記事ID2541のサムネイル画像

【おしゃれアウトドアに】人気のキャンプ用まな板のおすすめ商品10選

近年、キャンプに行く人もかなり増えてきました。そして、キャンプに使う道具はたくさんあり、その中にはまな板も含まれます。今回は、キャンプをさらに楽しむために必要なまな板、カッティングボードの選び方を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

キャンプにおいてまな板選びはかなり重要

近年、かなり人気が出てきたキャンプですが、揃えるべき道具はたくさんあります。その中でも、一見重要ではないように見える道具としてまな板があります。ですが、まな板の選び方で、キャンプの楽しさはかなり変わってくるのです。

 

今回は、キャンプに使えるまな板の選び方を紹介していきます。ポイントとしては、持ち運びやすさ・使いやすさ・収納・素材などがあります。まな板をしっかりと選んで、ぜひキャンプを楽しんでみてください。

まな板の選び方

まな板を選ぶ際、まずはそれぞれの特徴をある程度理解しておくことをおすすめします。これにより、キャンプでも使いやすいまな板を選ぶことが出来るのです。

持ち運びやすさと使いやすさ

キャンプでまな板を使う際、最初に気にするポイントとして、持ち運びやすさと使いやすさがあります。この点は、外で調理をする際に重要なことなのです。

折りたたみ式なら使いやすい

キャンプなど、外でまな板を使うような状況では実用性が重視されます。まな板は、基本的にそのまま取り出して使いますが、キャンプで使う際は出来るだけ折りたためるものを選ぶ方がよいでしょう。

 

折りたたみまな板なら、それだけ持ち運びが簡単になり、収納力が上がります。キャンプは持ち物を多く運ばなければならず、使える場所も限られてきます。そのため、出来るだけコンパクトなまな板が好まれるのです。

調理器具収納付き

まな板を購入する際、たまに調理器具とセットになっていることがあります。そのため、なるべく費用を抑えて調理器具を揃えたい人は、このようなまな板セットを探してみることも重要となってくるでしょう。

 

セットで販売している調理器具は、まな板単体で購入するより割安になっていることが多いです。また、まな板に適した器具になっているので使い勝手も良いと言えます。キャンプだけで使う器具としてもおすすめ出来ます。

サイズをよく見る

まな板には、商品によって様々なサイズが存在しています。そのため、購入前にどのような場面でまな板を使うかを考えておく必要があるのです。キャンプなどの限られた場所では、サイズは重要な問題になってきます。

 

外で調理することを想定したキャンプでは、出来るだけコンパクトなサイズのまな板を選ぶ方が良いでしょう。これなら使い勝手も格段に上がり、より効率的に調理を進めることが可能になるのです。

調理器具を収納出来るか

キャンプで使うまな板は、出来れば調理器具を収納出来るものがおすすめです。これなら、すぐに取り出して使うことが可能であり、調理の効率も大幅に上がるでしょう。器具を無くす確率を下げることにも繋がります。

 

何より、まな板以外の調理器具を1つにまとめることが出来れば、それだけ料理の準備と片付けが簡単になり、荷物の整理も出来るようになるでしょう。実用性が高いので、収納は重要な要素となるのです。

素材にも気を配る

まな板は、様々な素材で作られていることが多いです。そのため、どんな素材を選ぶかによって、まな板の使い勝手も変わってくると言えるでしょう。

木製は包丁を傷つけにくい

まな板の素材の中でも、包丁に優しい素材として人気があるのは木製となります。料理を嗜む人にとって、包丁が傷つく環境というのはなるべく避けたい状況だと言えます。この問題を解決してくれるのが、木製まな板となっています。

 

また、木材はキャンプで使う分にはとても見栄えが良いものとなっています。木が多い屋外などは、キャンプ地として使われることがほとんどなので、雰囲気作りとしても木製まな板は心強い味方になってくれるのです。

オーク材は耐久性も抜群

木製まな板は、包丁を傷つけにくいことを紹介しました。ですが、そんな木材の中でも特に耐久性が高い素材がオーク材となります。家具などによく使われている木材であり、まな板の素材としても優秀なものとなります。

 

オーク材は、その密度の高さによって耐久性を高めている素材となります。そのため、長期間綺麗に使い続けることが可能であり、キャンプなどの屋外調理にも向いているのです。愛用している人も多い人気素材となります。

費用を少しでも抑えたいなら樹脂製のまな板

キャンプは、道具一式を揃えたりする際に費用がそれなりにかかることが多いものです。そのため、人によってはなるべく費用を抑えたいと考えることも多いでしょう。そんな人におすすめするまな板が樹脂製となります。

 

樹脂製のまな板は、安い・軽い・薄いなどの特徴を持つものとなっています。そのため、費用を抑えて、荷物も軽く、切った材料をすぐに運べるなどメリットが多いのです。その分、包丁傷がつきやすく、汚れがつきやすいため、人を選ぶまな板と言えるでしょう。

肉料理に映えるアカシア材

模様が商品ごとに全く違うものになるアカシア材のまな板も、キャンプ用としておすすめです。このまな板は、お皿として肉料理などを載せればとても映えるので、おしゃれなキャンプを楽しむことも可能となっています。

 

また、耐久性もそれなりに高く、折れてしまったりすることも少ないです。まな板の上に料理を載せた写真などは、アカシア材が使われていることも多いので、美味しく料理を食べることが出来るでしょう。

水はけを良くするならオリーブ材

樹脂製と違い、木製のまな板は水はけがあまり良くないものも多くあります。そんな悩みを解決してくれる素材として、オリーブ材があります。この素材を使ったまな板なら、木製でも水はけを気にすることなく使うことが出来ます。

 

また、オリーブ材には抗菌作用もあるため、衛生面でも信頼度の高いものとなっています。特に、キャンプなどでの屋外作業は雑菌が気になることも多いので、心強い味方となってくれるでしょう。

触り心地が良いのはラバー材

価格が比較的安い木製素材として、ラバー材があります。この素材は、軽量かつ肌触りがとても良くなっており、包丁の切り心地が良いことでも有名です。まな板のお皿としても使いやすいので、実用性は高いと言えるでしょう。

 

さらに、使い続けることによって色合いに味が出てくるまな板でもあります。そのため、道具を育てていくことが好きな人は、ラバー材と相性が良いと言えます。費用削減を考えている人も気軽に使えるので、おすすめです。

和食には竹材

まな板に使われる素材には、日本人なら馴染み深い竹も存在しています。竹製のまな板は、抗菌性が強く、さらに防臭性もある優れた素材となっています。さらに、包丁を使うにはちょうど良い硬さなので、愛用している人も多いです。

 

さらに言うと、水はけも良いため、まな板として使うにはかなり優れた素材となっています。キャンプなどの屋外で使うという意味でも、竹製はとてもふさわしい素材なので、ぜひ使ってみることをおすすめします。

キャンプ用まな板のおすすめ商品10選

1

キャプテンスタッグ

TAKE-WARE カッティングボード

価格:1,135円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

竹製のおしゃれなまな板

シンプルなデザインですが、おしゃれに使えるまな板となっています。竹製なので、水はけが良く、抗菌・防臭効果も期待出来ます。キャンプなどでも使いやすくセンスの良いまな板となっています。

 

また、持ち手も付いているため、かなり使い勝手が良くなっています。お皿として使っても良いので、作った料理を載せてキャンプの自然と一緒に堪能することも可能です。自然に溶け込む色合いをしている点も、おすすめポイントだと言えるでしょう。

 

竹製のまな板は、その性質からキャンプなどの屋外調理にとても向いていると言っても過言ではないでしょう。使えば使うほど愛着が湧いてくるまな板なので、ぜひ試してみてください。

サイズ290×130×12mm折りたたみ
収納素材
2

Fityle

まな板

価格:459円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

折りたたみ式の使いやすいまな板

非常に軽いポリプロピレン素材で作られているまな板となっています。これにより、キャンプ時の持ち運びがとても楽になっています。また、折りたたみが出来る点も、キャンプ向きのまな板ということが言えるでしょう。

 

折りたたむときは3つになっており、これだけ折りたたんでも全く厚さが気になりません。また、調理時はサッと開いてすぐに使える点もこのまな板のメリットだと言えるでしょう。その分、平らでない場所では使いにくいので少し工夫が必要になります。

 

価格に関してはかなりリーズナブルなので、気軽に購入することが出来るでしょう。また、使用後もすぐ乾くため、片付けが捗ります。安くて優秀なまな板なので、ぜひ使ってみることをおすすめします。

サイズ380×292mm(折りたたみ時126×292mm)折りたたみ
収納素材ポリプロピレン
3

FYX

FYX アウトドアクッキングツール

価格:3,580円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャンプに最適なまな板

まな板だけでなく、調理道具一式が一通り揃っている商品となっています。これがあれば、キャンプでの調理には全く困ることが無くなるでしょう。かなり実用的であるため、持っておいて損はありません。

 

まな板に関しては、スチール製になっており、取り出しやすくなっています。また、まな板に合わせた包丁も付いており、他にも同じようなサイズの調理道具があるため、キャンプでは欠かせないものになること間違いなしです。

 

さらに、全てを収納すると手提げ袋になるため、持ち運びも簡単に行うことが出来ます。収納力がとても高く、物入りになりがちなキャンプにおいてかなり強い味方となってくれるため、ぜひ使ってみてください。

サイズ345×200mm折りたたみ
収納素材スチール
4

イワタニプリムス

カッティングセット

価格:8,083円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐久性のあるオーク材まな板

オーク材が使われているまな板であり、耐久性に関してはかなり信頼できる商品となっています。さらに、専用の収納袋が付いているため、まな板と包丁を一緒に入れて持ち運び出来るようになっています。

 

また、オーク材の耐久性だけでなく、デザイン性も優れているため、キャンプで使う分にも全く問題はありません。このまな板を販売しているメーカーは、アウトドア専門の商品を多く販売しており、この点も信頼出来るポイントとなっています。

 

シンプルな収納袋であり、持ち運びも簡単に出来ることから、キャンプ時の強い味方となってくれるでしょう。しっかりと使い続けることが出来る商品なので、ぜひ試してみることをおすすめします。

サイズ145×250mm折りたたみ
収納素材オーク材
5

エムエスアール

DXカッティングボード

価格:1,170円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

二つ折りのシンプルまな板

二つ折りに出来るまな板になっており、デザインもかなりシンプルです。ですが、販売しているメーカーは、アメリカの登山家から高い人気を誇っており、このまな板もかなり使いやすいものとなっています。

 

厚みが少しあるため、多少悪い場所でも安定して使うことが出来ます。また、持ち運ぶときも二つ折りにして収納出来るため、荷物の邪魔になることもありません。折りたたんだままでも使えるため、調理場が狭くても問題ありません。

 

かなり手軽に使えて、持ち運びも簡単に出来ることからキャンプには向いているまな板だと言えるでしょう。価格もそこまで高くなく、初心者でも気軽に購入出来るので、ぜひ使ってみてください。

サイズ133×190×9㎜折りたたみ
収納素材ポリプロピレン
6

スノーピーク

まな板セット

価格:5,724円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

包丁を収納出来るタイプのまな板

折りたたみ出来るだけでなく、包丁も収納出来るまな板セットとなります。こうした形状のため、キャンプ時の調理道具をスムーズに用意することが出来ます。また、まな板を開いたときの落下防止も出来るため、安心して使うことが出来ます。

 

さらに、まな板の裏面には滑り止めも付いていることから、安定して調理を進めることが可能です。サイズはそこまで大きくないですが、キャンプなどのアウトドアに使うならちょうど良い大きさだと言えるでしょう。

 

かなりアウトドア向けの仕様になっており、キャンプに持っていくと役立つこと間違いなしです。付属の包丁も切れ味が良いと評判になっており、キャンプ道具に欠かせないものとなるでしょう。

サイズ256×100×34mm折りたたみ
収納素材天然木
7

What will be will be

まな板

価格:6,264円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

抗菌作用の高いおしゃれなまな板

持ち手がレザーになっている、おしゃれなまな板となっています。また、素材にイチョウの一枚板を使っており、抗菌作用が高くなっているという特徴があります。調理器具として、抗菌作用が高いのは大きなメリットだと言えるでしょう。

 

また、包丁を使ったときの感触も良くなっているので、調理している側も気持ちよく作業を行うことが出来ます。持ち運ぶときも、持ち手が付いているため持ちやすく、フックにも引っ掛けやすくなっています。

 

かなりしっかりとした作りになっているので、本格的な調理にも十分対応することが出来るでしょう。キャンプ先で、しっかりとした料理を作りたいと考えている人にはおすすめなので、ぜひ使ってみてください。

サイズ280×180×20mm折りたたみ
収納素材天然木(イチョウ)
8

株式会社アスプルンド

まな板

価格:5,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

厳選されたオリーブ材を使ったまな板

樹齢200~300年のオリーブ材を厳選して作られているまな板となります。職人により、1つ1つ手作りされているので、こだわりが強い人にはおすすめ商品となります。デザイン性も良いので、料理を載せても十分お皿として使えるでしょう。

 

また、オリーブ材を使っているので、水はけがかなり良くなっています。キャンプ地などでは、乾かす際に早くなるので、片付けが捗るでしょう。さらに、抗菌作用もあるため、屋外で使うことに向いているまな板となっているのです。

 

素材・デザイン性ともに優れたまな板のため、キャンプに使うには良い商品だと言えるでしょう。木材を使ったまな板は、キャンプ地の自然とも相性が良いので、ぜひ試してみてください。

サイズ420×180×20mm折りたたみ
収納素材オリーブ材
9

ケヴンハウン

木製カッティングボード&モーニングトレイ

価格:1,900円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

トレイとしても使いやすいまな板

まな板として使いやすい反面、裏返せば専用のトレイとしても使える商品となっています。そのため、キャンプ先で使う場合、まな板とトレイのどちらで使うかを最初に決めておきましょう。また、料理が出来た後に、洗って裏返してもトレイとして使うことは出来ます。

 

また、使われている素材はアカシア材となっているため、模様がとてもデザイン性に富んだものとなっています。特に、肉料理を作っている場合は、トレイに載せることでかなり映えるようになるでしょう。

 

キャンプの自然と相まって、料理を美味しく食べることが出来るまな板兼トレイとなっています。実用性としては、かなり高い部類に入っており、価格もそこまで高くないので、ぜひ使ってみてください。

サイズ460×280×20mm折りたたみ
収納素材アカシア材
10

キャプテンスタッグ

まな板3点セット

価格:2,160円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

調理に適した折りたたみまな板

包丁・お玉・缶切りが収納出来るポリプロピレン製のまな板となります。キャンプの際は、これらの道具があれば、ほとんど問題なく料理を用意することが出来ます。折りたたみのため、持ち運びも簡単に出来て便利です。

 

また、厚みもそれなりにあるため、本格的な調理をする際にも使いやすくなっています。さらに、缶切りが付いていることで、キャンプに欠かせない缶詰めも簡単に空けることが可能になっています。

 

そして、これだけ揃っていても価格がそこまで高くないので、誰でも安心して購入することが出来ます。木製のまな板も良いですが、別の素材を使ったまな板が良いと考えている人は、ぜひ使ってみてください。

サイズ305×275×20mm折りたたみ
収納素材ポリプロピレン

キャンプ用まな板のおすすめ人気商品10選

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:56104の画像

    キャプテンスタッグ

  • 2
    アイテムID:56106の画像

    Fityle

  • 3
    アイテムID:56107の画像

    FYX

  • 4
    アイテムID:56108の画像

    イワタニプリムス

  • 5
    アイテムID:56109の画像

    エムエスアール

  • 6
    アイテムID:56111の画像

    スノーピーク

  • 7
    アイテムID:56113の画像

    What will be will be

  • 8
    アイテムID:56116の画像

    株式会社アスプルンド

  • 9
    アイテムID:56117の画像

    ケヴンハウン

  • 10
    アイテムID:56120の画像

    キャプテンスタッグ

  • 商品名
  • TAKE-WARE カッティングボード
  • まな板
  • FYX アウトドアクッキングツール
  • カッティングセット
  • DXカッティングボード
  • まな板セット
  • まな板
  • まな板
  • 木製カッティングボード&モーニングトレイ
  • まな板3点セット
  • 特徴
  • 竹製のおしゃれなまな板
  • 折りたたみ式の使いやすいまな板
  • キャンプに最適なまな板
  • 耐久性のあるオーク材まな板
  • 二つ折りのシンプルまな板
  • 包丁を収納出来るタイプのまな板
  • 抗菌作用の高いおしゃれなまな板
  • 厳選されたオリーブ材を使ったまな板
  • トレイとしても使いやすいまな板
  • 調理に適した折りたたみまな板
  • 価格
  • 1135円(税込)
  • 459円(税込)
  • 3580円(税込)
  • 8083円(税込)
  • 1170円(税込)
  • 5724円(税込)
  • 6264円(税込)
  • 5700円(税込)
  • 1900円(税込)
  • 2160円(税込)
  • サイズ
  • 290×130×12mm
  • 380×292mm(折りたたみ時126×292mm)
  • 345×200mm
  • 145×250mm
  • 133×190×9㎜
  • 256×100×34mm
  • 280×180×20mm
  • 420×180×20mm
  • 460×280×20mm
  • 305×275×20mm
  • 折りたたみ
  • 収納
  • 素材
  • ポリプロピレン
  • スチール
  • オーク材
  • ポリプロピレン
  • 天然木
  • 天然木(イチョウ)
  • オリーブ材
  • アカシア材
  • ポリプロピレン

キャンプに使うまな板はお手入れをしっかり行う

キャンプに使っているまな板は、外で使うことがメインになっています。そのため、日々のお手入れはしっかりと行っておくことをおすすめします。特に、使い終わったとのお手入れは重要な仕事となります。

 

使ったら洗うということは基本ですが、防臭のためレモンで表面をこすりましょう。また、乾かすときは、風通しの良い日陰に置くとカビ防止・木製まな板の劣化防止になります。さらに、表面は定期的にオリーブオイルを塗って乾かすと品質をキープしやすくなるのでおすすめです。

まとめ

キャンプ用まな板の選び方とおすすめ商品を紹介しました。キャンプに使うまな板は、機能性だけでなく、見た目などにも気を遣っておきましょう。そうすれば、キャンプの雰囲気をさらに楽しむことが出来るだけでなく、料理も美味しくなるのでよく考えて選んでみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ