記事ID2604のサムネイル画像

【お米をおいしく保存】人気の冷蔵庫向け米びつおすすめ商品10選

お米をおいしい状態で保存するために欠かせないのが米びつです。特にお米を冷蔵庫で保管している人も多いのではないでしょうか。冷蔵庫でお米を保存するためには適した米びつを選ぶことが大切です。今回は冷蔵庫収納に向いている米びつをご紹介していきます。

冷蔵庫でお米を保存しておいしいご飯を食べよう

皆さんはお米をどこに保管していますか。食器棚の中や、炊飯器を置いているスペースの近くなど、人によって様々だと思います。ぜひ冷蔵庫にお米を保管してみてはいかがでしょうか。お米の冷蔵庫収納はいいことばかりなんです。

 

今はお米を冷蔵庫に保管している人も多いので、今は冷蔵庫収納に適した米びつもたくさん発売されています。ぜひ冷蔵庫にお米を保管して、おいしいご飯を食べてください。今回は冷蔵庫収納に向いている米びつをご紹介していきます。

冷蔵庫収納で虫を避ける

なぜお米を冷蔵庫に収納した方がいいのか、その理由はいくつかありますが、その1つが虫を避けることができるという点です。常温でお米を保管していると、湿度が高くなる梅雨の時期などに虫が湧いてしまうことがありますよね。

 

冷蔵庫でお米を保管すると、そういった虫を避けることができるため、いつでも安心してご飯を食べることができます。ぜひお米に虫が湧いて困っているという人は冷蔵庫収納をしてみて下さいね。

おいしさが長持ちする

冷蔵庫にお米を収納すると、酸化しにくくお米のおいしさを長持ちさせることができるのも嬉しいポイントです。お米は5kgや10kgなど、まとまった単位で買うことが多いため、1度買ったら長く保管することになります。

 

常温で保管すると、1か月ぐらいでお米の甘みがなくなってしまうといわれているのですが、冷蔵庫収納は酸化のスピードを半分程度に抑えることができるため、2か月近くおいしさを保つことができます。よりおいしくお米を食べることができるため、ぜひ冷蔵庫に入れてくださいね。

冷蔵庫向け米びつの選び方

冷蔵庫という限られたスペースにお米を収納する場合には、米びつを選ぶときにも注意しなければいけないポイントがあります。ここからは冷蔵庫収納に向いている米びつの選び方をご紹介していきます。

容量で選ぶ

米びつを選ぶときには、容量をまずはチェックすることが大切です。家庭のお米の消費量と、冷蔵庫の中の置く場所の幅や奥行き、高さなどを考えながら、冷蔵庫に収まる容量の米びつを選んでくださいね。

1人暮らしの人は5kg程度まで

1人暮らしの人は、1食で食べるお米の消費量も少ないですし、1度に買うお米の量も少ないですよね。1人暮らしの人はぜひ5kg程度までの小さめの米びつを選んでみてください。

 

1人暮らし用の冷蔵庫は大人数の家族用の冷蔵庫と比べても小さめなことが多いため、野菜異質などではなく、ドアポケットの部分などに入れる人もいますよね。そのため少なめの容量の米びつを選ぶことでより場所を取りすぎずにすっきりと米びつを収納することができます。

大人数の家族は10kg以上の容量がおすすめ

家族の人数が多くなればなるほど、お米の消費量は多くなっていきます。そのため、大人数の家族の場合は、10kg以上の多めの容量の米びつを選ぶことをおすすめします。

 

容量が多い冷蔵庫だと、野菜室が下の方の引き出し部分にある商品が多いですよね。容量が多い米びつはお米を入れた時に重くなって出し入れが大変なので、米びつを出し入れする必要がない下段の野菜室に入れることで簡単にお米を出すことができます。

素材で選ぶ

米びつは様々な素材で商品が発売されてます。それぞれの素材の商品の特徴を知ったうえで自分にあう素材でできた米びつを選んでください。それぞれの素材の特徴と魅力をご紹介していきます。

プラスチック

1人暮らしの人でも、大人数の家族の人にもあらゆる人におすすめできるのがプラスチック製の米びつです。プラスチック製の米びつは多くの商品が発売されているため、より自分に合った米びつを選ぶことができます。

 

プラスチック製の米びつの魅力は、軽量であるという点です。お米を入れたら米びつはとても重くなります。特に1人暮らしの人で冷蔵庫下段の野菜室に入れないという人は、米びつを取り出してお米を取る必要があるため、より軽い方が取り出しやすいためおすすめです。

ガラス

ガラス製の米びつは、デザイン性の高さと透明のため中が見えやすいのが特徴です。野菜室に入れて使用するという人にぜひおすすめしたい素材です。密閉性が高いのも魅力的なポイントです。

 

ガラス製の米びつは重さがあるのも特徴なため、米びつ自体を冷蔵庫から取り出す必要があるという人は大変なので注意してくださいね。よりおしゃれにお米を入れたいという人におすすめの商品です。

ホーロー

シンプルなデザインですっきりと冷蔵庫に収納することができるのがホーロー製の米びつの魅力的なポイントです。傷や汚れに強く、匂いも移りにくいため、安心して使用することができるのも嬉しいですよね。

 

冷蔵庫には、お米以外にも様々な食材を入れます。その食材の匂いがお米に写らないようにするためにもぜひホーロー製の米びつをチェックしてみてくださいね。

桐の米びつの特徴は、湿度を調節してくれることによりお米の鮮度を保つことができるという点です。高級感のある見た目なので、冷蔵庫の中に入れていても見た目を損なうことがないのも嬉しいですよね。

 

プラスチックと比較をすると、桐の米びつは重くなってしまうので、扱いにくくならないように、容量などを考えて桐の米びつを選んでくださいね。

特徴で選ぶ

米びつを選ぶ際には、より快適に冷蔵庫に収納することができるような特徴をもった商品を選んでくださいね。いくつかその特徴をご紹介していきます。

計量カップも一緒に収納できる

容量が大きいタイプの米びつであれば、計量カップも一緒に米びつの中に入れて保管することができますが、1人暮らしにおすすめの容量が少ない米びつの場合は、計量カップの保管場所に困ってしまいますよね。

 

サッと米びつからお米を取り出すことができるためにも、ぜひ米びつと計量カップを一緒に収納することができるような特徴を持っている米びつを選んでくださいね。

目盛付きで残量が分かりやすい

米びつに目盛が付いている商品だと、残量が分かりやすいのでとても便利です。プラスチックの米びつは目盛が付いている商品が多いため、ぜひ目盛付きの米びつを選びたいという人はプラスチック製の商品をチェックしてみてください。

 

目盛が付いていると、あとどのくらいでお米がなくなるかという予測が立てやすく、新たにお米を買い足すタイミングを見計らうことができますよね。量が大きくて保管に困ることが多いお米だからこそ必要なタイミングで買い足すようにすることが大切です。

冷蔵庫向け米びつおすすめ商品10選

1

パール金属(PEARL METAL)

HB-3434

価格:1,091円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お米を袋のまま入れられる

お米の袋と似た形状の米びつのため、袋のままお米を入れることができるのが魅力的な商品です。米びつは汚れやすいため、袋を捨てるだけで清潔に保つことができるのは嬉しいポイントですよね。

 

両側に取っ手が付いているため、冷蔵庫の中から取り出して使いたいというときにも使いやすいのも魅力的な点です。シンプルかつ使いやすいデザインの米びつです。5kgなので、1人暮らしや2人暮らしの人におすすめします。

サイズ310×155×320mm容量5kg
素材プラスチック目盛
2

山崎実業(Yamazaki)

3760

価格:1,944円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1合ずつお米を出せる

米びつの中が1合分の量を入れられるように細かく分かれているため、計量カップを使用しなくても1合分のお米を出すことができる米びつです。冷蔵庫のドアポケットにも入れることができるスリムなサイズのため、1人暮らしの人にもピッタリです。

 

立てて収納するだけでなく、横にも収納することができるため、ドアポケットだけでなく空いたスペースに自由に入れることができるのも嬉しいポイントです。中の仕切りは分解して洗うことができるためいつでも清潔に保つことができます。

サイズ185×85×245mm容量2kg
素材プラスチック目盛
3

野田琺瑯(Nodahoro)

WRS-21

価格:3,636円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

すっきり見せることができるホーロー製

真っ白で表にも裏にも何も書かれていないシンプルなホーロー製の米びつなので、冷蔵庫の中をスッキリと見せたいという人におすすめの商品です。ホーロー製の米びつは匂いも移りにくいのも魅力的なポイントです。

 

内フタもあり、2枚のフタで閉めることができるため、密封性が高いのも嬉しいですよね。野菜室でお米を保管したいという人にぜひおすすめしたい商品です。

 

サイズ235×210mm容量7kg
素材ホーロー目盛
4

サンコープラスチック

050960

価格:530円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワンタッチ開閉で開けやすい

フタの部分の一部だけをワンタッチ開閉することができる商品のため、片手で簡単に米びつを開けることができるのが嬉しいですよね。毎日ご飯を炊く人は、より手間を減らすことができるのが魅力的なポイントです。

 

本体の高さがそこまでないので、野菜室だけでなく冷蔵室の中に収納しやすいのも特徴です。より簡単にお米を米びつから出したいという人におすすめの商品です。

サイズ323x152x226mm容量5kg
素材プラスチック目盛
5

アスベル

7509

価格:480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

計量カップを一緒に保管できる

注ぎ口の部分に計量カップをはめることができるため、米びつと一緒に計量カップも保管できる便利な商品です。必ず一緒に使うものなので、一緒に保管できるのは嬉しいポイントです。計量カップだけを失くしてしまう心配がありません。

 

ドアポケットにも立てて保管ができますし、横にして保管できるのも使いやすいですよね。より自分の思い通りに米びつを保管することができます。

サイズ424x279x744mm容量2kg
素材プラスチック目盛
6

QD-SGMP

JK-10

価格:6,380円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

密封性が高いガラス製

しっかりと密封することができるガラス製の米びつなので、よりおいしさを長くキープすることができる商品です。より1度買ったお米を長く保管するという人におすすめの商品です。透明なので中が見えやすいのも嬉しいポイントです。

 

ガラス製の商品なので、プラスチック製の商品に比べると重くなってしまうのも特徴なので、冷蔵室ではなく、野菜室などに保管したいという人におすすめです。

サイズ222×314mm容量6kg
素材ガラス目盛
7

スケーター(Skater)

CG27RBI

価格:856円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

取っ手付きでお米を出しやすい

取っ手が付いている米びつなので、片手で簡単にお米を出すことができますし、お米を出しているときに手が滑るようなことも防ぐことができる商品です。より簡単にお米を出したいという人におすすめです。

 

目盛がはっきりと付いているため、残量が分かりやすいというのも嬉しいポイントです。スリムで冷蔵庫収納に向いている形も嬉しいポイントですよね。

サイズ177×110×302mm容量2.5kg
素材プラスチック目盛
8

イノマタ

1826

価格:788円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小分けができるスライドポケット付き

10kgの大容量の米びつの中に、小分けにして置いておくことができるスライドポケットが付いた商品です。深さがある商品なので、野菜室に入れて保管することをおすすめします。大人数のかぞくにおすすめする米びつです。

 

お米を入れ替える際に古いお米はできるだけ早く食べたいですよね。そんな時に、古いお米をスライドポケットに入れて置くことで、お米の補充も簡単ですし古いお米を優先的に食べることができます。

サイズ217×369×315mm容量10kg
素材プラスチック目盛
9

リッチェル

米びつ

価格:1,890円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

すりきり計量が可能

米びつの上部に棒が一本あることで、計量カップにお米を入れた時にすりきりできるのが魅力的な商品です。お米を炊くときには入れるお米の量をきっちり量ることはとても大切なことですよね。

 

また、そのすりきり棒の部分を使って計量カップも保管することができるのも嬉しいポイントです。計量カップがお米の中に埋もれてしまうことを防ぎ、簡単にお米を米びつの中から出すことができる商品です。

サイズ280×350×235mm容量10kg
素材プラスチック目盛
10

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

PRS-10

価格:902円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スライド開閉で場所を取らない

上にフタを上げるタイプの米びつは、冷蔵庫に米びつを入れた時にフタを開けた時の高さも計算して収納することが大切です。しかし、この商品はスライド開閉式のフタになっているため、フタの高さを考えずに冷蔵庫に入れることができる商品です。

 

底の部分が斜めになっているため、少なくなったお米を自然に前方部分に集めることができるのも嬉しいポイントです。残り少なくなったお米を計量カップの中に入れるのは大変ですよね。最初から最後まで簡単にお米を出すことができます。

 

サイズ220×410×220mm容量10kg
素材プラスチック目盛

冷蔵庫向け米びつのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:53389の画像

    パール金属(PEARL METAL)

  • 2
    アイテムID:53419の画像

    山崎実業(Yamazaki)

  • 3
    アイテムID:53423の画像

    野田琺瑯(Nodahoro)

  • 4
    アイテムID:53429の画像

    サンコープラスチック

  • 5
    アイテムID:53435の画像

    アスベル

  • 6
    アイテムID:53443の画像

    QD-SGMP

  • 7
    アイテムID:53448の画像

    スケーター(Skater)

  • 8
    アイテムID:53457の画像

    イノマタ

  • 9
    アイテムID:53464の画像

    リッチェル

  • 10
    アイテムID:53470の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 商品名
  • HB-3434
  • 3760
  • WRS-21
  • 050960
  • 7509
  • JK-10
  • CG27RBI
  • 1826
  • 米びつ
  • PRS-10
  • 特徴
  • お米を袋のまま入れられる
  • 1合ずつお米を出せる
  • すっきり見せることができるホーロー製
  • ワンタッチ開閉で開けやすい
  • 計量カップを一緒に保管できる
  • 密封性が高いガラス製
  • 取っ手付きでお米を出しやすい
  • 小分けができるスライドポケット付き
  • すりきり計量が可能
  • スライド開閉で場所を取らない
  • 価格
  • 1091円(税込)
  • 1944円(税込)
  • 3636円(税込)
  • 530円(税込)
  • 480円(税込)
  • 6380円(税込)
  • 856円(税込)
  • 788円(税込)
  • 1890円(税込)
  • 902円(税込)
  • サイズ
  • 310×155×320mm
  • 185×85×245mm
  • 235×210mm
  • 323x152x226mm
  • 424x279x744mm
  • 222×314mm
  • 177×110×302mm
  • 217×369×315mm
  • 280×350×235mm
  • 220×410×220mm
  • 容量
  • 5kg
  • 2kg
  • 7kg
  • 5kg
  • 2kg
  • 6kg
  • 2.5kg
  • 10kg
  • 10kg
  • 10kg
  • 素材
  • プラスチック
  • プラスチック
  • ホーロー
  • プラスチック
  • プラスチック
  • ガラス
  • プラスチック
  • プラスチック
  • プラスチック
  • プラスチック
  • 目盛

米びつはこまめに洗おう

冷蔵庫でよりおいしくお米を保管するためのポイントとして大切なのは、一度使いきるごとにしっかりと洗うということです。米びつを洗うことで米びつに残ったお米のヌカを取り除くことができるため、常に清潔に使うことができます。

 

ヌカが残ったまま新しいお米を追加してしまうと、劣化や酸化が早くなってしまうこともあります。せっかく長くおいしいお米をキープするために冷蔵庫に入れても、効果がなくなってしまうので、ぜひ米びつの中にお米がなくなったら必ず洗うようにしましょう。

まとめ

今回は、キッチンの様々な場所に置かれることが多い米びつの中から、冷蔵庫収納に向いている米びつをご紹介してきました。よりお米をおいしく食べるために冷蔵庫に保管するのはぜひおすすめしたいので、冷蔵庫向けの米びつを選んでみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ