記事ID2567のサムネイル画像

【おしゃれ・正確】アナログキッチンスケールの人気商品10選

アナログキッチンスケールはデザイン性が高く、キッチンをおしゃれにしたい人などに人気です。そこで、ダルトンなどの人気ブランドや選び方のポイントを紹介。そして、安い・収納スペースを取らない・アンティークデザインなどで人気のアナログキッチンスケールをおすすめします。

おしゃれで人気のアナログキッチンスケール

アナログキッチンスケールは根強い人気があります。特に、おしゃれなデザインにこだわりのある人なら、デジタルよりはアナログのほうが好みの製品が多く見つかることでしょう。レトロなデザインや温かみのある色合いなど、おしゃれなキッチンスケールが豊富にあります。

 

利便性ではデジタルのほうに軍配があがりますが、それでも、家庭料理やお菓子作りなどでは十分な精度を持っています。電池も要らないので、いざというときに使えないということもありません。おしゃれなアナログキッチンスケールでキッチンを彩ってみてはどうでしょうか。

アナログキッチンスケールの選び方

ここではアナログキッチンスケールの選び方を紹介します。

ブランドで選ぶ

おしゃれなアナログキッチンスケールを探すなら、まずチェックしたいのが老舗メーカーです。実は、今、おしゃれで人気のアナログキッチンスケールの定番は、100年以上の歴史を持つものが多いからです。

SALTER(ソルター)

ソルターは創業から200年以上の歴史を持つ、イギリスの計量機器専門ブランドです。そのソルターのロングセラーデザインを生かして作られたアナログキッチンスケールが特徴です。

 

もちろん、計量機器専門ブランドだけに、目盛の精度は非常に高く、実用性にも優れています。デザインと実用性を両立したアナログキッチンスケールを欲しい人に人気のおすすめブランドです。

Wesco(ウェスコ)

ウェスコも1867年に創業という伝統を持つドイツメーカーです。もともと個性的なデザインで知られたメーカーで、家庭用キッチン用品だけでなく、カフェやアミューズメント施設の金属加工製品のプロデュースも得意としてきました。

 

ドイツ製品らしい、質実剛健なデザインのなかに遊び心があります。たとえば、代表作の一つ「クッキングスケール」は、裏返せば時計になるユニークなアナログキッチンスケールです。見せる収納も可能で、キッチンがおしゃれになりそうです。

DULTON(ダルトン)

日本で絶大な人気があるのがダルトンの「アメリカンキッチンスケール」です。DULTONは1988年創業の日本のメーカーで「便利ではないかもしれないが、心に豊かさを感じられるものを創る」をコンセプトにしています。

 

価格も手ごろでカラーバリエーションも豊富。アメリカンキッチンスケールはAmazonにおいてもベストセラーとなています。この製品は後ほど紹介するので、ぜひ、チェックしてみてくださいね。

大和製衡

計り専門メーカーとして、大和製衡は100年以上の歴史を持ちます。昭和や明治、大正といった日本のアンティーク物が好きな人におすすめしたいメーカーです。特に「Antique(アンティーク) 」シリーズはデザイン性が高く、人気の商品です。

 

使うだけで料理が楽しくなり、丹精込めて料理やお菓子を作ろうといった気持ちにさせてくれます。内部は業務用をベースに設計されているため、耐久性や精度も一級品です。

最大計量で選ぶ

おしゃれなデザインは重要ですが、最大計量もチェックしてアナログキッチンスケールを選ぶのがおすすめです。一般的に、アナログキッチンスケールは500g~2kgの計量ができる物がほとんどです。

 

家庭で使う場合であれば、1kg前後を計量できれば、ほとんどの料理、お菓子作りをカバーできるでしょう。ただし、うどんやそば、パスタを作るなら3kgほどの最大計量を持つアナログキッチンスケールがおすすめです。

 

また、ガラスボールなど容器自体に重さがある場合には3kg、もしくは余裕を持って5kgほどの最大計量のアナログキッチンスケールを選びましょう。

目盛の見やすさ選ぶ

基本的には、最大計量が軽いアナログキッチンスケールになるほど、目盛が読みやすく、精密になります。というのも、アナログキッチンスケールは目盛をプリントしなければならないため、最大計量を増すほど、粗い刻みにしなければいけないからです。

 

最大計量が500gなら、目盛の単位は2g程度、2kgなら10~20g単位となっています。一般的な家庭料理などでは10~100g単位が多いため、1g単位で十分すぎるほどです。少量のパウダーなどを使うお菓子作りでは、0.1g単位まで正確な物を求める人もいます。

 

さらに、プロ仕様のものは、0.01g単位となりますが、ここまでくるとデジタルキッチンスケールもしくは業務用を探すことになるでしょう。キッチンスケール自体を複数持つ人におすすめです。細かすぎると普段の料理などで使い勝手が悪くなるからです。

受け皿のタイプで選ぶ

アナログキッチンスケールの受け皿は、大きく分けて「平面型」と「お椀型」の2種類です。それぞれの特徴を紹介します。

平面型

平面型はその名のとおり、フラットな受け皿のタイプです。お皿などを置きやすいのがメリットです。あらかじめ使う状況をイメージしておき、お椀型のアナログキッチンスケールだと器の形状が干渉してしまいそうな場合には、平面型を選びましょう。

お椀型

お椀型は中心部が凹んでいるため、中心に粉類などを集めやすいのがメリットです。また、果物などを直接乗せる場合にも、お椀型のほうが安定感があり、使いやすいといえます。

お手入れのしやすさで選ぶ

お手入れのしやすさでチェックしたいところは、受け皿を取り外せるかどうかと材質です。

はかりを取り外せる

ほとんどのアナログキッチンスケールは受け皿を取り外して洗えるようになっています。しかし、おしゃれなアナログキッチンスケールのなかには、取り外せない物もあるため、気になる人はチェックしましょう。

材質

ステンレス製やガラス製のアナログキッチンスケールは汚れがつきにくく、落としやすいのが特徴です。特に、キッチンに出しっぱなしにして使おうと考えている人は、このような材質を選ぶのがおすすめです。

 

ガスコンロ近くに置くと、油でベタつきやすく、それがさらに室内のホコリを吸着させてしまいます。

防水のアナログキッチンスケールはあるのか

残念ながら、アナログキッチンスケールで本体そのものが防水になっている製品はほとんどありません。デジタルキッチンスケールの場合、防水機能が付いたものは少なくありませんが、アナログキッチンスケールの場合、製品の機構的にむずかしいようです。

アナログキッチンスケールのメリット・デメリットで選ぶ

アナログキッチンスケールにはメリットもあればデメリットもあります。これらを知ったうえで、どの点を重視して選ぶのか決めましょう。

サイズ

アナログキッチンスケールはデジタルキッチンスケールに比べて、サイズが大き目なのがデメリットです。収納スペースなどを考慮してサイズをチェックしておきましょう。また、キッチンに出したままにする場合にも、同じくサイズが重要です。

 

おしゃれな物というと製品数は限られてしまいますが、アナログキッチンスケールのなかにも省スペースタイプは存在します。デジタルキッチンスケールのように薄型のものもあるので、探して見ましょう。この記事ではタニタの薄型アナログキッチンスケールを紹介しています。

電池が不要

アナログキッチンスケールは電池が不要なのがメリットです。いざというとき使えないとイライラしてしまいますよね。料理のタイミングを逃してしまうこともあり得ます。

 

一度購入してしまえばランニングコストはゼロ、故障もしにくいのもアナログキッチンスケールのメリットといえます。

目盛を自分で読まなければならない

アナログキッチンスケールのデメリットは、目盛を自分で読まなければならないことです。もちろん、こうした作業も含めてアナログキッチンスケールを好む人はいるでしょう。しかし、デジタルキッチンスケールのように大きな文字で一発表示してくれないのはデメリットといえます。

 

また、風袋引きをしなければならないのも手間です。デジタルタイプで風袋引きボタンが付いているものは、ボウルなどの重さを差し引いてくれるため便利です。

デザインが良い

デジタルキッチンスケールよりアナログキッチンスケールのほうがデザイン性が高いのも特徴です。ぶっちゃけていえば、アナログキッチンスケールは性能面ではデジタルキッチンスケールに敵わないため、デザイン性を重視する人をターゲットにするからなのでしょう。

 

キッチンをおしゃれに演出したいなら、断然、アナログキッチンスケールが人気です。

できるだけ安いアナログキッチンスケールを選ぶ

安くておしゃれなアナログキッチンスケールを探している人も多いかもしれません。しかし、安さも1000円程度が限界といわれています。というのも、アナログキッチンスケールのなかには200円程度のものもありますが、20g単位程度の誤差が出てしまうことが多いためです。

 

1000円以上のものは、おおむね精度に信頼性があるため、一般用用途としては十分なのです。

アナログキッチンスケールの人気おすすめ商品10選

1

Salter (ソルター)

Orb Mechanical Scale

価格:3,699円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

存在感のあるアナログキッチンスケール

Salter (ソルター)のOrb Mechanical Scaleは、存在感のあるアナログキッチンスケールです。キッチンをカラフルに彩りたい人におすすめの商品です。Salterにはほかに「クラシックキッチンスケール」という人気商品があるので、こちらもチェックしてはどうでしょうか。

サイズ39 x 21 x 43 cm最大計量3kg(20 g単位)
受け皿お椀型
2

ウェスコ(Wesco)

クッキングスケール

価格:17,884円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

時計代わりにもなる

ウェスコのクッキングスケールは、裏返せば時計としても使えるユニークなアナログキッチンスケールです。全10色のカラーバリエーションがあるので、お好きな色を選びましょう。

 

材質はメタル・スチールで耐久性があり、汚れを落としやすいのも特徴。長く愛用できそうです。

サイズ13x15xH27cm最大計量4kg(20 g単位)
受け皿お椀型
3

Dulton(ダルトン)

アメリカンキッチンスケール

価格:3,175円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

おしゃれでコスパが高いので人気

ダルトンのアメリカンキッチンスケールは、レトロな外観がおしゃれです。このため、しばしば雑誌などで取り上げられ、アナログキッチンスケールを代表する商品となっています。

 

実用面でも、目盛の文字が大きく、見やすいと好評です。写真のレッドのほかにも、全7色が用意されています。

サイズ132×225最大計量1kg(5g単位)
受け皿お椀型
4

大和製衡

Antique(アンティーク) SSA-2

価格:9,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デザイン性と実用性を両立

大和製衡のAntique(アンティーク) SSA-2は、鉄道機器のようなメカニカルな外観が人気です。文字板側面からネジにかけては18kメッキで仕上げられています。

 

ベースとなっているのは業務用スケールのメカニズムのため、正確な計量も可能です。実用性もデザイン性も妥協できない人に人気のアナログキッチンスケールといえます。

サイズ150(D)×150(W)×200(H)mm最大計量2kg(10g単位)
受け皿平面型
5

タニタ(Tanita)

スケール 1445

価格:1,898円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

省スペースアナログキッチンスケール

タニタ(Tanita)のスケール 1445は、アナログキッチンスケールでありながら省スペースにこだわった製品です。ほかにあまりないタイプということから、グッドデザイン賞、ロングライフデザイン賞受賞も受賞しています。

 

ホワイト字にシンプルな文字盤で視認性も高く、使い勝手のよいアナログキッチンスケールといえます。

サイズ幅110×奥行200×高さ36mm最大計量1kg(5g単位)
受け皿平面型
6

タニタ(Tanita)

アナログクッキングスケール 1439

価格:639円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ポップなカラー

タニタ(Tanita)のアナログクッキングスケール 1439は、ポップなカラーラインナップが特徴です。ほかにオレンジ、レッド、ショッキングピンク、ホワイトがあります。ミッドセンチュリーなどのポップな色使いが好きな人におすすめのアナログクッキングスケールです。

 

ゼロ点調整つまみが操作しやすいため「風袋引きとして使っている」という人も口コミではいました。「両手が空かなくても使えて便利」とのことでした。

 

 

サイズ160×160×170mm最大計量1kg(5g単位)
受け皿お椀型
7

Terraillon (テライヨン)

アナログキッチンスケール TKS750WT

価格:1,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キッチンの隅などに置きやすい

Terraillon (テライヨン)のアナログキッチンスケール TKS750WTは、出っ張ったところのない四角形が特徴。キッチンの隅などに置きやすいといえます。計量皿を上下逆さまにするとボウルとして使用可能など、使い勝手も考えられています。

サイズ170×110×130mm最大計量2.2kg(20g単位)
受け皿お椀型
8

タニタ(Tanita)

スケール 1345

価格:2,143円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安心のタニタ製

タニタ(Tanita)はキッチンスケールのジャンルでとても実績のある人気メーカー。このスケール 1345は値段も安く、性能もよいので使いやすいと評判です。コックさんのデザインも愛らしいですよね。

サイズ (本体)幅180×奥行176×高さ210mm、(受皿)直径180×28mm最大計量500g(2g単位)
受け皿お椀型
9

大和製衡

普及型上皿はかり SDX-12

価格:5,385円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

12kgまで対応

大和製衡の普及型上皿はかり SDX-12は、12kgまでの計量が可能です。業務用としても実績があるこのアナログキッチンスケールは、家庭でも雑穀米のブレンドなどに使えます。口コミでは、ペットの体を考えたドックフードの配合などに利用している人もいました。

サイズ高さ266 幅217 奥274(mm) 最大計量12kg(50g単位)
受け皿平面型
10

ダルトン

オールドファッション

価格:5,832円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

細部にこだわったアンティークキッチンスケール

ダルトンのオールドファッションは、めっきはがれ、サビなど、数十年使い込まれてきたようなアンティークな外観が人気のアナログキッチンスケールです。本体の奥行がとてもスリムなので省スペースに収納できるメリットもあります。

サイズH.250mm W.165mm Tray φ175mm最大計量2kg(10g単位)
受け皿お椀型

アナログキッチンスケールの人気商品比較一覧

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:50869の画像

    Salter (ソルター)

  • 2
    アイテムID:50871の画像

    ウェスコ(Wesco)

  • 3
    アイテムID:50873の画像

    Dulton(ダルトン)

  • 4
    アイテムID:50880の画像

    大和製衡

  • 5
    アイテムID:50912の画像

    タニタ(Tanita)

  • 6
    アイテムID:50932の画像

    タニタ(Tanita)

  • 7
    アイテムID:50935の画像

    Terraillon (テライヨン)

  • 8
    アイテムID:51044の画像

    タニタ(Tanita)

  • 9
    アイテムID:50942の画像

    大和製衡

  • 10
    アイテムID:50946の画像

    ダルトン

  • 商品名
  • Orb Mechanical Scale
  • クッキングスケール
  • アメリカンキッチンスケール
  • Antique(アンティーク) SSA-2
  • スケール 1445
  • アナログクッキングスケール 1439
  • アナログキッチンスケール TKS750WT
  • スケール 1345
  • 普及型上皿はかり SDX-12
  • オールドファッション
  • 特徴
  • 存在感のあるアナログキッチンスケール
  • 時計代わりにもなる
  • おしゃれでコスパが高いので人気
  • デザイン性と実用性を両立
  • 省スペースアナログキッチンスケール
  • ポップなカラー
  • キッチンの隅などに置きやすい
  • 安心のタニタ製
  • 12kgまで対応
  • 細部にこだわったアンティークキッチンスケール
  • 価格
  • 3699円(税込)
  • 17884円(税込)
  • 3175円(税込)
  • 9400円(税込)
  • 1898円(税込)
  • 639円(税込)
  • 1300円(税込)
  • 2143円(税込)
  • 5385円(税込)
  • 5832円(税込)
  • サイズ
  • 39 x 21 x 43 cm
  • 13x15xH27cm
  • 132×225
  • 150(D)×150(W)×200(H)mm
  • 幅110×奥行200×高さ36mm
  • 160×160×170mm
  • 170×110×130mm
  • (本体)幅180×奥行176×高さ210mm、(受皿)直径180×28mm
  • 高さ266 幅217 奥274(mm)
  • H.250mm W.165mm Tray φ175mm
  • 最大計量
  • 3kg(20 g単位)
  • 4kg(20 g単位)
  • 1kg(5g単位)
  • 2kg(10g単位)
  • 1kg(5g単位)
  • 1kg(5g単位)
  • 2.2kg(20g単位)
  • 500g(2g単位)
  • 12kg(50g単位)
  • 2kg(10g単位)
  • 受け皿
  • お椀型
  • お椀型
  • お椀型
  • 平面型
  • 平面型
  • お椀型
  • お椀型
  • お椀型
  • 平面型
  • お椀型

アナログキッチンスケールの購入後は軽量が正確かチェック

まれに、アナログキッチンスケールは初期不良があり、正確な計量ができないことがあります。何か変と感じたなら、返品期間に間に合うよう、早めに問い合わせをしましょう。有名メーカーのものでは、たいてい1年保証が付いているはずです。

 

また、使っていくうちに、ゼロ点がずれることもあります。ゼロ点調節つまみで調整して、正しい位置に合わせましょう。

まとめ

アナログキッチンスケールはデザインの豊富さが魅力です。おしゃれなアナログキッチンスケールがあるだけで料理やお菓子作りが楽しくなったという購入者の声もあります。おしゃれで実用性が高いアナログキッチンスケールで日々の料理をより楽しみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ