ファンタジーな世界にのめり込む!ライトノベルのおすすめ人気ランキング7選

ファンタジーな世界に浸りたい!非現実的なストーリーを読みたい!文字は読みたくないけど本を読みたい!という方、そんな悩める皆さんのためにおすすめ人気ライトノベルをご紹介致します!

ライトノベルの選び方ポイント

数多くあるライトノベルの中から、ご自分に合ったライトノベルを選ぶために、確認したいポイントをまとめました。このポイントを確認した上で、自分にぴったりなライトノベルを探してみてください。

ポイント:自分の好みを確認

ライトノベルと一言で言っても、たくさんあって何から読んでいいのかわからないですよね。

自分が好きなジャンルのものや、好みのイラストのものを選ぶと良いでしょう。


ジャンルやイラストではわからないという方は、あらすじを読んでから購入するものおすすめです。



ライトノベルのおすすめ人気ランキングベスト3

それでは、数あるライトノベルの中から厳選したベスト3をご紹介していきます。口コミと共にご紹介しますので、ぜひご参考にしてみてください。 

3位:輪環の魔導師―闇語りのアルカイン (電撃文庫)

輪環の魔導師―闇語りのアルカイン(電撃文庫)

王道ファンタジー!

2007年に発売され、全10巻で完結した作品です。作者は、重厚感のある設定で定評な渡瀬 草一郎氏です。王道中の王道ファンタジーで、魔法や魔法道具などが存在する異世界で、魅力的なキャラクター、主人公・サブキャラクターが生き生きと動き出し、恋愛・冒険を展開します。

主人公のセロは幼い感じに見えますが素直で芯のある性格で周りの助けを経て、どんどん成長していく様は、読み応え抜群です。昨今現代人が転生、異世界召喚などが溢れている中で、それに辟易している人にはまさにもってこいの作品です。

2位:本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第一部「兵士の娘I」

本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第一部「兵士の娘I」

「小説家になろう」から生まれた長編転生ファンタジー

「小説家になろう」はweb上で誰でも投稿できる小説サイトです。その中でも秀逸と言えるのがこの作品です。「転生もの」と呼ばれるファンタジー小説は数多くありますが、この小説の主人公はよくある転生ものの話とは違い、自分では何もできない女の子として登場します。

しかし周りを取り巻く魅力的なキャラクター達との関係、しっかりと確立した世界観、テンポの良いストーリー展開の中、主人公は我が道を進んでいく爽快さもあり、とても楽しめる作品です。すでにweb上では完結していますが、書籍化、マンガ化されており続々出版されている作品です。

1位:灰と幻想のグリムガル level.1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ (オーバーラップ文庫)

灰と幻想のグリムガルlevel.1ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ(オーバーラップ文庫)

何の力もない等身大の少年として異世界で戦っていく主人公

いわゆる異世界転生ファンタジーです。この作品の特徴は「主人公たちは前の世界の記憶をほとんど失っている事」と、「これといった特殊能力もなく普通の少年少女として一から戦っていく事」です。

特に主人公のハルヒロはとても平凡な少年で、自らパーティを結成して引っ張っていくようなリーダーシップは持っておらず、戦闘力も特に高くはありません。そんな彼の一人称で描かれていくグリムガルでの過酷な日々や、ゴブリン一匹を倒すのにも大苦戦するような彼らの冒険譚は、勇者や英雄の物語とはまた違った面白さがあっておすすめの一作です。

その他のおすすめライトノベル4選

ランキングでは紹介しきれなかった商品の中で、特におすすめしたい商品をまとめてみました。これも口コミと共に紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。  

キノの旅 the Beautiful World (電撃文庫)

キノの旅 theBeautifulWorld(電撃文庫)

不思議な世界観の集合体

電撃文庫から出版されている時雨沢恵一先生の「キノの旅」。主人公の旅人キノが喋るモトラドと一緒に、いろいろな国を訪れるストーリーです。

国によって価値観が違うため、「もし○○な国に住めたら……」と想像することが好きな方にお勧めです。ストーリーの大半が、国ごとに章立てされているので比較的読みやすい作品です。また、短編と違い、登場人物同士の過去がリンクしていたり、ストーリーが繋がっていたりする時もあるので、一貫性を楽しむこともできます。

六花の勇者 (六花の勇者シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)

六花の勇者(六花の勇者シリーズ)(集英社スーパーダッシュ文庫)

ミステリー小説要素のある本格的なラノベです

ストーリーは魔法と剣士ものですが、ストーリーがかなり練り込んであり、謎解き要素がたくさんあります。仲間の中に敵が一人紛れ込んでおり、誰が敵なのかお互い疑い合いながら戦っていくストーリーになります。 

トリックがしっかり作りこんであることと、ちゃんと伏線が張ってあるため、非常に読みごたえのある作品です。 非常に面白いので、是非読んでいただきたい作品です。小説版(原作版)はまだ続いており、1巻の緊張感を保ったままストーリーが進んでいます。文章もしっかりしているので、おすすめの一冊です。

十二国記 文庫 1-11巻セット (講談社X文庫―ホワイトハート)

十二国記文庫1-11巻セット(講談社X文庫―ホワイトハート)

重厚で濃密な異世界ファンタジー

十二国記シリーズです。基本的に各話完結型なので、どこからでも手をつけることができますが、読み始めると他の国や、別の時間軸などとにかく全体像が気になる為、全巻一気見をオススメします。

思う存分、異世界ファンタジーに浸りたい方、世の中を憂い、深く物事の真髄を考えてみたい方、アニメにハマっていた方も勿論、中華風ファンタジーというジャンル、怪物も、時空越えも、異空間移動も存在する非日常ながら、どこかリアリティの固まりの様な、小野不由美先生の最高傑作、感情が揺さぶられるほど、人生観の変わる素晴らしい作品です。

魔法科高校の劣等生 ライトノベル 1-24巻 セット

魔法科高校の劣等生ライトノベル1-24巻セット

アニメ化、映画化もした人気作魔法科高校の劣等生

魔法科高校の劣等生は魔法が存在する世界を描いたSF作品で劣等生(ウィード)の兄と完全無欠な優等生の妹を描いた作品です。

アニメ化も映画化もしているので既に知っている人も多いかもしれませんが、絵柄が可愛くてキャラクターが魅力的なので一番好きなライトノベルのシリーズです。1巻を読んだら続きが読みたくなること間違いなしなので24巻までセットで購入することをお勧めします。

ライトノベルの売れ筋ランキングをチェック

参考までに、ライトノベルの売れ筋ランキングをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

Amazonの売れ筋ランキング

まとめ

いかがでしたでしょうか? 

ちょっと時間が空いた時などに気軽に読めるものを探している!種類がたくさんあって選べない!という方などにおすすめです。ぜひ参考にしてあなたのお気に入りの一冊を見つけてみてはどうでしょうか?

ランキング