記事ID2537のサムネイル画像

【肌が乾燥しない】人気の敏感肌用クレンジングおすすめ商品10選

敏感肌、乾燥肌の人はクレンジング選びにも苦労しますね。スキンケアの中では肌への負担が大きいクレンジングだけに、迷うことも多くなります。そんな迷いを解消するために、敏感肌の方でも安心して使える人気のクレンジングを紹介します。

敏感肌の人も安心して使えるクレンジング

敏感肌がなかなか改善しない人は、クレンジングが原因になっていることがあります。基礎化粧品を塗ったときにピリピリする刺激があるなど敏感肌の兆候があるときは、化粧水や乳液を見直すだけでなく、クレンジングを見直すことが大切です。

 

「肌質に合ったクレンジングを」とよく言われますが、たくさんの商品から自分に合うものを見つけるのは簡単ではありません。そもそも、肌質って何なのという問題もあります。

 

しかし、選び方のポイントを知っておけば、敏感肌でも安心して使えるクレンジングを見つけるのは、そんなに難しいことでもありません。具体的な商品選びの前に、何を基準に選ぶかを意識しておくことが重要です。

敏感肌に優しいクレンジングの選び方

どんなクレンジングが敏感肌に向いているかを、タイプ、肌への優しさ、W洗顔の有無、メイク落ちの良さなどの観点から見ていきましょう。

タイプで選ぶ

クレンジングのタイプによって、メイクを浮かす油脂や洗浄成分(界面活性剤)の種類や量が違います。それぞれのタイプの大まかな特徴を知っておくと製品選びに役立ちます。

クリームタイプ

敏感肌の人がまず候補として検討したいのがクリームタイプです。肌を強くこすらずにクリームの力でメイクを浮かすことができ、洗浄成分(界面活性剤)の配合が少なめなので肌を乾燥させにくいからです。

 

クリームタイプは、水分を少なめに、油分を多めに配合して全体をクリームのテクスチュアに仕上げたクレンジングです。この多めの油分にメイクをなじませることで、メイクが浮いて落ちやすくなります。

 

クレンジングには油分の他に洗浄成分(界面活性剤)が配合されています。これはメイクを浮かすと共に、すすぎで洗い流しやすくするためです。クリームタイプは比較的洗浄成分が少ないのが特徴で、そのため、セラミドなどの肌の保湿成分を奪って肌を乾燥させる心配も少なくなります。

ミルクタイプ

ミルクタイプはクリームタイプより油分を少なくして水分を多くし、乳液のようなテクスチュアを持たせたクレンジングです。油分が少ないぶんメイクを浮かせる力が弱く、洗浄成分を多くすることでそれを補う製品が多くなります。

 

したがって、クリームタイプよりは少し強くこすらないとメイクが浮きにくい、洗浄成分が多いので肌が乾燥することがあるという、敏感肌にとっては好ましくない面があります。

 

敏感肌でメイクが濃いめの人には向かないタイプですが、ナチュラルメイクの人には必ずしも不向きではありません。使われている油分や洗浄剤の種類によっては敏感肌にも対応している製品があります。

オイルタイプ

敏感肌の人が安易に使うのを避けたいのがオイルタイプです。すばやくメイクがなじみ、サッパリと洗い流せるオイルタイプは便利で、人気が高いのですが、クリームタイプやミルクタイプに比べて洗浄成分の配合率がぐんと高いので、肌を乾燥させる心配があります

 

しかし、メイクが濃い人にとってはオイルタイプの良さも捨てがたいものがあります。敏感肌の人がオイルタイプを選ぶときは、使われている油分や洗浄成分が良質で肌に負担をかけないものかどうかをよく確かめる必要があります。

 

失敗しやすいのは、すすぎが楽で洗い上がりがサッパリしていることだけを基準に選んだ場合です。そういう製品は洗浄剤の配合が多く、肌を乾燥させがちです。

ジェルタイプ

ジェルタイプは、油分の力を借りずにゼリー状のベースに溶け込ませた洗浄成分だけでメイクを落とすクレンジングです。油分を使わないのでサッパリした使用感がありますが、メイクを落とす力は強くありません。

 

メイクがごく薄い人には使いやすいクレンジングですが、敏感肌にとっては洗浄成分だけでメイクを落とすのは、肌に負担がかかります

 

しかし、オイル成分に弱いタイプの敏感肌にはメリットがあるので、使用する場合は洗浄成分の種類や補助成分として配合されている美容成分をよく確かめるようにしましょう。

肌への優しさで選ぶ

クレンジングの肌への優しさは、使われている油分の種類や洗浄成分の量、補助成分として配合されている美容成分によって左右されます。

油分の種類

クレンジングに使われる油分は、ミネラルオイル(鉱物油)、油脂(植物油)、エステル系オイルのいずれかです。

 

ミネラルオイルは、ワセリンの主成分であることから分かるように、安定性があり肌への刺激はありません。ただし、肌に密着しべとつき感があるので、オイルタイプに使用されるときは、その欠点をカバーするために洗浄成分を増やす必要があり、それが肌の乾燥の原因になります。

 

油脂は、メイクなじみはミネラルオイルより劣りますが、肌への密着度が低いぶん洗浄成分を少なくすることができます。エステル系オイルはミネラルオイルと油脂の中間的な性質を持っています。

洗浄成分(界面活性剤)の配合量

クレンジングはほとんどの製品が洗浄成分として、肌への刺激が少ない非イオン系界面活性剤を使用しています。したがって敏感肌の人が気をつけたいのは、洗浄成分の種類ではなくてその配合量です。

 

洗浄成分の配合量をタイプで比較すると、一番少ないのがクリームタイプでその次がミルクタイプ、多いのがオイルタイプとジェルタイプです。

 

油分を使わないジェルタイプに洗浄成分が多いのは当然ですが、オイルタイプもオイルをさっぱり洗い流すために洗浄成分を多く配合しています。敏感肌の人がオイルタイプやジェルタイプを使うときは、洗浄成分による肌の乾燥に気をつける必要があります。

余計な補助成分が入っていないか

クレンジングに欠かせない補助成分は、製品の腐敗や劣化を防ぐ防腐剤です。よく使われるパラベンは、一部には評判が悪いのですが、肌への刺激がほとんどなく、少量で高い効果を発揮する防腐剤なので、敏感肌の人も心配は要りません。

 

したがって防腐剤不使用」をうたった製品を選ぶ必要はとくにありませんが、気をつけたいのは、美容成分がたっぷり入っていることをうたう製品です。クレンジングはメイクといっしょに洗い流してしまうものなので、保湿成分や美容成分が入っていてもあまり意味がありません。

 

敏感肌の人にとっては成分数が多いほどヒリヒリ感や炎症を起こすリスクが高くなるので、メイク落としに必要な成分以外はなるべく少ないものを選ぶべきです。

W洗顔が必要かどうかで選ぶ

W洗顔をするメリットは、クレンジングの油分と洗浄成分が肌に残らないことです。油分が長時間肌に残ると、酸化して肌にダメージを与える可能性があります。洗浄成分が肌に残ると、セラミドを溶かして肌のバリア機能を低下させる可能性があります。どちらも敏感肌には良くありません。

 

一方でW洗顔をするデメリットは、肌に触る回数が増えるので角質をはがしすぎる恐れがある点です。また、敏感肌が進行している場合は、W洗顔で使うアルカリ性の石けんが肌に刺激になり、敏感さが治まるのを遅らせてしまいます。

 

固形石けんを使える程度の敏感肌ならW洗顔のメリットが大きく、石けんに刺激を感じるようならW洗顔不要のクレンジングにメリットがあります。

メイク落ちの良さで選ぶ

メイク落ちの良さはクレンジングのタイプで言えば、オイルタイプが一番でその次がクリープタイプです。さらにミルクタイプ、ジェルタイプの順番になります。

 

しかし、敏感肌の人はメイク落ちだけを基準にクレンジングを選ぶことはできません。大切なポイントはなるべく洗浄成分の少ない製品を選ぶことで、その目安となるのがクレンジングの後に多少脂っぽさが残るものほど洗浄成分が少ないということです。

 

その意味で、一般的にはクリームタイプが落ちの良さと肌への優しさを兼ね備えています。ただし、クリームタイプでもクレンジング後に油分が肌に残らないものは、洗浄成分が多めだと言えます。

コスパで選ぶ

敏感肌の人は、目に見える成分だけでなく、成分の精製度も気にする必要があります。その意味で、あまりコスパの良すぎる製品には慎重になるべきです。肌が敏感になっているときは、プチブラにこだわるのは良くありません。

 

逆に、高額な商品(デパコス)が敏感肌に良いとは限りません。贅沢に配合されたたくさんの成分に、敏感な肌が拒否反応を示すことがあるからです。

 

コスパの良い製品が望ましいのはもちろんですが、敏感肌の場合は多少コスパを犠牲にしてでも納得のいく製品を選ぶことが大切です。

敏感肌におすすめの人気商品10選

1

サッフォ化粧品株式会社

サッポークレンジングクリーム(メイク浮かし)150g

価格:3,880円(税込)

amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

肌に優しくメイク浮かし

クリームの力だけでメイクを浮かすことを目指した商品です。メーカーは油分を乳化させる以外の界面活性剤は使用しておらず「洗浄力ゼロ」をうたっています。リピーターが多く、@コスメでは一時期上位にランクインしていた人気商品です。

 

W洗顔が基本ですが、敏感肌で石けんが使えない場合はぬるま湯で洗い流すだけでもOKです。ふき取り用クレンジングとしても使えるので、多少クリームが肌に残っても悪影響はありません。

内容量150gタイプクリーム
W洗顔必要
2

常盤薬品工業株式会社

ノブIII クレンジングクリーム  120g

価格:3,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

無香料、無着色で低刺激

敏感肌用の化粧品として人気があるノブシリーズのクレンジングです。敏感さの程度がかなり進んだ人でも使える低刺激の製品です。無香料、無着色で、他のクレンジングに比べて成分数が圧倒的に少なく、低刺激にこだわっています。

 

メイクがなじむまでに多少時間がかかりますがメイク落ちは良く、洗い上がりもしっとりしていて肌を乾燥させません。

内容量120gタイプクリーム
W洗顔必要
3

資生堂

資生堂 クレ・ド・ポー ボーテ クレームデマキアント 125g

価格:5,378円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

肌への優しさとメイク落ちを両立

拭き取り用としても使える洗浄成分が少ないクレンジングなので、敏感肌の人も安心して使えます。肌の上でクルクルしているとクリームがオイル状になるのがメイクが落ちた合図です。濃い目のメイクもスッキリ落とします。

 

洗い上がりがしっとりしていて肌が乾燥しないのが人気です。価格は高めですが、クレンジングが原因で肌荒れしたことがある人は試してみる価値があります。W洗顔は省略することもできます。

内容量125gタイプクリーム
W洗顔必要
4

エスケーツー

エスケーツー フェイシャルトリートメントジェントルクレンジングクリーム 80g

価格:7,170円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

良質のクリームで優しくメイク落とし

洗い流し、拭き取り兼用で、洗浄成分の配合が少ないタイプです。メイク浮きのタイミングが分るまでに少し時間がかかりますが、慣れるとメイク落ちの良さが実感できます。濃い目のメイクもスムーズにクリームになじみます。

 

価格は高めですが、上質のクリームが肌に負担なくメイクを浮かすので、敏感肌、隠れ乾燥肌が改善したという口コミが多い人気商品です。

内容量80gタイプクリーム
W洗顔必要
5

イヴデュフラン / マダムヨシコ

クレンジングミルク W洗顔不要 [ セラミド 配合 トリートメント クレンジング ミルク ] 毛穴 敏感 乾燥肌

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

乾燥肌でも安心して使える

マッサージ用としても使え、肌に長時間乗せていてもOKの低刺激なクレンジングです。洗浄成分の配合はひかえめで敏感肌、乾燥肌の人も使え、石けんに刺激を感じる人は朝の洗顔にも使用できます。

 

クリームタイプとしてはやや濃厚なテクスチュアで、ウォータープルーフ以外のメイクはよく落ちます。使用後にほのかにエッセンシャルオイルの香りが残ります。

内容量150mlタイプミルク
W洗顔不要
6

ロゼット

ロゼット クレンジングミルク 180ml

価格:1,229円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

肌に優しく、コスパ良し

ミルクタイプにはめずらしい拭き取り用のクレンジングです。W洗顔不要で、メイクを浮かせたらティシュで拭き取るか、ぬるま湯で洗い流した後、そのままスキンケアできます。石けん洗顔で刺激を感じる敏感肌の人は便利な商品です。

 

ミルクタイプとしてはテクスチュアは重めですが、その分メイク落ち化は良くなっています。「肌が弱っているときはこれがいい」という理由で人気のある標品です。

 

内容量180mlタイプミルク
W洗顔不要
7

牛乳石鹸

カウブランド 無添加メイク落としミルク ポンプ付 150mL

価格:509円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低刺激でコスパ抜群

植物性油脂を使い、配合成分の数をできるだけ少なくした低刺激のクレンジングオイルです。着色料・香料・防腐剤は無添加です。@コスメで4位にランキングされた人気商品で、コスパは抜群です、乾燥肌・敏感肌の人も使用できます。

 

オイルタイプならではのメイク落ちの良さがありながら、べたつき感が少ないのが特徴です。浴室での使用も可。歴史の長いカウブランドに対する信用度も高く、人気の商品です。

 

 

 

 

内容量150mlタイプオイル
W洗顔必要
8

資生堂ジャパン (SHISEIDO JAPAN)

d プログラム ディープクレンジングオイル 120mL

価格:2,295円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

乾燥肌でも使えるオイルクレンジング

マスカラ、ウォータープルーフのメイクも落とせるクレンジングオイルですが、低刺激設計で乾燥肌・敏感肌の人も使えます。不純物を徹底的に取りのぞくクリーン処方で、配合成分数も抑えています。

 

主成分はハイブリッドサフラワー油(紅花油)で、鉱物油は不使用です。無香料・無着色で、メーカーによる多数の敏感肌のパッチテストで良好な結果が出ています。

内容量120mlタイプオイル
W洗顔不要
9

日本緑茶センター

AGB クレンジングオイル 150ml

価格:2,180円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低刺激でコスパ上々

主成分は米ぬか油とアルガンオイルで、メイクをしっかり落としなが肌に刺激がないクレンジングオイルです。洗浄成分も肌に刺激がない非イオン系界面活性剤で、乾燥肌・敏感肌の人も使えます。

 

ポイントメイクも落とせ手洗い上りがしっとりしていると人気の商品です。植物油脂による肌の柔軟効果、角栓を減らす効果が期待できます。150ml2,180円とコスパも上々です。

内容量150mlタイプオイル
W洗顔不要
10

ノブACクレンジングジェル

価格:2,160円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低刺激でメイク落ちもそこそこ

敏感肌でニキビもあるという人に人気があるオイルフリーのクレンジングジェルです。油分の力を借りないメイク落としなので濃いメイクは落ちませんが、オイルが苦手な人には便利な製品です。

医薬部外品で有効成分として「感光素201号」という成分が配合されています。これは抗菌・殺菌作用がある成分でニキビを改善する作用があります。肌に対する刺激性はありません。

内容量110gタイプジェル
W洗顔不要

敏感肌用クレンジング人気商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:49461の画像

    サッフォ化粧品株式会社

  • 2
    アイテムID:50162の画像

    常盤薬品工業株式会社

  • 3
    アイテムID:50173の画像

    資生堂

  • 4
    アイテムID:50208の画像

    エスケーツー

  • 5
    アイテムID:50226の画像

    イヴデュフラン / マダムヨシコ

  • 6
    アイテムID:50233の画像

    ロゼット

  • 7
    アイテムID:50271の画像

    牛乳石鹸

  • 8
    アイテムID:50291の画像

    資生堂ジャパン (SHISEIDO JAPAN)

  • 9
    アイテムID:50299の画像

    日本緑茶センター

  • 10
    アイテムID:50308の画像

  • 商品名
  • サッポークレンジングクリーム(メイク浮かし)150g
  • ノブIII クレンジングクリーム  120g
  • 資生堂 クレ・ド・ポー ボーテ クレームデマキアント 125g
  • エスケーツー フェイシャルトリートメントジェントルクレンジングクリーム 80g
  • クレンジングミルク W洗顔不要 [ セラミド 配合 トリートメント クレンジング ミルク ] 毛穴 敏感 乾燥肌
  • ロゼット クレンジングミルク 180ml
  • カウブランド 無添加メイク落としミルク ポンプ付 150mL
  • d プログラム ディープクレンジングオイル 120mL
  • AGB クレンジングオイル 150ml
  • ノブACクレンジングジェル
  • 特徴
  • 肌に優しくメイク浮かし
  • 無香料、無着色で低刺激
  • 肌への優しさとメイク落ちを両立
  • 良質のクリームで優しくメイク落とし
  • 乾燥肌でも安心して使える
  • 肌に優しく、コスパ良し
  • 低刺激でコスパ抜群
  • 乾燥肌でも使えるオイルクレンジング
  • 低刺激でコスパ上々
  • 低刺激でメイク落ちもそこそこ
  • 価格
  • 3880円(税込)
  • 3780円(税込)
  • 5378円(税込)
  • 7170円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 1229円(税込)
  • 509円(税込)
  • 2295円(税込)
  • 2180円(税込)
  • 2160円(税込)
  • 内容量
  • 150g
  • 120g
  • 125g
  • 80g
  • 150ml
  • 180ml
  • 150ml
  • 120ml
  • 150ml
  • 110g
  • タイプ
  • クリーム
  • クリーム
  • クリーム
  • クリーム
  • ミルク
  • ミルク
  • オイル
  • オイル
  • オイル
  • ジェル
  • W洗顔
  • 必要
  • 必要
  • 必要
  • 必要
  • 不要
  • 不要
  • 必要
  • 不要
  • 不要
  • 不要

敏感肌の方におすすめなクレンジング使用法

敏感肌の人のクレンジングで何より重要なのは、メイクを浮かすとき、すすぐときに強く肌をこすらないことです。濡れた角質は剥がれやすくなっているし、敏感肌ではバリア機能が弱っているのでので、強くこすると洗浄成分が肌に侵入して刺激を与えます。

 

とくに、洗い上がりをさっぱりさせようとしてすすぎで肌をこすっている人が多いので注意しましょう。多少クレンジングの油っぽさが肌に残ることより、すすぎで肌を擦りすぎる弊害の方がずっと大きいのです。

まとめ

敏感肌でも使える人気のクレンジングをご紹介しました。クレンジングはスキンケアの中でも肌にダメージを与えるリスクがもっとも大きいものです。メイクをスッキリきれいに落とすことと肌に優しいことは、なかなか両立しないことがあります。ぜひこの記事を参考に、敏感肌が改善するクレンジングを目指してください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ