応えるべく、今回はどんなゴミ箱にも使える手作り消臭剤の作り方を紹介します。

 

まず重曹を準備してください。重曹を紅茶パックのような包むタイプのパックやティッシュなどに包むでも構いません。とにかく重曹を適量包んであげてください。そしてゴミ箱の底に入れてあげるだけで、簡易的な消臭剤を作ることができます。

 

開けた時の嫌な臭いを少しでも軽減することができます。リビング用に置いてある蓋なしのゴミ箱や中に消臭効果がないキッチン用のゴミ箱などにおすすめです。

まとめ

今回はリビング向けキッチン向けと臭いのしないゴミ箱という3つの観点からおすすめのゴミ箱を紹介しました。それぞれで特徴や見るべき観点が変わってくるので、しっかり抑えてベストなチョイスをしましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ