記事ID2472のサムネイル画像

【包丁にも優しいからおすすめ】大人気の木製のまな板の商品10選

木製のまな板と言っても木材の違いなど多くの種類が販売されています。また木製のまな板はしっかりと手入れすることで長く愛用することも可能で、包丁の切れ味が落ちにくいなどメリットもたくさんあります。今回は木製のまな板のおすすめの種類や選び方を紹介します。

他の素材にはない木製のまな板のメリット

まな板には木製の他にも樹脂やプラスチックなども素材として使用されていますが、木製には他の素材にはないメリットが多くあります。木製の大きなメリットは包丁に優しいという点です。適度にまな板に包丁が刺さるため包丁が傷つきにくいです。

 

他にも木製のまな板は重量があるため安定感があります。そのため食材を切っていても滑って危険を感じることも少ないです。また食材を切った際の「トントントン」というリズミカルで心地良い音も木製のまな板ならではです。

 

木材の種類によって香りを楽しむことができる点も木製まな板の大きなメリットの1つです。手入れが少し面倒というデメリットもありますが長くまな板を愛用したいという方や包丁に優しいまな板を希望する場合は木製のまな板をぜひ選ぶようにしましょう。

木製のまな板の選び方

木製のまな板は古くからある調理グッズのため現在でも多くの種類がたくさんのメーカーから販売されています。自分が使用する環境に合った製品から選ぶことが重要です。

木材の種類から選ぶ

木製のまな板といっても木材の種類は多岐に渡ります。それぞれにメリットやデメリットがあるので自分の好みの木材の種類から選ぶようにしましょう。

桐(きり)から選ぶ

木製のまな板は総じて重量がある商品が多いですが桐を素材に使用したまな板は非常に軽量なことが特徴の1つです。弾力性も高く抗菌作用もあるため包丁に優しく衛生的に使用がしやすいという理由からも人気が高いです。

 

水ハケも良く速乾性も高いので手入れも楽に行えます。また軽量なのでまな板から直接食材を流し込む作業なども手軽に行えるのが魅力。ただし軽すぎるため安定性に欠けやすいので硬い食材や重い食材を切る際は注意が必要です。

銀杏(いちょう)から選ぶ

銀杏は油分を多く含んでいる素材で水ハケが良いのが特徴の1つです。速乾性もありニオイや汚れが付着しにくいため古くからまな板の素材として人気になっています。弾力性も高く包丁に優しいという点からも現在でも高い人気を得ています。

 

ただし抗菌成分などは含まれていないためメンテナンスをしっかりと行う必要があります。また手入れを怠ると簡単に反ったり歪んでしまう事も多いのがデメリットです。銀杏のまな板を使用する際は厚みがある製品を購入すると反りや歪みに強いので少しは安心です。

青森ひばから選ぶ

青森ひばは耐水、抗菌だけではなく消臭機能が高い「ヒノキチオール」というオイル成分を多く含んでいるのでまな板の素材として非常に最適な素材の1つです。抗菌や消臭機能が強いので使用後も簡単に洗って乾燥させるだけで手入れが完了します。

 

樹齢200年以上の木材のみ伐採が可能となっているので木材として希少価値が非常に高いため、値段もそれなりに高くなってしまうのがデメリットです。見た目も美しく黒ズミも起こりにくいため非常に人気のある木材の1つです。

檜(ひのき)から選ぶ

木製のまな板の素材としては王道であり定番の木材が檜です。耐水性もあり防虫、抗菌効果もあるため手入れも簡単に行えます。また価格も他の木材と比較しても安価な製品が多いため気軽に購入できるという点も大きなメリットです。

 

ただし檜は香りが強いためまな板に使用した場合でも檜特有の香りが強く出てしまうこともあります。そのため香りが強いのが苦手な方は使用し始めの頃は少し苦手に感じてしまうこともあるため注意が必要です。

榧(かや)から選ぶ

榧は将棋盤や囲碁盤のようなアイテムに多く使用されている非常に高級な木材の1つで、程よい弾力性がありプロの料理人からも人気が高いです。独特な香りも特徴的で木目の美しさ、水切れの速さや速乾性などまな板の素材としても一流です。

 

耐久力も高く人気がありますが榧のまな板自体が高級品なので商品があまり出回っていないのがデメリットです。また非常に効果なので価格が高い製品も多いため購入する際は財布としっかり相談して購入するようにしましょう。

木材の加工法から選ぶ

まな板の加工法には一枚板か合板かの2種類が存在します。一枚板は名前の通り一枚の木材から作られており継ぎ目などが無いため耐久性が高いです。接続部がないため木材本来の性能を発揮しやすく吸水性や乾燥なども自然です。

 

合板は複数の木材を合わせて作られており接続部がどうしてもできてしまいます。その接続部から割れが生じてしまうことも多いです。木製本来の耐久性などを感じたいならぜひ一枚板のまな板から選ぶことをおすすめします。

木材の切り取り方から選ぶ

まな板には木材のカットの仕方によって柾目や板目などに分けることができます。同じ木材であっても柾目や板目によって性質などが大きく変化します。おすすめは柾目で、柾目は木目が非常に美しく反りにくいためまな板に最適です。

 

板目は刃あたりが柔らかく包丁に優しいですが柾目と比較すると反りやすいという性質があります。柾目がおすすめですが柾目のまな板は価格が板目よりも高くなってしまうこともあるためどちらを選ぶかは好みになります。

サイズや厚さから選ぶ

まな板のサイズは大きい方が食材が転がり落ちることもなく使いやすいと感じますがキッチンの大きさによって大きすぎると使いにくいと感じてしまう事もあります。そこで目安として流し台の縦幅に丁度乗るぐらいのサイズがおすすめです。

 

また厚さに関しては3cm以上あると反りにくいということもありおすすめです。木製のまな板は表面に傷が付いても削り直すことでキレイな状態に戻せることが特徴なので、あまりに薄いと削った際に使用できなくなってしまうので2.5cm以上の厚さの製品がおすすめです。

スタンド付きから選ぶ

最近のまな板はまな板本体の一部が回転してスタンドのようになる製品も販売されています。こういった製品は別にスタンドを用意する必要もないので非常に便利です。使用した後に乾燥させる場合も立て掛ける場所を必要しません。

 

また収納する際も壁などに触れることなく自立して収納が可能なので清潔に片付けることが可能です。回転部分の衛生面などを気にする必要はありますが、非常に便利に使用が可能なのでスタンド付きのまな板もおすすめです。

木製まな板の人気商品10選

1

ONE DREAM

まな板

価格:4,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気の青森ひばを使用

天然の青森ひばを使用した人気のまな板です。抗菌作用もあるため衛生的に使用ができる点もおすすめのポイントで、サイズも3種類から展開されているのでキッチンの環境に合わせたサイズ選びができます。

 

天然のひば油を含んでいるので水はけが良いだけではなく汚れた際にも簡単に落とせるため衛生的です。厚さも2.5cmと反りにくいだけではなく使用していても安定感があるため安心・安全に調理が可能です。

サイズ35×23cm重量930g
厚さ25mm材質青森ひば
加工法一枚板柾目
2

貝印(Kai Corporation)

関孫六 桧まな板

価格:3,381円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

側面に樹脂塗装を施した

こちらの商品は側面に樹脂塗装を施しているため水が染み込みにくいので長く愛用してもキレイな状態で使用ができる人気の商品です。また樹脂塗装のお陰で素早く乾くので黒ズミなどが発生しにくい点もおすすめのポイントです。

 

日本製で安心の品質、食材も滑りにくいため安全・安心に調理をすることができます。刃あたりが良いので包丁にも優しい人気のまな板です。サイズも45×30cmと非常に大きなサイズとなっているため調理にも余裕ができます

サイズ450×300mm重量1.268kg
厚さ約2cm材質
加工法合板柾目
3

ひのきまな板の美吉野キッチン

専門店の大きいひのきまな板

価格:6,400円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

天然木を材料としたまな板

木製まな板の定番とも言える檜の大きなまな板です。刃あたりが非常に良く繊細な包丁の刃を傷つけにくいため安心して調理を行う事が可能で、檜独特の香りもしっかりと感じられ見た目にも美しい人気のまな板です。

 

一枚板なので削り直しなどをすることで長く愛用することも可能で、一般家庭はもちろんプロの料理人の間でも非常に人気が高いです。反りや黒ズミなどが出る可能性もありますが、それ以上に魅力的な大人気の商品です。

サイズ500×270mm重量
厚さ約30mm材質
加工法一枚板柾目
4

kicoriya

高級檜まな板

価格:6,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

抗菌・防カビ成分含有

高級な国産檜を採用しているので抗菌・防カビ成分が含有されています。そのため安心して調理に使用が可能な大人気のまな板です。加工法は一枚板になっているため接続部分などが存在せず長くキレイに愛用することができます。

 

ただし一枚板なので直射日光や直風に当たり続けると割れてしまったり反ってしまう可能性もあるので扱いには注意が必要です。それでも厚さが3cmもあるため反りにくく安定感も抜群なので調理がしやすくサンドペーパーで削る事でキレイが長持ちする商品です。

サイズ57cm✕30cm重量約2.5kg
厚さ3cm材質
加工法一枚板柾目×
5

土佐龍

まな板 土佐きよら

価格:5,901円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ステンレスの取っ手付き

まな板本体にステンレスの取っ手が付いているため洗う時や保管する際に非常に便利な大人気のまな板です。四万十ひのきを素材に使用しており油分が多く含まれているので一般的な檜よりも香りが芳醇です。

 

水切れも良く耐久性も高いため非常に使い勝手が良いです。天然の防菌・防カビ・防虫効果もあるので長く衛生的に使用ができる点もおすすめのポイントで、一枚板で木目の見た目も美しい大人気の木製まな板です。

サイズ42×24cm重量1.33kg
厚さ3cm材質
加工法一枚板柾目×
6

ダイワ産業

まな板【スタンド付き】

価格:2,020円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタンド付きで使いやすい

食洗機に対応しているので手軽にお手入れが可能な人気のまな板でまな板の下部にスタンドが付いているため独自に自立させることができます。そのため収納もしやすく乾かす際も場所を選ばず自立させることができるので非常に便利です。

 

側面にはウレタン樹脂塗装を施しているため水が染み込みにくく汚れも落ちやすいため長く衛生的に使用することができます。熱風、熱湯に強い反り防止加工が施されている点もおすすめのポイントで使いやすい人気のまな板です。

サイズ30×18cm重量1.3cm
厚さ1.3cm材質
加工法柾目
7

木工房かたじ屋

木製まな板

価格:3,840円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

いちょうの無垢材を使用

刃当たりが大変良いとされる銀杏の無垢材を素材に使用した人気のまな板で、1枚1枚をハンドメイド加工しているので品質が良い商品です。家庭のキッチンだけでなくアウトドアなどでも使用がしやすいです。

 

エッジ部分は大きな面取り加工が施されておりシンプルなデザインでどんなキッチンとも相性が良い点もおすすめのポイントです。まな板本体も軽量なので扱いやすく削り直しサービスが無料で受けられる大人気の木製まな板です。

サイズタテ210ミリ・ヨコ380ミリ重量948g
厚さ25mm材質銀杏
加工法一枚板柾目
8

藤次郎

桐まな板

価格:3,736円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スクエアタイプで狭いキッチンでも使いやすい

速乾性が高く長く衛生的に使用が可能な人気のまな板で、素材に桐を使用しており木目も非常に美しく高級感もあります。スクエアタイプなのでキッチンが狭い家庭でも使用がしやすく重量も軽いため片付ける際も楽に行えます。

 

包丁の刃当たりも柔らかいので包丁を傷つける心配も少ない点もおすすめのポイントです。サイズが豊富に展開されているため自分のキッチンに合わせやすく、水ハケが良く速乾性が高いので菌が繁殖しにくく清潔に使用しやすい人気の木製まな板です。

サイズ350×330mm重量660g
厚さ20mm材質
加工法柾目
9

土佐龍

調理用まな板

価格:5,423円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気の四万十ひのきを使用

天然の抗菌・抗カビ・殺菌作用がある四万十ひのきを素材に使用した人気の木製まな板です。四万十ひのきは檜の独特の香りが芳醇で、木目の美しさもあり古くから最高級のまな板素材として使用されてきた素材で現在でも非常に高い人気を得ています。

 

木口にプレポリマーコーティング加工を施しているため黒ズミなどが起こりにくく長くキレイで清潔な状態で使用が可能な点もおすすめのポイントです。油成分の含有量も多く水切れが早いためお手入れも楽な大人気のスタンド付きのまな板です。

サイズ24×37cm重量649g
厚さ2cm材質国産檜
加工法一枚板柾目
10

前川榧碁盤店

榧(かや)のまな板

価格:6,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

国産の天然カヤ材を使用

ほどよい弾力と硬さを併せ持つプロの料理人からも人気の高い本榧を使用した高級な木製まな板です。目がしっかりと詰まっており良質な部分だけを採用しているだけでなく職人手作りで品質も高い人気の商品です。

 

価格は他の木製まな板と比較しても少し高く感じてしまいますが決して損をしたと感じない使い心地です。サイズも家庭用として使いやすいサイズな点もおすすめのポイントで、厚さも3cmあり反りにも強く安定しているため非常に使いやすい大人気の商品です。

サイズ約43cm×21cm重量1.5kg
厚さ3cm材質本榧
加工法一枚板柾目

木製まな板のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:51366の画像

    ONE DREAM

  • 2
    アイテムID:51373の画像

    貝印(Kai Corporation)

  • 3
    アイテムID:51380の画像

    ひのきまな板の美吉野キッチン

  • 4
    アイテムID:51386の画像

    kicoriya

  • 5
    アイテムID:51398の画像

    土佐龍

  • 6
    アイテムID:51586の画像

    ダイワ産業

  • 7
    アイテムID:51605の画像

    木工房かたじ屋

  • 8
    アイテムID:51631の画像

    藤次郎

  • 9
    アイテムID:51655の画像

    土佐龍

  • 10
    アイテムID:51669の画像

    前川榧碁盤店

  • 商品名
  • まな板
  • 関孫六 桧まな板
  • 専門店の大きいひのきまな板
  • 高級檜まな板
  • まな板 土佐きよら
  • まな板【スタンド付き】
  • 木製まな板
  • 桐まな板
  • 調理用まな板
  • 榧(かや)のまな板
  • 特徴
  • 人気の青森ひばを使用
  • 側面に樹脂塗装を施した
  • 天然木を材料としたまな板
  • 抗菌・防カビ成分含有
  • ステンレスの取っ手付き
  • スタンド付きで使いやすい
  • いちょうの無垢材を使用
  • スクエアタイプで狭いキッチンでも使いやすい
  • 人気の四万十ひのきを使用
  • 国産の天然カヤ材を使用
  • 価格
  • 4980円(税込)
  • 3381円(税込)
  • 6400円(税込)
  • 6980円(税込)
  • 5901円(税込)
  • 2020円(税込)
  • 3840円(税込)
  • 3736円(税込)
  • 5423円(税込)
  • 6800円(税込)
  • サイズ
  • 35×23cm
  • 450×300mm
  • 500×270mm
  • 57cm✕30cm
  • 42×24cm
  • 30×18cm
  • タテ210ミリ・ヨコ380ミリ
  • 350×330mm
  • 24×37cm
  • 約43cm×21cm
  • 重量
  • 930g
  • 1.268kg
  • 約2.5kg
  • 1.33kg
  • 1.3cm
  • 948g
  • 660g
  • 649g
  • 1.5kg
  • 厚さ
  • 25mm
  • 約2cm
  • 約30mm
  • 3cm
  • 3cm
  • 1.3cm
  • 25mm
  • 20mm
  • 2cm
  • 3cm
  • 材質
  • 青森ひば
  • 銀杏
  • 国産檜
  • 本榧
  • 加工法
  • 一枚板
  • 合板
  • 一枚板
  • 一枚板
  • 一枚板
  • 一枚板
  • 一枚板
  • 一枚板
  • 柾目
  • ×
  • ×

木製まな板の正しい使い方

木製まな板は手入れを怠ると反ったり黒ズミが発生してしまったりしやすいですが、しっかりとメンテナンスすることで長くキレイな状態のまま使用ができます。まず使用前は必ず水に濡らしてから使用することが大事なポイントです。

 

濡らすことで食材から出る水気やニオイなどを染み込ませにくくする効果があります。ただし濡らした後はしっかりと布巾で水気は拭き取るようにしてください。使用後はすぐに洗って水気を取り除くことが重要です。

 

乾いた布巾などでしっかりと水気を拭き取り自然乾燥させましょう。その際は直射日光には当てないように立てて陰干しするのが最適です。またスタンドなどを使用すればしっかりと風が通るので乾燥が早くより衛生的です。

まとめ

木製まな板はメンテナンスをしっかりすれば一生モノにもなれるまな板です。使用前や使用後など手入れに手間が必要ですが、樹脂製などには無い自然の温かみも感じられ包丁にも優しいです。本当に長持ちさせるなら食材用に複数の木製まな板を用意することもおすすめです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ